« PUSH 光と闇の能力者 | トップページ | ゼロの焦点 »

2009年11月14日 (土)

なくもんか

Photo 脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生、主演・阿部サダヲの『舞妓 Haaaan!!!』チームが再集結した作品。下町で惣菜屋を営む超お人好しの主人公一家とその背景を描いた人情喜劇だ。共演には『余命一ヶ月の花嫁』の瑛太、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の竹内結子、『釣りキチ三平』の塚本高史といった若手と、井原剛志、いしだあゆみといったベテラン勢が揃う。

>>公式サイト

クドカンらしくなくクドカンらしい

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

ハムカツ大好き!家の近くの定職屋のハムカツが大好きな私としては、予告編を観た時からハムカツが気になっていた作品。…それはさておき何となく余韻が楽しい人情喜劇でした。個人的には『舞妓 Haaaan!!!』での阿部サダヲの弾けっぷりは今ひとつ馴染めなかったのですが、今回は意外とOK。舞台ががらりと変わって下町になり、尚且つ今回は商店街のほかの店主たちもおかしな人たちばかりになったことで、阿部サダヲだけが突出するのではなく町ぐるみで突出しているからなのでしょうか。ちなみに下町と書いていますが、私にはメンチカツで有名な吉祥寺の「サトウミートショップ」がモデルとしか思えませんでした。(苦笑)

02 03

幼い頃店のお金を持ち逃げした父、しかしそのままその店で育てられた下井草祐太(阿部サダヲ)は、それ故に彼は周りに嫌われるのが嫌で極端な八方美人になります。いつどんな時も、何を頼まれても嫌な顔一つせずに「好きでやってますから~」を口癖に何でも引き受ける祐太。正直そんな祐太を好き放題使いまくる町の人に少々イラっとしたのも事実。下町が舞台で街ぐるみで家族みたいなものなのでしょうが、それなら後で祐太に空き巣疑惑がかかった時に何故街の人たちはかばおうとしなかったのか。もっとも、クドカン流の笑いの伏線に使われている時点で深く考えすぎなのかもしれませんが。

04 05

さて、生き別れた祐介(瑛太)は当初、いきなり現れた兄に困惑を隠せないでいます。というのも、人気漫才師の祐介は、コンビを組む大介(塚本高史)と実の兄弟ということになっているから。色々な大人の事情で祐太のことを「兄さん」と呼んでくれない祐介、そして同様に「お父さん」と呼んでくれない徹子の連れ子たち…見た目には実の弟、妻、義理の母、娘に息子、更には自分を捨てたはずの父親まで見つかり家族はどんどん増えていくのに、結局祐太は一人ぼっちのまま。阿部サダヲの異様にテンションの高い演技がインパクトがあるだけに、沈んでいる時の暗い表情が際立ちます。

06_2 07

子供の時からの生きる知恵として身に着けた哀しい“笑顔という仮面”。祐太がそれを取り去り、自分らしく生きていられたのは、誰にも秘密のとあるアルバイトをしている時だけでした。ちょっと嬉しいのは、娘がアルバイト中の父の活き活きとした本当の笑顔を観て。彼の本質を感じ取ってくれたこと。普通父親を名乗る人のあんな姿をみたらグレますよ…。そしてこのアルバイトが、後で弟・祐介を救うことになるとは当人も思いもよりません。もっとも、そういう隠された意味合いは別として、このアルバイト中の安部サダヲは結構笑えました。見た目に表れる面白さと、内面に表れる人情味、作品を通じてこの二面性がずっと保たれているのがミソです。

08 09

ところで、基本的にひたすらハイテンションな阿部サダヲの芝居を受け止める竹内結子。今回彼女は阿部サダヲを立てる演技に終始していましたが、あんな演技もできるんですね。うまい具合に引き立て役に回りながらも、自身の存在感はきっちりと出してくる辺り、今までのどこかアイドル的な女優から少し変化が見られたように感じました。実際にお母さんなだけあって、母親役も違和感なくはまってますし。というより、女性として一段と魅力的になったと思います。

10 11

クドカンの脚本らしく、それが真面目なシーンであろうとなかろうと、お構いナシに入ってくる数々の小ネタは健在。そもそも秘伝のソース自体も完全にネタですしね。『少年メリケンサック』や『木更津キャッツアイ』のような今までのクドカンテイスト丸出しではありませんが、ある意味で新しいタイプのクドカンテイストが観られた作品だったといえるかもしれません。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:ラードはそれそのものが調味料だよ!

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« PUSH 光と闇の能力者 | トップページ | ゼロの焦点 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32215941

この記事へのトラックバック一覧です: なくもんか:

» 「なくもんか」 [みんなシネマいいのに!]
 父親に捨てられ、それでも笑顔を絶やさずに生きてきた兄と母親の死んだ後イジメられ [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 00時16分

» なくもんか [象のロケット]
父と生き別れた祐太は、東京下町で「デリカの山ちゃん」を営む夫婦に育てられ、2代目を引き継いだ。 ある日、家を出たまま十数年も音信不通だった店主夫婦の一人娘・徹子が突然戻ってきた。 そして徹子と結婚することになり、初めて戸籍謄本を見た祐太は「金城ブラザーズ」というお笑いコンビを組んでいる売れっ子芸人が、実の弟・祐介であることを知る…。 ホーム・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 00時21分

» なくもんか [充実した毎日を送るための独り言]
映画「なくもんか」(11月14日より上映 宮藤官九郎脚本 水田伸生監督 阿部サダヲ・竹内結子・瑛太出演)  生き別れた兄弟と血のつながりのない親と子との関係という重苦しいテーマの中で、所々コミカルなシーンが取り入れられ、時折観ている人からの笑い声がでていた。  阿部サダヲ演じる、不器用ながらも、下町の商店街の人たちに対し笑いを絶やさず関わり合いながら小さなハムカツ屋をきりもみしている兄である祐太、瑛太演じる売れっ子芸人になりながら、幼少時の不憫な家庭環境をどこか引きずって生きている弟の祐介、そし... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 00時34分

» なくもんか [だらだら無気力ブログ]
『舞妓Haaaan!!!』でトリオを組んだ監督・水田伸生、脚本・宮藤官九郎、 主演・阿部サダヲが再びトリオを組んで、幼いころに生き別れた兄弟と その兄弟の家族のさまを笑いと涙を交えて描いた人情コメディ。幼い頃に自分勝手で好き勝手にやってきた父親に捨てられ、捨てられ..... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 02時12分

» なくもんか [シネマDVD・映画情報館]
幼いころに生き別れ、互いの顔も知らずに育った兄弟と、二人を取り巻く周囲の人々が織り成す人情コメディー。『舞妓 Haaaan!!!』の水田伸生監督、主演の阿部サダヲ、脚本の宮藤官九郎のトリオが再び顔を合わせ、不幸な生い立ちの兄弟の再会劇を、笑いと涙を交えて描く。お人好しの兄を阿部が演じるほか、人気お笑い芸人の弟を瑛太が、兄の幼なじみに竹内結子がふんする。家族のきずなをテーマにした、ハートフルな物語が感動的。...... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 09時02分

» 「なくもんか」別々の道を歩んで再会した先にみた兄弟愛と家族愛 [オールマイティにコメンテート]
「なくもんか」は脚本宮藤官九郎、監督水田伸生、主演阿部サダヲによる「舞妓Haaaan!!!」スタッフが送る第2段映画で、とんかつ屋を継いだ兄が一生懸命働いて突然帰って来たお店の娘と結婚した直後に小さい時に生き別れた弟が人気お笑いコンビをしている事がわかり再会するが...... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 10時06分

» なくもんか(試写会) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[なくもんか] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年92本目(86作品)です。 【あらすじ】 両親が離婚したことで、幼少期に生き別れ、互いの顔も名前も知らずに成長した兄・祐太(阿部サダヲ)と弟・祐介(瑛太)。 8歳..... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 10時37分

» 「なくもんか」タイトルが出たとき、もう映画の魔法にかかってた [soramove]
「なくもんか」★★★★☆オススメ 阿部サダヲ、瑛太、竹内結子主演 水田伸生 監督、134分 、2009年 宮藤官九郎 脚本                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「劇場やTVの予告で あの暑苦しい顔のアップで 見ないと決めていたのに、 大きな劇場で上映されているから 内容的には大丈夫かもと見に行った」 テンポいいし、常に3人以上の登場人物が ... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 12時05分

» なくもんか [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2009/11/14製作国:日本上映時間:134分鑑賞日:2009/11/14監督:水田伸生出演:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、伊原剛志、いしだあゆみこれは泣ける喜劇か!? 笑える悲劇か!?+あらすじ+無茶苦茶な父に捨てられ、幼少期に生き別れ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 17時06分

» なくもんか/阿部サダヲ、瑛太、竹内結子 [カノンな日々]
通常の劇場予告編以外にもそのシネコンの宣伝やマナー告知などなどTVでのPRも含めてかなり大量の宣伝を見せられてちょっと食傷気味になってます。近所のシネコンに映画を観に行くたび必ずと言っていいほど予告編がかかるんですけど、そのたびに誰かが必ず「タモリさんじゃな....... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 21時58分

» なくもんか お昼やっすみは・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ [労組書記長社労士のブログ]
【 63 -13- 1ヶ月フリーパスポート=11 】 土曜日、封切り初日に観たけど、さすがだ、TOHOシネマズ梅田のシアター3がほぼ満員だ! 俺も予告編を見ていると「超ご期待!」って感じやったし、友人達との会話でも期待度かなり大な手応え、やったしね。  東京・下町。ハムカツで人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太は、誰の頼みも断らない究極のお人よし。彼は親に捨てられ、弟と生き別れた過去がある。そしてその弟こそ、人気お笑い芸人「金城ブラザーズ」の祐介だった。祐太は先代の娘・徹子と結婚、婚姻届を... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 22時16分

» なくもんか [映画君の毎日]
<<ストーリー>>無茶苦茶な父に捨てられ、幼少期に生き別れた兄・祐太(阿部サダヲ)と弟・祐介(瑛太)は、互いの顔も名前も知らずに成長する。祐太は、東京下町の商店街でハムカツが名物の店を切り盛りし、祐介はお笑い芸人として超売れっ子になっていた。そんなある日、祐... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 00時04分

» 「なくもんか」レビュー【行者の聴いた観た読んだ】 [行者のログ道★迷い筆]
【総評】 ★★★ 3/5点やや冗長ながら、それなり楽しめる、「はずさない」宮藤、阿部コンビの人情コメディ。友人らと映画の日、レイトショーの割安料金で程よい作品です。11月14日(土)から公開、しばらくはやっているでしょう。で、レビューですが・・・... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 06時10分

» ■ないてばかりの「なくもんか」試写会〜阿部サダヲ主演映画鑑賞 [AKATUKI DESIGN ]
昨日は設計勉強会の後に映画「なくもんか」の試写会に行ってきました。 たまたま姉がGETしたチケットが余り、急遽新橋スペースFS汐留に行くことになったんですね。 試写会場は新橋駅からすぐ近くだったんですけど、地図が解りづらくちょっと迷ってしまいました。 こういう映画の試写会の場合、配給会社の広報の方とかが司会みたいな事をやる事が多いかと思うのですが・・・ 今回はJ-waveの試写会という事で、番組の宣伝をかねて?アンジャッシュの渡部さんがMCとして登場。 さすがですね。見事に客の心を掴み映画への期待... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 21時15分

» 『なくもんか』 寄せては返す不幸の波 [映画のブログ]
 劇中、徹子が激怒するシーンがある。  大きな不幸を背負ってきた人間に対してである。  なぜか。  それは、不幸を背負っているからだ... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 00時29分

» なくもんか [俺の明日はどっちだ]
・ 『舞妓 Haaaan!!!』の水田伸生監督、主演の阿部サダヲ、脚本の宮藤官九郎のトリオが再び顔を合わせ、兄弟の再会劇を中心に人と人とのつながりを描いた“人情喜劇”。 例えば40年続いた秘伝のソースより給食のソースが美味しかったり、主人公が笑い顔の仮面を脱ぎ捨てるストレス発散の場が「おかまバー」だったり、それを見た多感な少女が何故かそんな彼にシンパシーを感じたり、実の父親からの愛を求められなくなった途端、義理の父を「お父さん」と呼ぶ少年がいたり、認知症だったおばあさん(いしだあゆみ!)が突然快方... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 09時14分

» なくもんか [とりあえず、コメントです]
阿部サダヲさん&瑛太さんが生き別れの兄弟というちょっと不思議な設定のコメディです。 『舞妓 Haaaan!!!』のスタッフ&キャストということで、今回はどんな展開の物語かなと思っていました。 今回はナンセンスなコメディとは違って、コミカルな中にも家族をテーマに描いた人情ドラマでした(^^ゞ ... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 12時58分

» 『なくもんか』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「なくもんか」□監督 水田伸生 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、いしだあゆみ、片桐はいり、鈴木砂羽、竹山隆範、高橋ジョージ ■鑑賞日 11月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  阿部サダヲ、クドカン、水田監督とくれば、そうあの迷(名)作、『舞妓Haaaan!!!』を思い出す。 ま、スタッフも同じだけど(笑) 下町のハムカツ屋を中心に繰り広げられる人情ストーリ... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 12時06分

» なくもんか [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。宮藤官九郎脚本、水田伸生監督、阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、皆川猿時、伊原剛志、片桐はいり、鈴木砂羽、いしだあゆみ、陣内孝則、藤村俊二。笑いの最高のネタは不幸。というわけで滅茶苦茶不幸な人たちが出て来て笑わせる。 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 22時05分

» 【なくもんか】ふつうのソース始めました [見取り八段・実0段]
ハシゴしたので2本目。こっちを先に見て、前記事の「笑う警官」を午後に見たんだけど。。。間違いだったこっちを後に見れば良かった。って言うか、こっだけ見れば良かったなクドカン色がいっぱい。阿部サダヲちゃんが、今まで見た中で一番可愛い笑って泣けます。おすすめ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 21時48分

» なくもんか [B-scale fan's log]
公開中 水田伸生監督 阿部サダヲ主演     出演 瑛太、竹内結子、塚本高史、     伊原剛志、いしだあゆみ 他 新評価 3.0 「舞妓 Haaaan!!!」の監督・脚本・主演トリオが再集結。 前作が意外と良かったのでフラリと鑑賞。 またハチャメチャ映画かと思えば前半だけで、 意外と後半はしっとりムードに。 でも2時間超えはちょっと蛇足的だったかも。 産まれ別れた兄弟の再会と兄弟愛がテーマですが、 兄はとことん外面がいいがジキルとハイド的な性格。 兄の妻は人生経験の豊富さから来るクールで勝気... [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 00時47分

» 「なくもんか」 [てんびんthe LIFE]
「なくもんか」有楽座で鑑賞 阿部サダヲ。 この人のこのハイテンションは一体どこから出てくるものなのでしょう。 嫌いじゃないんですが、時間がたつと疲れてきます。 作品中このテンションで行くこと自体、只者ではないってことなのでしょう。 すっごくお人好しで、すっごくいい人でそれなのにあのテンションを崩さないってすごいです。 もちろん、クドカン脚本ですから、これでもか!くらいの笑いのつぼに合わせるほどのテンション。 泣きも笑いもとにかく全部です。 なので、瑛太くんは大分存在が薄いです。 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 18時55分

» なくもんか [とにーのブログ]
前評判が高いですね、この作品。私も観ちゃいました♪ 「舞妓 Haaaan!!!」の監督(水田伸生)・主演(阿部サダヲ)・脚本(宮藤官九郎)が揃っ... [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 22時43分

» なくもんか [そーれりぽーと]
『舞妓 Haaaan!!!』のノリを期待して『なくもんか』を観てきました。 ★★★★ こんな映画で、つか阿部サダヲで泣くもんか!泣かされてたまるか! と、踏ん張りながら観てたけど、我慢できずにホロリと。 予告編の印象から一転して、中身は人情モノ。 『舞妓 Haaaan!!!』をイメージして大笑いを期待して観に行くと、クドカン+阿部サダヲのあの映画の世界に泣きが加わって想像以上に楽しめる映画に仕上がってる。 クドカンの屁理屈台詞と、やり過ぎのギャグが連発なんだけど、ベースは不幸な人生を生きてきた... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 00時09分

» なくもんか [ぷち てんてん]
ゴリゴリ押しまくっていた「舞妓Haaaan!!!」あの無理やり展開に大いに笑わせてもらいました。そして、この宮藤官九郎+水田伸男監督+阿部サダヲのトリオで「なくもんか」です♪☆なくもんか☆(2009)水田伸生監督宮藤官九郎脚本阿部サダヲ瑛太竹内結子塚本高史皆川猿時片...... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 00時44分

» なくもんか [再出発日記]
「ゼロの焦点」にしようか、これにしようか、迷ったのですが、ネットの評判はこちらの方がよかったので、見損なったときに後悔すると思いこちらに。監督:水田伸生脚本:宮藤官九郎出演:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、皆川猿時、片桐はいり、鈴木砂羽、カンニン...... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 01時38分

» 「なくもんか」 生きるための処世術 [はらやんの映画徒然草]
「舞妓Haaaan!!!」の監督の水田伸生さん、脚本の宮藤官九郎さん、主演の阿部 [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 21時31分

» 映画「なくもんか」 [FREE TIME]
映画「なくもんか」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 22時32分

» なくもんか [七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba]
これは“泣ける喜劇”か!? “笑える悲劇”か!? 変わった家族、始めてみました。 監督:水田伸生、脚本:宮藤官九郎、主演:阿部サダヲのチーム「舞妓Haaaan!!!」による、家族の愛情、絆をテーマにした... [続きを読む]

受信: 2009年11月24日 (火) 00時35分

» 濃い!好青年・・もとい好中年?(笑)~「なくもんか」~ [ペパーミントの魔術師]
この映像で思い出したのは ちょうど去年の今頃訪れた吉祥寺のサトウ。 あれがモデルじゃないかなというくらい雰囲気似てませんでした? 2009年の設定なんですが 商店街の雰囲気はまるで「ALWAYS 三丁目の夕日」の世界。 ただ、違っていたのは 主人公があまりにも「自分が..... [続きを読む]

受信: 2009年11月24日 (火) 15時44分

» なくもんか [ダイターンクラッシュ!!]
2009年11月23日(月) 18:30~ TOHOシネマズ川崎1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『なくもんか』公式サイト フリーパス鑑賞22本目。 ノレなかった「舞妓Haaaan!!!」トリオの作品。 特に監督は、愚作「252生存者あり」を撮っているので、かなり不安。 さて、今回は阿部サダヲの過剰演技もギリギリ、その演じているキャラクターなら許容範囲。 クドカンの脚本も、湿っぽいとこやシリアスなところに、ひとつギャグを入れてかわす余裕。 お終いの... [続きを読む]

受信: 2009年11月24日 (火) 18時03分

» なくもんか (阿部サダヲさん) [yanajunのイラスト・まんが道]
映画『舞妓Haaaan!!!』の水田伸生監督、脚本の宮藤官九郎さん、そして主演の阿部サダヲさんが再結集して作り上げた映画『なくもんか』に、阿部サダヲさんは、祐太 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 00時16分

» なくもんか [りらの感想日記♪]
【なくもんか】 ★★★★ 映画(33)ストーリー 幼い頃に、無茶苦茶な人生を送る父に捨てられ、生き別れた兄弟。兄・祐太(阿部 サダヲ)は、東 [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 20時00分

» なくもんか☆ [Happy-go-lucky!!]
三連休は映画三昧♪まずは「なくもんか」を鑑賞。クドカン大好きーいっぱい笑ったし、めっちゃ面白かったぁ〜ほろっとくるところも絶妙だねぇ。阿部さんの演技もすごいのひとこと。ちょっと長めだったけど(2時間半くらい?)、テンポが良くてあっという間でしたいしだあ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 17時42分

» なくもんか [迷宮映画館]
笑ってない笑顔!うーん、それが出来るのは、阿部サダさんですね。 [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 16時43分

» 「なくもんか」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                              「なくもんか」 監督 水田伸夫 脚本 宮藤官九郎 水田×宮藤、『舞妓Haaaan!!!』のコンビが再び阿部サダヲと組んだ、「家族」をテーマにした、泣ける(?)喜劇か、笑える悲劇(?)を観にいって参りました・・。 ネタバレあります!! あまり期待していなかった(ゴメンナサイ)せいもあってか、すごく楽しめました(^^♪!。 阿部サダヲの笑いのツボが心地よく感じられるようになりましたね(舞妓・・を観た時は正直よく解らなかったのですが)。 ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 21時35分

» なくもんか [墨映画(BOKUEIGA)]
「好きでやってますから」 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 幼いころに生き別れ、互いの顔も知らずに育った兄弟と、二人を取り巻く周囲の人々が織り成す人情コメディー。『舞妓 Haaaan!!!』の水田伸生監督、主演の阿部サダヲ、脚本の宮藤官九郎のトリオが再び顔を合わせ、不幸な生い立ちの兄弟の再会劇を、笑いと涙を交えて描く。お人好しの兄を阿部が演じるほか、人気お笑い芸人の弟を瑛太が、兄の幼なじみに竹内結子がふんする。家族のきずなをテーマにした、ハートフルな物語が感動的。... [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 08時13分

» なくもんか [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
相変わらずのハイテンション、コロコロと変化する物語、人情とバカバカしさが同居する本作は、勢いだけが勝負のような作品だ。幼い頃に生き別れた兄・祐太と弟・祐介はお互いの顔も名前も知らずに育つ。東京下町・善人通り商店街でハムカツが名物の店を切り盛りする祐太は、....... [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 19時29分

» 映画『なくもんか』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、水田伸生。脚本、宮藤官九郎。2009年日本。人情コメディ映画。出演、阿部サ [続きを読む]

受信: 2009年12月 5日 (土) 23時50分

» ★「なくもんか」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みはファースト・デイだったので、2000円で2本観てきました。 その1本目。 この作品・・・結構予告編を流してたし、 TOHOシネマズとのタイアップ映像流してたり・・、 でも、脚本のクドカン・ワールドも最近あたり慣れてきたし・・・ 今回はどうなんでしょ???という感じで観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 03時34分

» [映画]なくもんか [オレメデア]
映画「なくもんか」を見てきました。最近、休日に映画を見に行く機会が増え、様々なジャンルの映画を見るようになっています。この映画も、公開前からテレビや雑誌などで注目していた作品です。それでは、映画「なくもんか」を見るうえで手前どもが抑えておくと良いポイントをご紹介します。... [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 01時08分

» なくもんか [銅版画制作の日々]
「舞妓Haaaan!!!」のチームが再タッグ〜〜 懐かしい人いしだあゆみ は徹子の母役で登場。「ウキウキウォチング♪」を唄っていました。大ボケキャラに味がある。 なくもんか!というタイトルなのに。。。。。何故か?いつも祐太(阿部サダヲ )はうぃ〜と泣いている。フリ―パスポートももう後わずかに。最後の最後まで1本でも多く観ようと、「なくもんか」を鑑賞しました。これで10本目 なんくるないさ!と笑顔で話す阿部サダヲは沖縄という土地にもハマっています。女装も似合うし、テンションの高さも凄く高くて良い... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 19時20分

» なくもんか [欧風]
日曜は、TOHOシネマズ 船橋ららぽーとに映画観に行ってきた~。 今回観たのは「なくもんか」。予告編観た感じでは、コメディなのかな?と観る事に。 話としては、幼い頃に生き別れた兄弟。兄は下町でハムカツ屋に... [続きを読む]

受信: 2009年12月17日 (木) 00時27分

» 「なくもんか」キネカ大森にて鑑賞 [流れ流れて八丈島]
「カールじいさんの空飛ぶ家」に引き続きキネカ大森でもう一本、間髪入れず19時からの回の「なくもんか」を観ました宮藤官九郎の脚本で、阿部サダヲ主演、ということでまあ安心して楽しめる映画ではありました阿部サダヲの演技はキッチリとコミカルなんだけど、全体的に...... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 13時36分

» 泣く獣 [Akira's VOICE]
「鈍獣」 「なくもんか」  [続きを読む]

受信: 2010年8月28日 (土) 10時38分

» なくもんか [Blossom]
なくもんか 監督 水田伸生 出演 阿部サダヲ 瑛太 竹内結子     塚本高史 皆川猿時 片桐はいり 日本 2009 [続きを読む]

受信: 2010年9月28日 (火) 21時07分

» 『なくもんか』 [『映画な日々』 cinema-days]
なくもんか 惣菜店二代目とコメディアン 別々に育った兄弟が出会った事から 起こる悲喜劇... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 『舞妓Haaaan!!!』の監督・脚本・主演が再集結... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 02時35分

» 別館の予備(感想195作目 なくもんか) [スポーツ瓦版]
5月22日 感想195作目 なくもんか TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10896894430/6f7c5335 [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 11時20分

» なくもんか(感想195作目) [別館ヒガシ日記]
なくもんかは地上波でして鑑賞したのだが 結論は舞妓Haaaan!よりも面白い内容だったよ!! 内容は時代に両親と別れ総菜屋に置き去り 祐太が二代目として繁盛から兄弟に会う展開だね... [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 11時20分

» なくもんか [いやいやえん]
阿部サダヲさんにクドカン。もっとドタバタコメディしてるのかと思ったら以外にもシリアスな展開でびっくりした。 見終わったあと、ハムカツが食べたくなったなあとほんのり思った。 キャラクターは個性的だし、主人公の山ちゃん(祐太)は馬鹿がつくほどのお人よし。竹内結子さんの変わりすぎた徹子は無理があったけれど(20キロどころじゃないだろうって/笑)やはり阿部サダヲさんが上手いなーと思う。直伝ソースよりふつうのソースの方が美味しいのは予告でみてたので知ってましたがちょっと笑っちゃったかな。楳図かずお... [続きを読む]

受信: 2011年11月 2日 (水) 09時54分

» 八方美人について八面六臂の活躍 『なくもんか』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:水田伸生出演:阿部サダヲ、竹内結子、瑛太日本映画 2009年 ・・・・・・ 6点 [続きを読む]

受信: 2012年5月27日 (日) 17時45分

« PUSH 光と闇の能力者 | トップページ | ゼロの焦点 »