« 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 | トップページ | 青の稲妻 »

2009年9月22日 (火)

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ

Photo 『アルティメット』の続編作品。監督は前作と代わり『赤ちゃんの逆襲』のパトリック・アレサンドラン。しかしプロデュースは変わらずリュック・ベッソンが務める。主演の2人、シリル・ラファエリとダヴィッド・ベルは変わらず健在。今回も“パルクール”と呼ばれる生身の体で行われる驚異的なアクション満載の作品。驚異的な身体能力は正にマッスル・ネバー・ダイ!
>>公式サイト

突き抜けたアクションを楽しもう!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

実に爽快で気持ちいいハチャメチャなアクションムービーです。実は前作は未見だったのですが、本作鑑賞後にこれは見なくてはと思い早速TSUTAYAに向かったら、なんとレンタル中。とにかく、息をつかせぬアクションシーンはアクション映画好きならずとも興奮すること請け合いです。ワイヤーを使ったチープな邦画のアクションとはレベルが違います。『チョコレート・ファイター』を観た時に久しぶりの本格アクションを観たと思ったものですが、本作も全く負けていません。共通するのはワイヤー、スタントを使わない生身で本物のアクションだということで、その迫力には圧倒されました。

02 03

ちなみにこのアクションのベースとなっているのは“パルクール”と呼ばれるフランス発祥のスポーツ。特別な道具を使わないで障害物を飛び越えたり登ったりする技術を競うらしいですが、本作に登場するアパートからの脱出シーンでは、その素晴らしさが遺憾なく発揮されています。そもそもレイト役のダヴィッド・ベルはこの“パルクール”の創始者の一人だそうですからまさにおてのもの。バンリュー13地区のレイトのアパートが警察に襲撃された時、窓の手すりを使って上の階に飛び上がるシーンはあまりのカッコよさに「すっげぇ…」と思わず言葉に出てしまった程でした。

04 05

極簡単にストーリーを説明すると、犯罪が多発するバンリュー13地区を破壊しそこに新しいビルを建てることでその利権を確保しようとする政府内の陰謀を、ダミアン(シリル・ラファエリ)とレイトが住民を巻き込んで阻止するというもの。とは言いつつも、リュック・ベッソン作品は細かいストーリー性よりも勢いのある突破力やその映像センスが魅力で、本作も全くその通り。ノリの良いラップミュージックに合わせた映像編集のおかげで小気味良いリズム感が生まれ、飽きを感じさせません。というより、眼前で展開されるアクションに併せて体が動き出しそうな錯覚すら覚えました。

06 07

実は冒頭しばらくはレイトではなくてダミアン中心に話は進みます。潜入操作をするダミアンは何故かお尻の見えるチャイナドレスを着ているのですが、妙にそのお尻がセクシーだったり。圧倒的な強さでマフィア連中を叩きのめすアクションシーンは手にした武器?がゴッホの絵画。絵画を傷つけないように闘っているのにこれが強い強い!尤も、どうして彼にだけ弾丸が当たらないのか不思議ではあるものの、そんなことどうでも良く思えてくるほどの気持ちよさです。そんな彼が秘密保安介入局に嵌められて留置されたときに頼ったのが相棒レイト。

08 09

ここから先に書いたとおり、自宅を急襲されたレイトの場面に繋がります。彼が逃げ切って向かったのが警察署。ここから2人が警察を脱出するまでが本作最大の見せ場といっていいでしょう。レイトが警察署についてからダミアンの独房にたどり着くのはそりゃもうあっという間。レイトのあまりにも鮮やかな進入手口にはもはや驚きを通り超えて呆然です。しかしレイト曰く「入るのは簡単だ。」のセリフ通り、場所が場所だけに脱出するのは大変…なハズ…。どうやって出るのかと思いきや―、何という大胆で馬鹿げていて突き抜けているのか!

10 11_2

(ここからネタバレ含みます。)
単にパトカーを奪って逃げるなら、カーチェイスがあったとしても当たり前。2人は逃走ではなく、車で署内を疾走します。こんな警察署内を車が疾走するシーンなんて見たことありませんよ。結局部屋の窓をぶち破って2階から1階に来るまでダイブ!そのまま逃走します。この後はその陰謀を見事阻止するものの、実はストーリー的にそんなに大した話ではないです。説明不足な点もいくつかあるのですが、そんなことは抜きにして、今目の前で起こっていることを楽しむのがベスト。コピーの「超絶、アクション 俺たちに不可能はねぇぇぇ!」は正しくその通りです。

>>アルティメット

個人的おススメ度3.5
今日の一言:マッスル・ネバー・ダイってどういうこと?

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 | トップページ | 青の稲妻 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31479066

この記事へのトラックバック一覧です: アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ:

» アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ [ともやの映画大好きっ!]
(原題:BANLIEUE 13:ULTIMATUM) 【2009年・フランス】試写で鑑賞(★★★☆☆) リュック・ベッソン製作・脚本。 2004年に公開された「アルティメット」(原題:BANLIEUE 13)の続編。 2013年の近未来のパリ。 隔離された町バンリュー13地区で育ったレイトと潜入捜査官ダミアンが、再びタッグを組み巨大な陰謀に立ち向かっていくアクション映画。 隔離されたパリの犯罪多発地区"バンリュー13"。パリの町を爆破から救ったレイト(ダヴィッド・ベル)は大統領とバンリュ−13を... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 23時02分

» アルティメット2 [聖なるブログ 闘いうどんを啜れ]
みみみ君とモモちん [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 07時42分

» アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
特別な道具は使わず、自らの身体で障害物を効率的かつスピーディに乗り越える、フランス発祥のスポーツパルクール。跳躍や昇降などが中心の、エクストリームスポーツだ。本作は、そのパルクールが堪能できるリアル・アクションの続編。近未来のパリの犯罪多発....... [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 23時34分

» アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ [象のロケット]
2013年、警官が射殺された事件を機に、壁で隔離されたパリの犯罪多発地域・バンリュー13を一掃する計画が持ち上がり、街は一触即発の抗戦状態。 以前から壁を爆破しては警察に追われていたレイトは事件の裏にある陰謀を知るが、そんな時、3年前タッグを組んだ潜入捜査官ダミアンがはめられて投獄されたとの連絡が入った…。 人気リアルアクション第2弾。... [続きを読む]

受信: 2009年9月25日 (金) 13時22分

» アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ/シリル・ラファエリ [カノンな日々]
リュック・ベッソンの脚本・製作によるリアル・アクション・ムービーの第二弾。前作は感想を日記に書いてないんですけど、たぶん観てると思うんですよね。記憶が曖昧なんですけどストーリーうんぬんより、CG、ワイヤーを使わない本物のアクションで魅せる作品だったと思いま....... [続きを読む]

受信: 2009年9月26日 (土) 09時04分

» アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ(2009) [銅版画制作の日々]
BANLIEUE 13 - ULTIMATUM 2ということは1もあったんだ・・・・。それで調べたら、前作は5年前の2004年に公開されていたことが分かりました。製作はあのリュック・ベッソンということで、ちょっと気になっていた作品です。主人公はこの2人。おぉ〜スキンヘッドの男性は何か、ジェイソンの雰囲気がプンプンしますね。リュック・ベッソンはこういうキャラが好みなのかなあ?と思ったり・・・・。 ジェイソンのアクションも凄いけど、それを越えるようなこの2人組のアクションに超驚き!!何でもワイヤーを... [続きを読む]

受信: 2009年10月 5日 (月) 00時20分

» アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★☆☆    (★×10=満点)     試写 にて鑑賞     2009年9月19日公開  監  督:パトリック・アレサンドラン 脚  本:リュック・ベッソン キャスト:シリル・ラファエリ       ダヴィッド・ベル       ... [続きを読む]

受信: 2009年10月12日 (月) 10時31分

» アルティメット2/マッスル・ネバー・ダイ [DVD] [映画鑑賞★日記・・・]
【BANLIEUE 13 - ULTIMATUM】 2009/09/19公開 フランス 101分監督:パトリック・アレサンドラン製作:リュック・ベッソン出演:シリル・ラファエリ、ダヴィッド・ベル、ダニエル・デュヴァル、フィリップ・トレトン、エロディ・ユン、MC・ジャン・ギャブ1、ジェ...... [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 22時01分

» アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ (Banlieue 13-Ultimatum) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 パトリック・アレサンドラン 主演 シリル・ラファエリ 2009年 フランス映画 101分 アクション 採点★★★ 今年こそ筋肉映画が日本中の劇場を席捲してくれたらなぁ、と願ってやまないたおです。まぁ、別にこれと言って筋肉映画に強い思い入れがあるわけでもないんですが..... [続きを読む]

受信: 2010年6月17日 (木) 13時50分

» 映画評「アルティメット2」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年フランス映画 監督パトリック・アレサンドラン ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 12時51分

» アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ [うふふ・映画三昧。]
前作の続き。妹が出てくんのは最初だけだけど。 2013年、パリ。 あれから3年後、政府は確かに約束したけれど、現実は・・・・。 やっぱ、13区は荒れ放題(^^; ま。 そうでないと話も、スタントなしの素晴らしきアクションも始まらない。 序盤はダミアン・トマソの見せ場! ショッキングピンクのボディコンシャスに身を包み、 (しかも、お尻が開いてる!丸見え!) 超セクシーなこの姉ちゃんは誰だ?と思っていたら、 女装したダミアンじゃんか!!! 驚愕!めっちゃびっくり... [続きを読む]

受信: 2010年10月16日 (土) 02時47分

» CGなし、ワイヤーなし、生身のアクションが凄い!『アルティメット2 マッスルネバーダイ』 [ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション]
■ストーリー『ある日、壁で隔離されたパリの犯罪多発地域・バンリュー13でパトカーが発砲される事件が発生。それはバンリュー13の解体をもくろむ秘密保安介入局長官・ガスマンの仕 ... [続きを読む]

受信: 2010年12月28日 (火) 00時40分

« 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 | トップページ | 青の稲妻 »