« ファイナル・デッドサーキット 3D | トップページ | 悪夢のエレベーター »

2009年10月19日 (月)

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH

Photo 「呪怨」シリーズの清水崇監督の最新作。富士急ハイランドにある同名のお化け屋敷とコラボレートした企画で、3Dにより画面に引き込まれるような体感型サスペンス・ホラームービーだ。主演は「誰もしらない」でカンヌ男優賞受賞の柳楽優弥。共演に『いけちゃんとぼく』の蓮佛美沙子、『カフーを待ちわびて』の勝地涼、『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』の前田愛ら若手の演技派が揃う。
>>公式サイト

戦慄迷宮のプロモーションビデオ?

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

ホラーが苦手だと公言しながら、何故か『ファイナル・デッドサーキット 3D』に続き2日連続ホラー映画、それも3D。やっぱり実写版3Dと成ると映像的にどうしても気になってしまうという職業病みたいなものもあったり。それと、日本が誇るホラー映画の天才・清水崇監督の作品ときては、とりあえず観るだけは観ておかなければなるまいという、自分の中の取り決めもあったのでした。ちなみにホームのTOHOシネマズ府中以外での3D鑑賞は初めてで、メガネの比較もできる…なんてつまらない色気も働いていたりします。ちなみに鑑賞場所は新宿バルト9。

02 03

さて、結論から言うと殆ど怖さを感じなかったなと。微妙な明かりの使い方やカメラワーク、画像のエフェクトなどは清水監督らしさが垣間見えたのですが、人間の盲点を付いた意識の外から来る驚きや、キャラクターそのものが放つ不気味さが足りなかったように感じます。ただ『ファイナル・デッドサーキット 3D』がそうだったように、3D映画である事は十分意識されていて、例えば螺旋階段を真上から映し下から人が登ってきたり、少女が画面正面に向かって手を伸ばしてくるといった、やはり私たち観客に向かって何かが迫ってくるという手法は迫力・リアリティ共に文句なしでしたし、これまで観たことのない映像でした。

04 05

コラボレート作品と言うことで舞台は当然、富士急ハイランドの“戦慄迷宮”。そこで起こった殺人事件の犯人として逮捕された青年(柳楽優弥)が10年前に起こった事件と今回の事件に関して語るという構成。10年前に「戦慄迷宮」に入り込んだ5人の子供のうち、ユキ(蓮佛美沙子)だけが行方不明になり、10年後に突如として戻ってくるというところから物語りは始まります。簡単に言うと、10年前に彼らに起こった事件に現代のユキを除く4人が関わっているというタイムパラドックスなお話しなんですね。これ、アイディアは解るんですが、この謎解きに拘りすぎてしまったのが不味かったようです。

06 07

元々グロ系なホラーではないとは思っていましたが、それにしてもホラーの醍醐味?である死に様が極普通というか、本作に比べれば今時のハリウッドのアクション映画の方が派手で凄惨な死に方を見せてくれます。ユキの妹・ミユ(水野絵梨奈)の死に方に到っては何故かマネキン人形のようにされてしまうという、いくらお化け屋敷が舞台だからといってもそれはあんまりな死に方で、軽く失笑してしまった程。一応このミユが死ぬときに、ユキが手を伸ばしてくる様子がミユ目線で見られるというのが先に書いた通り3D映像としてよかった点でした。

08 09

流れとしては、10年前に“戦慄迷宮”に置き去りにされたユキがその復讐をするという設定なのですが、このキーマンであるユキが全く怖くないのも話しとしては致命的。途中1箇所だけ、廊下を走りぬけていったユキの首が180度回転してそのまま向きを変えて戻ってくる、なんてカットもあるのですけども、それもあっという間の出来事で、しかもそれ自体で何か危害を加えられるわけではありません。そうそう、目がグリングリン回転して白目になるなんてカットもありました。ただ、幾らホラーが苦手の私でも流石にその程度じゃね…。

10 11

結局、拘ったはずの謎解きの結末もなんだか冴えないオチでしたし、とてもではないですが「呪怨」シリーズとは比べるべくも無い作品でした。あくまでも遊園地のアトラクションとのコラボレーションであることが前提ならば、3D映像を取り入れてこの程度の描き方にしておくのが落としどころなのかも知れませんね。

個人的おススメ度2.5
今日の一言:本物の最恐戦慄迷宮の方が面白いかも。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ファイナル・デッドサーキット 3D | トップページ | 悪夢のエレベーター »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/31852874

この記事へのトラックバック一覧です: 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH:

» 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。清水崇監督、柳楽優弥、蓮佛美沙子、勝地涼、前田愛、水野絵梨奈、松尾スズキ。日本映画としては初のデジタル3D映画ということらしいけれど、普通の映像よりもむしろ現実感も迫力もない。... [続きを読む]

受信: 2009年10月19日 (月) 22時56分

» 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH [象のロケット]
ある遊園地の巨大な廃病院の姿をしたお化け屋敷から、3人の死体が発見された。 警官に捕えられた青年は「もう一人中にいる!」と叫ぶ。 そして、10年前、このアトラクションで一人の少女が行方不明になった事件について語り始める。 しかし調べてみるとそんな事件の記録は全くない…。 ソリッド・アクション・スリラー。 日本映画初のデジタル3D実写長編映画。... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 01時21分

» 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH [だらだら無気力ブログ]
世界最長のお化け屋敷としてギネスに登録されている富士急ハイランドの 戦慄迷宮をモチーフにした実写デジタル3D体感型サスペンスホラー。 『呪怨』シリーズの清水崇監督が4人の若い男女に迫る恐怖を描く。ある日、廃病院を舞台にしたお化け屋敷で殺人事件が発生する。 ..... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 01時36分

» 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH [Akira's VOICE]
どこが戦慄やねん!   [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 10時15分

» 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
3Dのホラー映画は、飛び出してビックリさせることだけを目的にしたものも多いが、本作は非常に丁寧に作られ、かつ3Dの美しい効果を真面目に追及している。10年前に遊園地のお化け屋敷で行方不明になった少女ユキが突然戻ってくる。主人公ケンと友人のモトキ、盲目の少女....... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 23時39分

» 【戦慄迷宮3D】ギネス認定歩行距離の最恐ホラーハウスは長〜い [映画@見取り八段]
戦慄迷宮〜THE SHOCK LABYRINTH〜 監督: 清水崇    出演: 柳楽優弥、蓮佛美沙子、勝地涼、前田愛、松尾スズキ 公開: 2009年10月 ギネス記録... [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 17時40分

» 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH/柳楽優弥 [カノンな日々]
公開直前になって情報番組などで話題作として取り上げられているこの映画なんですけど、それを観ていて気になってしまうのが何故か内容より横に大きくなってる気がする柳楽くんなのでした(笑)。富士急ハイランドの人気アトラクション、再現された廃病院の中を50分程かけて歩....... [続きを読む]

受信: 2009年10月23日 (金) 08時32分

» 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★[2/5] とび出し映像が全くないし!何がショック? [続きを読む]

受信: 2009年10月24日 (土) 20時33分

» 「戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH」 [みんなシネマいいのに!]
 10年前、遊園地のお化け屋敷で行方不明になった少女突然帰ってきた。 当時の友達 [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 06時36分

» 『戦慄迷宮』 [『映画な日々』 cinema-days]
戦慄迷宮 富士急ハイランドのお化け屋敷 「戦慄迷宮」をベースとしたホラー映画 【個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞) 副英題:THE SH... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 22時20分

» 映画評「戦慄迷宮」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆(4点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・清水崇 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 17時43分

» 『戦慄迷宮3D』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
戦慄迷宮 スタンダード・エディション [DVD]クリエーター情報なし角川エンタテインメント 『戦慄迷宮3D』 2009年(日)監督:清水崇 ●ミステリー映画の秀作  本作はホラー調のミステリーであって、ホラーではない。お化け屋敷に出てくる数々のグロテスクな模型や...... [続きを読む]

受信: 2011年5月20日 (金) 17時59分

» 戦慄迷宮 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
世界最長のお化け屋敷、富士急ハイランドの“戦慄迷宮”をモチーフに、若者たちが遭遇する迷宮の恐怖をデジタル3Dで描いた体感型スリラー。監督は「呪怨」シリーズの清水崇。出演 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 17時25分

« ファイナル・デッドサーキット 3D | トップページ | 悪夢のエレベーター »