« 96時間/Taken | トップページ | ノーボーイズ、ノークライ »

2009年8月24日 (月)

ホッタラケの島 遥と魔法の鏡

Photo 『アマルフィ 女神の報酬』と同じくフジテレビ開局50周年記念作品。人がほったらかしにしていつの間にかなくなってしまったモノ、そんなモノで出来た島・ホッタラケを舞台に女子高生・遥の冒険ファンタジーCGアニメーション。制作は『キル・ビル』のアニメを担当したProduction I.Gが担当している。主役の遥の声優を綾瀬はるかが、他にも戸田菜穂、大森南朋、谷村美月といった人気俳優が出演。
>>公式サイト

遥とテオの薄い絆

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

中々上手くまとまっていたという印象。CGアニメーションというとディズニーを思い浮かべるけれど、あちらとはまた雰囲気がガラッと異なる、いかにも日本のアニメーションという感じで、そのせいか序盤そのCG映像に慣れるまでちょっと違和感を覚えました。何というか、人の発する声とCGの動きが感覚としてリンクしないといった感じです。もっとも遥(綾瀬あるか)と並ぶ今回のメインキャラクター・テオが登場する辺りになるとそれもだいぶ和らぐのですが。元々人ならぬテオのしゃべる様子は、細かい違和感を洗い流してくれるのかもしれません。

02 03

映像に対する違和感もそうですが、何より序盤のストーリーがいま一つタルい。“ホッタラケの島”の紹介と、テオたちが一体何者なのかを解説してくれるパートなので仕方ないといえば仕方ないのだけれど…。自分たちでモノが作れないテオたちは、人がほったらかしにしたモノ=ホッタラケを集めてきてそれを不思議な力で加工して、様々なものを生み出しているらしい。しかしこの序盤ではその様子は見られないので、実際には良く解らないまま話が進んでいってしまうのでした。そこに男爵が登場します。この不思議な世界で唯一人空を飛ぶ道具を持っている男爵は、1万枚の鏡を集めてなにやらよからぬ事をたくらんでいる模様…。彼の登場で物語が動き出し、ストーリーの流れにもテンポが生まれ始めます。

04 05

そして遥の探す“お母さんの形見の手鏡”は男爵のところにあるらしいと解ってからは俄然面白くなってくるのでした。やはり主人公に明確な目的があって、そのために動いてくれないと、観ている方は中々物語りに入り込めないと思うのです。ところで、手鏡の手がかりを探す途中で遥は思わぬモノに出会います。それがぬいぐるみのコットン。彼?は遥が手鏡とともにほったらかしにしていたため、鏡と一緒にホッタラケの島に連れてこられてしまったのでした。このコットンが実に愛らしい。薄汚れた外見にボタンの瞳はパッとみ今一つだけれども、その行動が可愛らしいのです。

06 07

調べていくうちにどうも男爵のところにあった手鏡が盗まれたらしいと解った遥たちは、手鏡を探しに地下に潜り、そして男爵の誘いに乗ってテオが遥を裏切り、でも結局悩んだ末にやっぱりテオは遥を救いにいき…、と物語は大いに盛り上がるハズなのですが、どうも乗り切れない私。何故かと言えばテオに対してイマイチ感情移入出来ていないから。元々知り合って間もない遥とテオ、2人の間にある絆を感じるにはエピソードの描き方に深みが足りない気がするのです。それっぽいところといえばテオの家で蓄音機の使い方を教えてあげるシーンぐらいで、後はホッタラケの島を観て回っていただけ。プロローグからいきなりクライマックスに飛んでしまったとでもいうのか…。

08 09

むしろコットンと遥の間の絆の方がより深く感じられます。それは、昔コットンを貰ったときの遥の様子を回想するだけで2人の間に流れてきた時間の長さが、実際の自分の幼い頃に親に玩具やぬいぐるみを貰ったときの実体験とリンクするからでしょう。コットンがホッタラケの玩具たちを連れて助けに来るも返り討ちに遭ってしまうシーンは、テオが助けに来るシーンにはない“気持ち”が感じられたのでした。適切な表現かはわかりませんが、この時点でテオはまだ遥の“身内”になっていないように思えます。

10 20

結局、遥とテオの絆は今回の事件を通して初めて出来たのではないでしょうか。最後にテオが言った「サヨウナラ。」という言葉でそれを感じました。むしろ続編があったら、そちらの方が入り込めるのかもしれません。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:フジテレビ50周年記念で何本作る気だ?

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 96時間/Taken | トップページ | ノーボーイズ、ノークライ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31091547

この記事へのトラックバック一覧です: ホッタラケの島 遥と魔法の鏡:

» レビュー:ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[民話モデル][ファンタジー][メルヘン][アドベンチャー][異世界][想い出の物][見えそで見せない][パンチラ][邦画][CGアニメ][ビスタサイズ][98分] 不思議な世界度:★★★☆☆ 公開日: 2009年8月22日 監督: 佐藤信介 声の出演...... [続きを読む]

受信: 2009年8月24日 (月) 23時26分

» 映画「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」@ニッショーホール [masalaの辛口映画館]
 試写会場はお盆休みの真っ只中と言う事で6〜7割くらいの客入りだ。客年齢層もCGアニメ作品らしく小さなお子さん〜年配の方まで幅広い年齢層だ。  映画の話 16歳の遥は幼くして母親を亡くし、父親と二人で暮らしているが、最近は父とも口げんかばかりしていた。あ...... [続きを読む]

受信: 2009年8月24日 (月) 23時41分

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
現代っ子にとって、動物が活躍する民話の世界は未来世界と同じくらいファンタジー・ワールド。中でも、きつねは人間のすぐそばで不思議な力をふるっているらしい。16歳の遥は、神社で、捨てられたおもちゃを運んでいるきつねのテオを目撃。あとを追って森の中に迷い込むうち....... [続きを読む]

受信: 2009年8月24日 (月) 23時41分

» 『ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜』 [ラムの大通り]
----ちょっと遅いよ。 この映画、もう昨日始まっているじゃニャい。 「ごめんごめん 東宝の映画って、次々に公開されて ちょっと話すのが追いついていかないんだ。 しかもそれに加えて、これは完成したのが公開間近だったからね」 ----ふうん。そういうことか。 この映画って、きつねを追っていた少女が森の中に迷い込み、 不思議な水たまりに手を入れると、 異世界に引きずり込まれるって話だよね。 どことなく『ふしぎの国のアリス』って感じ…。 「そうだね。 ヒロイン・遥をその不思議な世界に連れて行く“テオ”も、... [続きを読む]

受信: 2009年8月24日 (月) 23時51分

» 完成披露試写会「ホッタラケの島」 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2009/8/5、お台場シネマ・メディアージュ。 夏休みの昼間の時間帯、ターゲットでもある親子連れが一杯でほぼ満席。 舞台あいさつなどについては別記事を参照ください。 おそらく一般向けとしては、初公開の試写会と推察する。     フジテレビ50周年記念事業、フルCGアニメ。 綾瀬はるか、沢城みゆき、戸田菜穂、大森南朋、谷村美月。 *** 昔話。 大切にしていたはずなのに、いつの間にかなくなってしまった大事なもの。 あるお百姓さんは、妻の形見の櫛をなくしてしまった。 大事にしないもの、ホッタ... [続きを読む]

受信: 2009年8月24日 (月) 23時53分

» 試写会「ホッタラケの島」 [流れ流れて八丈島]
土曜日の昼間の試写会で虎ノ門ニッショーホールに来ました。「ホッタラケの島」をこれから観ます。アニメ(CG?)は基本的に好みではないけど、前評判がわりといいのと、主役のアフレコが綾瀬はるかなので、頑張って観てみます。良かったら、あとで追記します【追記】ア...... [続きを読む]

受信: 2009年8月25日 (火) 00時26分

» 『ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:佐藤信介声の出演:綾瀬はるか、戸田菜穂、大森南朋、谷村美月試写会場 : ニッショーホール公式サイトはこちら。<Story>主人公の遥は、至って普通の女子高生。幼い頃母親を亡くし、父親に育てられた凛とした少女。遥が武蔵野にある子供の頃遊んでいた神社...... [続きを読む]

受信: 2009年8月25日 (火) 04時35分

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [象のロケット]
「亡くなったお母さんの形見の“手鏡”を返して下さい。」 と神社にお願いをしに行った高校生の遥(はるか)は、おもちゃを運んでいる不思議なキツネを目撃する。 後を追っていくうちに不思議な世界へ迷い込んでしまった遥。 そこは人間がほったらかしにした物で出来ている“ホッタラケの島”で、キツネに見えたのは島の住人“テオ”だった…。 大冒険ファンタジーアニメ。... [続きを読む]

受信: 2009年8月25日 (火) 05時07分

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [あーうぃ だにぇっと]
監督: 佐藤信介 キャスト (声の出演) 遥☆綾瀬はるか 母☆戸田菜穂 父☆大森南朋 美穂☆谷村美月 テオ☆沢城みゆき 他 【ストーリー】 16歳の遥は幼くして母親を亡くし、父親と二人で暮らしているが、最近は父とも口げんかばかりしていた。 ある日、彼女は母親の形見の大事な手鏡をなくしてしまい、こっそり神社に願掛けに行く。 そこにひょっこりとキツネのお面をかぶったテオが現れ、人がほったらかしにしたものをこっそり運び出すのを発見した彼女は、その後を追いかけ...... [続きを読む]

受信: 2009年8月25日 (火) 07時00分

» 『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』・・・ヒトが最後にホッタラケにするものとは? [SOARのパストラーレ♪]
今月公開作の中で実は一番気になっていた作品。 “期待”ではなくあくまで“気になる”という次元での興味だったわけだが、ストーリー、設定、世界観、美しい2Dの背景、そしてそこに重ねて描かれる3DCGのキャラクターたちとどれも私にとってたまらなく魅力的で、予想以上の秀作だった。... [続きを読む]

受信: 2009年8月25日 (火) 23時18分

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [迷宮映画館]
見た映画が少々たまってしまったので、簡単に [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 13時17分

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  ファンタジー&ファミリー&アドベンチャー  監督:佐藤信介  出演:(声の出演)      綾瀬はるか      戸田菜穂      沢城みゆき 【物語】  16歳の遥は幼くして母親を亡くし、父親と二人で暮らしているが、最近 は父とも口げんかばかり...... [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 17時47分

» ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜 [監督:佐藤信介] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
フィクサーもドリームワークスも未開の領域へと、ジャパンCGアニメは進みだした。 [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 00時24分

» 『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』 すばらしい映像表現、残念な父娘描写。 [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』 フジテレビ開局50周年記念作品となる、オリジナルCGアニメです。 (C) 2009 フジテレビジョン / Production I.G / 電通 さすがのProduction I.Gブランドだけあって、映像は素晴らしい。 特に“島”の世界観、色使いには思わ... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 01時02分

» 『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
16歳の遥は幼くして母親を亡くし、父親と二人で暮らしているが、最近は父とも口げんかばかりしていた。ある日、彼女は母親の形見の大事な手鏡をなくしてしまい、こっそり神社に願掛けに行く。そこにひょっこりとキツネのお面をかぶったテオが現れ、人がほったらかしにしたも... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 01時33分

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡/綾瀬はるか [カノンな日々]
劇場予告編の映像がとても鮮やかなアートな感じでこれは絶対に観なくっちゃと思ってました。CGのタッチもアメリカ製とはちょっと違って日本のアニメらしい質感で色彩的にはかなり派手なんですけど、不思議と落ち着きが感じられるので楽しみにしてましたヨ。 声の出演はそ....... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 22時18分

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
秀作といっていいだろう。埼玉県入間市にある出雲祝神社の中にあるハタヤの稲荷に伝わる民間伝承をもとに、人間の女子高生とキツネの冒険を描いたファンタジーアニメーションだ。この映画の優れた点は子供向けの内容でありながら、高校生くらいの子供を持った大人にとっても... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 23時51分

» ★「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 今年は邦画もアニメも鑑賞不足ぎみな気がしてたので、グッドタイミング。 [続きを読む]

受信: 2009年8月28日 (金) 02時56分

» 「ホッタラケの島 〜遙と魔法の鏡〜」 父娘の物語 [はらやんの映画徒然草]
誰でも小さい頃はとっても大事にしていたのに、いつの間にかその在処がわからなくなっ [続きを読む]

受信: 2009年8月29日 (土) 06時37分

» つじつまの合わない事だらけ。『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』 [水曜日のシネマ日記]
子供の頃、母親から貰った形見の手鏡を探しに行く女子高生のファンタジーアニメ映画です。 [続きを読む]

受信: 2009年8月29日 (土) 10時39分

» 「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」 [みんなシネマいいのに!]
 いつのまにか失くしてしまった母親の形見の手鏡を見つけるため、人間の世界でほった [続きを読む]

受信: 2009年8月29日 (土) 22時45分

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [Diarydiary! ]
《ホッタラケの島 遥と魔法の鏡》 2009年 日本映画 女子高生の遥は母親の形見 [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 19時11分

» 「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」みた。 [たいむのひとりごと]
人間が”ホッタラケ”にしてしまう、もっとも大切なものとは何か?友情あり、裏切りあり、再起ありと、NHKの教育番組で放送されそうなモロに教訓ストーリーだった。大切にしていたのにいつの間にか興味を失くして... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 19時47分

» ホッタラケの島ー遥と魔法の鏡ー [映画君の毎日]
●ストーリー●16歳の遥は幼くして母親を亡くし、父親と二人で暮らしているが、最近は父とも口げんかばかりしていた。ある日、彼女は母親の形見の大事な手鏡をなくしてしまい、こっそり神社に願掛けに行く。そこにひょっこりとキツネのお面をかぶったテオが現れ、人がほったらか... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 21時41分

» ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~ [WAVES OF JOY!]
背景はたくさんの色にあふれていた。 七色どころではない騒ぎ。 その背景をバックに、 モノやキャラクターがゴムマリが弾むように動いて走り回る。 ドドドドド! 気がつくと、 僕も「あの日見た日の出」に向かって走り出していた。 覚えているよね? 君と見たあの太陽の... [続きを読む]

受信: 2009年9月10日 (木) 20時25分

» ホッタラケの島 /遥と魔法の鏡 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
神社の先にあった「ふしぎな島」での大冒険!! 大切にしていたぬいぐるみ、プラモデル、何回も読み返した絵本、公園で拾った光る石・・・大切にしていたあの「宝物」は、今どこにありますか?あなたの周りからなくなっていませんか? 昔から私たちは「きつね」に何かし...... [続きを読む]

受信: 2009年9月13日 (日) 05時49分

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『あなたの忘れてしまったモノが この島にあります。』  コチラの「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」は、埼玉県入間市にあるハタノヤ稲荷に伝わる民話をモトに、いつの間にかなくなってしまったお母さんの形見の手鏡を取り戻す女子高生の遥(綾瀬はるか)の冒険を描いた...... [続きを読む]

受信: 2009年9月13日 (日) 19時37分

» ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜 [墨映画(BOKUEIGA)]
「大切な思い出」それと共にしまい込んでいる思い出の品。 ホッタラかしていませんか? どこかへしまい込んだつもりでなくしてしまったもの。 あの、おもちゃ好きだった。大事にしていたのに何処へいったのだろう。 なんていうものは確かにある。 私のもホッタラケの島のあるかもしれない。 やさしかった母との思い出。 それを思い出せるもの。病床の母からもらった手鏡。 思い出を呼び覚ますことで、今生きている証になる。 そして気持ちも新たに。 人間は忘れることで生きてはいるが、忘れてはならないものもある。 そんな事を... [続きを読む]

受信: 2009年9月17日 (木) 07時20分

» 『 ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜』 2009-No31 [映画館で観ましょ♪]
遥ちゃん、肌がツルツル! 高校生ですもんね♪ ...っていうか、CGアニメーションですわ。 結構期待して出かけたのですが、 いろんなコ... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 14時46分

» ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~ [マー坊君の映画ぶろぐ]
「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」監督:佐藤信介 声の出演:綾瀬はるか、沢城みゆき、戸田菜穂、大森南朋、谷村美月、家弓家正、松元環季配給:東宝概要:幼い頃に母と死別した女子高生・遥は、不在がちな父との関係も少しギクシャクしていた。そんな日常から逃れるよ...... [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 02時46分

» 「ホッタラケの島」って乙一さん脚本だったんですね@@ [ポコアポコヤ 映画倉庫]
今感想を書いている最中知ったのですが、このお話を作ったのって、安達寛高さん(乙一さんの本名)なんですね?! [続きを読む]

受信: 2010年6月23日 (水) 21時32分

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [悠雅的生活]
いつのまにか無くなった、とても大事にしていたモノたち・・・ [続きを読む]

受信: 2010年7月13日 (火) 14時59分

» 映画評「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・佐藤信介 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 14時41分

» 『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』 ('10初鑑賞139・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 10月28日(木) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年11月 5日 (金) 20時19分

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [銀幕大帝α]
09年/日本/98分/ファンタジー・アドベンチャー/劇場公開 監督:佐藤信介 製作:亀山千広 主題歌:スピッツ『君は太陽』 声の出演:綾瀬はるか、沢城みゆき、戸田菜穂、大森南朋、谷村美月 <ストーリー> 幼い頃に母を亡くした高校生・遥は、ある日訪れた武蔵野...... [続きを読む]

受信: 2011年3月29日 (火) 01時41分

« 96時間/Taken | トップページ | ノーボーイズ、ノークライ »