« パイレーツ・ロック/The Boat That Rocked | トップページ | ホースメン »

2009年10月27日 (火)

天使の恋

Photo 同名のケータイ小説を映画化、一説によればケータイ小説史上最高のアクセス数なんだとか。脳腫瘍の大学講師と訳あり女子高生のラブストーリーです。主演は雑誌「PINKY」のカリスマモデル・佐々木希と『ハンサム★スーツ』の谷原章介。共演に酒井若菜、山本ひかるも出演している。監督・脚本・プロデュースは長編デビューの寒竹ゆり。映画初主演の佐々木希の体当たりの演技に注目!
>>公式サイト

佐々木希だけ見てれば幸せになれます。

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

最近脚本的に非常に良く出来た作品や、素晴らしい演技を見せてくれる俳優が出演した、素晴らしい洋画・邦画が続いていたためか目が肥えていたのでしょうか、素晴らしく薄っぺらなラブストーリーに逆に感心してしまいました。ケータイ小説はここまで軽い中身にしないと女子中高生は読んでくれないんでしょうか。冒頭から説教臭くてなんですが、こんなものを読んで小説を読んだ気になっていては、どんどん頭の中身も軽い人間が出来上がっていくような気がします。とはいえ、映画になるとそこそこ観れてしまうのは、やはり出演者の力が大きいということなんでしょうね。

02 03

物語は、心にトラウマを持った女子高生の小澤理央(佐々木希)がひょんなことから35歳の大学講師・小澤光輝(谷原章介)を好きになるも、実は彼は脳腫瘍だった…という流れ。理央の一途な純愛をメインストーリーに、いじめ・援交・自殺・性的虐待といった要素を加味したケータイ小説らしいストーリー展開。病気モノと言うだけにラストは泣けるのかと思いきや全く感情が高ぶることが無いお話しは、この秋の2大病気モノ『私の中のあなた』には遥か遠く及ばず、『僕の初恋をキミに捧ぐ』の足元にも及ばないという代物。ある意味泣かせたいのならベタな展開もアリなハズなのに、逆にそこをベタにしないところが良くも悪くも作品の軽さを象徴しています。

04 05

映画初主演であり、あくまでもモデルな佐々木希に演技力を要求するのはそもそも無理な相談ですから、そこは観る前から割り切っていました。その前提で観れば彼女は良くやっていたと思うし、それ以上に彼女の存在感、可愛らしさと美しさが混じったような独特の魅力は、さすがは伊達にカリスマモデルと呼ばれている訳じゃないと感じさせるに十分なものでした。冒頭のベッドの上のセミヌード姿は色っぽさと綺麗さが同居しています。途中にインサートされている、次々と洋服を変えていくカットでは、本業のモデルの力をいかんなく発揮、更に図書館で光輝と初キスするシークエンスでは実に可愛らしい彼女が観られます。

06 07

突っ込みどころは多々ありますが、彼女の持つトラウマが劇中の描写に活かせていないところが本作の一番の欠陥でしょう。実は理央は過去ににレイプされて妊娠→堕胎しているということを、物語のラストで明かしているのですが、この部分を物語冒頭でしっかり描いていません。何故彼女が援交をしているのか、お金が全てだと考えるようになったのかの説得力がないんですね。今時女子高生が援交をしている設定だけでは彼女の心情に共感するのは無理というもの。そこで躓いているから、彼女のトラウマからの行動に端を発した周囲の行動もよくある出来事として流れていってしまいます。一重にこの作品の薄っぺらさは、この構成上の欠陥によるところが大きいでしょう。

08 09

逆に最初に脳腫瘍で余命宣告をされている光輝、彼に関してはその後の彼の行動の基準がどこから来ているのかが明白なので素直に感情移入できました。要は、劇中の理央と光輝はお互いに隠された事情を知る必要はありませんが、観ている側は知っていなきゃいけない訳です。谷原章介は人付き合いの下手な大学教授の設定故に、ぼさぼさの髪に無愛想な表情を貫いていましたが、彼の持っている内面的な魅力がふとした表情や仕草に表れていて、良くも悪くも隠しきれていないところが面白いです。なにしろ元モデルで「レッツハンサム!」ですから…。理央とちゃんと付き合い始めた辺りからは、お似合いのカップルぶりを発揮してくれます。

10 11_2

バッドエンドではないけれどハッピーエンドでもない。しかも理央に感情移入は出来ていないと来たら、観終わっても「ふ〜ん。」てなもんですが、佐々木希の普段はなかなか観られない色んな表情や姿が観られるという意味では中々貴重かつ満足出来る作品といえました。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:酒井若菜がえらく老けた気がする…

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« パイレーツ・ロック/The Boat That Rocked | トップページ | ホースメン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31960656

この記事へのトラックバック一覧です: 天使の恋:

» 天使の恋 [シネマDVD・映画情報館]
過去のトラウマにより自分以外の全ての人に心を閉ざし、他人は利用することでしか価値を見出せないと考えている17歳の女子高生、理央。そんな彼女が、運命に導かれるようにある大学講師と出会い、人を愛することの意味を知り、再生・成長していく。「恋空」「赤い糸」を超えるアクセスを誇る純愛ストーリーが、満を持して映画化。...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 18時26分

» 天使の恋 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。人気のケータイ小説の映画化。寒竹ゆり監督、カリスマモデルの佐々木希主演。谷原章介、山本ひかる、大石参月、七菜香、加賀美早紀。あ、あ、駄目だ、「∞」マークにしちゃ。無限大って永遠なんだから「死」につながってしまうよ。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 22時48分

» 映画「天使の恋」  「恋空」のようだが無名キャストの演技が光る [珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneでない方な日々~]
演劇台本がもとになった『大洗にも星はふるなり』が観たかったのだが、その映画館は、会館後15分をすぎたら入場できないというルールがあった。 で、仕方なくこの『天使の恋』というベタなタイトルの映画を観た。 どうも、携帯小説が原作らしい。 永澤まさみが主演しそうな純愛映画と思ったら違い、結果から言えば結構よかった。 有名どころは谷原恭介くらいだが、女学生役らが(役者として)無名だが結構いい演技をする。 それが、やや荒削りなストーリーを補完し、観終わったあとでいい印象を持てた。 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 09時23分

» 天使の恋/佐々木希、谷原章介 [カノンな日々]
何でも史上最高のアクセス数を誇るケータイ小説を原作にした青春純愛映画なんだそうですね。そして主演が大ブレイク中の佐々木希ちゃんという事で話題性もかなり高そうですけど、私は彼女の演技を観るのはこれが初めてなんですよね。ビジュアル的には文句無しの谷原章介さん....... [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 12時14分

» 『天使の恋』 ('09初鑑賞166・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 11月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 16:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年11月10日 (火) 20時31分

» 天使の恋 [象のロケット]
美しい17歳の女子高生・理央は、クラスメートと共に援助交際をして得た金でブランド物を身につけ、クラブで遊ぶ日々を過ごしていた。 小澤と言う同じ名字で写真が取り違えられたことから、35歳の歴史学者・光輝と出会い、強く惹かれてしまう。 勉強を教わることを口実に光輝につきまとい猛烈なアタックを開始するが、光輝には彼女を受け入れられない理由があった…。 ラブストーリー。 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月12日 (木) 02時38分

» 「天使の恋」 [みんなシネマいいのに!]
 「恋空」を観た時はあまりの惨さに驚き、その年のダメ日本映画の第1位になってしま [続きを読む]

受信: 2009年11月12日 (木) 23時32分

» 天使の恋 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
大人気ケータイ小説が原作で、カリスマティーンモデル・佐々木希が初主演した純愛映画だ。飛びぬけて美しく、常に仲間の中心にいる女子高生・理央。性別を問わず誰もが彼女に夢中になるが、理央自身は過去のトラウマから他人を信じられず、お金にしか興味がない。近寄ってく....... [続きを読む]

受信: 2009年11月13日 (金) 23時57分

» 天使の恋 映画館では傘を差さないでね [労組書記長社労士のブログ]
【 64 -13- 1ヶ月フリーパスポート=12 】 日曜の仕事帰りに見た映画。 うっかり気を抜いている時に目にはいると「どきっ!」ってしてしまう、佐々木希のセミヌードが超まぶしいあのポスターの映画。。。 「僕の初恋をキミに捧ぐ」よりももっとマニアックなファン層の映画かもとびびりながら入館してみたら、意外と男女・世代、まんべんない感じで安心した。  飛び抜けて美しく、常に仲間の中心にいる女子高生の理央(17歳)は、過去のトラウマから他人を信じられず、お金にしか興味を持てずにいた。友達も、彼氏も、近... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 23時46分

» 天使の恋 tenshi no koi [七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba]
本気で恋したら、運命にぶつかった。 「恋空」「赤い糸」を上回るアクセス数の同名ケータイ小説の映画化。 自分を中心に世界が回っていると思っている女子高生がひょんなことから知り合った男性にビビビ... [続きを読む]

受信: 2009年11月24日 (火) 00時46分

» 《天使の恋》 [日々のつぶやき]
監督:寒竹ゆり 出演:佐々木希、谷原章介   ずっと続くと思ってた。 「17歳の女子高生小澤理央はクラスでも注目される美少女で友人たちからも一目置かれる中心的存在。仲間と援助交際でお金を稼いだり高級マンションを借りてくれクレジットカードを自由に使わせ... [続きを読む]

受信: 2010年8月17日 (火) 10時48分

» 『天使の恋』をシネマート六本木スクリーン2で観る男ふじき [ふじき78の死屍累々映画日記]
佐々木希が凄い。 伊達に「♪ふにゃんとにゃんにゃん、にゃんにゃにゃんにゃにゃん」してた訳ではなかった。 それにしても何て美しいんだろう。 人間界最強の美しさ。 いや、もっとか。 類人猿最強の美しさ。 いや、もっとか。 哺乳類最強の美しさ。 キリがない....... [続きを読む]

受信: 2010年8月19日 (木) 00時26分

» ソラニ天使 [Akira's VOICE]
「ソラニン」 「天使の恋」  [続きを読む]

受信: 2010年9月 9日 (木) 12時18分

» ソラニ天使 [Akira's VOICE]
「ソラニン」 「天使の恋」  [続きを読む]

受信: 2010年9月 9日 (木) 16時32分

» (映画)天使の恋 運命編  [ゼロから]
◆佐々木希主演作品佐々木希って、モデルなのに演技をしているのが新鮮です。佐々木希の可愛さがよく出ている映画ですね。 [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 23時12分

» 映画『天使の恋』 [〜yatsufusa〜]
『天使の恋』2009年公開作品。 携帯小説で絶大な人気を集め、 携帯小説史上最高のアクセス数を誇った純愛ストーリーを映画化。 ・天使の恋 - おりおん 主演は 主人公の女子高生を佐々木希と、 悲しい運命を背負った男を谷原章介が演じています。 自身は特に佐々木希...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 15時39分

» 映画 天使の恋 [単館系]
他人を引きつけるカリスマ性を持つ女子高生・理央(佐々木希)。 過去のトラウマから人を信用することができず、お金だけに価値を感じ、自分に役立つ人間で周りを固めようとする彼女は、17歳になったある日...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 5日 (金) 00時24分

» 映画評「天使の恋」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 監督寒竹ゆり ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年2月16日 (水) 14時04分

« パイレーツ・ロック/The Boat That Rocked | トップページ | ホースメン »