« 僕の初恋をキミに捧ぐ | トップページ | きみがぼくを見つけた日 »

2009年10月25日 (日)

沈まぬ太陽

Photo 『白い巨塔』、『華麗なる一族』などで知られる人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説の映画化。日本航空をモデルにした国民航空を舞台に、権力に翻弄されながらも自らの信念に従って生きる男を壮大なスケールで描いた社会派ヒューマンドラマだ。主演は『硫黄島からの手紙』の渡辺謙。共演は三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香を始めとした実力派揃い。監督は『ホワイトアウト』の若松節朗。
>>公式サイト

壮大なスケールと見応えが圧巻!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

山崎豊子原作らしく実に骨太な社会派作品でした。主人公の恩地元(渡辺謙)が赴任する先は、カラチ、テヘラン、ナイロビとアジアからアフリカにまで到り、日本に戻れば戻ったで、人間関係の広がりは時の総理大臣にまで及ぶという、地理的にも登場人物的にも文句なく壮大なドラマです。また、御巣鷹山の日航ジャンボ機墜落事故をテーマに取り入れており、今の若い人はともかく30代以上であれば歴史ではなく経験として映像をみることになるでしょう。日航ジャンボ機墜落事故に関しては『クライマーズ・ハイ』が記憶に新しいですが、あれは地元新聞の記者を主人公に描かれた作品で、今回は加害者側の国民航空社員を主人公に描いている点が大きく異なります。

02 03

さて、何から書いたらよいのか…。余りに壮大すぎてざっくりと全てに触れることすらできません。私が特に感じた部分だけ書いてみようと思います。物語序盤は恩地の過去、即ち労働組合委員長として会社と闘争を繰り広げていたシークエンスとジャンボ機墜落に際して、遺族の対応係をしているシークエンスが交互に描かれます。流石に今時組合活動をしてアカ呼ばわりされることは殆どないとは思いますが、それが娘の結婚にまで影響する時代があったのですね。副委員長・行天(三浦友和)が、会社側から勝利を勝ち取った恩地と自分を引き比べてコンプレックスを抱いていたのは美樹(松雪泰子)との会話から推測できますが、これが行天を裏切らせる原因になるのでした。

04 05

結局、全ては会社のためにと思って行動している恩地もまた足元が見えていなかったということなのか、いや、彼は純粋に過ぎたのでしょう。人の悪意を見抜けないのは、社長との対話で2年で日本に戻すなどという与太話を信じることからも明白です。左遷続きの彼の様子をみていると「住めば都」ということわざを思い出しましたが、そもそも彼にとっては悪意の交錯しあう日本の本社勤務よりも海外勤務のほうが向いていたのかもしれません。後々彼は言います。「波に乗り続ける方が大変なのかもしれない。」と。これは行天が、ひたすら上を目指すためにありとあらゆる手段をとり続けることに対する同情の言葉でした。

06 07

恩地が日本に戻ってきてから直ぐに起こった日航機墜落事故。524名中520名の方の尊い命が失われました。様々な家族の人間模様を作品では描いています。機内で書かれた遺書や子供の一人旅のエピソードは様々な番組でも取り上げられて余りにも有名ですが、何度観てもやはり心が痛みます。恩地は遺族の対応係を命じられますが、私はこの一連のエピソードに登場する2人の俳優に目が行きました。一人は遺族の役で登場する宇津井健。一瞬にして家族全てを失い天涯孤独の身になってしまった老人は補償金は必要ないと語ります。劇中で恩地は老人の気持ちを絶望感と言っていますが、私には圧倒的な虚無感が伝わってきました。

08 09

もう一人は山田辰夫。この7月26日に亡くなられた名脇役は本作と同時公開の『代行のススメ』にも出演しています。本作の中では遺族の補償金を杓子定規に算出する国民航空の社員を演じていますが、これが誰がどう見ても嫌な奴。しかし、本当に嫌悪感を抱かせるぐらいの彼の演技力は流石というべきで、返す返すも私たちは素晴らしい俳優を失なってしまったと思うのでした。さて、事故で退任した社長に代わり、国民航空再建のために鳴り物入りで会長に就任した国見(石坂浩二)。このあたりから物語は政界を巻き込んだドロドロ感が増してきます。ちなみに登場する政治家のモデルを考えるとなんとも懐かしさを覚える面々だったり。

10 11

利根川総理(加藤剛)は中曽根氏、官房長官は後藤田氏、副総理の竹丸(小林稔侍)は金丸信、運輸大臣の道塚(小野武彦)は三塚氏。中曽根氏を除いて何れも故人になっているのですから、時が過ぎるのは早いものです。恩地は会長室で再建のために手腕を振るいますが、ここで印象深いのは、政治家は所詮自分のことしか考えないということ。まあ、これは今も昔も変わりませんね。美辞麗句を並べながらも、あっさりと国見を切ります。それは国見がクビを突っ込んだ案件が、副総理の竹丸にとって探られたくないことだったから。

12 13

ラストシーンのアフリカの夕日の映像が終わるまで、途中休憩10分を挟む3時間半の長丁場でしたが、全く飽きることなくひたすら物語に没頭できた作品でした。原作未読ですが、当然原作のほうがそりゃ面白いでしょう。随分駆け足に感じたところもありましたが、これだけの見応えと説得力を持った作品にはそうはお目にかかれないと思います。余談ですが、日航の体質が本当にこんなだったら、とても再建はむりでしょうね。そんな企業に税金の投入は御免こうむりたいところです。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:是非連ドラで観たい!

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 僕の初恋をキミに捧ぐ | トップページ | きみがぼくを見つけた日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31929793

この記事へのトラックバック一覧です: 沈まぬ太陽:

» 沈まぬ太陽 [あーうぃ だにぇっと]
監督: 若松節朗 キャスト 恩地元☆渡辺謙 行天四郎☆三浦友和 三井美樹☆松雪泰子 恩地りつ子☆鈴木京香 国見正之☆石坂浩二 利根川☆加藤剛 竹丸☆小林稔侍 堂本☆柴俊夫 桧山☆神山繁 八馬☆西村雅彦 山田辰夫 他 【ストーリー】 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。 10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行った彼はさまざまな悲...... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 10時45分

» [映画『沈まぬ太陽』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆本日は、朝5時に家を出る早番の仕事であったが、帰宅して、午後8:45からの<ワーナーマイカル・日の出>のレイトショーで、この作品を観た。  眠気との戦いが起こるかなと思いきや、私の心を、骨太の大河ドラマがグイグイと引っ張ってくれて、三時間半の長尺を全く飽きさせることなく見せてくれた。  だが、不思議と、感想を書く今となって、書くことがなくて困っている。  理由として、日本航空を模した<国民航空>の中で、最大公約数の幸せを願いつつ運動を起こした主人公・恩地(渡辺謙)の、管理サイドから下される不... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 10時49分

» 沈まぬ太陽 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香、山田辰夫、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、神山繁、菅田俊、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、加藤剛、品川....... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 11時25分

» 劇場鑑賞「沈まぬ太陽」 [日々“是”精進!]
映画『沈まぬ太陽』オリジナル・サウンドトラック「沈まぬ太陽」を鑑賞してきました『白い巨塔』『華麗なる一族』の人気作家・山崎豊子が綿密な取材の基に書き上げた渾身のベストセラー巨編を壮大なスケールで映画化した社会派ヒューマン・ドラマ。激動の昭和30年代から...... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 12時34分

» 『沈まぬ太陽』(@シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----さあ、今日はいよいよ話題の『沈まぬ太陽』だよ。 この映画、久々の邦画超大作。 何といってもインターミッション付きだからね。 それって何のこと?と思った人は、 「シネマのすき間」を訪ねてね。 そこに詳しく書いてあるから。 ね。驚いた? まずロゴからして違うでしょ。 そう、縦書き! そう言えば一か月前(早いなあ)、同窓会で東京を離れていたでしょ。 そのときのことも少し話していたけど、 変な話だったよね。 まさか、トイレの話になるとは…。 でも、これがインターミッションと大きな関係を持っているん... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 15時43分

» 『沈まぬ太陽』 [めでぃあみっくす]
沈まぬ太陽、恩地元。彼こそまさに昭和のラスト・サムライ。 己の信念を絶対に捨てない、己への信義を絶対に忘れない、そして己への信頼をも絶対に裏切らない、最もサムライらしい男。そんな男の半生を描いたこの叙事詩映画は昭和という時代の空気を知らない若い世代には退....... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 17時01分

» 沈まぬ太陽 [映画ってエエがな]
沈まぬ太陽 コチラをクリックお願いします山崎豊子の同名小説が原作です。いくつかの配給会社が映画化しようと試み頓挫した問題作です。「不毛地帯」もテレビドラマで放映中なので「山崎豊子」とあれば見たい作品ではないでしょうか。昭和30年代、恩地元(渡辺謙)は....... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 17時50分

» 沈まぬ太陽 [勝手に映画評]
山崎豊子の、とある航空会社の腐敗を描いた長編小説。小説なので、この国民航空は【一応】実在しない架空の航空会社と言う設定ですが、モデルとなったのは日本航空と言うのは一目瞭然です。 また同時に、小説の登場人物も実在の人物を髣髴させところが多々あります。しかも、その描写は物事を一面からしか見ていない描き方で、非常に誤解を耐える描き方であるという事で、原作の出版時に日本航空側から山崎側に「事実無根」あるいは「事実錯誤」として、様々な抗議があったといわれています。それが為に、この小説は、未だに日本航空では一... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 17時59分

» 沈まぬ太陽 [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました!沈まぬJ〇L!? [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 19時49分

» 沈まぬ太陽 [Yuhiの読書日記+α]
山崎豊子の同名作品を映画化した社会派ドラマ。監督は若松節朗、キャストは渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、西村雅彦、柴俊夫他。 <あらすじ> 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行った彼はさまざまな悲劇を目の当たりにする。そして、組織の建て直しを図るべく就任した国見新会長(石坂浩二)のもとで、恩地は会社の腐敗と闘うが……... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 20時54分

» 沈まぬ太陽     (再追記) [取手物語~取手より愛をこめて]
本日、「沈まぬ太陽」を鑑賞した。 [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 20時54分

» 沈まぬ太陽 [シネマDVD・映画情報館]
「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない最後の傑作『沈まぬ太陽』が日本映画史上最大のスケールで遂に映画化。主人公・恩地を、日本が世界に誇る名優、渡辺謙が演じる。 予告編 ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内 ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索 ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場一覧はこちら ワーナー・マイ... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 21時03分

» 「沈まぬ太陽」会社と政府の思惑に翻弄されても揺るがない自らの信念を貫き通した男の生き方 [オールマイティにコメンテート]
「沈まぬ太陽」は山崎豊子原作の映画で日本の航空会社の労働組合委員長を務めた男が懲罰人事で僻地の海外勤務を9年務めた後墜落事故のお世話係として犠牲者遺族の補償に当たるが、会社の方針などで社員は厳しい労働環境などの改善と利権に走る経営陣、さらには政治家の圧力...... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 21時05分

» 沈まぬ太陽  [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆  山崎豊子の社会派小説を、壮大なスケールで描いた会心の映画である。また映画の背景が、1985年に実際に起きた「日本航空123便墜落事故」を題材にしたものなので、説得力もあるし迫力も満点であった。久々に凄い映画に触れることが出来て、今感動に打ち震... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 21時46分

» 沈まぬ太陽 [いい加減社長の日記]
「きみがぼくを見つけた日 」も迷ったんだけど。 山崎豊子原作、渡辺謙主演となれば、見ないわけにはいかないだろう、ということで、「沈まぬ太陽 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、意外と少ない感じ。 「沈まぬ太陽 」は、大きめのスクリーンで、4~5割。... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 21時47分

» 「沈まぬ太陽」みた。 [たいむのひとりごと]
インターミッション付きの映画を劇場で見るのは初めて。長時間なだけに良いシートを設置している劇場で見たいもの。軽く3時間を超えているだけに息抜きとトイレ休憩が有難いと思うけれど、インターミッションを入れ... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 21時58分

» 沈まぬ太陽 [だらだら無気力ブログ]
『華麗なる一族』や『大地の子』『白い巨塔』などのヒット作を世に送り だしてきた人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説を渡辺謙を主演に 迎えて映画化。 巨大企業の都合に翻弄され、海外の僻地への島流しのような人事を受けつつ も自らの信念を貫きとおしていく姿を..... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 22時27分

» 超大作「沈まぬ太陽」 [Thanksgiving Day]
映画「沈まぬ太陽」を観てきました。 まさにスケールの大きい超大作でした!! この作品は、映画化されることを知ってからずっと楽しみにしてたんですよ。 今ドラマ化されている「不毛地帯」や、「白い巨塔」「華麗なる一族」などでも知られる、山崎豊子さんの原作で、....... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 00時39分

» 『沈まぬ太陽』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:日本映画、山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙主演。 [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 01時05分

» 沈まぬ太陽 [いい加減社長の映画日記]
「きみがぼくを見つけた日」も迷ったんだけど。山崎豊子原作、渡辺謙主演となれば、見ないわけにはいかないだろう、ということで、「沈まぬ太陽」を鑑賞。「UCとしまえん」は、意外と少ない感じ。「沈まぬ太陽」は、大きめのスクリーンで、4〜5割。【ストーリー】昭和30年代――。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命ぜられ、パキスタン、イラン、そしてケニアへ、次々と転勤を命ぜられる。かつて共に闘った同期の行天四郎が組合を抜けてエリートコースを歩みは... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 05時37分

» 沈まぬ太陽 [映画道]
チェック:人気作家・山崎豊子による同名ベストセラー小説を、壮大なスケールで映画化した社会派ドラマ。 日本が経済大国へと急成長した激動の時代を背景に、巨大企業に翻弄(ほんろう)されながらも自らの信念を貫く男の姿を描く。 監督は『ホワイトアウト』の若松節朗、脚本を『陽はまた昇る』の西岡琢也が担当。組織と闘う主人公を演じた渡辺謙をはじめ、三浦友和、石坂浩二など実力派俳優がそろったキャスティングにも注目。 ストーリー:国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じら... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 08時42分

» 沈まぬ太陽 [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2009/10/24製作国:日本上映時間:202分鑑賞日:2009/10/24監督:若松節朗出演:渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、大杉漣、西村雅彦、宇津井健、小林稔侍、加藤剛+あらすじ+国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走...... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 12時57分

» 沈まぬ太陽 [Akira's VOICE]
輝き続けるからこそ太陽!   [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 16時19分

» 沈まぬ太陽 [象のロケット]
昭和30年代。 国民航空の労働組合委員長・恩地は海外勤務を命ぜられ、10年を僻地で過ごした。 一方、副委員長だった行天は組合を抜けてエリートコースを歩みはじめる。 やっと本社への復帰を果たした恩地は、御巣鷹山で起こったジャンボ機墜落事故の救援隊として現地に赴き、遺族との交渉窓口となるのだが…。 巨大企業の歩みを描く社会派ヒューマン大河ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 18時12分

» 『沈まぬ太陽』 [きららのきらきら生活]
「沈まぬ太陽」観てきました♪ [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 22時05分

» 沈まぬ太陽 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
社会性と娯楽性を兼ね備えた力作で見応えがある。大企業・国民航空の社員・恩地は、労働条件の改善を求めて奔走し勝利するものの、会社の懲罰人事で僻地の海外勤務を強いられる。10年に及ぶ孤独な日々に耐えて本社復帰を果たすが、ジャンボ機墜落事故という未曽有の惨事の遺....... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 23時13分

» 沈まぬ太陽 [なりゆき散策日記]
 新宿ピカデリーで「沈まぬ太陽」をみた。初回。スタートは9:30。それで終わったのは13:00。 時間的には長い。原作を読んでいたから理解できる。映画だけをみると納得できないシーンも多いのではないだろうか? はじめてインターミッション(休憩)のある映画を体験...... [続きを読む]

受信: 2009年10月27日 (火) 22時41分

» 「沈まぬ太陽」 第2位 [映画コンサルタント日記]
上映スクリーン数: 403(東宝配給作品としては最大規模)オープニング土日動員: [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 08時07分

» 「沈まぬ太陽」鑑賞 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
JAL幹部は恥知らずの最低人間ばかり!!あ、ごめん、NALだっけww腐敗政治家と癒着、金と物欲まみれの畜生ばかり。だからあんな会社になってしまったのですねえ・・タイムリー過ぎて笑えないですよ。あ、あくまでフィクションのNALの話ですからww長くて退屈で...... [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 18時01分

» 沈まぬ太陽 仕事に生きる人間の気骨を問う 山崎豊子 [ネット社会、その光と影を追うー ]
沈まぬ太陽は、ずっしりとした社会派の大作である。山 [続きを読む]

受信: 2009年10月29日 (木) 01時13分

» 沈まぬ太陽 [GLOBAL セブねっと]
7月に上映されると聞いてから待ちに待った映画『沈まぬ太陽』を公開3日目に観ることができた。 「白い巨塔」・「華麗なる一族」、そして連続ドラマとして現在放送されている「不毛地帯」で知られる山崎豊子の原作の『沈まぬ太陽』。 第一巻(アフリカ篇・上)/第... [続きを読む]

受信: 2009年10月30日 (金) 18時31分

» 人は何の為に働くのだろうか。『沈まぬ太陽』 [水曜日のシネマ日記]
高度経済成長期の時代から日本の航空会社に勤め続ける社員の生き様を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2009年10月31日 (土) 08時28分

» 沈まぬ太陽 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[沈まぬ太陽] ブログ村キーワード 評価:8.5/10点満点 2009年93本目(87作品)です。 【あらすじ】 国民航空の労働組合の委員長をしている恩地元(渡辺謙)は、副委員長の行天(三浦友和)とともに労使交渉を勝ち抜いたものの、任期満了で委員長を退任した途端に海外に..... [続きを読む]

受信: 2009年10月31日 (土) 17時06分

» 「沈まぬ太陽」よくぞ映画化したな・・・と拍手 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
フィクションと言ってはいるものの、ついJALと重ねて見てしまうのもやむを得ないお話です。 [続きを読む]

受信: 2009年10月31日 (土) 19時29分

» 映画「沈まぬ太陽」 [FREE TIME]
映画「沈まぬ太陽」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 00時43分

» 「沈まぬ太陽」堂々の大河ドラマ、プライドは捨てないということ... [soramove]
「沈まぬ太陽」★★★★ 渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二 若松節朗監督、202分、2009年、2009-10-24公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「堂々の大河大作、ときにはこのくらい 見ごたえがある映画も良い、 長さは気にならなかったが、強く訴えかけるものは無かった、 戦後の超近代史もそろそろ自分たちは学ぶべき、 主人公の頑なな態度が... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 01時11分

» 「沈まぬ太陽」 サラリーマン必見 [はらやんの映画徒然草]
上映時間3時間30分、途中休憩あり。 途中休憩がある映画を観たことがあるのは、「 [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 16時54分

» 沈まぬ太陽 [映画の話でコーヒーブレイク]
先週金曜日、ムービル横浜のレディースデイに駆けつけました。 映画館に着いた時はほぼ満席、予告編が今まさに始まろうとしていました。 しか〜し、年齢層高いなぁ〜。 以前ここで「剣岳 点の記」を見た時も年齢層高かったっけ。 週末興行ランキングでは2位、観客は30代以上の男性が多いそうです。 (因みに、1位は「僕の初恋をキミに捧ぐ」・・・。) やはり、リアルタイムで同じ時代を走った方々や、 私のような、一世代二世代下で日航機事故は知っているが、子供の頃高度成長期だった人たちが 多いようです。 全く知らない世... [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 22時58分

» 「沈まぬ太陽」 [みんなシネマいいのに!]
 上映時間202分。 ここまで来るともう映画は暇つぶしではなく、仕事になってしま [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 00時18分

» ★沈まぬ太陽(2009)★ [CinemaCollection]
魂が、震える。上映時間202分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2009/10/24ジャンルドラマ映倫G【解説】『白い巨塔』『華麗なる一族』の人気作家・山崎豊子が綿密な取材の基に書き上げた渾身のベストセラー巨編を壮大なスケールで映画化した社会派ヒューマン・ド...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 18時30分

» 映画「沈まぬ太陽」 [ペガサス・ブログ版]
ネットで見られるニュースでは,「始球式には米国のジョージ・ブッシュ前大統領が登場した」とあるだけで,会場でブーイングぐらいはあったのかどうか,分からない.九州にいては,一昨日紹介した「反戦と抵抗のフェスタ」に参加することもできず・・・と言うわけで今日は映画館に行った.(ホントは東京以外のどこでも「戦犯容疑者逮捕」を街頭で呼びかけなければいけないのだけれど)応援のクリック歓迎 (1日1回まで) 見た映画は話題の「沈まぬ太陽」.原作をちょっと手に取ったことはあるのだが,なにしろあの長編,読むまでに... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 21時02分

» 「沈まぬ太陽」沈む日航 [再出発日記]
監督:若松節朗原作:山崎豊子出演:渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香、山田辰夫、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、神山繁、菅田俊、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、加藤剛、品川徹、...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 23時59分

» 沈まぬ太陽 よくもまあこんな映画が創れたもんだ [労組書記長社労士のブログ]
【 53 -12- 1ヶ月フリーパスポート=2 】 昨日は映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を観た後に仕事があって、そしてその後に今度は妻と待ち合わせしてまたまた映画(1日に2本観たのって学生時代以来?)、観たのは山崎豊子原作を映画化した「沈まぬ太陽」。 とりあえずびっくりしたのは、この映画、若い人観に来てね〜年齢層高〜っ、でも満員だった。  昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命じられた。かつて共に闘った同期の行... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 12時46分

» 沈まぬ太陽 [ぷち てんてん]
☆沈まぬ太陽☆(2009)若松節朗監督渡辺謙三浦友和松雪泰子鈴木京香石坂浩二香川照之ストーリー 国民航空の労働組合委員長を務める恩地元。職場環境の改善を会社側へ訴えていた彼はやがて、海外赴任を命じられる。それはパキスタンやイラン、ケニアなど、まともな路線就...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 18時59分

» 沈まぬ太陽 [映画通の部屋]
「沈まぬ太陽」 製作:2009年、日本 202分 監督:若松節朗 原作:山崎豊子 [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 19時30分

» 沈まぬ太陽 [迷宮映画館]
3時間半では足りないほどの内容だった。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 6日 (金) 08時37分

» 沈まぬ太陽/渡辺謙、三浦友和、松雪泰子 [カノンな日々]
公開直前まで途中休憩の入る202分もの作品だったとは全く知りませんでした。私が劇場鑑賞した邦画での最長は今年観た園子温監督の『愛のむきだし』の237分ではありますけどあれはちょっと特殊な作品でもあるし、これは作品規模でいえば邦画では異例の超大作スケールですよね....... [続きを読む]

受信: 2009年11月 6日 (金) 09時02分

» 沈まぬ太陽 [七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba]
魂が、震える。 30年間、企業の不条理に翻弄されても絶対に諦めなかった男 仕事とは、家族とは、人生とは… 苦悩する現代社会に投げかけられる、壮大なる人間の叙事詩 「白い巨塔」「華麗なる一族」... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 02時01分

» 『沈まぬ太陽』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:若松節朗原作:山崎豊子出演:渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二公式サイトはこちら。<Story>昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元(渡辺謙)は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命じられた。かつ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 08時22分

» 映画「沈まぬ太陽」 [Playing the Piano is ME.]
原作を読んでから見るつもりだったのに、結局1ページも読まないで鑑賞となりました。 私は「脳が満足する映画」が好きです。 そして、これも私好みの「脳が満足する映画」だと思っていたのですが...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 21時05分

» 沈まぬ太陽 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
信念は決して消えない。激動の昭和をかけぬけた男の熱き生きかたとは・・・。 物語:昭和30年代―。恩地元(渡辺 謙)は、巨大企業・国民航空で労働組合委員長を務めていた。職場環境の改善のため会社側と闘った結果、恩地を待っていたのは懲罰人事ともいうべき海外赴任....... [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 01時31分

» 沈まぬ太陽 [まてぃの徒然映画+雑記]
山崎豊子原作の超大作、なんと202分で途中休憩あり!途中休憩が入るのは『アラビアのロレンス』以来です。原作はずいぶん前に読み始めたものの、病気で読むのがつらくなって第一巻の途中で止まったままなので、御巣鷹山編や会長室編は初めて知るストーリーでした。当然で...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 21時58分

» 【沈まぬ太陽】 [日々のつぶやき]
監督:若松節朗 出演:渡辺謙、三浦友和、鈴木京香、松雪泰子、香川照之、宇津井健、清水美砂    魂が、震える。 「国民航空の社員の恩地はかつて労働組合の委員長を務めていた。その結果、9年もの間通常では考えられない海外僻地勤務を強いられた。同期でかつて... [続きを読む]

受信: 2009年11月10日 (火) 12時19分

» 沈まぬ太陽 [花ごよみ]
山崎豊子の長編小説が原作。 監督は若松節朗。 映画も3時間22分のかなりの長編、 でも、時間はそんなに長くは、 感じられませんでした。 途中休憩が10分あるなんていう、 映画もはじめてです。 主演は渡辺謙、 彼が「国民航空」労組委員長・恩地を力演。 三浦友和、石坂浩二等が共演。 労組委員長・恩地(渡辺謙)は、 労使交渉に対する、報復人事によって、 海外勤務を命じられ、 僻地から僻地へと、 転々と勤務地の変遷を、 繰り返していくこととなる。 本来は役員となって、 会社を背負っていくべ... [続きを読む]

受信: 2009年11月13日 (金) 19時17分

» 「沈まぬ太陽」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                              「沈まぬ太陽」 新宿ピカデリーにて。 途中に休憩が入る長編と聞いていたので、なかなか観る勇気(?)がなかったが、丁度新宿での用事が早く終わったので、映画館へ飛び込んだ。 3時間20分・・あっという間だった。 途中に休憩が入ってリセット出来たせいもあるが、ぎゅぎゅっと凝縮されたストーリーに終始引き付けられた。 私はあまり本を読まない(自慢にもなりませんねm(__)m)ので、この映画の同名の原作(山崎豊子著)も読んだことはないのだが、 観... [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 14時57分

» 沈まぬ太陽 [ころちゃんねる]
【ストーリー】昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命じられた。かつて共に闘った同期の行天四郎が組合を抜けてエリートコースを歩みはじめる一方で、恩地は家族との長年にわたる離れ離れの生...... [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 19時09分

» 沈まぬ太陽 [欧風]
昨日は、TOHOシネマズ 錦糸町に映画観に行ってきた~。 今回観たのは「沈まぬ太陽」。最近木曜10時に「不毛地帯」というドラマをやっていて、面白いと思いながらも、ケンミンショーの後にそのままダウンタウンDXを観続けちゃ... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 12時52分

» 映画「沈まぬ太陽」 [おそらく見聞録]
監督:若松節朗(ホワイトアウトの監督さん) 出演:渡辺謙(怪物)三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 香川照之 宇津井健  出演:戸田恵梨香 柏原崇 大杉漣 西村雅彦 小林稔侍 風間トオル 柴俊夫 木村多江  30年間、企業の不条理に翻弄されても絶対に諦... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 17時09分

» 「沈まぬ太陽」プチレビュー [気ままな映画生活]
3時間22分…事前に10分間の休憩を知っていましたが 長いと思わせるシーンはなくのめり込んで見てしまいました。 ただ、休憩前後で展開が大きく変わったのが残念な部分もあります [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 18時49分

» 沈まぬ太陽 [とにーのブログ]
ついに観ることができました!かなり見応えのある作品です。 山崎豊子さん原作の映画。原作は6年程前に読みました。 その当時の感想を簡... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 22時45分

» 沈まぬ太陽 [ダイターンクラッシュ!!]
2009年11月15日(日) 14:20~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『沈まぬ太陽』公式サイト フリーパス鑑賞14本目。 フィクションで実在の団体、人物とは関係ないなどと申し訳のように終了後に出てくるが、誰もがそんなこと思っていない。ノンフィクションと勘違いしてしまう。現在も賑やかな日本航空の実際の人物をモデルにした山崎豊子の大作小説の映画。 40代と50代の渡辺謙の区別は髪型でしか判断できない。最初、御巣鷹山の事件に係っているのに、委... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 13時24分

» 沈まぬ太陽 [かりんのつれづれなるblog]
とんでもないタイミングで封切した沈まぬ太陽。 やっと見てきました。 3時間22分 [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 12時55分

» 沈まぬ太陽 [みやこのThinking World!]
やっとこさー 観に行って来ました! やっぱり映画は一人で観るより誰かと一緒のほう [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 00時07分

» 「沈まぬ太陽」日比谷スカラ座にて鑑賞 [流れ流れて八丈島]
本日は代休なりってことで、夜の試写会が有楽町なので、その前にその界隈で一本長らく暖めてきた格安ゲットの「東宝12番組共通前売券」を使って、満を持して日比谷のTOHOシネマズ・スカラ座で「沈まぬ太陽」を観ましたとにかく、山崎豊子の原作が素晴らしいし、渡辺...... [続きを読む]

受信: 2009年12月 5日 (土) 09時19分

» 沈まぬ太陽 [とりあえず、コメントです]
山崎豊子著の同名小説を映画化した重厚なドラマです。 公開前から気になっていたのですけど、終了近くになってしまいました。 利権と政治が絡み合う中で起きた未曾有の大事故と一人の主人公の生き様を 時代を交差させながら丹念に描いていました。 ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 8日 (火) 12時52分

» 沈まぬ太陽 [墨映画(BOKUEIGA)]
「安全を思い、手を振る。このことは会社を救う。」 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 人気作家・山崎豊子による同名ベストセラー小説を、壮大なスケールで映画化した社会派ドラマ。日本が経済大国へと急成長した激動の時代を背景に、巨大企業に翻弄(ほんろう)されながらも自らの信念を貫く男の姿を描く。監督は『ホワイトアウト』の若松節朗、脚本を『陽はまた昇る』の西岡琢也が担当。組織と闘う主人公を演じた渡辺謙をはじめ、三浦友和、石坂浩二など実力派俳優がそろったキャスティングにも注... [続きを読む]

受信: 2010年1月 5日 (火) 09時37分

» 沈まぬ太陽 [ゴリラも寄り道]
沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD](2010/05/28)渡辺 謙三浦友和商品詳細を見る<<ストーリー>>魂が、震える。信念は決して消え... [続きを読む]

受信: 2010年6月25日 (金) 12時41分

» 沈まぬ太陽 [映画、言いたい放題!]
日本アカデミー賞って発表前から予想できて、 しかも予想通りになりますね。( ^ _ ^; この作品も、作品賞を取るかなと思ったらその通りになりました(爆) でも受賞の時のケン・渡辺氏の言葉は胸にきました。 観ていないと何もわからないので、 DVDで鑑賞しました。... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 20時49分

» 映画 沈まぬ太陽 [単館系]
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行...... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 04時00分

» 映画評「沈まぬ太陽」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・若松節朗 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年12月11日 (土) 17時27分

» 『沈まぬ太陽』/TV地上波 [京の昼寝〜♪]
nbsp; nbsp; nbsp;□作品オフィシャルサイト 「沈まぬ太陽」□監督 若松節朗 □原作 山崎豊子 □脚本 西岡琢也 □キャスト 渡辺 謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、木村多江、柏原 崇、戸田恵梨香、大杉 漣、       西村雅...... [続きを読む]

受信: 2011年3月20日 (日) 08時53分

« 僕の初恋をキミに捧ぐ | トップページ | きみがぼくを見つけた日 »