« のんちゃんのり弁 | トップページ | 妻が結婚した/아내가 결혼했다 »

2009年10月 1日 (木)

地下鉄のザジ(完全修復ニュープリント版)

Photo 1960年にフランスで公開された作品。今回は作品完成50周年を記念して完全修復ニュープリント版での公開です。レイモン・クノーの小説を名匠ルイ・マル監督が映画化。古き良きパリの町並みを堪能できるドタバタコメディ。主人公のザジを演じたカトリーヌ・ドモンジョは本作でデビューし一気に人気スターとなったもののわずか7年で引退。伝説の子役と呼ばれるようになった。

>>公式サイト

コメディーの王道作品

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

完全修復ニュープリント版との触れ込みだが当時のフィルムの味のある映像はそのままで、それだけでも現代のデジタル作品を見慣れた私にしてみると趣深いものがありました。作品の舞台は1960年のフランスはパリ。当時の情景が思ったより現代風なのにちょっと驚きです。ドタバタコメディとの触れ込みでしたが、それはザジ(カトリーヌ・ドモンジョ)が母親とともに駅に降り立った瞬間から始まっているのでした。

02 03

出迎えの叔父・ガブリエル(フィリップ・ノワレ)が両手を広げて妹、つまりザジの母とハグするのかと思いきや、母はガブリエルの後ろにいた恋人に抱かれて去っていくというベタなオチ。本作はこうして叔父に預けられたザジの2日間を描いた物語です。さて、実はザジがパリで一番楽しみにしていたのは地下鉄に乗ること。ところが地下鉄はスト中で運行していませんでした。しかしザジはまだストライキの意味が理解できません。そこで翌日、朝からザジはパリの街へと繰り出すのですが、やっぱり動いていない地下鉄。ザジが泣いているとそこに声をかけてきたのがペドロという紳士。ここからペドロに連れられてザジのパリ冒険が始まります。

04 05

これが実に愉快!ペドロにジーンズを買ってもらったザジがイタズラしつつパリじゅうを逃げ回るのですが、もちろん1960年の作品にCGやデジタルエフェクトなんてありません。しかし早送りであったり、カットの繋ぎ方を工夫したり、小道具、メイクなど今でも映画撮影で普通に使う手段で軽妙なテンポと笑いを生み出していました。ネタを言葉で説明しても恐らく面白くないので非常に書きづらいのですが、このシークエンスの笑いは全て12歳の少女ザジの悪気の無いイタズラが元となっているため、見ていて不愉快になることがありません。愛嬌一杯の子供らしい満面の笑みがとても可愛らしいです。

06 07

ペドロとザジの追いかけっこシークエンスが終わると、改めて叔父のガブリエルの家に戻りますが、ここからは今度は近所の靴屋のオヤジやら通りがかりの婦人、叔父の友人なども巻き込んだ大ドタバタ劇へと発展していきます。個人的にちょっと残念なのは、登場人物が多くなりザジが埋没気味になってしまったこと。大人と子供のドタバタコメディは観ている側もある意味見守るような、許容範囲の広さを保てますが、大人中心になってしまうと厳しい目線になってしまうのかもしれません。おかげでこのシークエンスでは飽きがきてちょっと眠くなったり。

08_2 09

この辺は笑いそのものに対する感性の時代による変化や、国民性も関わってくるのかもしれません。しかし、ふと画面を見ると劇中のザジも大人の喧騒をよそに飽きて眠っちゃっていたりするんですね。これはある意味凄い演出です。しかもこのドタバタは単に文字面の話ではなく、本当に店を破壊したりします。もはやそこまでして笑いになるのかもちょっと疑問ではありますが…。警察に追われてザジを抱いて逃げる叔父・ガブリエルと一行は地下鉄の線路を伝って逃げようとするのでした。

10 11

するとその瞬間、ストは終了し地下鉄の運行が始まるではありませんか!これ幸いと地下鉄に乗って帰途につく一行。しかしザジは寝っぱなし…。2日のパリ滞在が終わったとき、母親はザジに尋ねます。「地下鉄にのった?」ザジ「ううん。乗れなかったの。」正にコメディの王道たるオチでのラストですね。それでも無邪気なザジの笑顔はとてもキュートなのでした。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:1960年にこの作品が出来ていることが素晴らしい。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« のんちゃんのり弁 | トップページ | 妻が結婚した/아내가 결혼했다 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31590010

この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄のザジ(完全修復ニュープリント版):

» 新宿武蔵野館にて「地下鉄のザジ」&「白夜」を鑑賞 [流れ流れて八丈島]
今日は当直明けの平日休みなんでまっすぐに家には帰らず、池袋のみずほ銀行で二男クンの大学の学納金振込、ビックカメラでケータイの機種変更、などなどの用事を済ませてから新宿へ流れました新宿武蔵野館の株主優待券は2ヶ月で4枚なんで、観れるときにガンガン観ておか...... [続きを読む]

受信: 2009年10月 3日 (土) 06時27分

» 地下鉄のザジ [映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」]
地下鉄のザジ (1960)今回の映画は、「地下鉄のザジ」です。本作「地下鉄のザジ」は、初めてパリにやって来た少女の体験を描くコメディです。監督は、「死刑台のエレベーター」「アトランティック・シティ」のルイ・マル。ザジ(カトリーヌ・ドモンジョ)は、母とともに... [続きを読む]

受信: 2009年10月 3日 (土) 19時11分

» 「地下鉄のザジ」 [Mr.Bation]
一度観ておきたかった1本。今回のポスターは鮮やかなブルーが印象的でより作品をオシャレな雰囲気にしている感じ。 ザジを巡るシュールなどたばたスラプスティックが楽しい。 パリの街を縦横無尽に駆け回るザジ(カトリーヌ・ドモンジョ)の姿は... [続きを読む]

受信: 2009年10月 6日 (火) 13時10分

» 地下鉄のザジ 完全修復ニュープリント版 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
ルイ・マルの傑作コメディのニュープリント版が劇場公開されている。1960年の作品だが、今見てもまったく色褪せない、おしゃれで楽しい内容だ。母親とパリにやってきた少女ザジは、地下鉄(メトロ)に乗るのを楽しみにしていたが、なんとストで動いていない。叔父のガブリエ....... [続きを読む]

受信: 2009年10月10日 (土) 19時30分

» □『地下鉄のザジ』□ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
1960年:フランス映画、ルイ・マル監督、カトリーヌ・ドモンジョ主演。 ≪DVD観賞≫ [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 00時56分

» 『地下鉄のザジ』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
[続きを読む]

受信: 2010年10月24日 (日) 00時09分

» 地下鉄のザジ [ダイターンクラッシュ!!]
2011年3月5日(土) 14:50~ キネカ大森2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:非売 地下鉄のザジ【HDニューマスター版】 [DVD]出版社/メーカー: 紀伊國屋書店メディア: DVD 「地下鉄のザジ」公式サイト キネカ大森名画座、フランスの子供主演映画の二本立て。 この昔の作品は、子供は狂言回し的な役柄に過ぎず、変な大人たちがあたふたしているシュールなコメディだった。この子供、地下鉄には最後まで乗らない。しかも、寝ていて乗った記憶無い。 監督がルイ・マル... [続きを読む]

受信: 2011年3月 6日 (日) 22時11分

« のんちゃんのり弁 | トップページ | 妻が結婚した/아내가 결혼했다 »