« 劇場版ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合!オモチャの国で大決戦だコロン! | トップページ | ウルヴァリン:X-MEN ZERO »

2009年9月11日 (金)

マーターズ/MARTYRS

Photo_2 パスカル・ロジェ監督が描く強烈なバイオレンスホラー。本国フランスではあまりの過激な描写に当初R18指定が付いたほど。少女時代に拷問を受けた女性復讐劇から始まり、衝撃的かつおぞましいラストに到る。主演はこれがデビュー作とは思えないモルジャーナ・アラウィと『中国の植物学者の娘たち』のミレーヌ・ジャンパノイ。ホラーの枠を超えた作品です。鑑賞には注意!

>>公式サイト

最後の最後で原点回帰?

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

以前から何度も書いている通りホラーは大の苦手です。とはいえフライヤーの金属製の貞操帯やら目隠しをした女性に何やら良からぬ興味を誘われたのは事実。更に、お世話になっているブロガーmigさん(『我想一個人映画美的女人blog』)のおススメもあり、文字通り怖いもの見たさでのこのこと鑑賞に出かけたのでした。そしたらまあ、満席ですよ。全く人の好みは多種多様ですね…。

02_3 03_2

で、まあ結果から言いますと、もう一回観るかと聞かれたら「もう二度と観たくない。」って答えるでしょう。とにかく鑑賞後にずっと後を引くこのえもいわれぬ不快感、これは怖いとか気持ち悪いという表層的な感情の類ではなく、人間の本能的な深層部分に浸透してくるものでした。ひょっとしたら一生忘れない作品となるやもしれません。最も気分爽快なホラーなどあるわけもないですから、これはこれで作品にとっては褒め言葉なんでしょうが。ただ、相当な問題作だと事前に聞いていたせいもあり、心のATフィールド全開で観たせいか、“恐い”と言う意味ではそれほど感じませんでした。実はこの作品、言ってみれば“表”と“裏”の二部構成に分けられます。

04_3 05_2

“表”パートの主人公はリュシー(ミレーヌ・ジャンパノイ)。物語は、幼い頃に監禁・虐待を受けていた彼女が奇跡的に脱出し保護され、15年後に彼女が虐待をしていた犯人を見つけて復讐するストーリー。妙にお手本的に幸せな犯人家族の家庭に突如現れたリュシーは問答無用に全員を射殺します。彼女を復讐に駆り立てたのは、もちろん自分自身のためもあるけれど、逃げるときに置き去りにしてきてしまった同じ被害者の女性の為でもありました。“表”と書いたのは、この復讐劇は表現こそ控えめであるものの、これまでも良く観てきたいわゆるホラー作品と言えるものだから。時折リュシーの前に登場する不気味な全裸の女性は、得体の知れないものとしての怖さを持つものの、置き去りにしてしまった罪の意識から生まれる彼女の幻覚だと解った段階で「幽霊の正体見たり枯れ尾花」といった具合です。

06_2 07_2

本作が問題作たる所以はこの後、子供の頃からリュシーの面倒を見てきたアンナ(モルジャーナ・アラウィ)に主人公が移った“裏”パートに入ってから。アンナはリュシーを監禁・虐待していたカルト組織に囚われの身となります。そしてその後延々とスクリーンに繰り広げられるのはアンナに対する拷問の様子。この組織は若い女性に極限の苦痛を与え、死の淵に立ちマーターズ=殉教者となった者を崇拝する集団だったのです。拷問シーンとはいいつつも、実はひたすら拳で殴っているだけで、例えば『24』のジャック・バウアーが受けているほうが余程派手で痛そうではあります。

08_2 09_2

しかし本作から伝わってくるのはそんな表面的な痛みではなく、まさしく人間が壊れていく心の痛みでした。捕まった当初は脱出を試み、それが出来ないとなると部屋の住みで怯え、しかし毎日毎日鎖に繋がれひたすら殴られ続けるうちにやがてアンナの心は折れてゆきます。誰でも経験があると思うのですが、人間は未来に楽しい事柄が待っていると、それが起こるまでの時間も楽しいもの。逆に未来に恐怖が待っていれば、同じようにそれが起こるまでの時間も恐怖に感じるようになるのです。そして恐怖を感じなくなった段階で体は生きていても人間は死にます。はっきり言って殺されるほうがましですね…。

10_2 11

本作を観るとき、「得体の知れない悪魔や霊の類よりも人間の方がよほど怖い」そういう捕らえ方もあるでしょう、私も最初はおう思いました。例えば『チェイサー』のラストで感じたのは人間の持つ底知れない闇の部分に対する恐怖心でした。しかしこの作品は、そういう恐怖は感じません。そこにあるのは狂信的な何か。正直言うと、監督がどんな想いを表現したかったのだとしても、その手法としてこの映像を撮ったのは理解に苦しみます。しかしながら中世ヨーロッパ美術にはローマ帝国時代に代表されるキリスト教徒に対する拷問を描いた作品が数多く残っており、また殉教者を聖なる存在としてあがめるキリスト教圏にあっては、この手の作品を芸術だと胸を張って言える文化的素地があるのかもしれません。

12_2 13_2

既存のホラー映画のあり方とは異なる問題作という意味では、評価できる作品だとは思いました、ラストの衝撃的なシーンさえなければ。ラストは個人的には悪趣味だと思っていますし、あの映像でよくあるグロ系作品に戻ってしまったように感じます。ところで、何故か本作は年齢制限がないようですが、人によってはPTSDにすらなりかねない作品ですから、鑑賞される方は注意が必要でしょう。

個人的おススメ度2.5
今日の一言:さすがにちょっとおススメはし難い。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 劇場版ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合!オモチャの国で大決戦だコロン! | トップページ | ウルヴァリン:X-MEN ZERO »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31319864

この記事へのトラックバック一覧です: マーターズ/MARTYRS:

» マーターズ / MARTYRS [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click いや〜、何か知らないけどすごい強烈な映画だった{/m_0154/} 『フロンティア』『ハイテンション』『屋敷女』... 近年フレンチホラーの勢いが凄いなんて言われてる中、新たなツワもの映画が登場{/m_0005/} こちらフランスとカナダ合作。 Martyrs(マーターズ)とは、殉教者、犠牲者。 『ヘルレイザー』... [続きを読む]

受信: 2009年9月10日 (木) 21時35分

» マーターズ [あーうぃ だにぇっと]
監督: パスカル・ロジェ キャスト アンナ☆モルジャーナ・アラウィ リュシー☆ミレーヌ・ジャンパノイ カトリーヌ・ベジャン イザベル・ジャス エミリー・ミスクジャン マイク・チャット ガエル・コアン アニー・パスカル リュシー☆ジェシー・パム アンナ☆エリカ・スコット 他 【ストーリー】 1970年代のフランス、何者かに拉致監禁され、長期にわたり虐待を受け続けた少女リュシー(ジェシー・パム)は自力で逃げ出し、傷だらけの状態で発見される。 ...... [続きを読む]

受信: 2009年9月10日 (木) 21時45分

» マーターズ (2007) [肩ログ]
MARTYRS フランス/カナダ 監督:パスカル・ロジェ 出演:モルジャーナ・アラウィ、ミレーヌ・ジャンパノイ、カトリーヌ・ベジャン、イザベル・シャス、エミリー・ミスクジャン、 もぅ、ほとんどホラー映画ブログ化してますね 一体オレは映画に何を求めているのか・・・www 今年、最凶ナンバー1かもしれない作品が登場です。 1970年初頭のフランス。行方不明となっていた少女リュシーは監禁場所から命からがら脱出し、保護される。性的な虐待はなかったもののその身体には無数の生... [続きを読む]

受信: 2009年9月11日 (金) 00時42分

» 完璧に凹んだ…(-_-;)☆フランス・ホラー映画『マーターズ / MARTYRS』☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
今回の試写会場はアップリンク・ファクトリー。 仕事帰りに行くには都合の良い渋谷にあるということで、映画の内容も確認しないで応募→当選! それから初めてどんな作品なのかと検索してみると、フランスのホラー。それもかなりコワくて痛い作品ということが判明。 ...... [続きを読む]

受信: 2009年9月13日 (日) 01時07分

» マータ―ズ(2007)◆MARTYRS [銅版画制作の日々]
 MARTYRSとは? それは“殉教者”または“犠牲者”を指し、古くは“証人”を意味する言葉。 2人の美少女を待つ、あまりにも過酷で凄惨な運命とは・・・ 京都みなみ会館にて鑑賞。一日一回のみの上映で今週の金曜日までということで、慌てて観に行きました。誰も来ないなあなんて思っていたら、開始時間が近くなると次々とお客さんがやって来まして。しかも女性客は、私以外に1人のみ。この手の作品って男性客に人気があるのでしょうか?何とパンフレットも売り切れです。 感想は・・・・。今までにお目にかかったことが... [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 10時54分

» 【マーターズ】 最終解脱 [明るいときに見えないものが暗闇では見える。]
[parts:eNozsDJkhAMmJmMjAyYjU3NGJgszSyPTNEsLSyc3Yz/DQuPEjEi1jBzbrMR4rwC1tGJbQzUmODA0AhIWROmBms/EhKYbZAAAsAMX6A==] ↑ かなりショッキング!ホラーに免疫のない人は閲覧注意!! 最近とっても威勢がいいフレンチホラー。その中でも昨年上映され特に話題となった一作。ついに観賞。 「この映画は本当に上映していいものなのか」というコピーからも、かなりの残酷描写がウリ。ところが観終わってみればト... [続きを読む]

受信: 2010年4月20日 (火) 14時50分

» マーターズ / 79点 / MARTYRS [ゆるーく映画好きなんす!]
不快&悪趣味でありながら、目を逸らさせない圧倒的なるセンスに酔え! 『 マーターズ / 79点 / MARTYRS 』 2007年 フランス/カナダ 100分 監督: パスカル・ロジェ 製作: リシャール・グランピエール シモン・トロティエ 製作総指... [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 19時56分

» マーターズ [映画鑑賞★日記・・・]
【MARTYRS】 2009/08/29公開 フランス/カナダ 100分監督:パスカル・ロジェ出演:モルジャーナ・アラウィ、ミレーヌ・ジャンパノイ、カトリーヌ・ベジャン、イザベル・シャス、エミリー・ミスクジャン残酷ホラー映画が遂に到達した究極の新境地最終解脱!これ....... [続きを読む]

受信: 2010年9月10日 (金) 22時15分

» マーターズ [うふふ・映画三昧。]
1971年、監禁されて虐待を受けていた少女が、自力で逃げ出し、保護された。少女の名前はリュシー。彼女が虐待を受けていた倉庫には、座ったまま排泄できるようになっている穴の開いた椅子。手足は鉄の鎖で縛り付けられ、もがいた少女の手首には化膿した傷があった。が、性的虐待は受けていなかった。 体のあちこちに傷をつけられ、殴られていた少女は、大人になっても、その心の傷が癒えず、常に何かにおびえて暮らすようになっていた。 少女アンナは、そんなリュシーのことを労わり、慈しみ、守るようにいつも彼女のそばに... [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 13時03分

» 【映画】マーターズ [★紅茶屋ロンド★]
<マーターズ を観ました> 原題:Martyrs 製作:2007年フランス・カナダ合作 ←クリックしてね♪ランキング参加中 つい最近までツタヤには置いてなかったみたい…。 ずーっと探していたんだけど見当たらなくて(面倒なので店員さんには聞いていない)、やっと発見してレンタル。でもどうやら新品のようです…。リクエストあったからお店に置くようにしたのかな~?詳細は謎。 王道ホラーじゃなくて、マニアが好むスプラッターホラー系に位置するそうです。 噂の評判を聞いて、観てみたいと言ったら「趣味悪い」... [続きを読む]

受信: 2010年11月 8日 (月) 19時42分

» マーターズ [ダイターンクラッシュ!!]
2010年12月27日(月) レンタルDVD マーターズ [DVD]出版社/メーカー: キングレコードメディア: DVD マーダーズでなくマーターズ。意味不明な言葉だが、殉教者ということだそうだ。 冒頭、傷だらけで脱出する少女リュシー。 保護されるが、トラウマで幻覚に襲われる。傷だらけの女が襲ってくるのだ。 大きくなった彼女は、監禁虐待した家族を発見し、皆殺し。それでも幻覚に襲われ、自らを傷つけてしまう。 助けようとする親友アンナだが、その目の前で自殺してしまう。幻覚で傷だらけの女に首... [続きを読む]

受信: 2010年12月29日 (水) 17時19分

« 劇場版ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合!オモチャの国で大決戦だコロン! | トップページ | ウルヴァリン:X-MEN ZERO »