« 青の稲妻 | トップページ | マーシャル博士の恐竜ランド »

2009年9月23日 (水)

白夜

Photo_2 『愛の予感』の小林政広監督最新作。同時に原作・脚本も手がけている。EXILEのMAKIDAIこと眞木大輔とドラマ『BOSS』の吉瀬美智子の2人が主演です。プロデューサーには『山形スクリーム』『ちゃんと伝える』など、同じEXCILEのAKIRA出演の作品をプロデュースする梅村安が参加。フランスはリヨンを舞台に繰り広げられるたった1日だけの大人のラブストーリーを描いた作品です。
>>公式サイト

艶めかしいキスシーンの臨場感

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

どこかで見たような文学作品的ラブロマンス。それ自体は若干臭さを感じさせるもののセンス的には嫌いではない作品です。観ていて感じたのは木島立夫(眞木大輔)が監督本人をイメージしているのではないのかということ。もっと言ってしまうと監督の妄想の世界を実写化したといったら言い過ぎでしょうか…。もちろん原作・脚本が小林監督の手によるものですから、監督の頭の中にあるものの実写化であるのは間違いないのですが、そういう話ではなく、もっと生身な人間というか、男と女の本能的な関係というか…そんな印象を受けました。

02_2 03_2

さて、物語は到ってシンプル。その日リヨンを去る予定の男・木島立夫とその日リヨンを訪れた相沢朋子(吉瀬美智子)がとある橋の上で出会います。女は不倫相手の商社マンを追って、全てを捨ててこの地にきたのでした。最初は険悪な空気だったものの、何とはなしに打ち解けていく2人。いつしか2人はお互いに惹かれ合っていたのです。物語の殆どは橋の上のシーン、全くといって良いほど絵変わりはしません。登場人物もたったの2人。しかもほぼ完全なセリフ劇だけに役者の力が非常に要求されます。

04_2 05_2

残念ながら眞木大輔はもちろん、吉瀬美智子も力不足の感は否めませんでした。特に眞木大輔の演技は…。両者ともにセリフ棒読みにしか聞こえません。これは監督の狙い?いずれにしてもそのセリフの奥にある心の動きが感じられないのです。今をときめくEXILEの一員を主演に据えればある程度の集客は見込めるでしょうが、それはEXILEのMAKIDAIのファンであって、彼を見せるために作品を作った訳ではないでしょうに。こういった芝居を要求するならばキャスティングのミスとしかいいようがありません。

06_2 07_2

もっとも、さすがに美男美女、しゃべらないで立っている分には雰囲気がありとても絵になります。これは個人的に吉瀬美智子ファンとしては嬉しいところ。さて、絵変わりがしないと書きましたが、少しでも絵に変化をつけたいからなのか、この作品、2ショットはほぼハンディで撮られています。これが画面が揺れる揺れる!確かにハンディにすればリアルな目線になりますが、これはいくらなんでもやり過ぎ。演出だといって逃げるにしても限度があります。人によっては酔うでしょう。そもそも食事のシーンをハンディで撮る意味がわかりません。

08_2 09_3

似たようなカットで超ロングショットが何回か出てきますが、こちらが揺れるのは仕方ありません。ただ、何のための超ロングショットなのかが解らないのです。周りにスタッフを置かず、本当の恋人同士のように演じて欲しいということなのでしょうか?唯一ハマッたかなと感じたのは見せ場の濃厚なキスシーン。映像的には遠いのに、聞こえてくる唇を吸い合う艶めかしい音だけははっきり聞こえます。日本人同士のキスシーンとしては、こんなにリアルな感覚が伝わってくるものも珍しいでしょう。このあたりはピンク映画を多く撮っている監督だけにお手の物なのかもしれませんね。

10_2 11_2

(ここからネタバレ含む。)
ラストシーン、結局2人は上手く行かないのですが、確かに男が女の部屋を見上げ、彼女が直ぐに顔を出さない時点で結局この恋は上手く行かない考えることもありえるかもしれません。がしかし、流れとしてはあまりに唐突過ぎます。また2度男に裏切られることになった女の哀しみは解らなくもないですが、こちらもまたあまりに短絡的なラスト。何かもう時間が無いから急いで終わりにしたような感じさえします。橋の上のシーンで全体の80%近くを占める位なら、ラストの描写をもっと丁寧にする方に時間を割いて欲しかったと思います。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:同じタイトルの写真集にするならいいかも。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 青の稲妻 | トップページ | マーシャル博士の恐竜ランド »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31489242

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜:

» 白夜 [象のロケット]
フランス・リヨンの赤い橋の上で人待ち顔に佇む女。 別れた恋人に会うため、親に黙って会社を辞め日本を飛び出してきたのだ。 そんな彼女に突然「日本人?」と声をかける男。 男は海外を放浪して1年、明日日本に帰国する予定だった。 男は女が気になって、強引にカフェに誘うのだが…。 旅先でのひと時の出会いを描くラブ・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2009年9月25日 (金) 07時30分

» 「白夜」 [みんなシネマいいのに!]
 これは大変つまらない。 映画を観ているのが罰ゲームに思えてきた。 別れた恋人に [続きを読む]

受信: 2009年9月27日 (日) 06時56分

» 新宿武蔵野館にて「地下鉄のザジ」&「白夜」を鑑賞 [流れ流れて八丈島]
今日は当直明けの平日休みなんでまっすぐに家には帰らず、池袋のみずほ銀行で二男クンの大学の学納金振込、ビックカメラでケータイの機種変更、などなどの用事を済ませてから新宿へ流れました新宿武蔵野館の株主優待券は2ヶ月で4枚なんで、観れるときにガンガン観ておか...... [続きを読む]

受信: 2009年10月 4日 (日) 09時17分

» 白夜 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
白夜というタイトルと橋の上で出会う男女。これらからはドストエフスキーの小説やそれを原作とするヴィスコンティの映画を連想するが、この作品は偶然出会った男女が列車が出発するまでの時間を共に異国ですごす「恋人までの距離(ディスタンス)」に近い。仏・リヨンの橋の....... [続きを読む]

受信: 2009年10月10日 (土) 21時34分

» ★「白夜」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、フリーパスを使って3本鑑賞。 その一本目。 EXILEのマキダイこと眞木大輔と吉瀬美智子の主演。 [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 03時32分

» 白夜(’09) [Something Impressive(KYOKOⅢ)]
一昨日「春との旅」を見たので、この折に、順序的にも、昨年見ていた小林作品「白夜」について、思った所少し書いておこうかと思います。 これは、フランス舞台邦画、という興味もあって見たのでしたが、序盤同監督の寂れたブルートーン映像色のまま、舞台が恒例の北海道の殺風景な街からヨーロッパに、という印象。 一瞬の男(眞木大輔)の心の切れ間が、モノトーンで表されてたり、2人の、互いの言葉へのこだわりの応酬の妙等、やはり独特なテイストで、単純なラブストーリーの枠でなかったとは思うのですが、恋の迷路にはま... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 23時13分

« 青の稲妻 | トップページ | マーシャル博士の恐竜ランド »