« 時をかける少女(アニメ版) | トップページ | 宇宙(そら)へ。 »

2009年8月21日 (金)

さそり

Photo 70年代に人気を賭した、梶芽衣子主演の東映映画『女囚701号 -さそり』の香港リメイク版。主演は『踊る大走査線』以後いまひとつピリッとしない水野美紀。他に日本人の共演として石橋凌、夏目ナナが出演している。監督は『雨音にきみを想う』のジョー・マ。クエンティン・タランティーノ監督が梶芽衣子の大ファンで「キル・ビル」で『怨み節』を使用したほど、今回は中村中が歌う。

>>公式サイト

何だか安っぽいVシネみたいだ…

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

70年代に梶芽衣子主演でヒットしただけあって、元の設定はしっかりしているし、キャラクターの性格付けも解り易い。ストーリーもそれほど奇抜ではないから昨今の作品のように推測不能なことはない。にも関わらずつまらない。それは本来オリジナル『女囚701号 さそり』が持っていたであろう「さそり」に不可欠な要素の描き方が中途半端であったり、適当であったりするからだと思うのです。言い換えれば綺麗に格好良くしすぎで、もっとドロドロとした人間の情の部分であるとか、グロさであるとか、哀しみが表現出来ていないのだと。

02 03

これは、いわゆるギャングモノでもないし、任侠モノでもないこの作品を日本人ではない監督が演出仕切れなかったということかもしれないです。最もそれ以前にストーリーが全くチグハグなんですけど。流れとしては謎の集団に襲われた松島ナミ(水野美紀)が恋人の父と妹を殺し収監され、そこでの熾烈ないじめやリンチを生き抜き、自分を嵌めた奴らに復讐をするというお話。でもそもそも何で襲われたのかが良く解らない…。何だか臓器売買に関連していようなことは言っていたけどもハッキリしません。

04 05

最初は苛められるも、刑務所内の見世物の戦いを見ているうちにいつの間にか強い女に変身。 しかしリンチで瀕死の状態になって森に捨てられてしまいます。するといきなり現れる死体収拾人に助けられ、何故か彼から武術を学び始めるのでした。で、どう見てもカンフーを学んでるのに、使う武器は日本刀。(苦笑)そして、それらをあっという間に習得し、ある日突然復讐劇に突入です。しかも復讐する相手の連絡先を知っていて電話で呼び出すという…。なんだかここまで来ると笑うしかないんですが。

06_2 07

本当は水野美紀にはもっと汚れて欲しかったです。独房に入りたいがために監獄所長の言うなりに陵辱されるシーン。『エグザイル 絆』でカッコイイ演技を見せてくれたラム・シューが嫌らしい目つきでナミの体を嘗め回しズボンのベルトを外す、股間に顔を埋める水野美紀は無表情であっても内面からは嫌悪・哀しみ・怒りといった感情が伝わらなければいけないのにそれはありません。そこに見えるのはどこまで行っても清楚でお上品な水野美紀でしかありませんでした。これじゃラム・シューの演技が台無しで彼一人が浮いてしまいます。

08 09

リンチシーンでは何故か相手の夏目ナナだけ胸を見せている。元AV女優でお色気担当なのはわかりますが、一人だけそれだと逆に変ですね。それよりなにより、意味不明なワイヤーアクションが全てのアクションシーンを台無しにしています。『ラスト・ブラッド』のワイヤーアクションも酷いものだと思いましたが、こちらはもはや戦隊モノのそれ状態。いきなりその場で体が宙に浮いて回転し始めたら、それはもはやアクションじゃなくて超能力ですよ。ここもドン引きを通り越えて苦笑いするしかありませんでした。

総じて何でこの作品がこんな状態でリメイクされたのかサッパリ理解不能です。水野美紀もこんな三文映画に出てないでもうちょっと仕事は選んだほうが良いかと…。

個人的おススメ度1.5
今日の一言:0.5は水野美紀へのこれからの期待度です

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 時をかける少女(アニメ版) | トップページ | 宇宙(そら)へ。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31039532

この記事へのトラックバック一覧です: さそり:

» さそり [ともやの映画大好きっ!]
(原題:蠍子/SASORI) 【2008年・日本】試写で鑑賞(★★☆☆☆) 原作は篠原とおるのコミック。 70年代に梶芽衣子主演で公開された「女囚さそり」シリーズのリメイク作品。 松島ナミ(水野美紀)は、刑事のケンイチ(ディラン・クォ)との結婚を間近に控えていた。ある日、ケンイチの留守中に、暗殺集団の赤城(ブルース・リャン)、チョンロン(サム・リー)、セイコ(エメ・ウォン)が押し入り、ケンイチの父親ナカイ教授を殺してしまう。ここでセイコがちょっとした悪ふざけをし、『ケンイチの妹を殺さないとケンイ... [続きを読む]

受信: 2009年8月21日 (金) 17時55分

» さそり/水野美紀、ディラン・クォ [カノンな日々]
『女囚701号 さそり』を水野美紀さんを主演に『雨音にきみを想う』のジョー・マ監督がリメイクした作品です。『女囚701号 さそり』というのは観たことないんですけどこのタイトルは聞いたことあるので有名なんでしょうか?それほど興味が無かったのに出演者にディラン・クォ....... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 08時14分

» さそり [象のロケット]
恋人ケンイチとの結婚を控えた松島ナミは、暗殺集団に脅されてケンイチの命を救うため、彼らの狙いであるケンイチの父・ナカイ教授と妹を殺害してしまう。 女子刑務所でセクハラとリンチの洗礼を受け、更に面会に訪れたケンイチから「殺してやる」と罵倒され身も心もボロボロになってしまったナミは、壮絶な格闘の末、瀕死状態で森に捨てられるが…。 復讐バトル・アクション。... [続きを読む]

受信: 2009年8月24日 (月) 02時19分

» さそり [だらだら無気力ブログ]
漫画家・篠原とおる原作で70年代に梶芽衣子主演でヒットした 『女囚701号 さそり』を水野美紀主演でリメイク。 結婚を間近に控えたある夜、謎の集団に襲われ、婚約者の父親殺しの罪を 着せられて刑務所で服役することになったヒロインが、自分を陥れた者達 への恨みから復..... [続きを読む]

受信: 2009年10月30日 (金) 01時47分

» 映画 さそり [単館系]
8/10は大雨の影響で上映が中止になった作品、改めて 電話で今日は大丈夫ですか?と確認のうえ劇場へ。 8/10にせっかく来てくれたので招待券をお渡しします。 といってくれたKさんありがとうございました。 ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 23時24分

« 時をかける少女(アニメ版) | トップページ | 宇宙(そら)へ。 »