« 私の中のあなた | トップページ | 地下鉄のザジ(完全修復ニュープリント版) »

2009年9月30日 (水)

のんちゃんのり弁

Photo 『Sweet Rain 死神の精度』で好演を見せた小西真奈美が主演。入江喜和の同名コミックを実写映画化し人情ドラマです。共演に『おと・な・り』の岡田義徳、『ニセ札』の村上淳と倍賞美津子、『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』の岸部一徳、と個性的な演技派俳優が揃った。監督は緒方明、製作総指揮を『真夏のオリオン』のプロデューサー・木下直哉が務める。
>>公式サイト

シングルマザー小巻のドタバタ奮闘記?

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

もっと軽い話かと思いきや、意外に見応えのある人情ドラマでした。グータラ亭主から自立して生きようともがく一児の母親・永井小巻(小西真奈美)の成長物語です。ちなみにタイトルにある“のんちゃん”は主人公・小巻の娘の乃里子(佐々木りお)のこと。幼稚園児でありながら、ケーキよりもお母さんの作るのり弁が大好きという明るく元気な女の子です。余談ですが主人公以外の人物名がタイトルに付くという意味で、アン・ハサウェイ主演の『レイチェルの結婚』なんかを思い出してしまいました。

02 03

それはさて置き主役の小西真奈美。美人系でもあり可愛い系でもあるこの女優さん、個人的には大好きな女優の一人なんですが、しかし主演を務めるにはどうもインパクト不足というか、良くも悪くも綺麗過ぎでよい意味でのアクがない。ところが、今回の小巻役は綺麗にハマっていました。小巻は資産家の夫・範朋(岡田義徳)と結婚し何不自由なく暮らしていました。故に31歳になるこの歳まで、おおよそ世間の荒波に晒されてないお嬢様だったりします。小西真奈美の可愛らしくておおよそ何の苦労も感じさせないその顔立ちや佇まいは、そうした世間知らずの30女を演じるにはうってつけ。

04 05

ちなみに岡田義徳演じる範朋のどうしようもなさは、最初はある種気持ち悪さを感じるぐらい。『おと・な・り』でも何だか変な男を演じてましたけどね…。離婚したがる小巻に対し「俺結構しつこいから。」ってヘラヘラ薄笑いを浮かべている様子がいかにも憎たらしくて!それだけ上手く演じてたということなんでしょうけども。ただし、娘ののんちゃんの事を大切に思ってい気持ちだけはホンモノらしい…。そんな範朋と対照的なライバルとして登場するのが小巻の同級生・建夫(村上淳)。親の写真館を継いでいる真面目な青年だけれども、今度は逆に押しの弱さが何だかちょっと頼りなく見えたり。どうも小巻の周りの男どもはいま一つな感じです。

06_2 07

さて、前半は小巻がお金はあってもグータラな亭主を見限り、独り立ちしようとするものの、いかに彼女が世間知らずだったかを見せるためのシークエンス。就活の面接に行って堂々と10時から14時までの4時間勤務を希望するって…派遣ならともかくそんな正社員採用なんてある訳ありません。友達の麗華(山口紗弥加)に紹介された飲み屋の仕事も、酔った客にキスされたことでぶち切れて1日で辞めてしまう始末。見かけによらず気の強いところは母親・フミヨ(倍賞美津子)のチャキチャキ具合を見るに付け、この親にしてこの子ありといういわば親子の繋がりみたいなものも感じさせてくれたりする描写でもありましたけど。

08 09

ところが!何の取り得もないと思っていた小巻に一筋の光明が…。のんちゃんに持たせたのり弁が幼稚園で美味しいと大評判になったのです。ちなみにこののり弁が確かに美味そう。ちゃんと画面でどんなのり弁なのか解説してくれるのも親切で、これなら自宅で私たちでも作れます。そしてある日、建夫の配達に付き合った先で小料理屋“トトヤ”の主人・戸谷(岸部一徳)とであったことが彼女の運命を決定付けたのでした。「お弁当屋さんをやる!」そう宣言した彼女は、戸谷から彼女はプロとしての技術と心構えを学びます。それにしても岸部一徳の味のある演技は相変わらず光っていました。とにかく一語一語に説得力があるんです。もっとも小巻を「奥さん」と呼ぶのだけはどうも馴染めなかったんですが…。

10 11

やりたい事がやっと見つかり張り切っている小巻をよそに、外野では彼女を巡って範朋と建夫が火花を散らすことになります。この後、範朋のおかげでとんでもない騒動が起こるのですが、本作で好感が持てるのは、安易に新しい出会いになびいたり、元ザヤに戻ったりしなかったこと。即ち小巻は人間として独り立ちし成長を遂げるには、どちらの男も頼らないという妙にフェミニストの喜びそうな決断を下すのです。この手の人情ドラマの常として、最終的には大団円ですが、結局、小西真奈美の綺麗な顔と同じで少し綺麗過ぎる終わり方な気もしたのでした。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:建夫の父ちゃんが最高♪

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 私の中のあなた | トップページ | 地下鉄のザジ(完全修復ニュープリント版) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31585637

この記事へのトラックバック一覧です: のんちゃんのり弁:

» のんちゃん のり弁 [象のロケット]
ダメ亭主に愛想を尽かし、31歳の小巻は娘のんちゃんと共に東京下町・京島の実家に出戻るが、なかなか仕事が見つからない。 ずっと専業主婦だった小巻の唯一の才能はお弁当作りで、娘に作ったのり弁が幼稚園で大評判に。 ついに弁当屋を開くことを決意し、小料理屋に弟子入りするが…。 ハートフル・コメディ。 ≪人生かけた再出発 ― きっかけは、お弁当!?≫... [続きを読む]

受信: 2009年9月30日 (水) 21時41分

» 『のんちゃんのり弁』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----お久しぶり。 先週は、シルバーウィークとやらで、 えいは福岡に行っちゃうし、 「シネマのすき間」もお休みだしで、 フォーンは、ひとりさみしい思い。 でも、今日はいいんだ。 だって食欲が出てくる映画。 そう『のんちゃんのり弁』。 「のり弁は美味しいよね」ニャんて喜んでいたら、 「のりは猫にはダメ!」と言われちゃった。 えっ。そうニャの? 玉ねぎやチョコレートがダメなのは知っていたけど、 のりもそう? そういえば、この映画、 実は、公開が危ぶまれていたんだって。 理由は、配給元の会社が破産宣告... [続きを読む]

受信: 2009年9月30日 (水) 22時25分

» のんちゃんのり弁 [とりあえず、コメントです]
同名コミックを原作に描いたコミカルでハートウォーミングな人間ドラマです。 ダメ亭主から卒業して自立を決心した女性の姿を、厳しい視線も含めて静かに描いていました。 [続きを読む]

受信: 2009年9月30日 (水) 23時22分

» のんちゃんのり弁 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
庶民派グルメが楽しめる本作の名脇役はお弁当。この映画に登場するそれは工夫と栄養、そして愛情がたっぷりつまった優れものだ。31歳の小巻は、ダメ亭主に愛想を尽かして実家に出戻る。これといった資格もない小巻の就職活動は行き詰まり、たちまち生活は困窮。そんな中、娘....... [続きを読む]

受信: 2009年9月30日 (水) 23時44分

» のんちゃんのり弁 [しぇんて的風来坊ブログ]
だらしない夫に見切りをつけ、幼稚園児の娘を連れ実家に出戻りするも、自らが就職して自立するための努力をしてこなかったことを自覚した女性が、弁当屋をやろうと行動していく話。単なる自立した女性になるという話でなく、責任ある(即ち周囲の援助ないし迷惑を自覚しての)道を探すために諦めない女性を小西真奈美が、彼女でなくてはという、はつらつで媚びない感じで好演。夫は見下れてもしつこく、かといって学生時代のちょっと気があった再会した男もいい人だが・・・。幼稚園児のんちゃんは、のり弁を作る母のおかげで父が別居して寂し... [続きを読む]

受信: 2009年10月 1日 (木) 00時04分

» のんちゃんのり弁 [ともやの映画大好きっ!]
【2009年・日本】完成披露試写で鑑賞(★★★☆☆) 入江喜和の同名コミックを実写映画化した下町人情物語。 生活力のない夫に見切りをつけ、子連れで実家に出戻った主人公。 厳しい現実に直面しながらも、自らの手で人生を切り開いていくために懸命に奮闘する姿を描いていく。 永井小巻(小西真奈美)は下町育ちの31歳。真っすぐで強がりで、思い切りの良さは天下一品。ある日、夢ばかり見ているダメ亭主の永井範朋(岡田義徳)に愛想を尽かし、一人娘の乃里子=のんちゃん(佐々木りお)を連れて、母・原フミヨ(倍賞美津子)... [続きを読む]

受信: 2009年10月 1日 (木) 09時39分

» のんちゃんのり弁 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。緒方明監督、小西真奈美、岡田義徳、村上淳、岸部一徳、山口紗弥加、倍賞美津子。スネ夫さん(岡田義徳)に愛想尽かしてコブ(佐々木りお)ツキで実家に帰った小巻(小西真奈美)だが、カネもスキルもない・・・あった、のり弁当。... [続きを読む]

受信: 2009年10月 3日 (土) 23時05分

» のんちゃんのり弁(試写会) [まてぃの徒然映画+雑記]
小西真奈美が31歳子持ち出戻り主婦をコミカルに演じる。自称小説家だが親の資産でのうのうと暮らす旦那(岡田義徳)に愛想をつかし、離婚届を残して娘ののんちゃんをつれて実家に帰る永井小巻(小西真奈美)。母フミヨ(倍賞美津子)に嫌味を言われながら仕事を探す毎日だ...... [続きを読む]

受信: 2009年10月 4日 (日) 22時25分

» のんちゃんのり弁 [墨映画(BOKUEIGA)]
「いろいろな思いのつまった、お弁当」 のんちゃんに恥ずかしくないように、お母さん、ちゃんと生きたいの。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 「モーニング」誌上で連載された入江喜和の同作漫画を基に、『独立少年合唱団』『いつか読書する日』の緒方明が監督を務めるハートウォーミングな親子ドラマ。だらしない夫を捨てた子持ちの主婦が、弁当店オープンに向けて奮闘する姿を描く。『UDON』の小西真奈美と子役の佐々木りおがヒロインとそのまな娘・のんちゃんを演じて、息の合った母娘コンビ... [続きを読む]

受信: 2009年10月 9日 (金) 19時23分

» 『のんちゃんのり弁』 ('09初鑑賞142・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 10月3日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 16:40の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年10月11日 (日) 20時56分

» のんちゃんのり弁 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★☆☆☆☆    (★×10=満点)     試写 にて鑑賞     2009年9月26日公開  監  督:緒方明 キャスト:小西真奈美       岡田義徳       村上淳       佐々木りお、他 ■内容■  下町の実家に... [続きを読む]

受信: 2009年10月12日 (月) 10時29分

» 『のんちゃんのり弁』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
下町情緒。海苔には日本の心がある。栄養をしっかり補給して、全力投球で生きることのすがすがしさよ。 31歳の永井小巻は、ダメ亭主に愛想を尽かし、娘ののんちゃんを連れて、実家の京島に出戻る。奮闘する女子もの。お馴染みな題材でありつつ、シノプシスを読んで予告を見ると、何となく古めかしい設定に感じられた。原作は90年代の漫画と知って納得。というのは、オリジナル脚本だったら、あらさ女子モノに弁当屋という職業はあえて選ばれるはずはなく、食べ物を扱うとしたら、(フードスタイリストが同じ飯島さんの)『かもめ食... [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 09時57分

» のんちゃんのり弁 [七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba]
夫:捨ててきました。 娘:のんちゃん 仕事:なし お金:なし 特技:のり弁 この年で、人生本気で生きたくなりました。 な~んも考えずに生きてきた31歳子持ち女子 人生かけた再出発──きっかけは、お弁当!?... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 02時12分

» のんちゃんのり弁・・・のシナリオ感想 [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
緒方明監督の最新作「のんちゃんのり弁」 面白かった・・・といっても松本ではまだ公開されておらず、面白かったとはシナリオを読んでの感想 「シナリオ」誌10月号に掲載。映画見る前にシナリオ読むのってどうかな・・・と思いつつ、読み出したらなんか面白くて一気に全部読んでしまった。 良かった台詞 主人公の小巻の台詞 長いけど 「はい。トシくってます。子供もいます。そのわりに金は無い。資格は無い。一般常識も世の中のこともなーんも考えずに生きてきて、もうすぐ32です。そんな馬鹿女が今日!はじめて!目標ができたん... [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 22時39分

» 「のんちゃんのり弁」 [みんなシネマいいのに!]
 確かテレビドラマもあったけど、今更映画化?…と思ったがテレビドラマは全く関係な [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 03時20分

» 「のんちゃんのり弁」は緒方明監督の職人技で成り立っている [映画と出会う・世界が変わる]
緒方明監督は「独立少年合唱団」と「いつか読書する日」を見ればわかる通り、とにかくきっちりと作品を撮る監督である。この作品もその通りで、実はさほど面白くもないような素材と人物たちを実に巧く描いて、面白い作品に仕上げている。上記で紹介した2作品には地方の共...... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 08時00分

» のんちゃんのり弁 [迷宮映画館]
さばのみそ煮、おいしそうでした。 [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 16時17分

» のんちゃんのり弁 [監督:緒方明] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
個人的評価: ■■■■□□ [6段階評価 最高:■■■■■■(めったに出さない)、最悪:■□□□□□(わりとよく出す)] 点数は渋めだが、とっても好きな映画である。 働く事、稼ぐ事、オトナの責任、30代の再出発・・・色々と人生の教訓となるようなものが散りばめられていて、元気がなくなった時に観返してみたくなりそうな映画だ。 脚本は素晴らしい。 鑑賞前に脚本を読んでいたので(シナリオ誌10月号に掲載されていたやつ→「のんちゃんのり弁」のシナリオ感想・・・参照)、さてこのいいホンがどのように映像化さ... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 19時21分

» のんちゃんのり弁 [元レンタルビデオ屋店長の映画感想]
のんちゃんのり弁 通常版 [DVD]/小西真奈美,岡田義徳,村上淳  「独立少年合唱団」「いつか読書する日」の緒方明監督が、入江喜和の同名コミックを小西真奈美主演で実写映画化した人情ストーリー。生活力のない夫に三行半をつきつけ子連れで実家に出戻った主人公が、厳し... [続きを読む]

受信: 2010年2月18日 (木) 18時13分

» のんちゃんのり弁 [paseri部屋]
「のんちゃんのり弁」(2009)を観ました。監督・脚本:緒方明出演:小西真奈美、岡田義徳、村上淳、佐々木りお、山口紗弥加、岸部一徳、倍賞美津子<内容>永井小巻は、下町育ちの31歳。ある日、夫・範朋のダメ亭主ぶりに愛想を尽かした小巻は、娘ののんちゃんを連れて実...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 4日 (日) 16時36分

» ≪のんちゃん のり弁≫ [日々のつぶやき]
監督:緒方明 出演:小西真奈美、岡田義徳、村上淳、岸部一徳、倍賞美津子、山口紗弥加 「自称小説家で実際は何もしていないダメ夫に愛想を尽かし、娘ののんちゃんを連れ家を出て実家に戻ってきた永井小巻。貯金はゼロに近く働こうにもいい条件を探しプライドもあり... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 09時18分

» 小西真奈美 村上 淳 岡田義徳 / のんちゃんのり弁 [中川ホメオパシー ]
ワケもなく集会 『のんちゃんのり弁』 《あらすじ》 自堕落で甲斐性無しの夫(岡田義徳)と離婚した小巻(小西真奈美)は、小学生の娘・乃 ... [続きを読む]

受信: 2010年6月30日 (水) 20時11分

» 映画評「のんちゃんのり弁」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・緒方明 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 16時04分

» 『のんちゃんのり弁』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ永井小巻は、下町育ちの31歳。真っ直ぐで強がりで、思い切りのよさは天下一品。ある日、ダメ亭主に愛想を尽かし、娘ののんちゃんを連れて、実家の京島に出戻ったが・・・... [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 23時27分

» のんちゃんのり弁 [単館系]
これ、よかった。 今までの小西真奈美からは想像できなかった・・・ のんちゃんというのは娘の名。 バツイチだし、特技はのり弁!? いや、正確にはまだ離婚はしていないのですが今すんでい...... [続きを読む]

受信: 2011年7月12日 (火) 01時26分

« 私の中のあなた | トップページ | 地下鉄のザジ(完全修復ニュープリント版) »