« エスター/Orphan | トップページ | あなたは私の婿になる »

2009年10月16日 (金)

ATOM

Atom 言わずと知れた、日本漫画界の誇る手塚治虫の名作「鉄腕アトム」を、ハリウッドがフルCGアニメーションでリメイク。アトムは『奇跡のシンフォニー』のフレディ・ハイモア、テンマ博士はニコラス・ケイジ、お茶の水博士はビル・ナイといった超豪華な俳優陣が声優を務める。ちなみに吹き替え版ではアトムを上戸彩が、テンマ博士を役所浩司がそれぞれ演じた。不朽の名作が最新技術でどのように生まれ変わるのか。
>>公式サイト

心優しい科学の子・ATOM

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

本当を言えば、アトムなら日本語吹き替え版を観たほうが楽しめるかと思ったのですが、せっかくのハリウッド作品で、且つ超豪華なボイスキャストとあって字幕版を観てきました。観る前にどこかのサイトで「マツゲがないアトムなんて。」といった感想を読んでいたので注意して観ていたら確かにない。(笑)ただ、そんなことはさして気にならない程美しいフルCGアニメーションであり、スクリーンの中には確かに私が子供の時に観たアトムがいました。手塚治虫はディズニーアニメ好きで知られますが、今ハリウッドでフルCGアニメ化された本作を観たらどのように感じたでしょうか。

02 03_2

物語は原作と異なる設定が取り入れられており、アトム誕生秘話も若干の変更が加えられています。空中都市メトロシティに暮らすトビー(フレディ・ハイモア)は科学省長官テンマ博士(ニコラス・ケイジ)の一人息子で、ある日博士の実験に巻き込まれて命を落とします。原作では交通事故死でしたね。悲しみに暮れるテンマ博士は、失った息子の変わりにアトムを作り上げるというのはそのままの設定でした。大きく違うのはアトムの動力源。10万馬力の源は原子力であって、それがアトムの名前の由来でもあったはずですが、本作ではお茶の水博士が開発したブルー・コアと呼ばれる究極のクリーンエネルギーを動力源としています。

04 05

この辺り、原作当時は恐らく原子力は夢のクリーンエネルギーであり、未来の象徴だったのでしょうけども、今では違うという時の流れを感じさせられました。設定的に上手いと感じたのは、このブルー・コアと対になるレッド・コアという負のエネルギーの存在。このレッド・コアをエネルギー源として動くピース・キーパー(名前が皮肉です。)というロボットが本作のアトムの敵となります。触れるものを自分の体に貪欲に取り込み融合してしまうレッド・コアは、人の際限のない欲望の象徴でしょう。ブルー・コアのアトムは逆にそのエネルギーで廃棄されていたロボット・ゾグ(サミュエル・L・ジャクソン)を甦らせたりします。

06 07

これは即ち人間の欲望と思いやりの心を表現したものではないでしょうか。お茶の水博士はブルー・コアとレッド・コアを近づけると爆発して両方とも消滅してしまうと警告します。さて、原作ではアトムがロボット故に成長しないため、天馬博士は自分の息子だと思えなくなるという筋書きですが、本作のテンマ博士はロボットはロボットであってトビーではないと自ら気付きます。ところが命の重さに自ら気付いた割には結局アトムを追い出してしまうのですね。このあとアトムはメトロシティから地上に降ります。

08 09

地上でアトムは同世代のコーラたち人間の子供とのつかの間の楽しい生活を送ります。ここのシークエンスは正にオリジナルストーリーで、おかしな3人組ロボットが登場したり、ゾグを甦らせる話があったり、はたまたコーラーたちの親代わりであるハム・エッグ(ネイサン・レイン)に騙されてアトムの正体がバレ、闘技場でバトルをするはめになったりとこれが笑あり、ドキドキありと結構楽しかったりします。しかし、結局アトムは彼の持つブルー・コアを奪おうとするストーン大統領の前にアトムは囚われの身になってしまうのでした。

10 11

1度はコアを抜かれてその動きを止められてしまうアトム。しかしここでアトムを救ったのは、彼を追い出したはずのテンマ博士でした。アトムをトビーの代わりではなく、アトムとして愛そうと決めたのです。ここに復活したアトムと、レッド・コアを体内にもつピース・キーパーとの闘いの火蓋が切っておとされました。物質だけでなく、人間である大統領までも飲み込んで巨大化するピース・キーパー。大統領は文字通り己の欲望に飲み込まれたのが皮肉です。何故かピース・キーパーの声が大統領になっているのはご愛嬌ってことで…。

12 13

ここではアトムの両手のキャノン砲やお尻のマシンガンといったお馴染みの武器が登場するのですが、足のジェット噴射も含めてフルCGの美しさが活かせる場面。実際問題カッコいいんですね、これが。元々アニメーションだけに派手なエフェクトも全く不自然さがありません。もっともアトムの攻撃はことごとく効かないのでした。劣勢のアトムは、テンマ博士の制止も振り切って、ピース・キーパーへと体当たりを敢行!――そして大爆発。輝きを失ったブルー・コアに再び命の火をともしたのは、アトムが分け与えたブルー・コアのエネルギーで復活したロボット・ゾグでした。

14 15

オリジナルストーリーもあり、設定も変更されていましたが、観終わって感じたのはやっぱりこれは「鉄腕アトム」だということ。子供の頃に感じた未来の世界も、今では苦もなく表現できる技術があります。技術の進歩が作品のクオリティに貢献する典型的な作品でした。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:今でもアトムは私たちの夢じゃないかな…

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« エスター/Orphan | トップページ | あなたは私の婿になる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31814673

この記事へのトラックバック一覧です: ATOM:

» [映画『ATOM』を観た(妙にエロい)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆はい、観てきました。  私は、宮崎駿よりも手塚治虫が好きな男で、手塚マンガも、何百冊持っているか分からない。  そんな私だが、アトムにはそれ程に思い入れがない。  オリジナルのテレビ初期の爆発的なブームの後に、私は生まれたからだと思う。  だから、二週間ほど前、<MOVIX・昭島>のロビーで座っていた時に、通りすがりの老若男女が三組ほど、私の後ろの『ATOM』ポスターを見て、「これはアトムじゃない」と呟いて行っても、私自身はそれ程には気になっていなかった。  その三組だが、見事に世代が違... [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 04時59分

» 『ATOM』 科学の子から父さんの子へ [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  またか。  科学技術の粋を集めた空中都市メトロシティとスクラップに覆われた地上がスクリーンに映し出されるのを... [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 05時14分

» 『ATOM』・・・まつ毛のないアトムなんて!(友人談) [SOARのパストラーレ♪]
ロボット工学の第一人者である博士が、不慮の事故で亡くなった息子の記憶を移植したロボットを作る。アトムと名付けられたそのロボットは正義の心を持ち人間のために悪と戦う・・・。1950年代に生まれたこの物語がいまだに世界中で愛され続けるのはなぜだろう。そんなことを思いながら鑑賞した。... [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 08時55分

» ATOM/上戸彩、役所広司 [カノンな日々]
手塚治虫大先生の原作で日本が誇る国民的正義のヒーロー「鉄腕アトム」をハリウッドがCGアニメ化しちゃったんですよね。アメリカでもずっと前から「ASTRO BOY」という名で人気があって海外でも「ASTRO BOY」のTシャツを着てる人もたまに見かけますよね。リンドバーグの渡瀬マ...... [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 09時13分

» ATOM(アトム) <日本語吹替版> [映画君の毎日]
<<ストーリー>>空中都市メトロシティで暮らしていたが、事故で帰らぬ人となった少年トビー。テンマ博士は息子トビーをロボットとしてよみがえらせておきながら、もとのトビーとは違うからという理由で捨ててしまう。地上にやって来たトビーは、旧型ロボットや人間たちと触れ... [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 12時36分

» ATOM [シネマDVD・映画情報館]
1951年より連載、1963年から日本で初めての国産TVアニメとしてアニメ化され、いまなお絶大な人気を誇る巨匠・手塚治虫の「鉄腕アトム」。その伝説的漫画を、ハリウッドで3DCG化した。製作は、新進気鋭の会社としてドリームワークスやピクサーなどと同等の技術力を持つイマージ。声優陣は、アトムを『チャーリーとチョコレート工場』のフレディ・ハイモア、テンマ博士には「ナショナル・トレジャー」シリーズのニコラス・ケイジ、お茶の水博士には「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのビル・ナイなど、豪華キャストが揃っ... [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 13時42分

» ♪♪「ATOM アトム」観てきました♪♪ [♪♪かずくんままのマネー&映画日記 ♪♪]
昨日、かずが学校から帰ってきてハリウッド版「ATOM」を観にいってきました。 かずに「観にいく」と聞くと「どんなの」 「うーん、ロボットの話」と返事をすると食いつきがよく「行く行く」 かずの頭の中ではロボットってガンダムのような気がしましたが・・・ 少々ネタ... [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 16時17分

» [映画][劇場公開]ATOM 75点 [さとうれおはオレだけか]
アトムは平気だったがお茶の水博士がキモい。アトムがキモいと話題なので日本ではヒットしないだろうな。 お茶の水博士もバッサリ切っていいようなストーリーでしたが違うのか?思い入れがないのでテンマ博士もよくわからん。 映像はシャープネスさがなく迫力がないテイスト... [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 20時34分

» ATOM [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
日本の有名アニメのハリウッド実写化はいつもビミョーだが、今回も同様。だが、違和感を感じつつの鑑賞も、次第に物語に引き込まれるのはさすがではある。ロボットと人間が共存する空中都市メトロシティ。ロボット工学の権威・テンマ博士の息子トビーが不慮の事故で命を落と....... [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 23時30分

» ATOM (アトム) [象のロケット]
未来の空中都市メトロシティ。 最愛の息子トビーを亡くした科学省長官・テンマ博士は、お茶の水博士の力を借りてトビーをロボットとして甦らせるが、彼を息子として受け入れることはできなかった。 それに気づいたトビーは自分の居場所を探すため、メトロシティを離れ地上界へ。 そこで“アトム”と名乗り、新たな道を歩み始める…。 SFヒーローアニメ。... [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 10時57分

» 「ATOM」 手塚治虫のテーマを引き継ぐ [はらやんの映画徒然草]
漫画の神様と言ってもいい手塚治虫先生の代表作「鉄腕アトム」がアメリカで3Dアニメ [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 16時00分

» ATOM [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
手塚治虫生誕80周年ー あの「鉄腕アトム」がとてつもないスケールで ついに本格的映画化!!ジェット噴射で空を飛び、おしりから弾丸が飛び出す強くてユニークなヒーロー、アトム。この世界一有名なロボットが、新たに生まれ変わり、スクリーンに登場する。 物語:ロ....... [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 22時08分

» ATOM [花ごよみ]
監督・脚本:デビッド・バワーズ 出演:字幕版ではフレディ・ハイモア、 ニコラス・ケイジ。 上戸彩、役所広司 が吹き替え版に出演。 吹き替え版を観ました。 アトムの声の上戸綾、 天馬博士の役所広司はぴったり、 とてもいい感じに思いました。 手塚治虫作の名作漫画を、 海外制作のフルCGによって映像化。 科学省長官テンマ博士が作った、 息子のトビーによく似た最新型ロボットは 他のロボットの暴走事故によって命を失った。 記憶までもトビーのDNAから採取し、 それをアップロード。 そのロボッ... [続きを読む]

受信: 2009年10月19日 (月) 10時20分

» 『ATOM』 ('09初鑑賞154・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 10月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター3にて 16:25の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 20時25分

» ATOM [空想俳人日記]
トビオくん トビーで再会 旧友だね  ATOMを観た。手塚治虫生誕80年は日本でのこと。この作品、アメリカ・香港映画ということらしい。監督・脚本はデビッド・バワーズと言う人。おそらく、角川の働きかけで出来上がった作品じゃないかと思う。  それにしても、申し... [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 10時25分

» ATOM情報満載 [ATOM情報満載]
ATOMについての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2009年10月23日 (金) 11時26分

» 【映画評】ATOM アトム [未完の映画評]
ロボットとして蘇った少年・アトムが、悪いやつらを懲らしめる、名作手塚アニメ『鉄腕アトム』がCGアニメ大作として復活。 [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 02時11分

» 「ATOM アトム」科学の子、現代に蘇る [soramove]
「ATOM」★★★ 上戸彩、役所広司 声の出演 デヴィッド・バワーズ監督、100分、2009年、2009-10-10公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「日本人なら誰でも知ってるアトムの ハリウッド版の登場、もっと流行っても良さそうなのに 早くも小さな劇場に移ったので急いで見に行った、 吹き替え版で上戸彩と聞いてたので大丈夫かなと思ったが 元気でピ... [続きを読む]

受信: 2009年10月31日 (土) 08時56分

» ATOM [迷宮映画館]
・・・・見てよかった。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 20時42分

» ATOM [墨映画(BOKUEIGA)]
「トビーは、アトムになる」 息子の生まれ代わりを作ったテンマ博士。やはりそれは、トビーではなくアトム。 しかし、アトムとして戦った彼を抱擁する。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 手塚治虫原作で自らテレビアニメ化もした不朽の名作「鉄腕アトム」を、ハリウッドでCGアニメ化。少年トビーがアトムとなる悲しい背景から、人々との触れ合いや冒険を生き生きと描く。アトムの声を務めるのは、『チャーリーとチョコレート工場』『奇跡のシンフォニー』の天才子役フレディ・ハイモア。お茶の水... [続きを読む]

受信: 2009年11月11日 (水) 12時47分

» 映画「ATOM」中国で大人気 [海外エンタメ情報ブログ]
ATOM#63704;が中国で大人気。 3日間の興行収入は4000万元(5億3000万円)を突破、数週間後には2億元(26億円)を突破する見通し。 元ネタはここ もはやエンタメの資金回収に中国は外せませんなぁ#63903; ... [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 17時00分

» 《ATOM/アトム》 [日々のつぶやき]
デビッド・バワーズ 僕は死んだ。そしてー 父さんが新しい命をくれた。僕の名は 「トビーは天才科学者テンマ博士の自慢の息子、ある日こっそり父の仕事場に忍び込んだトビーは実験に巻き込まれて死んでしまう。 嘆き悲しんだテンマ博士はトビーの記憶を持った外見... [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 11時33分

» ATOM [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  あの鉄腕アトムを、ハリウッドでCGアニメ化した作品。声の出演は天馬博士にニコラス・ケイジ、お茶の水博士にビル・ナイ、その他にもサミュエル・L・ジャクソン、クリステン・べルなど豪華なキャストが顔を連ねる。 ATOM スタンダード・エディション [... [続きを読む]

受信: 2010年9月19日 (日) 20時16分

» 映画評「ATOM」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年香港=アメリカ映画 監督デーヴィッド・バワーズ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 15時38分

» 『ATOM』'09・香港・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじテンマ博士は、事故で急逝した息子の代わりにロボットを作り上げる。でも結局はロボット、息子の代わりにはならないとテンマ博士は彼を追い出してしまう・・・。感想言わず... [続きを読む]

受信: 2010年11月 5日 (金) 22時40分

« エスター/Orphan | トップページ | あなたは私の婿になる »