« ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編 | トップページ | 大洗にも星はふるなり »

2009年11月11日 (水)

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編

Photo ギャング・スター、ジャック・メスリーヌを描いたクライムストーリー。2部構成の第2部で、本作ではフランスに戻ってから銀行強盗を繰り返し、やがて社会の敵(パブリック・エネミーNo.1)と呼ばれてから、悲惨な最期を遂げるまでを描いた。晩年のジャックを演じるために体重を20キロも増やしたカッセルに注目。パート2からリュディヴィーヌ・サニエ、マチュー・アマルリックが共演に加わる。
>>公式サイト

傍で見るには実に面白い生涯

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_4

USC(特別懲罰刑務所)の脱獄と襲撃後、一緒に脱獄したメルシエ(ロイ・デュプイ)は別件で警察に射殺され、ジャンヌ(セシル・ドゥ・フランス)は刑期を終えて出所していました。フランスに舞い戻ったジャックですが、このパート2では銀行強盗を繰り返す彼と、パリ警察のブラサール警視(オリヴィエ・グルメ)の闘い、言い換えると国家vs個人の闘いがメインとなって進んでいきます。序盤で早速ブラサール警視に捕まるジャック。相変わらずホテルで女性と一緒なところが彼らしいです。

02_2 03_2

この裁判の様子が結構面白い。フランスの裁判は被告人に自由にしゃべらせてしまうんですね。もともと強かった虚栄心が、更に強くなっていくのがこの時期です。如何に自分が自分は「社会の敵」ではなく「銀行の敵」などとのたまうと、傍聴席から笑いに包まれたりと、何やら裁判というよりジャック・メスリーヌショーの様相を呈していました。パート1でも書きましたが、この人つくづく子供っぽいです。またその解り易い子供っぽさが大衆には受けたんでしょうけども。極めつけはなんと脱獄宣言!しかし一体どうやって?

04_2 05_2

収監された刑務所で出会ったのがフランソワ・ベス(マチュー・アマルリック)。何と彼も今まで3回も脱獄した経歴の持ち主でした。ここからまたしても脱獄シークエンスが始まりますが、これがまた緊張感漂うとともに、どう逃げるのかで観ている側がワクワクしてしまいます。ここから登場するマチュー・アマルリック、いい俳優です。本作ではあの大きな目がどこか頭のねじが1本飛んでるような危ない犯罪者といった面持ち。そういう意味ではジャックもフランソワもアナーキーではあるのですが、ジャックが陽ならフランソワは陰という対照的なコンビでした。

06_2 07_2

フランスに戻ったジャックは当然当局に追われる身のため外出時は必ず変装。と言う訳でヴァンサン・カッセルの百面相はある意味見所の一つかも。特に最期の時まで共に過ごしたシルヴィア・ジャンジャコ(リュディヴィーヌ・サニエ)との出会いのシーンはサプライズ!ここでは書かないので観て驚いて下さい。20キロ増量した体はお腹がでっぷりで、それじゃ完全にヤバイオヤジでしょうがと思わず突っ込みたくなる風貌でしたから。パブリック・エネミーNo.1を謳歌しているこの時期、シルヴィアと2人で宝石や服などの高級品を買いあさる姿はなにやらラブストーリーのワンシーンのようでもあります。

08_2 09_2

ところが、そんなジャックの転機となったのがチャーリー・ボーエル(ジェラール・ランヴァン)との再会。と公式サイトには書いてあるけれど、以前どこであっていたのかは描かれていないような…?チャーリーは筋金入りのテロリストで思想家でした。彼と行動するうちに、アナーキーではあったものの陽気なジャックが、自分を革命家呼ばわりし始めます。子供のような虚栄心で生きてきた彼は、アナーキーでもどこか愛嬌があるのですが、自分のしていることに革命家的な理屈をつけ始めた時点で、彼の人生は終焉に向かい始めたのかもしれません。

10_2 11_2

その点、分をわきまえていたフランソワは、自分はタダの犯罪者だといって、ジャックのもとを去って行くのでした。タダの?銀行強盗ならばともかく、体制転覆を狙う革命家を名乗ってしまえば警察もこれまでとは同じ対応という訳にはいかないでしょう。しかもそんな彼が大衆に人気とあっては尚更です。どうもこのジャックの革命家気取りの根っこには、USC(特別懲罰刑務所)での拷問のトラウマが一因としてあったようで、かの私設を廃止させるなどと真剣に語ったりもします。ただ、いずれにしたところで本質的にジャックはチャーリーのような革命家である訳もなく、言ってみれば単なる“革命家かぶれ”でしかないのが哀しいところ。

12_2 13_2

結局、自分をゴロツキ呼ばわりした新聞記者を殺そうとするも、止めを刺ささなかったため、逆に全ての新聞にその事件を書かれてしまう始末。虚栄心ゆえに革命家を気取り、それが原因で何より彼が大切にした大衆の人気を失う…結局は全て彼のつめの甘さが招いたことではありますが。自分の命が狙われていることに全く気付かない、或いはそうしたことに無頓着な彼の生き方は、彼らしくもありますが、一方で歯がゆさも感じます。文字通り波乱万丈の生涯だったジャック・メスリーヌ。駆け足とはいえそれを辿った本作は十分に見応えのある作品でした。

>>ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編

個人的おススメ度3.5
今日の一言:リュディヴィーヌ・サニエって好みのタイプ♪

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編 | トップページ | 大洗にも星はふるなり »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32175340

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編:

» ジャック・メスリーヌ/フランスでパブリック・エネミーNo.1と呼ばれた男 Part.1&Part.2 [我想一個人映画美的女人blog]
「どんな映画もフィクションの部分があり、一人の男の人生を忠実に描き切る事は出来ない」 という前置きでそれぞれ始まる前後編。 まとめて観て来ました〜。2本まとめてレビュー{/light/} 別々料金で同じ期間上映、計4時間超えっていうのがひっかかったけど面白そうだったし、 一番の目的は NYのメキシカンレストランでこの間偶然会ってからというもの ますます気になる存在になっちゃったマチュー・アマルリックが後編に出てるから★(単純!) あのあとマチューさんの映画、改めてまたいろいろ観直し中なの{/h... [続きを読む]

受信: 2009年11月12日 (木) 14時10分

» ジャック・メスリーヌ Part2 ルージュ編 [象のロケット]
1973年、フランスに戻ったメスリーヌは旧友の“空母”ミシェル・アルドワンと銀行強盗を重ねた。 ある日隠れ家を急襲したブルサール警視に逮捕され、フランス1厳戒なサンテ刑務所に収監される。 犯罪歴を赤裸々に綴った自伝を書いて地下出版し、「必ず脱獄する」と宣言した彼は、身体を鍛えている囚人フランソワ・ベスと出会う…。 伝説的犯罪王の人物伝・第2部。... [続きを読む]

受信: 2009年11月12日 (木) 15時27分

» ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(バプリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
フランスに実在した不世出のギャング、ジャック・メスリーヌの半生を2部構成で描く大作の完結編。Part2 ルージュ編では、70年代、フランスに舞い戻ったメスリーヌが、犯罪と脱獄を繰り返したあげく社会の敵No.1と呼ばれるようになる過程と、壮絶な最期を遂げ....... [続きを読む]

受信: 2009年11月12日 (木) 23時52分

» ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編 [だらだら無気力ブログ]
フランスとカナダで<社会の敵No.1>と呼ばれた伝説のギャング、 ジャック・メスリーヌのがギャングになったところから射殺されるまでの 壮絶な人生を映画化したクライムドラマ。 Part1・2の2部作で構成されており、Part2では、メスリーヌが カナダからフラ..... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 18時12分

» ジャック・メスリーヌ★社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編 [銅版画制作の日々]
いろんなメスリーヌに出会える♪ 1979年11月2日。40人の警官、21発の銃弾ーーー男の美学、完結 パート1鑑賞から一週間後にパート2の上映が始まりました。先日鑑賞して来ました。ラストがどうなるかは皆さん、ご存じだと思いますが。。。。。 さてジャックは、再びフランスに舞い戻ります。パート2の舞台は1973年のフランスからです。 STORY(allcinemaからも抜粋) 1973年。フランスに舞い戻ったメスリーヌは、旧友の“空母”ミシェル・アルドワン(サミュエル・ル・ビアン)と銀行強盗を... [続きを読む]

受信: 2010年4月14日 (水) 16時26分

» ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『1979年11月2日。 40人の警官、21発の銃弾─ 男の美学、完結。』  コチラの「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編」は、「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編」の後編です。前編の後の...... [続きを読む]

受信: 2010年5月26日 (水) 20時30分

» 映画評「ジャック・メスリーヌ/パブリック・エネミーNo.1 Part.2」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年フランス映画 監督ジャン=フランソワ・リシェ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年11月10日 (水) 14時02分

« ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編 | トップページ | 大洗にも星はふるなり »