« 長江哀歌(エレジー) | トップページ | カムイ外伝 »

2009年9月18日 (金)

ココ・アヴァン・シャネル

Photo シャネル創立100周年の今年に公開される第2弾作品。世界的デザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記映画です。この作品の主演は『アメリ』のオドレイ・トトゥ。共演に『アイズ』のアレッサンドロ・ニヴォラが出演。監督は『ドライ・クリーニング』のアンヌ・フォンテーヌ。8月に公開された『ココ・シャネル』と違い、今回はシャネルの母国語フランス語での作品。待ち構えていた作品です。
>>公式サイト

シャネルじゃなくてもいいじゃない。

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

とにかくひたすら退屈で眠かった…。これは仕事終わりに鑑賞したせいではありません。あまりにも単調でどうでも良いラブストーリーが延々続くんで、いつ終わるのか時計を見てしまった程です。8月に公開された『ココ・シャネル』は非常に気に入ったので、この作品を観るにあたってかなりハードルが上がってしまったことは確かなんですが、それにしてもちょっとがっかりでした。唯一良かったのは、母国語のフランス語で作品が作られていたってことでしょうか。と、いきなりダメ出しなんですが、この作品が『ココ・シャネル』より先に鑑賞できていたら幾分ましだったかもしれません。

02 03

しかし残念ながらもう既にエティエンヌ(ブノワ・ポールヴールド)と出会い、その友人であるボーイ(アレッサンドロ・ニヴォラ)に恋をするも、彼は結婚してしまい、交通事故でなくなるという大まかな流れは解っています。従ってそれそのものだけをいくら観せられても何の感慨も湧きません。というか、そもそもその流れすら私が無知ゆえに知らなかっただけで、『ココ・シャネル』を未見で既知の方も多いはずです。その複雑な恋愛感情のなかにガブリエル(オドレイ・トトゥ)が後の世界的デザイナーとなる才能の煌きが見えなければ、別にわざわざココ・シャネルを題材に映画を作る意味がないでしょう。

04 05

比べても仕方ないですが『ココ・シャネル』にはシャーリー・マクレーンが演じる成功した後のガブリエルが登場し「It's CHANEL.」という一本筋の通った強烈な主張がありました。しかし本作ではなにやらこちょこちょと帽子を作ってはいるものの、観ていて殆ど趣味の範囲を出ていません。しかもやけに男勝りな面だけが強調されているガブリエル…。劇中の彼女のファッションがシャネルなんですか?何か違う気がします。シャネルの映画であるからには、劇中にシャネルだからこそ若かりし頃にもこんな発想があり、こんなものを作ったのだというところを見せて欲しかった…。

06 07

本来若い頃から異彩を放っていたからこそ、そんな彼女にボーイは恋をし、ビジネスパートナーとして出資したはず。これでは単に自分の好きな女性だからお金を出したようにすら見えます。でもそんな出資のされかたはガブリエルは望まないでしょう。余計なラブストーリーに時間を割かないで、彼女が成功するまでの生みの苦しみを描かなければ本当に彼女の半生を描いたことにはならないです。気がつくとパリで帽子屋は大繁盛してるんではダメでしょう。ボーイが亡くなった後にガブリエルが服を作るシーンも、そこにこれこそがシャネルだという熱い主張がないから、全然テンションが上がりません。

08 09

オドレイ・トトゥの演技もいかにも力不足。最初から最後までずっと一本調子で驚くほど感情の起伏が感じられません。顔は美人ですけど何だか人形のよう。むしろエティエンヌ役のブノワ・ポールヴールドのほうが遥かに情緒豊かで、彼女を笑いものにするシーンでの強気な顔、彼女が出て行くときの寂しそうな顔、ボーイに彼女を取られて悔しい顔、その時々の彼の心情がダイレクトに伝わってきます。まあ、ボーイ役のアレッサンドロ・ニヴォラもオドレイに引きずられるかのように単調な演技をみせてくれたんで、悪い意味でバランスは取れていましたが。

10 11

楽しみにしていただけにこの出来はちょっとショック。新宿ピカデリーのポイント鑑賞だったんでまだマシ?でしたけど、多分通常料金ではちともったいないかも。実際終わった直後の観客もみな一様に気分が盛り上がっていない表情でした。

個人的おススメ度2.5
今日の一言:恋は伝記映画の一要素でしかない。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 長江哀歌(エレジー) | トップページ | カムイ外伝 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31432356

この記事へのトラックバック一覧です: ココ・アヴァン・シャネル:

» ココ アヴァン シャネル /COCO AVANT CHANEL [我想一個人映画美的女人blog]
{/m_0150/}ランキングクリックしてね{/m_0150/} ←please click  えー、これでもシャネル映画なの{/eq_1/} シャーリー・マクレーンがシャネルの後期を演じ、先月から日本でも公開した 『ココ・シャネル』に続き、 全部で3本公開されるシャネルの伝記映画、 2本目はオドレイ・トトゥが、無名時代のシャネルを演じる。 『アメリ』は好き。でも正直オドレイ・トトゥってあまり好きじゃないんだけど シャネルの映画だからこちらも楽しみにしてたの{/heartss_pink/}{... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 01時07分

» ココ・アヴァン・シャネル [映画君の毎日]
<<ストーリー>>孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル(オドレイ・トトゥ)。その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫う日々に甘んじていた彼女は、将校のエティエンヌ・バルサン(ブ... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 01時58分

» ◇『ココ・アヴァン・シャネル』◇ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:フランス映画、アンヌ・フォンテーヌ監督、オドレイ・トトゥ主演。 [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 02時17分

» ココ・アヴァン・シャネル [悠雅的生活]
黒衣のデザイナー、Coco。 [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 09時14分

» 試写会「ココ・アヴァン・シャネル」 [流れ流れて八丈島]
今晩の試写会は、有楽町よみうりホールで「ココ・アヴァン・シャネル」でしたちょっと前にシャーリー・マクレーンの「ココ・シャネル」も観たばかりなので、両者の微妙な解釈の違いとかも、面白かったですねこちらの「ココ・アヴァン・シャネル」は、「アメリ」のオドレイ...... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 12時37分

» ココ・アヴァン・シャネル [そーれりぽーと]
シャネル映画第二弾。 シャネル公認の『ココ・アヴァン・シャネル』を観てきました。 ★★★★ 先に公開された『ココ・シャネル』とほぼ同時期、彼女の少女期から悲話を経てブランドを立ち上げるまでを描いています。 『ココ・シャネル』がほぼ事実に基づいたストーリーだったのに対して、こちらは事実をベースに、よりドラマチックでオサレなストーリー展開に大転換したフィクション。 バルザンとカペルとの愛を経て、自立した女性になって行くというあらすじはそのままに、商売っ気を消し去り、あくまでファッションのカリスマ、... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 12時39分

» ココ・アヴァン・シャネル [めでぃあみっくす]
一人のフランス人女性ココが世界のブランド・シャネルになるまでを描いたこの映画。シャネル好きの方やフランス映画が苦手な方には退屈に感じる映画だとは思いますが、個人的には「流行」の先に「個性」があるものだというココの信念みたいなものを描こうとした映画に見えま....... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 14時59分

» ココ・アヴァン・シャネル [★ Shaberiba ]
彼女が世界のシャネルになった訳は 恋?それだけじゃないはずだけど・(涙) [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 15時13分

» ココ・アヴァン・シャネル [そーれりぽーと]
シャネル映画第二弾。 シャネル公認の『ココ・アヴァン・シャネル』を観てきました。 ★★★★ 先に公開された『ココ・シャネル』とほぼ同時期、彼女の少女期から悲話を経てブランドを立ち上げるまでを描いています。 『ココ・シャネル』がほぼ事実に基づいたストーリーだったのに対して、こちらは事実をベースに、よりドラマチックでオサレなストーリー展開に大転換したフィクション。 バルザンとカペルとの愛を経て、自立した女性になって行くというあらすじはそのままに、商売っ気を消し去り、あくまでファッションのカリスマ、... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 20時23分

» 『ココ・アヴァン・シャネル』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル。その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫う日々に甘んじていた彼女は、将校のエティエンヌ・バルサンの愛人となり、退屈な暮らしを送ることに... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 22時21分

» ココ・アヴァン・シャネル/オドレイ・トトゥ [カノンな日々]
『アメリ』のオドレイ・トトゥ主演によるココ・シャネルの伝記映画。ココ・シャネルの生誕125年を記念して製作された映画の公開が続きますがワタシ的にはコレが本命の作品。でもシャーリー・マクレーン主演の『ココ・シャネル』もなかなか良かったので、この映画の期待度もさ...... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 23時07分

» ココ・アヴァン・シャネル [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
何本か作られているココ・シャネルを描く作品の1本だが、本作はオーソドックスというより平凡で、パンチ不足の伝記映画になった。孤児院で育った少女時代から、お針子になり、将校の愛人に。やがて運命の恋人ボーイ・カペルと激しい恋に落ち、彼の理解と援助でデザイナーと....... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 23時25分

» ココ・アヴァン・シャネル☆★COCO AVANT CHANEL [銅版画制作の日々]
今こそ知りたいーーー〈シャネルの秘密〉 シャネル・シリーズ第二弾は、オドレイ・トトゥ主演のシャネル物語。本家本元のフランス映画です。いやあこれだけでも何かいいですよね。シャネルはフランス人ですから、こうこなきゃ!なんて・・・・。主演のオドレイ嬢、実際のシャネルと重なるところがあるそうです。アンヌ・フォンテーヌ監督曰く、オドレイとシャネルは顔が似ていて、しかも中性的な面があると話しています。注目はやはりシャネルを演じるオドレイのファッション。シックで飾り気のないものですが、なかなか良い。シャネル自身... [続きを読む]

受信: 2009年9月20日 (日) 01時31分

» 「ココ・アヴァン・シャネル」みた。 [たいむのひとりごと]
ジャージーも、ストライプもみんなココ・シャネルが最初に素材として活用したのだそうだ・・・が、本家シャネルの商品なんぞは高嶺(高値)の花も良いところで、ジャージー素材だろうが袖すらとおしたことがない。(... [続きを読む]

受信: 2009年9月20日 (日) 10時27分

» ココ・アヴァン・シャネル [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★[3/5] 映像クオリティは素晴らしい! [続きを読む]

受信: 2009年9月20日 (日) 22時15分

» ココ・アヴァン・シャネル@朝日ホール 孤児院から世界へ [ネット社会、その光と影を追うー ]
映画『プリティ・ウーマン』において、ジュリア・ロバ [続きを読む]

受信: 2009年9月20日 (日) 23時07分

» ココ・アヴァン・シャネル [象のロケット]
孤児院で育ったシャネルは、お針子をしながら夜は姉とナイトクラブで歌い“ココ”という愛称で呼ばれた。 資産家バルザンの愛人となった彼女は、シンプルで動きやすい服や帽子を手作りして身につけ、豪華で窮屈なドレスで飾り立てる女たちの中で変わり者扱いされる。 やがて新しい恋人ボーイ・カペルに出会うのだが…。 伝説のデザイナー、ココ・シャネルの物語。... [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 03時53分

» 映画 【ココ・アヴァン・シャネル】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ココ・アヴァン・シャネル」 CHANELの全面協力による、ココ・シャネルの若き日を描いた伝記ストーリー。 おはなし:ガブリエル(オドレイ・トトゥ)は孤児院育ちで、今はお針子とナイトクラブの歌手をして生活していた。ある日彼女はクラブでエティエンヌ・バルザン(ブノワ・ポールヴールド)と知り合う・・・。 20世紀初頭は、女性が働いて自立するという概念はありませんでした。孤児だった彼女は頼る人もありません。クラブの歌手とお針子で細々とやっていくか、お金持ちの愛人になるか、それ以上の選択肢... [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 16時36分

» ココ・アヴァン・シャネル [Yuhiの読書日記+α]
伝説のファッション・デザイナー、ココ・シャネルの若き日を描いた伝記ストーリー。監督はアンヌ・フォンテーヌ、キャストはオドレイ・トトゥ、アレッサンドロ・ニヴォラ、ブノワ・ポールヴールド、マリー・ジラン他。 <あらすじ> 孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル(オドレイ・トトゥ)。その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫う日々に甘んじていた彼女は、将校のエティエンヌ・バルサン(ブノワ・ポールヴールド)の愛人となり、退屈な暮... [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 23時36分

» ★「ココ・アヴァン・シャネル」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
シルバーウィークで、連日ナイトショウまでやってるので、 久しぶりに観てきましたが、眠かったぁ。 [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 03時46分

» ココ・アヴァン・シャネル [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『シャネルの成功の秘密、解禁。』  コチラの「ココ・アヴァン・シャネル」は、田舎のナイトクラブからパリへ、そして世界へ、コネクションも財産も教育もない孤児院育ちの少女が、世界のシャネルになるまでの物語を描いた9/18公開のバイオグラフィー映画なのですが、....... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 08時32分

» 『ココ・アヴァン・シャネル』(2009)/フランス [NiceOne!!]
原題:COCOAVANTCHANEL監督:アンヌ・フォンテーヌ出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、アレッサンドロ・ニボラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥボス公式サイトはこちら。<Story>修道院付属学校で育った孤児のガブリエル・シャネル(オドレイ・...... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 15時42分

» 「ココ・アヴァン・シャネル」 シャネル以前のココの視点 [はらやんの映画徒然草]
2010年はシャネルの創業100年ということで、今年は創業者ガブリエル・"ココ" [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 21時20分

» 映画「ココ・アヴァン・シャネル」 [Playing the Piano is ME.]
個人的にシャネルは好きなブランドではありません。 シャネラーと言えば、思いつくのはハイヒール・モモコや小柳ルミ子あたり。 ちょっと「派手」で、ギラギラ、チャラチャラしているイメージがあります。... [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 00時17分

» ココ・アヴァン・シャネル Coco avant Chanel [映画!That' s Entertainment]
●「ココ・アヴァン・シャネル Coco avant Chanel」 2009 フランス Haut et Court,Ciné@ ,Warner Bros.,France 2 Cinéma,Canal+ ,105min. 監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジランほか。 今年は、前半にいい映画が偏っていたような気がする。シルバーウィークなので、映画を一杯見られる と思っていたら、案に反して、観たい映画が少ない。ハリ... [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 00時30分

» 見る人によっては、やなオンナに見えるだろうな~(笑)~「ココ・アヴァン・シャネル」~ [ペパーミントの魔術師]
ファッションという分野で 世の中に革命を起こした女性で、 それはとにかく先駆者ならではの風当たりでもって うけいれてもらうにはさぞ大変だったと思う。 でもさ~。 すんごい細かいことなんだけどぉ~ 現代にあってもコレはないんじゃない? 「くわえタバコで仕事す..... [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 00時56分

» 「ココ・アヴァン・シャネル」 [みんなシネマいいのに!]
 今年は創業100周年だからなのか、シャネルの映画が3本公開されるらしい。 当然 [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 10時53分

» ココ・アヴァン・シャネル [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ココ・アヴァン・シャネル’09:フランス ◆原題:COCO AVANT CHANEL ◆監督: アンヌ・フォンテーヌ「恍惚」「ドライ・クリーニング」◆出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、アレッサンドロ・ニボラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥボス ◆STORY◆修道院...... [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 17時25分

» ココ・アヴァン・シャネル [りらの感想日記♪]
【ココ・アヴァン・シャネル】 ★★★☆ 試写会(20) ストーリー 母親を亡くし、父親に見捨てられたガブリエル・シャネル(オドレイ・トトゥ) [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 20時05分

» ココ・アヴァン・シャネル [とりあえず、コメントです]
今年、フランスで大ヒットしたオドレイ・トトゥ主演のドラマです。 ココ・シャネルを描いた作品はシャーリー・マクレーンに続いて2本目だったので どんな違いがあるか楽しみにしていました。 ほとんど同じ時代を描いていたのに若い頃の主人公のキャラクターが微妙に違っていて面白かったです。 ... [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 12時42分

» ココ・アヴァン・シャネル [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ココ・アヴァン・シャネル’09:フランス ◆原題:COCO AVANT CHANEL ◆監督: アンヌ・フォンテーヌ「恍惚」「ドライ・クリーニング」◆出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、アレッサンドロ・ニボラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥボス ◆STORY◆修道院...... [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 18時34分

» 『ココ・アヴァン・シャネル』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
今日がレディース・デーであることをすっかり忘れてました。 女友達と『ココ・アヴァン・シャネル』を観る約束をしていたんだけれど、新宿ピカデリーなんか早々に残席が少なくなってる状況を携帯サイトから確認。 わざわざ、ユナイテッド・シネマ豊洲まで行ってきちゃいました... [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 22時04分

» ココ・アヴァン・シャネル [小部屋日記]
COCO AVANT CHANEL(2009/フランス)【劇場公開】 監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:オドレイ・トトゥ/ブノワ・ポールブールド/エマニュエル・ドゥボス/マリー・ジラン/アレッサンドロ・ニボラ もし翼を持たずに生まれてきたのなら、 翼を生やすためにどんなことでもしなさい ココ・アヴァン・シャネルとはフランス語で「シャネルになる前のココ」という意味。 事前にある程度の知識があった方がいいし、フランス映画らしい恋愛重視って感じした。シャネルブランドの成功物語としてみてしまうとダメだ... [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 22時40分

» ココ・アヴァン・シャネル [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
オドレイ・トトゥ主演、アンヌ・フォンテーヌ監督・脚本で映画化されたシャネルブランドの創始者ココ・シャネルの有名になる前までを描いた映画だ。フランスではココ・シャネルのデザイナーとしての功績は知れ渡っているので、有名になる前の物語に焦点が当てられたのだと思... [続きを読む]

受信: 2009年9月25日 (金) 23時06分

» 「ココ・アヴァン・シャネル」 [NAOのピアノレッスン日記]
       〜もし翼を持たずに生まれてきたのなら、            翼を生やすためにどんなことでもしなさい〜 女性なので、こういうファッション映画は気になります。2009年 フランス映画  ワーナー・ブラザース配給 (09.9.18公開)監督:アンヌ・フォンテーヌ原作:エドモンド・シャルル・ルー   音楽:アレクサンドル・デスプラ上映時間:1時間50分出演:オドレイ・トトゥ・・・・・・・・・・・・・ガブリエル・“ココ”・シャネル    ブノワ・ボールブー... [続きを読む]

受信: 2009年9月26日 (土) 02時00分

» ココ・アヴァン・シャネル [迷宮映画館]
オドレィ・トトゥのほわらんとした雰囲気は、シャネルっぽくなかったかも [続きを読む]

受信: 2009年9月26日 (土) 08時33分

» ココ・アヴァン・シャネル [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009年/フランス監督:アンヌ・フォンテーヌ出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン [続きを読む]

受信: 2009年9月26日 (土) 17時27分

» オドレイ・トトゥ☆ 『ココ・アヴァン・シャネル / COCO AVANT CHANEL』 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
世界中の女性が憧れるブランド“CHANEL”。 その創始者ココ・シャネルの若かりし頃を描いたストーリーなら観ないわけにはいかないと劇場に足を運んだんだけど…。 期待していたようなサクセス・ストーリーとはちょっと趣が違ってて、どちらかというとラブ・ストーリーの...... [続きを読む]

受信: 2009年9月27日 (日) 22時53分

» ココ・アヴァン・シャネル [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
時代とともに新しい女性像を表現し、数々のミューズを生み出してきたフランスの老舗ファッションブランド、シャネル。その創立者であり、女性ファッション界に新たな価値観を打ち立てたパイオニア、ココ・シャネルの波乱に満ちた生涯を描いた作品が、奇しくも今年2本公開....... [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 22時46分

» 【ココ・アヴァン・シャネル】 [日々のつぶやき]
監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、マリー・ジラン もし翼をもたずに生まれてきたのなら、翼を生やすためにどんなことでもしなさい 「孤児院で成長したガブリエルは姉と二人でカフェで歌うことと裁縫の仕事とをして生... [続きを読む]

受信: 2009年9月29日 (火) 17時32分

» 「ココ・アヴァン・シャネル」 [てんびんthe LIFE]
「ココ・アヴァン・シャネル」新宿ピカデリーで勧奨 シャネルの若いころを描いた作品ということで、とても興味がありました。 オドレイ・トトゥはどうも好きにはなれないんだけど、ま、いいか。 特に若い頃に限定して作ってるのでものすごく波瀾万丈な人生だったのかと思うと、そんなことではなく、彼女自らが好んで歩んだ道でした。 それが不倫なんだか純愛なんだか二股何だかは理解しがたいものがありましたが、と言ってうわ~と驚くようなことは何もなく、恋愛に関して言えばあまりに普通。 もっと衝撃的な何かがあるの... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 21時53分

» ココ・アヴァン・シャネル [Peaceナ、ワタシ!]
- シャネルの成功の秘密、解禁。- 『ココ・アヴァン・シャネル』を観てきました。 この作品は、宣伝を見た時からすごく気になっていたんですよね。 世界的ファッションブランド「CHANEL」誕生の物語ということですが、私はシャネル没後の生まれなので、私の中のシャネルのイメージは、CCのロゴと香水(チャンスとかアリュールとか…あ、No.5も)、あとは化粧品やスーツくらいしかありません。 「ココ・シャネル」という女性が一体どんな人生を歩んできたのか、とても気になるところ。主演はオドレイ・トトゥ... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 23時43分

» ココ・アヴァン・シャネル [みやこのThinking World!]
オドレイ・トトってそんなにココに似てますか??・・  シャネル創立100年とかで [続きを読む]

受信: 2009年10月 3日 (土) 17時37分

» 「ココ・アヴァン・シャネル」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                       「ココ・アヴァン・シャネル」 久々に劇場で観て参りました!アンヌ・フォンテーヌ監督の「ココ・アヴァン・シャネル」であります。 主演は「アメリ」のオドレイ・トトゥ。 ココ・シャネルが服飾デザイナーとして名を馳せるまでの半生を描いた作品であります。 観終わってひと言・・・う〜ん、タバコが吸いて〜!! トトゥ演じるココが劇中でやたらとタバコをウマそうに吸うんですわ!これが! 帽子や服のデザインをしながらスパスパ吸っておるもんだから、愛煙家の小生にとって... [続きを読む]

受信: 2009年10月 4日 (日) 02時08分

» 「ココ・アヴァン・シャネル」華麗な帝国を作ったココのシャネル前夜 [soramove]
「ココ・アヴァン・シャネル」★★★ オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、マリー・ジラン主演 アンヌ・フォンテーヌ監督、110分、2009年、フランス、2009-09-18公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「今年日本目のシャネルの半生を描いた映画、 今度はアメリのオドレイ・トトゥの登場、 女性の自立と言っても、彼女の場合は 裕福な貴族に寄生して... [続きを読む]

受信: 2009年10月 6日 (火) 07時41分

» ココ・アヴァン・シャネル [みすずりんりん放送局]
 『ココ・アヴァン・シャネル』を観た。  母親を亡くしたガブリエル・シャネル(オドレイ・トトゥ)と姉のエイドリアン・シャネル(マ... [続きを読む]

受信: 2009年10月 8日 (木) 00時11分

» 「ココ・アヴァン・シャネル」はシャネルを主人公にする意味のな... [映画と出会う・世界が変わる]
なんともしまらない作品である。ココ・シャネルが主人公であるが、デザイナーとしての彼女の姿というより恋する女性としての姿を描いた内容となっている。恋愛映画として充実していれば、問題ないのであるが、これが退屈な出来なのである。彼女の複雑な恋が、その創造力に...... [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 00時11分

» 映画「ココ・アヴァン・シャネル」 [After the Pleistocene]
 ココ・シャネル生誕100年記念とかで、われわれは彼女を描いた二本の映画を、ほぼ同時期に鑑賞することになった。先のアメリカ映画、シャーリー・マクレーン、バルボラ・ボブローヴァに対する今度はオドレイ・トトゥのフランス映画。本来は全く違う物語として評価しなければならないのだけれども、単細胞の私の脳の中ではごちゃまぜになって今は存在している。 物語の構成、見終った後の感激度では遥かにアメリカ映画の方が優れている。その原因はなんだろう?第一にはわれわれを魅惑するヒロインの存在感。晩年の彼女を映したシャーリー... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 09時37分

» 映画「ココ・アヴァン・シャネル」 [Andre's Review]
Coco avant Chanel フランス 2009 09年9月公開 DVD鑑賞 突如、映画ブームが到来したシャネルの伝記。現在もストラヴィンスキーとの関係を描いたものが公開中ですが、いくつかある中で、自分が一番観たいと思ったのはこの作品。ストラヴィンスキーのもちょっと気になりますが。 孤児院で育ったココ・シャネル(オドレイ・トトゥ)は姉と2人でお針子をしながら、歌手になることを夢見ていた。あるとき、歌を歌っていたキャバレーで貴族のエスティエンヌ・バルザンに見初められ、やがて、彼女は彼の屋敷で... [続きを読む]

受信: 2010年2月 8日 (月) 00時22分

» ココ・アヴァン・シャネル [Blossom]
ココ・アヴァン・シャネル COCO AVANT CHANEL 監督 アンヌ・フォンテーヌ 出演 オドレイ・トトゥ ブノワ・ポールヴールド     アレッサ... [続きを読む]

受信: 2010年5月22日 (土) 17時55分

» ココ・アヴァン・シャネル [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:ココ・アヴァン・シャネル 制作:2009年・フランス 監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン あらすじ:孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル(オドレイ・トトゥ)。その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫う日々に甘んじていた彼女は、将校のエティエンヌ・バルサン(ブノワ・ポールヴールド)の愛人となり、退屈な暮らしを送ることに…... [続きを読む]

受信: 2010年6月18日 (金) 00時04分

» シャネルさん [Akira's VOICE]
「ココ・アヴァン・シャネル」 「ココ・シャネル」 「シャネル&ストラヴィンスキー」  [続きを読む]

受信: 2010年6月28日 (月) 16時03分

» 映画評「ココ・アヴァン・シャネル」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年フランス映画 監督アンヌ・フォンテーヌ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 13時46分

» 「ココ・アヴァン・シャネル」「そして、デブノーの森へ」感想  [ポコアポコヤ 映画倉庫]
シャネルつながり・・・(ちょっと強引(^^ゞ) [続きを読む]

受信: 2010年11月23日 (火) 19時19分

» 『ココ・アヴァン・シャネル』'09・仏 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル。その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫... [続きを読む]

受信: 2011年1月17日 (月) 08時59分

« 長江哀歌(エレジー) | トップページ | カムイ外伝 »