« ちゃんと伝える | トップページ | A LITTLE STEP »

2009年8月28日 (金)

里山

Photo_2 NHスペシャルで3回に渡って放送された同名のドキュメンタリー番組の映画版。人と自然が共存する里山の美しい四季を見つめた作品です。出演はテレビシリーズと同じく今森光彦。ハイビジョンカメラで撮影された非常に美しい映像と、どうやって撮影したのかと思わせるほどリアルな構図はそれだけで一見の価値あるまさに「映像詩」の名に恥じない作品です。

>>公式サイト

人間だって特別じゃない…

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

これといった盛り上がりがあるわけではなく、ひたすら映像力で勝負したドキュメンタリーですが、ハイビジョン撮影されたその映像力は素晴らしいと感じました。確かに「映像詩」を標榜するだけの力のある映像の数々、そして、ただ単に里山の四季を映し出しただけでなく、一体どうやって撮影したのかと思わせるほどの、手間をかけた丁寧な仕事に『剱岳 点の記』を観た時と同じプロフェッショナルの矜持を感じたのでした。うーん、さすがはNHKです。

02_2 03_2

ただし!最初にこんなことを書くのも何なのですが、虫系が苦手と言う方は観ない方がいいです。里山の自然と昆虫は切っても切り離せないもの。この作品にもミツバチ、スズメバチ、カブトムシの幼虫や成虫、クモ、そして昆虫ではないけれどヒキガエルなどが普通に登場し、しかもハイビジョン画質でスクリーンにどアップで映し出されます。特に私は苦手ではないですが、カブトムシの幼虫のどアップにはさすがに「うっ…」っとなりましたから。

04_2 05_2

しかし逆に言うとここまであからさまに観る機会というのもめったにありません。土の中のカブトムシのさなぎを様々な角度から映したり、樹液を巡って戦うカブトムシ、そして投げられたカブトムシのスーパースロー映像には驚きました。ミツバチが共同してスズメバチを攻撃したり、ヒキガエルが昆虫を捕食したり、こうした映像はは大人より子供が楽しいかもしれませんね。いずれにしろそのシチュエーションをしっかりと押さえなければならない訳で、撮影に携わった方々の苦労がうかがえます。個人的には子供に還ったようにワクワクしながら観ていましたけども。

06_2 07_2

さて、映像力の素晴らしさについて書いてきましたが、本作はそれだけではありません。映し出される里山の四季、そこで流れていく森の木々、野生動物や昆虫たちの日々の営みは全て繋がっていて、人間といえども例外ではないことをハッキリ見せてくれます。というより、里山に生活する人々は里山の中に自然に溶け込み、日々の生活を送っていると言ったほうが良いかもしれません。作中に登場する一本の老木、“やまおやじ”と呼ばれるこの老木は、森の木々の象徴でした。折に触れ、この“やまおやじ”は私たちに優しく説明をしながら映像は流れていきます。

08_2 09_2

森の木は伐採され椎茸栽培のためのホダ木になり、腐食が進んだホダ木は土に還り、カブトムシの幼虫たちのエサとなる。そのカブトムシの幼虫はイノシシたちの貴重なタンパク源。また、森の木のウロで冬を越すミツバチやカエルたち、そのミツバチが花粉を集める時に受粉して、トチの実やドングリやカキの実がなり、そこれは鳥たちやネズミ・リスのエサとなる。人間もそのカキから干し柿を作ったり。ことほど左様に里山では自然の営みの循環が実に巧みに行われていることがわかります。

10_2 11_2

“自然の恵み”という言葉がありますが、本作に登場する椎茸や干し柿そしてハチミツはまさにその象徴であり、そして同時に実に美味しそう。人間も自然の中で生かされているんだと実感できる作品でした。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:日本の原風景を見せられた気がします。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ちゃんと伝える | トップページ | A LITTLE STEP »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31129931

この記事へのトラックバック一覧です: 里山:

» 里山 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ドキュメンタリーTV番組、「NHKスペシャル」で1部、2部、3部と3回放送された「里山」シリーズの劇場版。 村を抱え込むように存在する里山。その雑木林に春がきます。「やまおやじ」と呼ばれる老木が、里山の営みについて語りだします。ヒキガエル、ミツバチ、アリ、カブトムシ... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 23時10分

» 映像詩 里山 [象のロケット]
里山とは原生の自然と人里をつなぐ暮らしの場。 滋賀県北部、琵琶湖のほとりで一千年続く雑木林を長年撮影してきた写真家・今森光彦を案内人に、そして老木「やまおやじ」を語り部に、里山の四季がめぐってゆく。 幾世代にもわたり繰り返されてきた森と人間との大切な約束とは…? 人間と自然が共生する姿をNHKの技術を駆使してハイビジョンカメラが撮影した、自然ドキュメンタリー。... [続きを読む]

受信: 2009年8月29日 (土) 12時24分

» 里山 [だらだら無気力ブログ]
『NHKスペシャル』で放送されてきたドキュメンタリー『里山』シリーズの 第3弾の『里山 いのち萌ゆる森』を再構成した劇場版。 遥か昔から人間たちの手により守り継がれてきた雑木林とそこに暮らす様々 な動物たちのいのちの営みを描く。... [続きを読む]

受信: 2009年9月12日 (土) 22時36分

» 「里山」 [みんなシネマいいのに!]
 NHKの「映像詩 里山」シリーズの第3弾として2008年に放映された「里山 い [続きを読む]

受信: 2009年9月25日 (金) 00時48分

» 里山 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)     試写 にて鑑賞     2009年8月22日公開  キャスト:今森光彦(写真家)      里山で暮らす人々 ■内容■  動物たちの楽園となっている里山は、 人間の出入りが許されて... [続きを読む]

受信: 2009年10月12日 (月) 09時44分

» 「里山」 [再出発日記]
じつに饒舌な自然ドキュメンタリー。一切の説明がなかった「アース」とは対極にあるつくり。滋賀県琵琶湖近辺の里山は典型的な雑木林で、そこでは人と自然が行く千年かけて作り上げ経てきたコロニーがあった。村に隣接した里山の雑木林に春が来た。「やまおやじ」と呼ばれ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 09時48分

« ちゃんと伝える | トップページ | A LITTLE STEP »