« ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢 | トップページ | ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密 »

2009年8月18日 (火)

未来の食卓

Photo 最近多い食に関する作品。フランスのバルジャック村が学校給食を全てオーガニック食品にするという試みを中心に、食と環境、健康の係わりを描いたドキュメンタリーフィルムです。監督のジャン=ポール・ジョーはいわゆる専業映画監督ではなく、元々はテレビ番組のディレクター。自身ががんをになったことがこの作品を製作するキッカケなんだそうです。農業大国フランスでのこの試みはどんなものなんでしょうか。
>>公式サイト

それじゃ日本では何が出来るの?

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

「オーガニックとは?」と尋ねる老人に「自然のまま。」と答える無邪気な少年。そうか、そうなんだ…と目から鱗な気持ちで観ていた予告編。じゃあもうちょっとそのオーガニックに関して知りたいなと言うわけで鑑賞してきました。今までも食に関する映画はいくつもあり、いずれも一方的な啓蒙臭さが気に入らずどれもスルーだったのですが、予告編の見せ方によってはお客さんを引き込めるものなんですね。それはさておき、この作品はフランスのバルジャック村という小さな村で学校給食と老人への宅配給食を全てオーガニック食品にするという試みを1年間追いかけたドキュメンタリーフィルムです。

02 03

冒頭いきなりユネスコでの会議の様子から始まるのはちょっと意外でした。そこで発表されていたのは、がんや糖尿病などの病気の70%は生活習慣を含む環境に原因があるということ。しかしどうも私はこの手の欧米の調査結果が信用できないのです。先進的な結果であるものの、まず結果ありき、それも悪い結果ありきのような気がしてならないんですね。ともあれ、オーガニックと環境要因がどのように結びついていくのか、そこに関しては興味を抱いたのでした。

04 05

さて、調査結果に納得したかどうかはともかく、病気の原因に少なくとも農薬の影響ががあるということはバルジャック村でのとある映像を観てすぐに納得でした。作業車で散布する農薬、その運転手は宇宙服のようなスーツを着込んでいます。そんなに完全防備でなければ体に影響が出るような薬物を使って作った作物が体に良いはずがありません。しかもインタビューを受けた農家の女性は、夫が散布する農薬を調合するたびに鼻血を出したり、8日間排尿出来なくなる人もいると訴えます。そして当然ながらその影響はこの地域の子供たちにも及んでおり、娘ががんになった母親は、のインタビューでは、母親の悔やんでも悔やみきれない後悔の念が滲み出ていました。

07 06

そこでバルジャック村。給食全てをオーガニックに変えるだけでなく、子供たちに自分で野菜を作らせたり、その両親を招いたディスカッション、更には一般農家とオーガニックを取り入れている農家の意見交換会を開いたりと、様々な活動をしています。中心となっているのはショーレ村長。彼の願いはただ一つ「子供たちの未来を守ること。」でした。オーガニック作物は高価だという主張にたいして彼の理屈は明快です。それは「実は一般作物の方が高いのだ。」ということ。大量の農薬を使って作った作物の値段は本来ならば今の4~5倍はするはずだけれども、政府からの補助金で安くなっている、それは即ち税金を農家にばら撒いて危険な作物を作らせているのだと。

09 08

彼はその補助金を全国の給食のオーガニック化に使えば、オーガニック作物の需要も増えて価格も抑えられると主張します。究極的にはオーガニック作物を地産地消することで、運送時に発生するCO2の削減にも繋がるというところまで踏み込んだ発言もありますが、そこは農業大国フランスだから言えるのでしょう。振り返って日本の場合を考えると、まずは食料自給率を上げないことにはオーガニックも何もないのではないか…そんな風に思います。政治的な主張はさて置き、オーガニック給食を美味しそうに食べる子供たちの表情が活き活きとしており、更に豊かな自然の中でそれと調和して生きる村の人々を見ていると、人間らしい生活とはこういうことなのかなと考えさせられたのでした。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:映画と言うよりNHKあたりで放送して欲しい内容です

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢 | トップページ | ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31007193

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の食卓:

» 【フランス映画祭2009】 『未来の食卓』 (2008)/フランス  [NiceOne!!]
原題 : Nosenfantsnousaccuseront監督 : ジャン=ポール・ジョー鑑賞劇場 : TOHOシネマズ六本木ヒルズフランス映画祭2009 公式サイトはこちら。<Story>フランスでは年間76,000トンもの農薬が使われている。子供たちの未来を脅かすこの現状を打開すべく、...... [続きを読む]

受信: 2009年8月19日 (水) 06時30分

» 未来の食卓 [象のロケット]
フランス南部・バルジャック村のショーレ村長は、学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにすることを決断した。 「村の財政でまかなえるのか?」と戸惑う村民。 農薬散布が原因ではと囁かれる病気への不安。 「おいしい!」と残さず食べる子どもたちの言葉にやる気を出す調理師たち…。 村の意識の変化を追った食育ドキュメンタリー。 ≪オーガニックとは? 自然のまま!≫... [続きを読む]

受信: 2009年8月21日 (金) 04時17分

» 未来の食卓(フランス映画祭 NOS ENFANTS NOUS) [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★★★    (★×10=満点)  TOHOシネマズ六本木ヒルズにて鑑賞      2009年初夏公開予定  監  督:ジャン=ポール・ジョー キャスト:エドゥアール・ショーレ       ぺリコ・ゲラン、他 ■内容■... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 18時38分

» 未来の食卓 [迷宮映画館]
自分の口にするもの、子供の口にするものをどう思ってきたか・・。 [続きを読む]

受信: 2010年2月26日 (金) 08時36分

« ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢 | トップページ | ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密 »