« 無防備 | トップページ | 狼の死刑宣告 »

2009年10月23日 (金)

アンナと過ごした4日間

Photo_2  ポーランドのイエジー・スコリモフスキ監督の17年ぶりの作品。脚本とプロデュースも同時に務めている。不器用な男のアンナに対する愛情表現を描いた異色作だ。主演はアルトゥール・ステランコ。ヒロイン・アンナをキンガ・プレイスが演じる。究極の片思い映画との触れ込みだけれど、一体どんな片思いを見せてくれるのか。
>>公式サイト

純情一途な中年男の決断

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

監督のイエジー・スコリモフスキはポーランドの巨匠とのことだけれど、私は聞いたことがない監督でした。で、ちょっと調べてみたら、なんとヴィゴ・モーテンセン主演の『イースタン・プロミス』にロシア語の解る叔父の役で出演しているじゃないですか。顔を見たらハッキリ思い出しました。おかげで一気に身近に感じるようになったものの、彼の過去の作品は観たこともないし、とりあえず今のところ興味もない。よって、専門的な論評は解る方にお任せして、感じたままに書いてみたいと思います。

02 03

実に不可思議な作品でした。始まり方も終わり方も唐突に感じるし、主に登場するのは冴えない中年男レオン(アルトゥール・ステランコ)とそのレオンの憧れの君アンナ(キンガ・プレイス)の2人。他にはレオンが勤める病院の院長(イエジー・フェドロヴィチ)ぐらいでしょうか。レオンの年老いた母親も登場するけれど、殆どその存在に意味があるのか解らないぐらい。大体この作品、セリフが極端に少ない。レオンは無口な中年男故に殆ど必要なことしかしゃべらないし、アンナはしゃべるのだろうけどそのシーン自体がない。

04 05

夜になると窓からアンナの住む看護師寮の部屋を覗き見するのがレオンの日課。といいつつも、実はお隣さんと呼べるほど家同士が近い訳じゃなく結構離れていたりします。レオンの目線がスクリーンに映し出されている訳ですが、あの距離でこの見え方は不思議。というか無理でしょう。やがて双眼鏡を手に入れた彼は、それでまたせっせと覗きに精を出す訳ですが、これこのままだと単なるストーカーじゃないか?なんて思ったり。ところが、レオンの過去が明らかになるに従い見方が変わってきます。

06_2 07

実はレオンはアンナがレイプされている現場に居合わせ、濡れ衣を着せられて逮捕されたという過去があるのでした。釈放後、レオンは彼女を見守っていたのですが、それは即ち彼女に対する愛情の発露にほかなりません。見守るだけだった彼はやがて大胆な行動を起こします。なんと彼女の家の砂糖に睡眠薬を細かく砕いたものを混ぜ、彼女が寝入ってから家に忍び込むのでした。言ってしまうとそんな行為を4日間続けたことがタイトルの『アンナと過ごした4日間』の意味だったのです。

08 09

もちろん人によっては「キモイ」だとか「変態」だとか観る方もいると思うのですが、私はこのレオンの行動が解る気がします。本当に愛していたんですね。方法はともかく、愛する人のことは常に見ていたいし、側にいたいもの。実際彼女の家で彼がしたことと言えばボタンのほつれを直したり、床掃除をしたり、寝ている彼女の足にペデュキアを塗ったり、病院をリストラされた退職金で買ったダイヤの指輪をはめてあげたり…。普通に考えたら「何しに行ってるんだ?」というようなことばかり。

10 11_2

要は一連の行為から感じられるのは、レオンのアンナにたいする、純粋な愛情なのです。実際、寝ている彼女の乳房が露になり、触ろうと手を伸ばすものの、すんでのところで止めたことからも解るように、レオンはプラトニックでした。愛した女性の乳房はそりゃ男なら触りたいです。しかし愛しているからこそ触れないということもあるのが男の一面でもあります。言っていることが矛盾するとは思いますが事実そうなんだから仕方ない…。究極の片想い映画というキャッチがぴったり来るような、冴えない中年男の一途な愛をある種ユーモラスに表現している作品だったと思います。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:こうするしかなかったんだろうなと思う…

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 無防備 | トップページ | 狼の死刑宣告 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31912779

この記事へのトラックバック一覧です: アンナと過ごした4日間:

» アンナと過ごした4日間 [映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」]
アンナと過ごした4日間 (2008)今回の映画は、「アンナと過ごした4日間」です。本作「アンナと過ごした4日間」は、向かいに住む女性の部屋をのぞかずにいられない男を描いた人間ドラマです。監督は、「早春」のイエジー・スコリモフスキ。ポーランド/フランス合作。... [続きを読む]

受信: 2009年10月30日 (金) 15時50分

» 『アンナと過ごした4日間』 (東京国際映画祭 その5) [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
向かいの部屋に住む女性を窓から双眼鏡で覗き見をする男がいた。Cztery noce z Anna (コンペティション部門)  監督:イエジー・スコリモフスキ (ポーランド/フランス) 出演:アルトゥール・ステランコ、キンガ・プレイス これはもうまとめ記事に入れちゃおうかと思ったんだけど、シルビアだけじゃなくてアンナのことにも、やっぱり個別に触れておかなくてはと思いなおす。このたびのTIFFは、シルビアとアンナについて、ストーカー行為と見ることについての考察が肝だったんだもの。なにしろ、ポー... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 21時41分

» 『アンナと過ごした4日間』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:フランス+ポーランド合作映画、イェジー・スコリモフスキー監督&脚本&製作、アルトゥル・ステランコ、キンガ・プレイス、イエジー・フェドロヴィチ、バルバラ・コウォジェイスカ出演。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 6日 (金) 23時02分

» アンナと過ごした4日間(2008)  [銅版画制作の日々]
原題:CZTERY NOCE Z ANNA 愛、愛、愛、すべては、愛ゆえに フリ―ポスポート鑑賞終了まで後16日です。焦るなあ〜〜!でも他の映画も観たいし。ということで、今日は京都みなみ会館へ・・・・。「アンナと過ごす4日間」を鑑賞してきました。 ポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキ監督が17年ぶりに手掛けた異色のラブ・ストーリー。長きにわたり沈黙を守っていた伝説の映像作家の最新作となる作品でした。 そう言えば、監督は「イースタン・プロミス」でナオミ・ワッツ演じるアン... [続きを読む]

受信: 2009年12月 1日 (火) 21時25分

» アンナと過ごした4日間 [Diarydiary! ]
《アンナと過ごし4日間》 -原題 - CZGERY NOCE Z ANNA - [続きを読む]

受信: 2010年1月18日 (月) 20時01分

» アンナと過ごした4日間 [迷宮映画館]
幻の映像作家とやらの作品を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 4日 (金) 22時25分

» アンナと過ごした4日間 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 コチラの「アンナと過ごした4日間」は、中年男の一途な気持ちの暴走を描いたラブ・サスペンスです。こうゆうのって気持ち悪いし、純愛とは絶対に言いたくないんだけど、なかなか面白く観れてしまったかなぁ。ラブとしてはダメ、絶対にこんなことしちゃダメだよって思うん....... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 21時03分

» mini review 10471「アンナと過ごした4日間」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
第21回東京国際映画祭で、審査員特別賞を受賞した話題作。向かいに住む女性の部屋をのぞかずにいられない男の悲しい心理と行く末を、サスペンスフルなタッチで描いていく。監督は『早春』などで知られるポーランドの巨匠であり、『イースタン・プロミス』には俳優として出演しているイエジー・スコリモフスキー。絵画的な画面構成、奇怪な音響設計など、17年ぶりに新作を手掛けたスコリモフスキー監督の魅力が存分に堪能できる究極の片思い映画だ。[もっと詳しく] 不幸と孤独が常態する男の、かすかな希望の4日間。 映画ファン... [続きを読む]

受信: 2010年7月23日 (金) 01時34分

» 『アンナと過ごした4日間』'08・波・仏 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ病院の火葬場で働きながら、年老いた祖母と二人で暮らすレオン。彼の楽しみは、近くの看護師寮に住むアンナの部屋を毎晩のぞき見ることだった・・・。感想東京国際映画祭審... [続きを読む]

受信: 2010年11月18日 (木) 21時39分

» 映画評「アンナと過ごした4日間」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2008年ポーランド=フランス映画 監督イエジー・スコリモフスキー ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年12月15日 (水) 16時17分

» アンナと過ごした4日間 [悠雅的生活]
それは、愛ゆえに。 [続きを読む]

受信: 2011年1月10日 (月) 22時14分

« 無防備 | トップページ | 狼の死刑宣告 »