« 女の子ものがたり | トップページ | 南の島のフリムン »

2009年9月 1日 (火)

九月に降る風

Photo 本作が長編デビュー作となるトム・リン監督が自分の高校時代に重ね合わせて脚本を書いた青春群像劇。昨日の記事『女の子ものがたり』が女の子同士の友情と別れ、大人への成長を描いたものだとするならば、本作はその男の子版ともいえる。ジェシカ・アルバでリメイクされた『アイズ』のオリジナル『the EYE』の製作総指揮に加わったエリック・ツァンのプロデュース作品。
>>公式サイト

まさに「青春時代」by 阿久悠

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

登場するのは男子7人・女子2人の高校生。物語はこのうち男子の7人を中心にして描かれます。この7人、まさに悪友といった趣で、酒・タバコはもちろんのこと、夜中に学校のプールで裸で遊んだり、ビリヤードに出かけたり、プロ野球を観に行ったりと良いことも悪いこともいつも一緒。私も経験がありますが、グループでバカしてる時の高揚感は仲間同士の気持ちをすごく盛り上げてくれるし、周囲に対して優越感を感じたりするものです。何よりちょっとしたくだらないことでもメチャクチャ楽しい!序盤はそんな7人の姿が活き活きと描かれています。

02 03

さて、7人の中でも2人を軸として物語は展開していきます。一人はグループのリーダー格・希彦(イェン:リディアン・ヴォーン)。陽気でイケメンの彼は、恋人の芸(ユン:ジェニファー・チュウ)がいるにもかかわらず大のナンパ好きで、遊びに行く先々で女の子に声をかけています。演じているリディアンはウェールズ人を父に持つハーフなため、メンバーの中では唯一西欧風の顔立ちなのですが、確かにこれが実にハンサム。そしてもう一人は、イェンの親友の湯(タン:チャン・チエ)。彼はイェンとは対照的にグループに居るのが不思議に思える程真面目な青年で、無理に悪ぶっているようにすら見えます。

04 05

毎日のように学校をサボっては遊びまわっていた7人に転機が訪れたのは、イェンとタンのケンカから。原因はイェンの女グセの悪さでした。イェンがナンパした女の子の彼氏がタンのことを瓶で殴り怪我をさせたのです。あいにくその場にイェンは不在でした。タンは彼と自分が勘違いされていることに気付いていましたが彼を庇います。ところが翌日、イェンはあろうことかその怪我をからかったのでした。この一件以来、タンはグループから距離を置き始めます。ど同時にグループ内にも微妙な空気、意識のズレのようなものが見え始めるのでした。

06 07

しかしいくらからかわれたからといって、そこまで怒るものなのか…。実はタンの怒りの本当の原因は他にありました。イェンの恋人ユンのことをタンは密かに想っていたのです。ユンの家で彼女に数学を教えながらつい彼女の唇や胸元に目が行ってしまうタン…、そんな彼の気持ちは男性ならば実感をもって感じられるのではないでしょうか。つまり元々自分の好きな人を悲しませる行為をしているイェンに対する苛立ちが根底にあったのですね。タンの中でかろうじて保っていた恋愛と友情のバランスがイェンのからかいの一言で崩れてしまったということなのでしょう。

08 09

本当は仲直りしたくてもなかなか言い出せない2人…。この辺りは観ていて歯がゆいのですが、でもそれはそこにリアリティを感じるから。それだけにやっと仲直りした直後のイェンの事故はやるせない想いがします。事故を起こした原付を運転していたのはタンでした…。観ていれば恐らくイェンが植物状態になってしまうことは容易に推測が付き、そして実際にそうなってしまう事自体悲しいことではありますが、それ以上に悲しかった、いや寂しかったのは、それによって仲間がバラバラになってしまたこと。

10 11

タンは自分には無理だと自覚しつつも、仲間をなんとかまとめようと、学校の集会を抜け出しイェンの見舞いに行こうと提案します。しかしその提案は受け入れられませんでした。タンはタンであってイェンじゃない、そんなことは解っていますが自分が原因である以上何かをせずにいられなかったタンの気持ちがなんとも切ない…。更に仲間の一人が警察に逮捕され、それが元で退学に。一旦崩れ始めた仲間の気持ちはもう既に修復不能、そしてそのまま卒業式の日を迎えるのでした。

14

楽しい思い出とホロ苦い思い出。台湾であれ日本であれ、友達同士でバカをやっているときと言うのは何にも代え難いほど楽しいものです。その行為自体で自分が大人に近づいたような気がするんですよね。しかしそういう楽しい時というのは、長い人生の中ではほんの一瞬。どんなに仲のいい友達でも、いつまでも子供のままではいられない、本当の大人にならなくてはならない別れの時はやってくるんです。今ではとても良い思い出になっている、そんな自分の青春時代にタイムスリップさせてくれる、とても切なくノスタルジックな作品でした。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:今の財力であの時代に戻りたい。(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 女の子ものがたり | トップページ | 南の島のフリムン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31195854

この記事へのトラックバック一覧です: 九月に降る風:

» 九月に降る風/リディアン・ヴォーン [カノンな日々]
ついに一般公開を迎えましたね。2008年の東京国際映画祭の上映作品でしたがあの時は観ることが出来なくて、公開されるのがとても待ち遠しかったです。1996年の台湾を舞台に高校生たちの姿を描く青春映画。2008年の台湾では数々の映画賞を受賞し名実ともに近年では台湾のベス....... [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 23時30分

» 『九月に降る風』 野球と飯島愛 [Days of Books, Films ]
『九月に降る風』の原題「九降風」とは、新竹(映画の舞台になる台北近くの都市)で9 [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 16時51分

» 九月に降る風 [象のロケット]
1996年、9月。 台湾・竹東高校のトラブルメーカーであるタンたち7人は新学年早々教官室に呼び出されるが、注意を受けるのは日常茶飯事。 ポケベルで連絡を取り全員集合しては、リーダー格のイェンを中心に他愛もなくつるんで遊んでいた。 しかし、学年も異なる仲間たちの固い絆が、ある事件をきっかけに少しずつ崩れてゆく…。 青春群像劇。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2009年9月 4日 (金) 00時34分

» 九月に降る風 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 台湾  青春&ドラマ  監督:トム・リン  出演:リディアン・ヴォーン      チャン・チエ      ジェニファー・チュウ      ワン・ポーチエ 【物語】  1969年9月、高校3年生のタンは仲間たちと野球観戦に出かける。 親友のイェンを筆頭に、最年長...... [続きを読む]

受信: 2009年9月 6日 (日) 13時32分

» 『九月に降る風』  [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
風のように透明でさわやかなる台湾映画と青春の思い出 1997年夏。竹東高校卒業式の朝、タンは1年前の夏の出来事を独り静かに振り返っていた。九月といったら、日本では夏休み明けの2学期を迎える季節なんだけど、台湾では、欧米と同じく、新年度が始まる節目の格別に感慨深い時期なのだね。そして、原題の"九降風"というのは、旧暦の中秋節が過ぎる頃に台湾北部に吹く季節風のことなんだそう。そんな秋風の吹き抜ける感触そのもののような爽やかでもの寂しさも残る青春模様がここにあるのだ。冒頭の大声援に湧き立つ野球場の描... [続きを読む]

受信: 2009年9月 8日 (火) 22時31分

» 九月に降る風 [とりあえず、コメントです]
2008年に台湾で話題になった青春ドラマです。 仲の良い7人の高校生たちを中心に、彼らのほろ苦い青春を真っ直ぐな視線で見つめている作品でした。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 9日 (水) 12時42分

» 九月に降る風 九降風 [まてぃの徒然映画+雑記]
また一つ、素晴らしい青春映画が台湾から届けられた。いつも教官室に呼び出される7人組。一緒にプロ野球の応援に行ったり、真夜中のプールに忍びこんで真っ裸で泳いだり、学校をさぼって近くの大きな木の下でたわいもない話をしたり、野球と煙草とバイクと女に興味津々な...... [続きを読む]

受信: 2009年9月12日 (土) 23時00分

» ●『九月に降る風』○ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:台湾映画、トム・リン監督&脚本、エリック・ツァン特別出演&プロデューサー、リディアン・ヴォーン、チャン・チエ主演。 [続きを読む]

受信: 2009年9月13日 (日) 21時15分

» 九月に降る風 [tomozoのうれし★たのし★大好き]
昨年の東京国際映画祭で鑑賞(映画祭での上映時は「九月の風」)に引き続き2度目。すごく印象に残る作品だったので、日本公開が決まったらすぐに見にいこうと思っていた。 [続きを読む]

受信: 2009年9月13日 (日) 22時11分

» 九月に降る風 [ダイターンクラッシュ!!]
2009年9月19日(土) 16:20~ ユーロスペース1 料金:0円(会員ポイント使用) パンフレット:700円(それなりに充実しているが、買っていない) 『九月に降る風』公式サイト 台湾産青春映画。舞台は、台北の南の新竹市なる田舎町。この辺は、昔を思い出し郷愁がそそられる。 映画の内容は、その爽やかなタイトルと異なり、かなり痛い。 1~3年の男7人組の物語。バカなことを行い、バカな対応をし、バカな結果となる。 しかし、ラストシーンは、吹っ切れたように、爽やかだ。 個人的には、主人公たちのア... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 14時53分

» 「九月に降る風」永遠に続きそうだった、あの夏 [soramove]
「九月に降る風」★★★★ リディアン・ヴォーン、チャン・チエ、ジェニファー・チュウ、 ワン・ポーチエ、リン・チータイ、シェン・ウェイニエン出演 トム・リン監督、台湾 、107分 、2008年 、2009-08-29公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「台湾の高校生活も日本とそう変わらない、 いつも一緒の仲間にいくつかの出来事があり、 それからなん... [続きを読む]

受信: 2009年10月11日 (日) 01時01分

» 九月に降る風 [Art- Mill]
http://www.9wind.jp/ 九月降る風 (原タイトル 九降風) 「降る風」という表現に、新鮮な感覚を感じ取りました。誰にでもいつかやってくる、まさに「降る風」なんですね。台湾では [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 06時33分

» 九月に降る風 [Diarydiary! ]
《九月に降る風》 2008年 台湾/香港映画 - 原題 -九降風 - 英題 - [続きを読む]

受信: 2009年12月 8日 (火) 21時13分

» 「九月に降る風」 [古今東西座]
台北郊外の街・新竹にある高校に通う、ほんのチョイ悪な男子グループ7名の群像劇。無邪気な悪戯を繰り返す前半は観ていて楽しいのだが、次第にメンバー間の関係が変化していき、切なくほろ苦い結末になっていく。結論から述べると、かなり気に入った。驚くべきことは台湾の高校生の話なのに、全く違和感を感じなかったこと。設定は1996年なので、今は日本も台湾も高校生のあり方は変わっているのかもしれないが、少なくとも僕には自然にすんなりと受け入れられた。逆に言えば同じ脚本で日本で撮ってもあまり手を加える必要がないように思... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 09時04分

» 映画評「九月に降る風」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年台湾映画 監督トム・リン ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年10月 8日 (土) 11時33分

« 女の子ものがたり | トップページ | 南の島のフリムン »