« 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH | トップページ | 私の頭の中の消しゴム/내 머리 속의 지우개 »

2009年10月20日 (火)

悪夢のエレベーター

Photo タレント堀部圭亮の長編映画監督デビュー作。脚本も当人が務める。木下半太の同名小説をベースに映画化したミステリーコメディだ。主演は『252 生存者あり』の内野聖陽。共演に『鈍獣』の佐津川愛美、『いけちゃんとぼく』のモト冬樹、『ロボゲイシャ』の斎藤工が出演。この4人がエレベーターに閉じ込められ脱出を目指すも、予想だにしない文字通り悪夢が彼らを襲うのだった…。
>>公式サイト

仕掛けは秀逸でも絵的につらい。

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

予告編を見てかなり期待していたのですが、思ったほどではなかったというのが正直なところ。それにしても全くのネタバレなしには何も書けないほど企画命といってよい作品でした。即ち本作は、既に公になっている4人がエレベーターに閉じ込められ、そこで起こった出来事を描いたシークエンスと、それ以後のシークエンスに大別されます。キーマンとなるのは小川順(斎藤工)。彼が産気づいた妻の下に帰るために、愛人家を出てマンションのエレベーターに乗り込んだ所から物語が動き出します。

02 03

ところでこの斎藤工。このところ『ロボゲイシャ』、『吸血少女対少女フランケン』、『カフェ・ソウル』と立て続けに映画出演中。ただ作品そのものがどれも微妙なんですよね。イケメンだし、芝居もそんなに下手ではないのだからもう少し出演作品を選んだら良いのにと思うのですが。さて、エレベーターの急停止のショックで気を失った順が目覚めたときその場にいたのが、見るからにヤクザな安井(内野聖陽)、ジャージにでかいメガネという怪しいいでたちの牧原(モト冬樹)そしてゴスロリスタイルのカオル(佐津川愛美)の3人。

04 05

なんとまあ濃いメンバーなんだ!内野聖陽は関西弁でまくし立てるチンピラ風の安井が結構ハマっているし、静夫はパッと見全身タイツかと見ま違うようなジャージ姿。そしてこのエレベーター内で、最も危険な香りを漂わせているカオル。特に可愛らしいロリフェイスのカオルが上目遣いでガン飛ばしている姿は相当ヤバイ…。しかもカッターナイフをカチャカチャさせ始めた日には、残る3人は逃げ場のないエレベーター内で一心同体だったり。こんなことされたらそりゃストックホルム症候群にもなるってものです。

06 07_2

エレベーターの中という限定空間だけに当然絵変わりは全くないんで、彼らのキャラクターを強くしないと辛いということはあるのでしょうね。ただそれにしても、エレベーターの中らしい絵は、防犯カメラからの映像だけで、どう撮ろうとバックは変わらず。強烈なキャラクターといっても悲しいかな、見た目は意外と慣れるのが早いもの。会話の中身とテンポはそれなりに面白いのですが、ちょっとこのシークエンスの長さはきつかった…。一瞬意識が飛びそうにもなりました。

08 09

(ここからネタバレ含む。)
いい加減どうにかしてくれと言う所で事態が思わぬ方向に動き出します。実はエレベーターに閉じ込められた4人のうち小川を除く3人は仲間でした。安井のやっている探偵事務所が受けた仕事で小川をハメたのです。ところが小川に3人がグルだとばれた安井は、注射で小川を眠らせるのでした。そしてやっと、ここから先はエレベーターに閉じ込められた謎解きが始まるかと思いきや、なんとその注射で小川は死んでしまうのでした。まさかメインの4人のうちの1人が死ぬとは思いもよらず…。ここから謎解きと順の死体隠蔽工作が同時進行となります。

10 11

謎解きは興味深いものの、死体隠蔽はどうということもない展開。ただ途中で出てくる大家と安井のやり取りは笑わせてもらいましたけど。結局エレベーターという限定空間でのサスペンスを期待していた私にしてみれば、思ったよりもエレベーター内がタルかったのが計算違い。しかもそんなエレベーターでも降りてしまったらもはやそれまででした。もっとも実はまだ本作には更に秘密が潜んでいたのですが…。基本的に仕掛けは盲点を突いたもので秀逸だとは思います。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:大家さ~~ん!

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH | トップページ | 私の頭の中の消しゴム/내 머리 속의 지우개 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31863983

この記事へのトラックバック一覧です: 悪夢のエレベーター:

» 悪夢のエレベーター [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『怒涛のどんでん返しがあなたを翻弄する! 究極の人間不信エンタテインメント!!』  コチラの「悪夢のエレベーター」は、劇団ニコルソンズを主宰し脚本・演出も手掛け、俳優としても「パッチギ!」に出演したりとマルチな活躍をしている小説家の木下半太が2006年に出版...... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 19時58分

» 悪夢のエレベーター/内野聖陽、佐津川愛美 [カノンな日々]
予告編を観て何気に楽しみにしてたんですよね。密室のエレベーター内を舞台に繰り広げられるシチュエーション系サスペンス・コメディ。俳優や構成作家としても活躍する堀部圭亮さんの初監督作品です。 出演はその他に、モト冬樹、斎藤工、大堀こういち、芦名星、本上まな....... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 20時57分

» 悪夢のエレベーター [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  見知らぬ男女四人が、突然深夜のマンションのエレベーターに閉じ込められてしまう。悔しいことに、非常ボタンは故障し、唯一の携帯は電池切れで、外部との連絡が全くとれない。さらに不運なことに、エレべーターが2台あり、住民たちは他の1台に乗るため故障に気... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 23時22分

» [映画『悪夢のエレベーター』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆どうしよう・・・。  この映画、メチャ面白かったんですけど、構造上、物語の半分までしか語れない^^;  それぞれの役者の演技の「柔軟性」の素晴らしさについても、具体的に語れない。  「語れない」ことについては、松本人志監督の『しんぼる』と同じだが、あちらが強制的に「語れない」のに対し、こちらは、この文章を読む人が作品を充分に楽しんでもらうために、自主的に「語れない」。  やはり、『しんぼる』と同じく、密室が舞台となっているが、そのうまい語り口は段違いである。  『しんぼる』で困り果ててい... [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 00時35分

» 悪夢のエレベーター [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。木下半太原作、堀部圭亮監督、内野聖陽、斎藤工、佐津川愛美、モト冬樹、大堀こういち、芦名星、いか八朗、堀井茶渡、本上まなみ。何かおかしい、このエレベーター、この人たち。... [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 13時51分

» 【悪夢のエレベーター】 [日々のつぶやき]
監督:堀部圭亮 出演:内野聖陽、モト冬樹、佐津川愛美、斎藤工、芦名星、本上まなみ    このウソ、ホントにキリがない。 「小川順が目を覚ましたらそこは、あるマンションのエレベーターの中。何かのトラブルで止まってしまったらしい。他にいるは前科のあ... [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 15時43分

» 『悪夢のエレベーター』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:堀部圭亮原作:木下半太出演:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工、大堀こういち、芦名星、本上まなみ公式サイトはこちら。<Story>小川順(斎藤工)は、鋭い頭の痛みで目を覚ますと、そこは急停止したエレベーターの中だった。一緒に乗り合わせたのは、...... [続きを読む]

受信: 2009年10月22日 (木) 07時29分

» 悪夢のエレベーター [象のロケット]
深夜、エレベータが急停止し、男女4人が閉じ込められた。 非常ボタンは故障、携帯電話は不通。 妻がもうすぐ出産する小川、チンピラ風の男・安井、マンションの住人・牧原、ゴスロリ少女・カオル。 何やら全員ワケあり風。 お互いが抱える事情の探り合いが始まるが、だからってエレベーターは開かない! そして予想外の事件が起こってしまった…! ブラック・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年10月22日 (木) 16時07分

» 「悪夢のエレベーター」 映画を先に観るか、小説を先に読むか? [はらやんの映画徒然草]
木下半太さんの原作は大好き! 先日、この作品の後日談となる「奈落のエレベーター」 [続きを読む]

受信: 2009年10月24日 (土) 20時35分

» 「悪夢のエレベーター」新宿ミラノ3にて鑑賞 [流れ流れて八丈島]
当直明けにそのまま新宿ミラノへやってきました。これから(11時45分開始の回)、東急レクリェーションの10月末有効の株主優待券を使って、「悪夢のエレベーター」を観ます。あまり予備知識を頭に入れてないけど、「究極の人間不信エンターテイメント」ということで、案外...... [続きを読む]

受信: 2009年10月27日 (火) 23時48分

» 悪夢のエレベーター [だらだら無気力ブログ]
木下半太の同名小説を、これが長編映画監督デビュー作となるお笑いタレント の堀部圭亮が映画化。 エレベーター内に閉じ込められた4人のワケあり男女が繰り広げる人間模様を 描く。小川順が意識を取り戻すと、そこはエレベーターの中だった。小川の他には、 関西弁のヤク..... [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 02時05分

» 悪夢のエレベーター [花ごよみ]
原作は木下半太の同名小説。 監督は堀部圭亮。 主演は内野聖陽、共演は佐津川愛美、 斎藤工、モト冬樹…。 エレベーター内に閉じ込められた、 男3人女1人の物語。 エレベーター=密室という、 特殊な状況設定。 原作は読んでいます。 映像化すればどのようになったのか、 期待をして見に行きました 「笑い」もちょっぴり。 グロさもありました。 本はかなり面白く読みました。 映画は本とは違った意味で、 それなりに面白かったです。 既読なので展開はすでに読めています。 映画は出演者の演技の妙を... [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 09時44分

» 悪夢のエレベーター(映画館) [ひるめし。]
どうせ嘘つくんだったら、完璧に、ね。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 21時12分

» 【映画】悪夢のエレベーター [新!やさぐれ日記]
▼動機 もしかしたら掘り出し物? ▼感想 たまには騙されるのも悪くない ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 鋭い頭の痛みで小川順(斎藤工)が目を覚ますと、そこは急停止したエレベーターの中だった。一緒に乗り合わせたのは見るからにワケありな男女3人で、非常ボタンは故障し携帯電話は電池切れ、助けを呼ぶこともできない。なぜか互いの秘密を暴露し合うハメになった彼らがそれぞれに不信感を募らせる中、思いもよらぬ事件が起きてしまう。 ▼コメント <ネタバレはしていませんが、勘のいい... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 14時47分

» サスペンス・コメディ☆映画 『悪夢のエレベーター』☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
マンションのエレベーターの中に閉じ込めらる4人のキャラが立っていて、興味をソソラレタ作品。 期待した通り、この4人それぞれがいろいろ曰くがあって面白い♪ 今、連ドラ『JIN〜仁〜』で豪快な坂本龍馬を好演してる内田聖陽が、本作でも熱演 これまでは“静”の役を...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 18時02分

» 悪夢のエレベーター [七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba]
この ウソ、 ホントに キリが ない。 怒涛のどんでん返しがあなたを翻弄する! 究極の人間不信エンタテインメント!! テレビドラマや舞台にもなった木下半太の同名小説の映画化... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 01時33分

» 悪夢のエレベーター [迷宮映画館]
うーーん!こう来たかあ・・・・。 [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 20時27分

» 悪夢のエレベーター [ダイターンクラッシュ!!]
2010年1月9日(土) 17:20~ キネカ大森3 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:未確認 『悪夢のエレベーター』公式サイト 昨年見逃したテアトル系公開作品のキネカ大森での補完計画。第一回目。 ずっと密室劇(回想シーン有り)のキサラギスタイルかと思ったが、伊坂幸太郎原作とか内田けんじ監督のような話だった。密室は途中で終了し、話は過去に戻る。そんなに入り組んでないけど。 ということで、オチが重要な作品となるが、ブラックなジョークの作品が、オチで本当にブラックに... [続きを読む]

受信: 2010年1月10日 (日) 02時54分

» 悪夢のエレベーター [paseri部屋]
「悪夢のエレベーター」(2009)を観ました。監督:堀部圭亮原作:木下半太出演:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工、大堀こういち、芦名星、本上まなみ<内容>小川順は、鋭い頭の痛みで目を覚ますと、そこは急停止したエレベーターの中だった。一緒に乗り合わせたの...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 3日 (土) 20時29分

» 悪夢のエレベーター [Memoirs_of_dai]
エレベーターに集合した無理ある4人 【Story】 鋭い頭の痛みで小川順(斎藤工)が目を覚ますと、そこは急停止したエレベーターの中だった。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 15時02分

» 『悪夢のエレベーター』シネマすくえあとうきゅう [ふじき78の死屍累々映画日記]
珍しく、原作を読んでから鑑賞。 元からそんなに観る気はなかったんだけど、ピカデリーの『カムイ外伝』が満席で、急遽スケジュールを変えて、観てしまいました。 まず、原作がかなり面白いんです。 『運命じゃない人』みたいな作りの小説です。 そのまま映画にすれ....... [続きを読む]

受信: 2010年8月14日 (土) 08時15分

» 『悪夢のエレベーター』 [『映画な日々』 cinema-days]
悪夢のエレベーター 目覚めたら、停止したエレベーターに 閉じ込められていた。 中には、曰く有り気な三人が乗っていた... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:木下半太... [続きを読む]

受信: 2010年11月13日 (土) 10時24分

» 映画評「悪夢のエレベーター」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・堀部圭亮 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年11月19日 (金) 13時42分

» 悪夢のエレベーター(感想177作目) [別館ヒガシ日記]
悪夢のエレベーターはケーブルで鑑賞だが 結論は完全に騙されたが後1歩何か足りないね 内容は停止したに閉じ込められた男女4人の 密室での互い話などから悪夢の展開だよ... [続きを読む]

受信: 2010年12月12日 (日) 12時32分

» 悪夢のエレベーター [銀幕大帝α]
09年/日本/105分/ミステリー・コメディ/劇場公開 監督:堀部圭亮 原作:木下半太『悪夢のエレベーター』 脚本:堀部圭亮 特殊メイク:西村喜廣 残酷効果:西村喜廣 特殊造形:西村喜廣 出演:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工、本上まなみ、長澤つぐみ ...... [続きを読む]

受信: 2011年7月20日 (水) 00時41分

« 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH | トップページ | 私の頭の中の消しゴム/내 머리 속의 지우개 »