« ゼロの焦点 | トップページ | 笑う警官 »

2009年11月16日 (月)

Disney's クリスマス・キャロル

Photo チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといった豪華俳優陣がキャスティングされている。特にジム・キャリーは1人7役の大活躍だ。

>>公式サイト

驚異の3D映像表現に感動

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

流石はディズニーピクサーというべきか、いや本作の場合はロバート・ゼメキス監督を讃えるべきなのか、ともかく今まで観た中で最高のフル3DCG映画でした。このクオリティならば3D料金を払っても惜しくありません。正直今まで観て来たものと同じ3D映画でもここまで差がでるものなんでしょうか、驚きです。単に立体的に見えるというレベルではなく恐ろしいまでの決め細やかな肌の質感、揺れ動く髪の毛の1本1本が目を見張るほどの精細さで描かれていました。場面によってはそれはまるで本物の人間のようですらあります。

02_2 03

ただそうは言っても基本的にディズニーキャラクターですから、単純にリアリティを目指したものではなく、TDLのアトラクションの世界にはまり込んだかのような楽しさをも感じさせてくれました。『ベオウルフ/呪われし勇者』の時には全編フルCGとは言いつつも、妙な嘘臭さが目に付いたものでした。つまりどれだけリアリティがあろうとも、CGはCGであり、実際の人間の代わりとして制作すると必ずどこかで無理が出るということを監督は学んだのではないでしょうか。

04 05

今回はその点、登場するのはあくまでもキャラクターと割り切っています。しかしその割り切りが逆に、より一層のリアリティを生んでいました。簡単に言えば人間に近づけるのではなく、キャラクターとしてホンモノを創るとでもいうのでしょうか。それにしても今回使用されたというパフォーマンス・キャプチャーの効果は素晴らしいですね。ところどころスクルージや精霊の表情がジム・キャリーなんです。改心したスクルージが踊ったりおどけたりしている動きは、もっと解り易くジム・キャリーそのものでした。

06 07

さて、映像の素晴らしさばかり書いてきましたが、本作はその映像の素晴らしさが物語の展開に与える効果が非常に大きな作品です。最初に登場する過去の精霊にスクルージが連れ回されるシーン。3Dならではの効果で雪が手前に吹き付けて来るため、さながらジェットコースターのようで、思わず体が揺れてしまいそうなのですが、そこでついた流れで一気にエピソードの紹介に入り込んで行きます。基本的にリズムの緩急はあるものの、未来の精霊の最後まではノンストップ。

08 09

ただし、今までのディズニー3Dアニメ、例えば『ボルト』だとか『WALL・E』のような見た目から子供向けの作品とは違って、小学校低学年ぐらいにはちょっと難しく感じてしまうかもしれません。話の内容自体は、業突く張りのスクルージがクリスマスイブの夜に、3人の精霊に過去と現在と未来を見せられ、それによって改心し正しい道に戻るという、きわめてキリスト教の説教的な道徳物語。ここは一つ、枕元で寝る前に子供に読んであげるような気持ちで、家族で観た場合も、観終わったら親が子供にしっかり説明してあげると良いかもしれません。

10 11

ちなみに日本語吹き替え版での鑑賞でしたが、日本語版スクルージの声を演じたのは山寺宏一さん。ちなみにゼメキス監督の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』では主演のマイケル・J・フォックスの吹き替えを担当しています。今回は全ての年齢のスクルージの声を一人で演じ分けているそうですが、やはり吹き替えは山寺さんのようなプロフェッショナルにお願いすべきですね。作品の質を落とさないためにも。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:3Dで観なければ損な作品ですよ!

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ゼロの焦点 | トップページ | 笑う警官 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32230092

この記事へのトラックバック一覧です: Disney's クリスマス・キャロル:

» Disney'sクリスマス・キャロル [Diarydiary! ]
《Disney'sクリスマス・キャロル》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 19時46分

» Disney's クリスマス・キャロル IMAX-3D 字幕版/ジム・キャリー [カノンな日々]
私の本棚にはちょっと厚めの「クリスマス・キャロル」の絵本があるくらい好きな作品なんですよね。このタイトルから受ける印象なのか楽しいクリスマスのお話をイメージされる方も少なくないみたいなんですけど、実はちょっとダークなお話だったりするんですよね。初めて予告....... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 22時58分

» Disney’s クリスマス・キャロル 3D [そーれりぽーと]
CG映画製作にはまってはるロバート・ゼメキスが次にCGで描いたのは、おなじみの『クリスマス・キャロル』を3Dで! 何故今さらクリスマス・キャロルなのか?そんなことよりも、『ハリー・ポッター第六章』IMAX版の前に流れてたグリグリ飛び出してくる3D映像に強烈に惹かれた『Disney’s クリスマス・キャロル 3D』のIMAX版を観てきました。 ★★★★ もの凄く飛び出しまくってくるんですけど! さすが3Dじゃなくても映画に入り込んでる感覚になるIMAX、今回は元々が3DCGで製作されてる3D映画だか... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 00時02分

» 『Disney's クリスマス・キャロル』・・・スクルージにも神の祝福を! [SOARのパストラーレ♪]
あまりにも有名なディケンズのクリスマス・キャロル。私が最初に読んだのは英語の授業で教材に使われた副読本だった。もちろん原文ではなく中高生向きに優しく書き直された物だったと思うが、私にとって辞書を引きながら英文を読むことの楽しさを教えてくれた思い出深い物語である。... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 00時35分

» Disney'sクリスマス・キャロル 3D吹替え版 [だらだら無気力ブログ]
英国の文豪ディケンズの不朽の名作をロバート・ゼメキス監督が3D映画と して映像化。 金の亡者であるスクルージが不思議な体験をすることによって人生を見つめ 直す姿を描く。イギリスのロンドンで商売を営んでいるスクルージは、金が全てという人間で 人との交流を嫌い..... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 01時49分

» Disney'sクリスマス・キャロル/Disney's a Christmas Carol [いい加減社長の映画日記]
レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞。スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。「UCとしまえん」は、そういう意味で、時間の割には、人がいた感じ。「Disney'sクリスマス・キャロル」は、中くらいのスクリーンで、1割程度。【ストーリー】主人公のスクルージにとって、人生は金が全て。家族を持たず、人との絆に背を向け、ただ己の金銭欲を満たすためだけに生きる彼は、町一... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 05時22分

» Disney's クリスマス・キャロル [マー坊君の映画ぶろぐ]
「Disney's クリスマス・キャロル」監督:ロバート・ゼメキス(『ベオウルフ/呪われし勇者』)出演:ジム・キャリー(『イエスマン "YES"は人生のパスワード』『ナンバー23』)ゲイリー・オールドマン(『ダークナイト』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)ロビン・ラ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 06時37分

» Disneysクリスマス・キャロル/Disneys a Christmas Carol [いい加減社長の日記]
レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル 」を鑑賞。 スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。 スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。 「UC... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 07時04分

» Disney's クリスマス・キャロル [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
誰もが知るディケンズの名作が、最新技術を駆使したユニークな映像で蘇った。家族も持たず、人との絆も信じられず、ただ金銭欲を満たすために生きる老人スクルージ。街一番の嫌われ者の彼のもとに、クリスマス・イブの夜、元ビジネス・パートナーの亡霊が現われ、スクルージ....... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 08時40分

» 映画「Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版」感想と採点 ※ネタバレあります [ディレクターの目線blog]
映画『Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版』を本日初日に観て来ました。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。ホントは作品の出来は70点、3Dメガネが30点くらいかな。 基本的に字幕版しか観ないので、日本語吹替の3Dは観る機会が無い。前の記事『映画「センター・オブ・ジ・アース 3D版<日本語吹替版>」を採点(2008/11/28)』以来だ。 作品の内容は別にして、今回の3Dメガネの質の悪さと、それゆえの観辛さには正直「当分3Dは観るのを止めよう」と思った程に残念... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 14時04分

» 劇場鑑賞「Disney'sクリスマス・キャロル」 [日々“是”精進!]
クリスマス・キャロル「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞してきました鑑賞予定にはありませんでしたが、前売券が当たったもので。差額を払い、3D吹き替え版を。文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作を、「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」...... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 14時59分

» Disney'sクリスマス・キャロル3D日本語吹き替え版 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
チャールズ・ディケンズ原作の同名小説を、ロバート・ゼメキス監督が製作・脚本も担当して映画化した。物語の完成度の高さとの相乗効果で傑作だと思う。パフォーマンス・キャプチャーという俳優の顔の表情を映像化する技術を使って3D化された映像は、まるで実写のようなリア... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 15時41分

» クリスマス・キャロル [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 20時12分

» 「Disney’s クリスマス・キャロル」みた。 [たいむのひとりごと]
ディズニーアニメは敬遠しがちだけど、偏屈ジイさんが主人公というので鑑賞。また、3D上映も気になったが【吹替版】しか上映がなかったため”2D字幕版”にした。いつもどおりそれ以上の前知識は入れていなかった... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 20時18分

» ★Disney'sクリスマス・キャロル(2009)★ [CinemaCollection]
ACHRISTMASCAROL未来は、まだ変えられるかもしれない…彼の名前はスクルージ。金がすべての、嫌われ者。映時間97分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/11/14ジャンルファンタジー/ファミリー/ドラマ【解説】文豪チャールズ・ディケンズの古典的...... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 21時12分

» 『Disney's クリスマス・キャロル』 ('09初鑑賞168・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 11月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 21時40分

» Disney's クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol [我想一個人映画美的女人blog]
今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバート・ゼメキス監督の最新作は ジム・キャリーときいて楽しみに待ってました〜♪ (本人の姿ではないけど) ゼメキス、近年は「ベオウルフ」で既に3D作品は製作済み。 本当はキャストの声が聞きたいし、字幕を観たかったんだけど せっかくの3D仕様だし、と思い吹替えで我慢したけど正解{/light/} 数年前に... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 00時55分

» DISNEY'S クリスマス・キャロル [象のロケット]
1843年、ロンドン。 クリスマス・イヴの夜、金貸業“スクルージ&マーレイ商会”を営む、強欲で冷酷で心の歪んだ老人スクルージが家に帰ると、かつての共同経営者で7年前に死んだマーレイの幽霊が現れた。 マーレイは恐怖におののくスクルージに「お前のもとに3人の亡霊が訪れるだろう。」と告げて夜空へ消える…。 クリスマス・ヒューマン・ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 01時10分

» ★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、 日本語吹き替えの3D版を鑑賞。 予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん〜」と「アバター」だった。... [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 01時34分

» 映画『Disney'sクリスマス・キャロル(3D)』★拝金主義を戒める精神訓話 [コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ]
 19世紀イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの『クリスマス・キャロル』を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ/一期一会』や『ポーラー・エクスプレス』のロバート・ゼメキス監督ロバート・ゼメキス監督が、モーション・キャプチャーCGアニメーション映画として蘇らせた作品。  娘(小3)&息子(小6)と家内と私で、3D版を見てきました。 (まだご覧でない方にはネタバレになります)... [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 08時53分

» Disney's クリスマス・キャロル [風に吹かれて]
百面相のジム・キャリーにぴったり公式サイト http://www.disney.co.jp/movi [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 14時20分

» Disney’s クリスマス・キャロル [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。チャールズ・ディケンズ原作、ロバート・ゼメキス監督、ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス、カラム・ブルー、ダリル・サバラ、フェイ・マスターソン、レスリー・マンヴィル。1842年のロンドン....... [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 21時08分

» 『Disney's クリスマス・キャロル』 [ラムの大通り]
-----さて、またまたフォーンが喋っちゃいます。 この映画、立川シネマシティのポイントがたまったとかで、 フォーンもこっそり観てきたのニャ。 監督は、フォーンも知っているロバート・ゼメキス。 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや 『フォレスト・ガンプ/一期一会』の監督だよね? って、こう聞いたら、 「うん。でも最近は 『ポーラー・エクスプレス』や『ベオウルフー呪われし勇者ー』など、 CGによるユニークな世界を作っているんだ」だって。 そのユニークという意味がよく分からず、 フォーンはもう少... [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 23時16分

» Disney''s クリスマス・キャロル (2D) [Ki-Tsu-Neの祠 R]
ええ話しやぁ でも、ちょっと退屈 2Dだど画像がありきたり。3Dで見るべきですね こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。 クリスマス・キャロルと言えば、19世紀のイギリスに居た文豪「チャールズ・ディケンズ」の作品です。クリスマスに関連した物語の中では非常に有名なものの1つで、今まで何度も映画化されています。 今さっき知ったばかりですが。 さて、この作品、主役はジム・キャリーが声を当てています。主人公の「スクルージ」は、ロンドンに住むひとりよがりで偏狭な金貸しで、目つきは... [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 23時20分

» Disney'sクリスマス・キャロル [とりあえず、コメントです]
名作クリスマス・キャロルをデジタル映像が得意なロバート・ゼメキスが映画化した作品です。 初めての3D版で観てきました! 美しくてファンタジックな映像がとっても楽しかったです(^^) ... [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 12時53分

» Disney's クリスマス・キャロル [yanajunのイラスト・まんが道]
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズの小説を映画化した作品です。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 14時35分

» Disney'sクリスマス・キャロル [悠雅的生活]
神の祝福を。すべての人々に。 [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 22時24分

» 「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D [はらやんの映画徒然草]
イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 23時05分

» クリスマス・キャロル [Akira's VOICE]
お金は大事やけど,人間愛はもっと大事。   [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 12時33分

» 映画『Disney'sクリスマス・キャロル<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★) [erabu]
監督・脚本、ロバート=ゼメキス。原作、チャールズ=ディケンズ『クリスマス・キャロ [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 21時00分

» クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 06時31分

» 『クリスマス・キャロル』 Christmas Carol [*モナミ* SMAP・映画・本]
今日は映画を見に行きました。 イオンみたいな(田舎のイオンほど大きくないけど(笑)) ショッピングモールにあるTOHO系の、初めて行く映画館。 映画の時間まで食事して、ってその写真はお約束通り、 撮り忘れ(爆)。 石焼チャーハン屋さんで、きのこのあんかけ梅チャーハン。 美味しかった~♪ ぶらぶらと時間をつぶし、映画館へ。 映画館のトイレの照明は、なぜかムダに豪華(笑)。... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 14時17分

» Disney'sクリスマス・キャロル(2009) [銅版画制作の日々]
 未来は、まだ変えられるかもしれない… フリ―パスポート第3弾は、ジム・キャリーが嫌われ者のスクルージ他過去・現在・未来のクリスマスの霊等、全部で7役をこなすヒューマンファンタジー「クリスマス・キャロル」です。監督は「ロジャー・ラビット」「ポーラー・エクスプレス」など、最新の映像技術を駆使して映画を作り続けるロバート・ゼメキス。何故?今「クリスマス・キャロル」なのか・・・・・。実はゼメキス監督は「クリスマスキャロル」が大好きだそうで、ずっと映画化したいと思っていたそうです。ようやくディケンズが書い... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 21時19分

» 時代を超えて語り継がれる名作。『Disney'sクリスマス・キャロル』 [水曜日のシネマ日記]
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語です。 [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 23時46分

» Disney’s クリスマス・キャロル 2Dで観るより3Dの方が評判高いようだ! [労組書記長社労士のブログ]
【 66 -13- 1ヶ月フリーパスポート=14 】 『ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民たちに希望の光を灯し、今なお世界中で愛され続けている“世界で最も有名な”クリスマス・ストーリー。』なんだということは一般常識として知っている。 しかし自分は、子供が小さい時に買って読み聞かせていた「ミッキーのクリスマスキャロル」という絵本で読んだだけで、原作は読んでいない。 こんな大人ってダメなのかなあ・・・など... [続きを読む]

受信: 2009年11月24日 (火) 09時55分

» 『Disney'sクリスマス・キャロル』(2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:ACHRISTMASCAROL原作:チャールズ・ディケンズ監督:ロバート・ゼメキス出演:ジム・キャリー(スクルージ/過去・現在・未来のクリスマスの霊)、ゲイリー・オールドマン(マーレイ/ボブ・クラチット/ティム少年)、ロビン・ライト・ペン(ベル)、コリン・ファ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 05時23分

» クリスマス・キャロル [Peaceナ、ワタシ!]
- ディズニーが完全映画化! - 一週間前なのですが… レディースデーに、ディズニーの『クリスマス・キャロル』を観てきました! どうしても‘字幕版’で観たかったので、レイトショーに1人で鑑賞。(地元のワーナー・マイカルでは、字幕版はレイトショーのみの上映なのです) 先週は、本当は遊びに行く余裕なんてなかったんですけれど…家で1人で作業(例のアルバム)をしていると煮詰まって煮詰まって…「ここまで作業したら●を食べる!」とか「ここまで進めたら映画に行く!!」等々、‘自分にご褒美’をチラつかせ... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 12時43分

» Disney'sクリスマス・キャロル [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
Disney'sクリスマス・キャロル’09:米 ◆原題:A CHRISTMAS CAROL◆監督: ロバート・ゼメキス「ベオウルフ/呪われし勇者」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」◆出演: ジム・キャリー 、 ゲイリー・オールドマン 、 ロビン・ライト・ペン 、 ボブ・ホスキンス 、 コリン・...... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 14時07分

» Disney'sクリスマス・キャロル やっぱり3Dで観るのが正解だったのだ! [労組書記長社労士のブログ]
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 Disney'sクリスマス・キャロル【字幕スーパー2D版】を先日観たんだけど、レビューに書いているとおり、かなり印象が悪く俺としては評価も悪かった。 しかしTBさせていただいたブロガーの皆さんの評価を観ていると、3Dと2Dのどちらかを観たかで、きれいにこの映画の評価が分かれていることに気付いた。 もともと吹き替え版をあまり好まないので、字幕スーパーを選んだのだけど、これは出来れ3D版も観ておきたいなあって思ってしまった。 今まで3Dの映画も数々... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 23時33分

» 「DISNEY’S クリスマス・キャロル」3D技術の進歩を楽... [soramove]
「DISNEY’S クリスマス・キャロル」★★★ ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース声の出演 ロバート・ゼメキス監督、97分 、公開日:2009-11-14、アメリカ                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「日本人でも聞いたことある クリスマスの童話、 人に優しくしようという、しごく健全な 道徳的なお話、今更とも思... [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 07時57分

» クリスマス・キャロル [映画的・絵画的・音楽的]
 「クリスマス・キャロル」を丸の内ピカデリーで見てきました。  ディズニー制作のアニメ映画など今更という気がしてパスしようと思っていましたが、デジタル3Dを覗いてみたいこともあって出かけてきました〔浦安のデズニーランドの中の劇場で、一度デジタル3Dを見たことがありますが、ごく短いものに過ぎませんでした〕。  映画は、ディケンズの原作に忠実に映像化されています。クリスマス・イブの夜、守銭奴の老人スクルージは、3人の精霊に遭遇し、過去・現在・未来を経回る旅へと連れ出されます。最後に、クリスマスの日に... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 07時46分

» こっちの方が良い!『Disney'sクリスマス・キャロル(3D 日本語吹替版)』 [水曜日のシネマ日記]
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語。今回観たのは3D日本語吹替版です。 [続きを読む]

受信: 2009年12月 1日 (火) 10時19分

» Disney's クリスマス・キャロル [迷宮映画館]
3D版、初体験 [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 08時14分

» 【Disney’sクリスマス・キャロル】 [日々のつぶやき]
監督:ロバート・ゼメキス 「スクルージーはケチでお金だけが全ての町の嫌われ者。 あるクリスマスイブの夜、かつて一緒に仕事をしていたマーレイが亡霊となって現れた。 そして彼はこれから三人の精霊がやってくると伝える」 ディケンズのクリスマス・キャロルを... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 12時43分

» Disney's クリスマス・キャロル [犬・ときどき映画]
Disney's クリスマス・キャロル字幕版 <Story> スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。 甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しくて死ぬのは運命だ、知らん」、従業員のクラチットに「なぜクリスマスを祝う?」と皮肉を言う。 そんなクリスマスイブに帰宅すると、7年前に亡くなった共同経営者の亡霊があらわれ「この世でひどいことをした報いでいま苦しんでいる」と警告していく。 そしてその後3人の精霊が現れ、過去・現在・未来の現実を見せつけられる... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 20時31分

» Disneys クリスマス・キャロル [Men @ Work]
現在公開中のアメリカ映画、「Disneysクリスマス・キャロル」(監督:ロバート・ゼメキス)です。吹き替え版を109シネマズ川崎のIMAXシアターで観賞しました。吹き替え版を選んだのは、「IMAX 3Dだと画面がデカすぎて字幕を追うのが大変なのでは?」と思ったからなんですが、そこら辺どうなんでしょう? ディケンズの小説として有名な物語の映画化ですが、私はまったくストーリーを知らずに観賞しました。恋愛がからんだ話しなのかな、とか思っていたのですが、全然違ってました。(^^... [続きを読む]

受信: 2009年12月 7日 (月) 11時25分

» 二回目!【クリスマス・キャロル 3D】 [日々のつぶやき]
やっぱりどうしても3D版で見たくて~ 見てきちゃいました! 甥っ子を「カールじいさんの空飛ぶ家」の初の3D版を体験させようと約束していたので、その前に私一人で「クリスマス・キャロル」の3D版を観賞することができました。 甥っ子はお母さん(妹)が連れてきて... [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 15時19分

» クリスマス・キャロル [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
未来は変えられる__、ある一夜の出来事が、それまでの人生を変えるとしたら・・・。 金がすべての嫌われ者、エベニザー・スクルージ。クリスマス・イヴの夜、彼の前に3人の“クリスマスの精霊”が現れる。それは人生を変えるための最悪のプレゼント。 彼らに連れ出さ...... [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 11時18分

» [遅ればせながら、映画『Disney'sクリスマス・キャロル 3D』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・今回、途中から、文学作品評論になります^^    ◇  タイトルで「遅ればせながら」としましたが、公開から遅れての鑑賞となりましたが、シーズン的には、それほど遅れてはいませんね^^;  素晴らしかったです。  物語は文豪ディケンズの名作で、丁寧に描いていけば、同じくクリスマスシーズンが舞台となる『忠臣蔵』と同じく、外れのない出来となるでしょう。  CGでデフォルメされているとは言え、主演のジム・キャリーの動き・表情を見事に捉えていることに代表できる画像取り込みの演出は繊細で、  ... [続きを読む]

受信: 2009年12月16日 (水) 01時25分

» クリスマス・キャロル [墨映画(BOKUEIGA)]
「こんな顔では嫌われる」 強欲が顔に出る。笑顔がなくては自分も人も幸せに出来ない。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 金銭欲を満たすために生きる男が、クリスマス・イブの夜の不思議な体験を経て、本当の幸福の意味を悟る奇跡と感動のファンタジー。文豪チャールズ・ディケンズの不朽の名作を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのロバート・ゼメキス監督が映像化。ケチな主人公をはじめ、7役を演じるのは名優ジム・キャリー。希望に満ちたメッセージや、俳優の演技をデジタル的に採... [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 07時37分

» Disney’sクリスマス・キャロル<吹替え> [りらの感想日記♪]
【Disney’クリスマス・キャロル】 ★★★☆ 映画(40)ストーリー 19世紀半ばのロンドン。金貸業を営むスクルージ(ジム・キャリー)は [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 15時02分

» Disney's クリスマス・キャロル [ゴリラも寄り道]
[Disney@HOMEオリジナル・ブランケット2010付] Disney's クリスマス・キャロル [DVD] (初回限定)(2010/11/17)ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン 他商品詳細を見る<<ストーリー>>チャールズ・ディケ...... [続きを読む]

受信: 2010年12月 2日 (木) 01時39分

» Disney'sクリスマス・キャロル [映画鑑賞★日記・・・]
【A CHRISTMAS CAROL】2009/11/14公開アメリカ97分監督:ロバート・ゼメキス出演:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス未 ... [続きを読む]

受信: 2010年12月26日 (日) 21時23分

» 【映画】Disneys クリスマス・キャロル…2010年の残務整理(3) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
昨日2011年1月3日(月曜日)…帰省していた息子はUターンラッシュの中、関東に戻って行きました。新幹線大変だったろうなぁ。 で、本日2011年1月4日(火曜日)は仕事始め。 …ちょいスロースタートめですね、このまま一年ってわけにはいかないでしょうけど 以下は映画観...... [続きを読む]

受信: 2011年1月20日 (木) 01時49分

» Disney's クリスマス・キャロル [RISING STEEL]
Disney's クリスマス・キャロル / A CHRISTMAS CAROL 2009年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 原作:チャールズ・ディケンズ 撮影:ロバート・プレスリー ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月24日 (火) 20時24分

» 映画評「Disney's クリスマス・キャロル」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ロバート・ゼメキス ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年9月19日 (月) 10時39分

« ゼロの焦点 | トップページ | 笑う警官 »