« 花と兵隊 | トップページ | キャデラック・レコード 〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜 »

2009年8月16日 (日)

色即ぜねれいしょん

Photo 人気イラストレーター・みうらじゅんの同名の小説を映画化。70年代の京都を舞台にした高校生の青春ドラマ。監督は俳優の田口トモロヲ。主演は2000人を越えるオーディションから選ばれた渡辺大知。共演に『USB』の峯田和伸、岸田繁、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美らが出演。予告編を観る限りでは割と地味な感じを受けていましたが、ベタな青春ドラマ好きとしては観たい一作です。
>>公式サイト

キャスティングの上手さが光る一作

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへおかげさまで好位置キープですupshine

01

思春期の男子の心の揺れを等身大に描いた作品でした。今30代後半から50代前半位の男性は自分の青春時代を思い出させてくれるでしょう。乾たちが臼田あさ美扮するオリーブと出会うシーンではタンクトップに浮き出る乳首に大はしゃぎをするのですが、私の高校時代も今ほど女性の裸が手軽に観られる環境ではなかったので、その程度でもドキドキしていたものでした。(本作の場合は恐らく擬似でしょうけど。)先日観た『童貞放浪記』とは違い、軽いエッチってところがまた甘酸っぱさを誘います。本作はそんな主人公・乾がひと夏を越えて成長する様子を描いたドラマでした。

02 03

さて、本作で何よりも感じたのは登場する俳優がそれぞれのキャラクターに素晴らしく馴染んでいたこと。何より良かったのが主人公・乾純を演じた渡辺大知くん。流石に2000人を越えるオーディションを勝ち抜いただけあって映画初出演とは思えない演技。元々はロックバンド“黒猫チェルシー”のボーカリストだそうです。「考えていることは今と余り変わらないと思った。すんなり共感できて安心した。」とインタビューに答えていますが、共感しただけでここまで演じられるなら、我々映画ブロガーは皆即俳優ですよ。

04 05

ギターを弾き作詞作曲もこなす、好きな歌手はボブ・デュラン、しかし気弱で文科系、とてもじゃないけど人前でなんて歌えない。けれども親しい友達同士の間では明るく元気な極普通の高校一年男子。そんな乾は小学校の時から好きな女の子に告白する勇気も無い。髪型、しゃべり方、仕草、ついでに言えばそのヒョロッとした痩せ型の体型、いつも自信がなさげな目の動き…、彼の容姿・動きのすべてから等身大の乾が伝わってきます。そんな乾を取り巻く人たちがまた個性的かつ魅力的なキャラ揃い。

06 07

隠岐島で乾が心酔するヒゲゴジラ(峯田和伸)。もろにヒッピーを思わせるその容姿通り、彼のいうことも“自由とは”といった如何にも元学生運動家が言いそうな内容は、乾の進む道に大きな影響を与えます。同じくその隠岐島に行く時の船上で知り合ったオリーブは、ヒゲゴジラの言う自由をそのまま実行しているかのような大らか美人。乾だけでなく友達の伊部と池山も彼女を狙いますが、何故か気に入られたのは乾でした。恋人と言うよりは憧れのお姉さま的存在だったオリーブにも悩みを抱えていたことを知った時、乾は一つ大人の男へと前進します。

08 09

他にも、初めてロック喫茶に連れて行ってくれ、恋人に生理が来ないという悩みを乾に打ち明けることでセックスの現実を教えてくれた家庭教師のヒッピー(岸田繁)、どんな時も怒らず乾を見守ってくれる優しいおかん(堀ちえみ)、オリーブとのデートの時、1万円を握らせ「これで食事をしたら真っ直ぐ帰って来い。」と送り出してくれたおとん(リリー・フランキー)などなど実に温かい人間味を感じさせる登場人物たち。彼らに囲まれ、特別なひと夏を過ごした乾の行動は相変わらず自信がなさげではあるものの、積極性が出てくるのでした。

10 11

文化祭で歌うことに立候補した乾。その時の彼は既に以前の彼ではありません。直前に歌った不良グループが大盛り上がりを見せても、彼らのパフォーマンスから何かを掴む貪欲さすらみせます。そして全てを吹っ切った彼の歌と演奏は果たして観衆を大いに盛り上げるのでした。恋・友情・夢といったオーソドックスな青春ストーリー故にそれを演じる人々次第で受け取り方が変わってしまう本作、キャスティングの成功が本作の成功といえるのではないでしょうか。

個人的オススメ度3.5
今日の一言:派手さはない。でも味はある。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 花と兵隊 | トップページ | キャデラック・レコード 〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30974064

この記事へのトラックバック一覧です: 色即ぜねれいしょん:

» 色即ぜねれいしょん/渡辺大知、峯田和伸 [カノンな日々]
原作本は本屋で平積みになってるのを見て読んでみようかなと何度か手に取ったことがあるんですけど、結局買うことはありませんでした。特に理由は無くて他の本を選んでいて順番がまわってこなかったというだけなんですけど、青春小説は大好きなのでこの映画も楽しみにしてま....... [続きを読む]

受信: 2009年8月16日 (日) 07時59分

» 『色即ぜねれいしょん』 思春期という、極めて恥ずかしいあたりの、痛いところをつく…映画。 [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『色即ぜねれいしょん』 鬼才・みうらじゅんの自伝的小説の、映画化なわけだから! (C) 2009色即ぜねれいしょんズ みうらじゅん… 世代的にはかなり上なのだけれども、 男子中高校生の、いわゆる思春期における葛藤は、 普遍的なものがあるわけだから、 ツ... [続きを読む]

受信: 2009年8月16日 (日) 21時21分

» 色即ぜねれいしょん [だらだら無気力ブログ]
イラストレーターや作家で活躍するみうらじゅんの自伝的青春小説を 『アイデン&ティティ』に続いて田口トモロヲが映画化。 70年代の京都を舞台に、ロックな生き様に憧れるも、優等生にもヤンキーにも なれない中途半端で平凡な毎日を過ごす文科系男子高校生が、煩悩に苛ま..... [続きを読む]

受信: 2009年8月17日 (月) 00時28分

» 色即ぜねれいしょん [Art- Mill]
http://shikisoku.jp/indexp.html 「色即ぜねれいしょん」を観る。 みうらじゅんの自伝的小説を田口トモロヲが映画化。田口トモロヲについては、最近ちょこちょこ映画で観るので、面白い雰 [続きを読む]

受信: 2009年8月17日 (月) 12時17分

» 色即ぜねれいしょん [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
旅、友情、性への興味。青春を彩るアイテムは今も昔も変わらない。60年代が熱い政治の季節なら、革命の夢破れてわだかまりと敗北感を抱えるのが70年代。そんなビミョーな時代を生きる順は、京都の仏教系男子高校に通う、不良にも優等生にもなれないどっちつかずの文化系男子....... [続きを読む]

受信: 2009年8月17日 (月) 23時03分

» 色即ぜねれいしょん [象のロケット]
学生運動も下火になった1974年。 京都の仏教系男子高校1年の乾(いぬい)純は、ロックな生き方に憧れながらも平凡な毎日を送る文科系男子。 夏休み、友人の伊部と池山から隠岐島旅行に誘われる。 彼らによると、島のユースホステルにはフリーセックス主義者が集まり、そこに行けば“モッテモテ”になるというのだ! 浮かれ気分で出発した3人だったが…。 青春コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年8月17日 (月) 23時07分

» 臼田あさ美 ケープ [気合!最新情報]
trends02のブログ : うじきつよし 臼田あさ美. 月別アーカイブ. 2009年08月 2009年07月. livedoor プロフィール. カテゴリ別アーカイブ. タグクラウド. livedoor × FLO:Q. FLO:Qで世界にひとつだけのブログパーツを作ろう! QRコード. QRコード ...(続きを読む) 映画/『色即ぜねれいしょん』主演抜擢に「絶対ドッキリや!」田口 ... (ヒロイン・オリーブ役の)臼田あさ美さんとヤンキーたちしか合わなかったんです。だか... [続きを読む]

受信: 2009年8月18日 (火) 09時21分

» 「色即ぜねれいしょん」を「金閣寺」風に観ると [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。みうらじゅん原作、田口トモロヲ監督、渡辺大知、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美、森田直幸、森岡龍、石橋杏奈、岸田繁、峯田和伸、大杉漣、宮藤官九郎、木村祐一、塩見三省。1974年の夏の京都が舞台。仏教系の私立高校の物語というのは三島由紀夫の....... [続きを読む]

受信: 2009年8月21日 (金) 18時44分

» 『色即ぜねれいしょん』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「色即ぜねれいしょん」□監督 田口トモロヲ □原作 みうらじゅん □脚本向井康介 □キャスト 渡辺大知、峯田和伸、岸田繁、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美、石橋杏奈、森岡龍、森田直幸、大杉漣、宮藤官九郎、木村祐一、塩見三省■鑑賞日 8月16日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 男性にしてみれば、思春期に誰しも少なからずこんな経験をしたことがあるだろう。 それはどことなく懐かしく、過ぎ去りし青春時代の入口の、最初の方... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 08時07分

» 色即ぜねれいしょん [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)     試写 にて鑑賞     2009年8月15日公開  監  督:田口トモロヲ キャスト:渡辺大知       堀ちえみ       リリー・フランキー       岸田繁、他 ■内容■  ... [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 01時38分

» 『色即ぜねれいしょん』 [・*・ etoile ・*・]
'09.08.23 『色即ぜねれいしょん』@吉祥寺バウスシアター これは絶対見なくてはならない作品。なぜならMJことみうらじゅんの青春時代を描いた自伝的小説が原作の映画だから。私の誕生日プレゼントということで、baruから前売券+MJイラスト入りビーサンを頂いた。しかも前売券はMJ達が映画の見どころを語ったカセットテープ付き。チケットの半券はそのままカセットレーベルになるというもの。かわいい。他の映画館でもこの前売券があったのか不明だけど、baruのプレゼントは吉祥寺バウスシアター限定。という... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 02時07分

» 映画評「色即ぜねれいしょん」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督田口トモロヲ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 16時16分

» 《色即ぜねれいしょん》 [日々のつぶやき]
色即ぜねれいしょん [DVD]/渡辺大知,峯田和伸,岸田繁 ¥3,990 Amazon.co.jp 監督:田口トモロヲ 出演:渡辺大知、掘ちえみ、リリー・フランキー 「仏教系の男子校に通う純はギターが好きな普通の家庭の少年。何かやりたいと思っているものの、ヤンキーを避けて... [続きを読む]

受信: 2011年6月16日 (木) 09時14分

« 花と兵隊 | トップページ | キャデラック・レコード 〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜 »