« Disney's クリスマス・キャロル | トップページ | THE WAVE/ウェイヴ »

2009年11月17日 (火)

笑う警官

Photo_2 中本奈奈の『時をかける少女』以来12年ぶりの角川春樹監督作品。原作は佐々木譲による同名小説。無実の罪を着せられた警察官を救うために立ち上がった刑事たちの活躍を描いたクライムサスペンスだ。主演は『ハゲタカ』の大森南朋。共演に『クヒオ大佐』の松雪泰子、「20世紀少年」の宮迫博之、他にも矢島健一、鹿賀丈史、大友康平と個性派俳優が揃う。
>>公式サイト

古き良き角川作品の香り

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

なかなか面白いけど微妙、何だかすっきりと面白いといえない感覚が残る作品でした。とにかく12年ぶりにメガホンを取った角川春樹監督の好みなのか、何やらやたらと雰囲気が古典的な作品で、シーンによってはえらくハードボイルド調だったりさえもします。一番若手の刑事・新宮(忍成修吾)はこれまたやたらと警察の正義を主張し、ベテラン刑事の植村(螢雪次朗)が「葛藤のない正義なんて理想にすぎん!」なんて諭す辺りは、一体何年前の刑事ドラマなんだと思う程。収監されている間に監督の中の時間は止まってしまったのか、そんなことも考えてしまったのですが、かといってつまらないとか嫌いじゃないところがミソだったり。結果、刑事モノってやっぱり観れちゃうねってことに落ち着きそう…ではあります。

02_3 03_2

裏金工作疑惑の証人として百条委員会に喚問された津久井(宮迫博之)が、口封じのために殺人の濡れ衣を着せられ、あまつさえ射殺命令まで出されるという事態のなか、佐伯(大森南朋)は津久井を救うために仲間と共に真相解明に乗り出すのでした。と書くと、佐伯がいかにも爽やかな正義の味方風に聞こえますが、実際は全く逆。むしろ前作『ハゲタカ』の鷲津同様、過去に深い心の傷を負い、今もをれを抱え続けているのでした。その心の傷を少しでも癒すためなのか、彼は警察関係者が忌避するバー“ブラック・バード”でサックスの演奏に没頭するのだ…って、う~んハードボイルド!

04_2 05_2

さて、それはさておき、残念だったのがストーリー展開を重視したためか、細かいリアリティが結構いい加減だったりする点。例えば潜入捜査で心の傷を負ったという、佐伯と津久井のバックボーンの部分。最後の最後で潜入捜査がバレたところまでは語られますが、それでどうして未だに引きずるほどの心の傷を負ったのかは描かれていません。事件の発端はキャリア警官同士のポストを巡る暗闘ですが、その部分も説明のセリフだけでアッサリ済ましています。もっと言ったら街中を完全武装のSITがぞろぞろうろつき、あまつさえ議事堂を包囲したりしたら、これはもう警察内部の問題で済むはずがありません。

06_2 07_2

細かいリアリティの積み重ねが、作品全体の密度の濃さを決定付ける要因であり、そこがおざなりであると、どうしても見た目は立派でも中身はスカスカになってしまいます。ただ、この作品の場合はそれでもキャストやシーン単位の演出、そして事件解決まで一直線に進んで行く有無を言わさぬテンポの良さでその中身を補っているようで、即ちそれが最初に書いた、面白いけども微妙という感覚を生み出しているのだと思うのです。もっともこれが角川春樹監督の作風なのでしょう。思えば昔の角川映画『天と地と』なども、大作感と雰囲気重視で細かいリアリティは敢えて無視する傾向にありましたが、それはそれで何となく楽しく観れてしまった覚えがあります。

08_2 09_2

本作は明らかに続編を意識した作りになっていて、かなりの謎が残されたままになっています。争いの発端となったキャリア警官・石岡刑事部長(鹿賀丈史)はどうなったのか、百条委員会の結果はどうなったのか、最後の最後に高笑いしているあの警官はどういう立ち位置なのか、佐伯と小島(松雪泰子)は事件後どうなったのか…。巨悪に踊らされた現場警官を描いた本作、津久井の無実は晴れ百条委員会への出席という当初の目的は達成されたものの、実は本質的な問題については何も結論が出ていないままになっています。このままでは消化不良なんで、続編が出たら恐らく観るでしょうが、さてさて…。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:原作を大分端折っているように感じた。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« Disney's クリスマス・キャロル | トップページ | THE WAVE/ウェイヴ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32236674

この記事へのトラックバック一覧です: 笑う警官:

» 笑う警官 [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました!笑う警官というより・・・笑う犬。 [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 20時08分

» 笑う警官 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『追うも警官、 追われるも警官。』  コチラの「笑う警官」は、2002年に実際に起こった北海道警察による組織ぐるみの汚職事件をヒントにが書き下ろし、シリーズ累計100万部を売上げている”道警シリーズ”の第1作として最も人気の高い佐々木譲の同名小説を、12年ぶり....... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 20時27分

» 笑っちゃいます「笑う警官」 [再出発日記]
今では誰も使っていない古いタイプライターが英語でタイトルを示す。そしてジャズが流れて英語で主要登場人物の字幕が。なんとも古臭いハードボイルド映画っぽい始まり。いやな予感が。話の筋はこんなカンジ。札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見された。まもなく...... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 21時17分

» 笑う警官/大森南朋、松雪泰子 [カノンな日々]
本屋さんで原作本を見かけたとき、このタイトルはとてもキャッチーだなぁと思ったんですよね。あまり読むことのないジャンルだったので買いはしませんでしたけど、もしブックオフあたりでお手頃な値段のを見つけてたら買ってたかも。その作品が映画化されたという事でとても....... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 21時20分

» 笑う警官 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。実際に起きた北海道警裏金事件をベースにした佐々木譲の原作。角川春樹監督、大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、螢雪次朗、野村祐人、伊藤明賢、大友康平。 [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 22時04分

» 笑う警官 [シネマDVD・映画情報館]
北海道で実際に起きた警察の汚職事件を基にした、人気作家・佐々木譲による同名ベストセラー小説を映画化した社会派サスペンス。ヒットメーカー角川春樹が 11年ぶりにメガホンを取り、女性警察官変死事件の犯人に仕立て上げられた仲間の無実を証明しようと奮闘する刑事たちの活躍を描く。主演は、『ハゲタカ』などで独特の存在感を放つ大森南朋。共演には『クヒオ大佐』の松雪泰子、宮迫博之、大友康平ら多彩なキャストが顔をそろえる。...... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 22時21分

» 笑う警官 [映画君の毎日]
<<ストーリー>>札幌市内のアパートで女性の変死体が発見された。すぐに元交際相手の巡査部長・津久井(宮迫博之)に容疑が掛けられ、異例の射殺命令までも下される。この一連の流れに違和感を感じた所轄の警部補・佐伯(大森南朋)は、信頼できる仲間とともに秘密裏に捜査を... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 05時19分

» 笑う警官 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  ドラマ&犯罪&サスペンス  監督:角川春樹  出演:大森南朋      松雪泰子      宮迫博之      忍成修吾 【物語】  札幌市内のアパートで女性の変死体が発見された。 すぐに元交際相手の巡査部長・津久井に容疑が掛けられ、異例の射殺命....... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 11時02分

» 笑う警官 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
角川春樹が11年ぶりにメガホンを取ったことが話題のサスペンスだが、社会性より娯楽性が際立つエンタメ映画になっている。札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見される。すぐに元交際相手の巡査部長・津久井に容疑がかけられ、異例の射殺命令までも下される。一連の流....... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 11時46分

» 『笑う警官』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「笑う警官」□監督・脚本 角川春樹 □原作 佐々木譲 □キャスト 大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、螢雪次朗、野村祐人、大友康平、伊藤明賢■鑑賞日 11月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 今回、佐々木譲の原作は読んでいた。 結論から言うと、原作を読んでいない人はこれでもそこそこ満足できるかもしれないが、 原作を読んでこの映画を観た人はガッカリするだろう。 それは、原作の緊迫感や息の詰まる展開や... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 12時04分

» 「笑う警官」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                               「笑う警官」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 ポイントが貯まっていたので、無料で観れました(^^♪。 この作品、脚本・監督が角川春樹御大なので、いやな予感が、というか観る前から諦めの境地みたいになっていたんですが・・。 観始めたらやはり予感的中・・演出してないのか、しすぎたのか、役者さんセリフ 棒読み・・。アフレコは浮いてずれまくってるし・・厳しいなぁ・・と思って観てました(T_T)。 ところがですねぇ、主人公・佐伯刑事を演ずる大森... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 16時15分

» 「笑う警官」みた。 [たいむのひとりごと]
原作は、実際に北海道警で起った組織ぐるみの汚職事件を元に書き下ろされた本格ミステリーサスペンス。そう聞くだけでとても興味が湧いたが、映画をより楽しむためにもあえて未読のまま鑑賞した。大森南朋、松雪泰子... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 18時10分

» 笑う警官 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
北海道で問題になった裏金問題はその後全国に広がり、各県の警察本部で浮き彫りになった。そして、退職者を含めて総額何億円も返還した。そして、いまや政権が変わり、そんな裏金どころか予算の組み方まで抜本的な変更が行われようとしている。もう当局に遠慮することはない... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 20時31分

» 笑う警官 [象のロケット]
札幌市内のアパートで女性警察官の変死体が発見された。 すぐに元交際相手の巡査・津久井が犯人と断定され、異例の射殺命令までもが発令される。 この一連の流れに違和感を感じた所轄の警部補・佐伯は、小島百合をはじめとする信頼できる同僚たちを集め、密かに裏捜査を開始する。 事件は北海道警察内部に隠された闇に繋がっていった…。 社会派ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 21時52分

» 笑う警官 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
笑う警官'09:日本 ◆監督:角川春樹「時をかける少女」「REX 恐竜物語」「天と地と」◆出演:大森南朋 、松雪泰子、宮迫博之、大友康平、忍成修吾 ◆STORY◆札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見された。まもなく被害者の元交際相手の巡査部長・津久井に容....... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 22時40分

» 笑う警官 [花ごよみ]
以前実際にあった、 北海道警裏金事件が、 ベースになっています。 警察内の暗部をさらす作品。 佐々木譲作「道警シリーズ」の 第1作目の映画化。 主演は大森南朋、 共演には松雪泰子、宮迫博之…。 監督は角川春樹。 脚本・製作も彼が手がけています。 映画化を楽しみに待っていました。 小説を読んで映画、 またはドラマ化されれば きっと面白い作品になるんじゃないかと 思っていました。 舞台は北海道 札幌。 そこで起きる女性警察官の事件。 いち早く現場に到着していたのは、 北海道警キャリア。 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 09時49分

» 【笑う警官】 [日々のつぶやき]
監督:角川春樹 出演:大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、野村祐人、大友康平   追うも警官、追われるも警官。 「裏金騒動で揺れる道警、うたった(喋った)と疑われた警官が身の潔白を証明するため自殺する中、生活感のないマンションの一室で婦警が... [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 14時30分

» 笑う警官 [映画通の部屋]
「笑う警官」製作:2009年、日本 122分 製作、監督、脚本:角川春樹 原作: [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 21時05分

» ★笑う警官(2009)★ [CinemaCollection]
追うも警官、追われるも警官。上映時間122分製作国日本公開情報劇場公開(東映)初公開年月2009/11/14ジャンルドラマ/犯罪/サスペンス【解説】北海道警察の汚職事件をヒントに人気作家・佐々木譲が書き下ろした“道警シリーズ”第1作の同名小説を映画化したクライム・サ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 23時55分

» 笑う警官 [だらだら無気力ブログ]
北海道警察で起きた汚職事件を基に書かれた作家・佐々木譲の同名ベスト セラー小説を映画化したクライムサスペンス。 角川春樹が12年ぶりにメガホンを取った意欲作。 女性警官の殺害事件を発端に一人の警官に無実を罪を着せようとする道警 上層部に反して殺害事件の真犯..... [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 02時23分

» 『笑う警官』 [『映画な日々』 cinema-days]
百条委員会に裏金に関する証言をする為 召喚された刑事に殺人容疑が掛けられた。 射殺許可まで下された同僚を救うには 15時間以内に真相を明... [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 07時15分

» 笑う警官 [人生楽ありゃ苦もあるさ]
何も下調べもせず、道警の裏金問題の映画と言う認識で見に行きました。 が、、、、、... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 20時07分

» 笑う警官 [勝手に映画評]
佐々木譲原作の北海道警シリーズ第一弾。実際の北海道警裏金事件にインスピレーションを得て原作は描かれており、警察の奥底に巣食う暗部を描いている。元々は「うたう警官」と言うタイトルで原作は出版されていたが、映画化に際して原作の方も「笑う警官」に改題し、文庫化されている。ちなみに元々のタイトルの“うたう”とは、singのうたうではなく、話してしまう(この場合、裏金疑惑を暴露する意)と言う意味。 物凄く辛口です。 原作が面白かったので期待して行ったんですが・・・、完全に外されました。ガッカリです。 原... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 17時28分

» 笑う警官 THE LAUGHING POLICEMAN [七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba]
追うも警官、 追われるも警官。 「マルティン・ベックシリーズ」の警察小説と同名だが、この映画は北海道警察で実際に起こった汚職事件(北海道警裏金事件)を基に、腐敗した警察の裏事情を描いた佐々木譲の”道警シ... [続きを読む]

受信: 2009年11月24日 (火) 00時29分

» 笑う警官 [迷宮映画館]
の、つもりがなかなか進まない・・・ [続きを読む]

受信: 2009年11月24日 (火) 15時39分

» 「笑う警官」丸ノ内TOEI1にて鑑賞 [流れ流れて八丈島]
さて、1日お休みで昼から外出してれば映画一本で終われるわけがありません浅草観光もせず、そのまま銀座に出ました東映の株主優待券(11月分)を使って、丸ノ内TOEI1で「笑う警官」を観てきました「北海道で実際に起きた警察の汚職事件を基にした、人気作家・佐々...... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 00時20分

» 笑う警官 [Diarydiary! ]
《笑う警官》 2009年 日本映画 札幌市内のアパートで女性巡査が亡くなる、その [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 20時35分

» 笑う警官(映画館) [ひるめし。]
追うも警官、追われるも警官。 [続きを読む]

受信: 2009年12月 4日 (金) 20時55分

» 笑う警官 [こんな会社でごめんあそばせ]
★★ 角川氏は何故この映画を取ろうと思ったんだろう??? 監督: 角川春樹 出演: 大森南朋 松雪泰子 宮迫博之 ストーリー 札幌市内のアパートで女性警官の死体が発見される 間もなく元交際相手の巡査部長・津久井に容疑がかけられ、異例の射殺命令... [続きを読む]

受信: 2009年12月 5日 (土) 23時34分

» 笑う警官 [こんな会社でごめんあそばせ]
★★ 角川氏は何故この映画を取ろうと思ったんだろう??? 監督: 角川春樹 出演: 大森南朋 松雪泰子 宮迫博之 ストーリー 札幌市内のアパートで女性警官の死体が発見される 間もなく元交際相手の巡査部長・津久井に容疑がかけられ、異例の射殺命令... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 23時54分

» 笑う警官 [墨映画(BOKUEIGA)]
「誰に対して笑うのか」 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 北海道で実際に起きた警察の汚職事件を基にした、人気作家・佐々木譲による同名ベストセラー小説を映画化した社会派サスペンス。ヒットメーカー角川春樹が11年ぶりにメガホンを取り、女性警察官変死事件の犯人に仕立て上げられた仲間の無実を証明しようと奮闘する刑事たちの活躍を描く。主演は、『ハゲタカ』などで独特の存在感を放つ大森南朋。共演には『クヒオ大佐』の松雪泰子、宮迫博之、大友康平ら多彩なキャストが顔をそろえる。 札... [続きを読む]

受信: 2009年12月 8日 (火) 12時57分

» 『笑う警官』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督・脚本:角川春樹原作:佐々木譲出演:大森南朋、松雪泰子、宮迫博之公式サイトはこちら。(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 17本目)<Story>札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見された。まもなく被害者の元交際相手の巡査部長・津久井(宮迫博之...... [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 07時54分

» 笑う警官 [いい加減社長の日記]
角川春樹監督がどうしようもなく気になって。 1週間遅れで「笑う警官 」を鑑賞。 この記事は、さらに2週間遅れ^^; 「UCとしまえん 」は、普通の人出かな。 「笑う警官 」は、小さなスクリーンで、10人前後。 (C) 2009『笑う警官』製作委員会 【... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 18時50分

» 笑う警官 [いい加減社長の映画日記]
角川春樹監督がどうしようもなく気になって。1週間遅れで「笑う警官」を鑑賞。この記事は、さらに2週間遅れ^^;「UCとしまえん」は、普通の人出かな。「笑う警官」は、小さなスクリーンで、10人前後。【ストーリー】札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見された。まもなく被害者の元交際相手の巡査部長・津久井に容疑が掛けられ、さらに異例の射殺命令までも下される。かつて津久井と同じ任務にあたったことのある警部補・佐伯は、この一連の流れに違和感をもち、女性刑事の小島、新人刑事・新宮ら信頼できる仲間とともに秘密裏... [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 05時30分

» 『笑う警官』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
佐々木譲の<道警シリーズ>1作目を、製作と脚本を兼務した角川春樹が12年ぶりにメガホンを取って映画化した作品です。 裏金疑惑で揺れる北海道警。その最中に婦人警官の変死体が発見され、その元交際相手だった津久井巡査部長が被疑者と断定される。更に津久井は覚醒剤の常習者で、拳銃を所持していることからSATに出動命令が下された。 所轄から本部へと早々に事件が引き継がれたことや、実は津久井には警察内部の腐敗を正すための委員会へ、証人としての出頭命令が出ていることから、異例の射殺命令は口封じの可能性がある... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 09時07分

» 笑う警官 [映画鑑賞★日記・・・]
2009/11/14公開日本122分監督:角川春樹出演:大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、螢雪次朗、野村祐人、大友康平、伊藤明賢、矢島健一、鹿賀丈史追うも警官、追われるも警官。北海道警察による組織ぐるみの裏金工作疑惑が浮上する。その真偽を問うべく現職警官が証言台...... [続きを読む]

受信: 2010年7月27日 (火) 12時56分

» 笑う警官 [だって興味があったから 【映画と本と、日常日記】]
追うも警官、 追われるも警官。 2009年 日本  公開日 2009/11/14 笑う警官 [DVD]/大森南朋,松雪泰子,宮迫博之 監督 角川春樹 脚本 角川春樹 出演 大森南朋/松雪泰子/宮迫博之/忍成修吾/螢雪次朗/野村祐人/大友康平/伊藤明賢/矢島健一/鹿賀丈史... [続きを読む]

受信: 2010年11月23日 (火) 21時00分

» 笑う警官(感想190作目) [別館ヒガシ日記]
笑うはケーブルで鑑賞したが 結論は怪しさ満点で良しも最後には不満だね 内容は女性死体が発見された事から 同僚の津久井が犯人と断定で殺命令も... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 13時29分

» 喪中映画評「笑う警官」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆(4点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・角川春樹 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年6月 2日 (木) 10時09分

» 映画『笑う警官』 [闘争と逃走の道程]
 “THE LAUGHING POLICEMAN”という英題がタイプライターで打ち出されるオープニングからして、めちゃくちゃお洒落なこの映画。そんなに話題作ってほどでもないと思うんだけど、これ、最高におもしろいですよ。...... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 01時59分

« Disney's クリスマス・キャロル | トップページ | THE WAVE/ウェイヴ »