« ワカラナイ | トップページ | つむじ風食堂の夜 »

2009年11月26日 (木)

きみに微笑む雨/호우시절

Photo 『四月の雪』のホ・ジノ監督最新作。主演は『私の頭の中の消しゴム』『グッド・バッド・ウィアード』のチョン・ウソンと『大秦帝国』のカオ・ユアンユアン。共演に『食客』のキム・サンホが出演。大地震から1年後の四川を舞台に10年ぶりに再会した韓国人男性と中国人女性のロマンチックなラブストーリーだ。チョン・ウソンの激しくも甘いキスシーンが話題を呼んだ一作。

>>公式サイト

チョン・ウソンはラブストーリーがイイ♪

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

チョン・ウソンの魅力が全開の作品です。とにかく彼がスクリーンに登場しただけで観ている者の気持ちを一気に引き付けてしまうオーラはさすがとしか言いようがありません。前作『グッド・バッド・ウィアード』ではガンマン姿というちょっと変わった出で立ちでしたが、本作では打って変わってオーソドックスなビジネスマン。オーソドックス過ぎて、会社ではさぞOLに大人気だろうなどと、変な想像すらしてしまうほどです。相手役のカオ・ユアンユアンもまたスレンダーな美女で、『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジン(大好き!)を思い起こさせる、可愛らしい美人系。というか、また好きなアジア系女優が増えてしまったかも…。

02 03

観始めてすぐに驚いたのが、韓国人と中国人が英語メインで演技をするというスタイル。もちろん母国語も使いますが、それは母国の人と話す時に少し使うだけ。何ともアジア映画の国際化を感じさせます。一応、2人ともアメリカ留学をしていたから話せるという設定がありますが、そうした設定はいかようにでもなるはずです。世界標準で考えるならば、日韓でも日中でもそろそろそんな映画のあり方も考えなくちゃいけない時代なのかもしれません。さて、物語の舞台は四川省の成都。出張で成都を訪れたドンハ(チョン・ウソン)が、観光先の杜甫草堂でメイ(カオ・ユアンユアン)と再会するところからストーリーは動き始めるのでした。

04 05

再会した2人は夕食を共にするのですが、ドンハはこの時、彼が帰国する時プレゼントした自転車をメイが捨てたことを知ります。当時から彼女に好意を抱いていたドンハはそれがちょっとショックで信じられない様子。しかしこれが物語展開上で重要な伏線となっているのでした。このシーン、2人の間の当意即妙な大人の会話がとても素敵です。変にベタベタせず、しかしお互いの好意を全く隠すわけでもない、その辺のバランスが実に上手い脚本。ホ・ジノ監督の上手さが光ります。とはいえストーリー全体を観れば韓国映画に良くあるベタベタな話になりがち。そこでアクセントになるのが支社長役のキム・サンホでした。

06 07

牛丼についてる紅しょうがというか、カレーライスの福神漬けというか、彼が登場して物語の流れを一旦コメディチックな雰囲気にしてくれることで、その後再び続く2人のラブストーリーに、新たな新鮮さを与えてくれるんです。実にいい味を出してる名脇役っぷりでした。ところで劇中ずっと、メイはドンハの事をあくまでも中の良い友達関係に固執しています。どう見ても彼を嫌いではないはずなのですが…。これは当然何かあるのだと思わせるものの、それは最後まで解らないのでした。そんな抑え目の関係のまま、ドンハの帰国を空港で見送るメイ。しかしやはりお互いの感情は押さえ切れません。空港での別れはある種ラブストーリーとしては鉄板のシチュエーションですね。

08 09

手をつないで歩く2人の間にはもうラブラブオーラ全開。もう何も遮るモノはないかに見えたのですが…ここに来てもメイはキスは許すものの最後の一線は超えられない。下世話ですが、男としてはここでのお預けは正直ツライ!でもどうして?その謎をとく鍵は自転車にありました。彼女はプレゼントされた自転車に1年前から乗れなくなったといいます。1年前といえば……そう四川大地震。しかしその事にドンハは気付きません。しかしそれは観ている私たちもこの時点では気付かないのですからドンハを責めるのは酷というもの。

10 11

(ここからネタバレ含む)
実は彼女は結婚していました。彼女は四川大地震で夫を失いますが、そこから自転車に乗れなくなったのでしょう。夫を失った悲しみは彼女の心に深い傷を残し、その傷はまだ癒えていなかったのでした。つまり自転車は彼女の心の傷の象徴だったんですね。そして、そんな時に再会したドンハ…。彼を完全な恋愛対象として見ることが出来なくても無理はありません。しかも彼女の心の傷が完治するには、ドンハ出張中の2日間では短すぎた…。

12 13 14

韓国にいるドンハから杜甫草堂に届いた一大の黄色い自転車。上司に手伝ってもらいフラフラしながらも、また自転車に乗れるようになるメイ。それはあたかも、傷ついた彼女がそこから懸命に立ち上がって再生していくかのようです。ラストシーンの終わり方、彼女を待つドンハの向こうに黄色い自転車の彼女が現れた瞬間に終わる余韻を感じさせつつの潔さが実に上手いと思います。爽やかな余韻が残る作品でした。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:むしろカオ・ユアンユアンに癒されたい…

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ワカラナイ | トップページ | つむじ風食堂の夜 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32363670

この記事へのトラックバック一覧です: きみに微笑む雨/호우시절:

» きみに微笑む雨 [象のロケット]
韓国の建設重機会社に勤務するドンハは、1年前の四川大地震の爪痕が残る中国・成都に出張する。 空港に迎えに来ていた支社長と、観光名所「杜甫草堂」へ出かけ、そこで英語ガイドをしているアメリカ留学時代の旧友メイと10年ぶりに再会する。 その夜、ドンハは大学時代にメイを好きだったと告白するが、メイに軽くかわされてしまう…。 ラブストーリー。... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 23時44分

» きみに微笑む雨 /A good rain knows [みやこのThinking World!]
11月14日ロードショーですが、wowowで先行放送があったもので鑑賞。 良かっ [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 00時38分

» 君にほほ笑む雨 好雨時節 [まてぃの徒然映画+雑記]
『八月のクリスマス』の名匠ホ・ジノ監督が大地震から一年後の中国四川省、成都を舞台に描くラブ・ストーリー。韓国から成都に出張してきたドンハ(チョン・ウソン)は、かつて漢詩を学んでいたこともあり、出張の合間に名所の杜甫草堂に立ち寄る。そこで聞こえてきた懐か...... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 11時26分

» 「きみに微笑む雨」街は復興する、人の気持ちも蘇る [soramove]
「きみに微笑む雨」★★★ チョン・ウソン、カオ・ユアンユアン主演 ホ・ジノ監督、101分 、公開日:2009-11-21、2009年、韓国・中国                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「出張で中国四川省の成都を訪れたドンハ(チョン・ウソン)は、 そこで偶然メイ(カオ・ユアンユアン)と再会する。 ふたりは10年前留学していたアメリカで一緒に学び 当時想いを... [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 23時27分

» 〜『きみに微笑む雨』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:韓国映画、ホ・ジノ監督、チョン・ウソン、カオ・ユアンユアン主演 [続きを読む]

受信: 2010年1月10日 (日) 09時54分

» 〜『きみに微笑む雨』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:韓国映画、ホ・ジノ監督、チョン・ウソン、カオ・ユアンユアン主演 [続きを読む]

受信: 2010年1月10日 (日) 23時17分

» 君に微笑む雨 [銅版画制作の日々]
 原題:GOOD RAIN MOVX京都にて鑑賞。20日はMOVXデ―ということで、1000円で鑑賞できる日でした。「恋するベーカリー」を鑑賞しようと思ったらほぼ満席状態。諦めて帰るつもりでしたが。。。。この映画が上映開始されたのを発見!チョン・ウソンが観たさに、決めました。入るところでチョン・ウソンのクリア・ファイルまで頂き、ラッキー♪ 昨年観た「グッド・バッド・ウィアード」のチョン・ウソンに出会ってから、ちょっとファンです。あまり恋愛ものは好みではないのですが。彼目当てで鑑賞することにしまし... [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 22時13分

» きみに微笑む雨 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
10年ぶりに出会い もう一度きみに恋をした 涙の跡にも気づかずに。 涙を隠すやさしい雨の中で、2人は再会した。 四川大地震から1年後の中国・成都を舞台に、韓国人男性と中国人女性の大人のラブストリー。 中国... [続きを読む]

受信: 2010年3月 1日 (月) 01時22分

» きみに微笑む雨 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
きみに微笑む雨’09:韓国 ◆原題:好雨時節◆監督: ホ・ジノ「四月の雪」「八月のクリスマス」◆出演: チョン・ウソン、カオ・ユアンユアン ◆STORY◆出張で四川省・成都に来た建設会社勤務のドンハは、ふと訪れた杜甫草堂で、観光ガイドとして働いているアメリカ留....... [続きを読む]

受信: 2010年4月11日 (日) 22時03分

« ワカラナイ | トップページ | つむじ風食堂の夜 »