« ホースメン | トップページ | マイケル・ジャクソン THIS IS IT »

2009年10月29日 (木)

殺人の追憶/살인의 추억

Photo 実際に起きた未解決連続殺人事件をテーマにしたクライムサスペンス。監督・脚本は、まもなく公開する『母なる証明』のポン・ジュノ。主演は最近では『グッド・バッド・ウィアード』の“変な奴”が記憶に新しいソン・ガンホ。共演はキム・サンギョン。560万人を超える観客動員は、2003年度の韓国映画でナンバー1ヒットを記録した作品です。
>>公式サイト

胸が痛いほどリアルな心理描写

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

ポン・ジュノ監督の『母なる証明』公開に先立っての鑑賞です。非常に高い評判を得ていましたが、噂に違わぬ秀作でした。今回の『母なる証明』も、マスコミ試写ではあまりの人気で立ち見が出るほどだとか。コテコテなストーリーが典型的イメージな韓流映画のなかで、とても写実的でかつ深い人間心理の描写がなされた作品で、なるほど『チェイサー』が公開された時に本作が話題に上がるのも無理からぬところだと今更ながらに納得です。映画冒頭に表示されるテロップに、この事件が韓国の軍事政権下時代に起こったものである事が記されますが、事件そのものは1986年の話。ほんの23年前、というより私が高校生の時には軍事独裁政権だったのかと、改めて思い返しながらの鑑賞でした。

02 03

ソウル近郊の農村で、突如として起こる連続強姦殺人事件。捜査に当たるのは地元警察署の刑事パク・トゥマン(ソン・ガンホ)とソウルから派遣されてきた刑事ソ・テユン(キム・サンギョン)の2人。容疑者の顔写真を見ていると勘で犯人が解るといってはばからないパク刑事と書類は嘘をつかないと資料に没頭するソ刑事は実に対照的で面白いです。この対比は即ち人間と科学の対比に他ならず、その意味では物語全体がこの対比を軸に描かれているといっても良いかもしれません。それにしてもこのパク刑事がむちゃくちゃ。犯人とめぼしを付けたら拷問で自白を強要するのですが、そんなやり方が上手く行くはずもなく、やがてそれはマスコミにばれることになります。

04 05

ソ刑事は余所者だからか、パク刑事の捜査手法を覚めた目で見ているだけ。水と油の2人がぶつかり合うのは当然で、パク刑事は「アメリカのFBIは頭を使って捜査をする、それは国土が広大でそうしなければならないからだ。しかしちっぽけな国土の韓国の刑事は足を使って捜査をするんだよ。」と。ソウルから来たソ刑事を皮肉るのでした。この辺り、日本の所轄署と警視庁、或いは都会の警察署と田舎の警察署の温度差と言うのはどの国でも同じなのだなと何やら妙に納得です。実のところ物語の半分近くの間、この2人はそれぞれ勝手に捜査を進めています。

06_2 07

確かに現実的にはテレビドラマのように進まないのは解りますから、中々解決の糸口が見えないのはリアルといえばリアルなのですが少々退屈。しかし、唯一の女性警察官の発見で、殺人が起こる日に必ずラジオで特定の曲が流れることが解ると物語は一気に動き始めます。ここから先、ソ刑事とパク刑事は協力して事件に当たるのですが、同時にここからのストーリーが本作を秀作たらしめているといっても過言ではありません。おかしな話ですが、容疑者のヒョンギュ(パク・ヘイル)が画面に登場した瞬間、恐らく見ている人は直感的に「こいつだ!」と確信するでしょう。

08 09_2

それは先に書いた人間と科学の対比に通じるところでもあります。パク刑事もソ刑事も恐らく状況証拠はもとより、刑事の直感でヒョンギュが犯人である事は間違いないと思っているハズ。しかし、直感的にそう思っても物的証拠は皆無。結局被害者についていた精液をアメリカに送ってDNA鑑定をしてもらうことになります。当面はヒョンギュを釈放せざるをえない…悔しさに歯噛みするソ刑事の気持ちが痛いほど伝わるシーン。しかし、そんな彼をあざ笑うかのごとく再び起こる強姦殺人。人間と科学の対立軸の中で、科学よりの立場をとっていたソ刑事が人間としての怒りに支配され、土砂降りの線路の上でヒョングを殴りつける様子からは、恐ろしいほどに人間臭い迫力を感じます。

10 11

追い討ちをかけるようにアメリカからの鑑定結果が。結果は「DNAは一致せず。」。どうにも救いようが無い結末…。数年後、刑事をやめたパクが仕事の途中に事件現場を通りかかります。そこで出会った小学生はパクと同じように現場を覗き込んでいた男がいたと話すのでした。「どんな顔だった?」という問いに「普通の顔。」「よくある顔よ。」と答える少女。やはり犯人はあいつなのか…、遠い目をするパクの脳裏に映し出されたのが恐らく本作なのでしょう。なるほど、『殺人の追憶』という邦題も秀逸です。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:邦画でこういう作品がないのは何故?

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ホースメン | トップページ | マイケル・ジャクソン THIS IS IT »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31980794

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人の追憶/살인의 추억:

» 殺人の追憶 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 コチラの映画はありばばみょんご紹介の韓国で実際にあった連続殺人事件を映画化したかなりの骨太映画です。  1986年から91年までの6年間で半径2km以内で起きた10件の連続強姦殺人事件で、30万人もの捜査員が動員され3千人もの容疑者が取調べを受けたけど現在をもって未...... [続きを読む]

受信: 2009年10月29日 (木) 20時09分

» 『殺人の追憶』 [erabu]
ポン=ジュノ監督。2003年韓国。刑事物サスペンス実話映画。出演、ソン=ガンホ、 [続きを読む]

受信: 2009年10月29日 (木) 21時19分

» 『殺人の追憶』 [めでぃあみっくす]
この映画で今もなお記憶に残っているのはラストでのソン・ガンホの表情です。限りなくクロに近いシロがいながら、犯人を追い詰めることができなかった事件の真相を知った時のあの表情だけで、この映画の全てを言い表しているようでしたから。個人的にこんな凄い俳優はアジア....... [続きを読む]

受信: 2009年10月29日 (木) 22時27分

» 殺人の追憶 [映画通の部屋]
「殺人の追憶」Memories of Murder / 製作:2003年、韓国  [続きを読む]

受信: 2009年10月30日 (金) 19時56分

» 『殺人の追憶』ポン・ジュノ「世界のクロサワ」正統な後継者 [映画をもっと楽しく![シネマポスト]]
映画の評価(5点満点) ★★★★★ プアーです。GEOの100円コーナーの棚をつーっとなぞっていくと本作が。各所で激賞されている『殺人の追憶』である。どれだけすごいんだべと思ったら、ホントにすごかった。『ダークナイト』『シティ・オブ・ザ・ゴッド』などその年、その時代を代表する作品と並べてもまったく遜色のないすさまじい出来なのだ! 韓国映画は昔から土着的と言うか泥臭い映画を撮る技術は特筆するものがあるだが、本作は正にその韓国映画の精髄といえる。 『殺人の追憶』は猟奇物なのだが、地味な内容に反して、その... [続きを読む]

受信: 2010年2月27日 (土) 07時58分

» 殺人の追憶 [映画、言いたい放題!]
この作品は噂には聞いてたけれど、 韓流があまり好きではなかったので 敬遠してました。 でもこの監督の「母なる証明 」がかなりツボだったので 観てみることにしました。 1986年10月23日、ソウル近郊の小さな農村で 手足を縛られた女性の変死体が発見される。 地元刑... [続きを読む]

受信: 2010年5月13日 (木) 20時47分

» 殺人の追憶(85点)評価:○ [映画批評OX]
総論:観賞中に襲われる自家中毒的な恐怖はS級サスペンスの証<あらすじ>1986年10月23日、農村で若い女性の変死体が発見される。地元の刑事パク(ソン・ガンホ)は地道な取り調べを始め...... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 15時43分

» 殺人の追憶 [こわいものみたさ]
『殺人の追憶』  MEMORIES OF MURDER 【製作年度】2003年 【製作国】韓国 【監督】ポン・ジュノ 【出演】ソン・ガンホ/キム・サンギョン/パク・ヘイル/キム・レハ/ソン・ジェホ/ピョン・...... [続きを読む]

受信: 2011年2月24日 (木) 23時45分

» 殺人の追憶(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
実際に起きた未解決連続殺人事件をもとにしたサスペンス。監督・共同脚本は「ほえる犬は噛まない」のポン・ジュノ。音楽は「さよなら、クロ」の岩代太郎。出演は「JSA」のソン ... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 00時42分

« ホースメン | トップページ | マイケル・ジャクソン THIS IS IT »