« ニュームーン/トワイライト・サーガ | トップページ | 戦場でワルツを/Vals Im Bashir »

2009年11月30日 (月)

黄金花 秘すれば花、死すれば蝶

Photo_2 『人のセックスを笑うな』ほか多くの作品で美術監督を務めてきた木村威夫が送る長篇第2作品目。主演の原田芳雄ほか、松坂慶子、川津祐介、松原智恵子、三條美紀、長門裕之、麿赤兒ら、日本のベテラン俳優大集合している。養護老人ホームを舞台に一人の老植物学者の過去の記憶と現在を織り交ぜたファンタジックな物語が綴られている。

>>公式サイト

私は黄金花がみ見られるかな?

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

原田芳雄や松坂慶子、長門裕之ら超が付くほどのベテラン俳優が集まった出演陣、こんなことはもうきっとないだろうと思い鑑賞。がしかし、なんと評して良いのか解らない難しい作品でした。日活芸術学院院長にして91歳の木村威夫監督は「前後のつながりや、時間的無視といったものをはじめ、在来の映画文法を少々壊してみた」と語っていますが、扱っている題材が老人だけに、一歩間違うと際どい作品だと受け取られかねない恐れはあると思います。即ち「老人だからボケちゃったんじゃない?」と。

02_2 03_2

故に正直、養護老人ホーム浴陽荘に起居する奇妙で個性的な老人たちは、とてもユーモラスな存在だけれども、額面道理受け取って笑って良いものか…観ながら心のどこかに躊躇するものがありました。主人公の牧草太郎(原田芳雄)は植物学者。そして客観的に観ると、ホームの住人の中で一番普通の存在です。普通と言うのは言い換えれば一般的という意味。何せ残りの住人は全員男性は“役者老人”(川津祐介)とか“板前老人”(中沢青六)といったように“○○老人”、女性は“小町婆さん”(松原智恵子)とか“おりん婆さん”(絵沢萠子)と“○○婆さん”などと呼ばれていて、さながら仙人たちの溜り場のよう。

04_2 05_2

ある日、牧先生が山の中で不老不死の黄金花を見つけてから、不思議な世界が展開されていくことになります。牧先生の意識は過去に飛び、少年時代の彼の様子が描かれるものの、残念ながら映像から読み取れる情報が少なすぎていま一つ意味不明…。外側から見ると、例えばテレビ画面の中に黄金花を見つけて大騒ぎする様子はまるで牧先生がボケたかのように見えますし、実際そう言われても仕方ないかもしれません。ただ、そう見せる原田芳雄の演技が素晴らしいとも言えます。この方、元から渋い演技派でしたが、歳を重ねてそこに重厚さが加わり、何やら一昔前の三國連太郎や菅原文太を思わせるような佇まいすら感じさせます。

06_2 07_2

さて、ここまででも十分難解なのですが、物語後半から終わりにかけては更によく解らなくなっていきます。其れらしい言葉を使うなら、“牧先生の心象風景を形にした”とでもいうのでしょうか…。スクリーンに繰り広げられる牧先生の幻想世界は完全に舞台演劇の様相を呈しており、それはバレエにおけるコンテンポラリー・ダンスのようですらありました。段々と現実と幻想の境目が無くなっていくかのような展開は即ち死を連想させます。人は死ぬ直前に走馬灯のように人生を振り返るといいますが、寿命が尽きて死ぬ場合には走馬灯ならぬ黄金花が見えるのでしょうか?不老不死の黄金花は見た人の命をその養分にしているのかもしれません。

08_2 09_2

キャッチコピーの「誰もがみんな夢を見たいんです……。」は印象的ですね。長い人生を生きてきた老人たちが、終の棲家で思うことを夢と捉えるならば、本作は今まで観たことの無いシルバーファンタジーと言っても良い作品なのかもしれません。ただ、その夢を理解するには私はまだまだ人生経験が足りないのでしょう。

個人的おススメ度2.5
今日の一言:91歳でこの前衛的な作品とは驚きです

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ニュームーン/トワイライト・サーガ | トップページ | 戦場でワルツを/Vals Im Bashir »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32379891

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金花 秘すれば花、死すれば蝶:

» 黄金花 [映画的・絵画的・音楽的]
 「黄金花/秘すれば花 死すれば蝶」を銀座シネパトスで見ました。  たまたま夜開催される会合までに時間的余裕があり、かつうまくマッチするのがこの映画しかないというだけで映画館に飛び込んでしまいました。  観客数はせいぜい5人程度と、至極侘しい限りの館内でしたが、飛び込みで見た映画にしてはまずまずの出来栄えではないか、と思いました。  この映画は、美術監督として名高い木村威夫氏が手掛けた長編第2作目のもの、木村氏は今年91歳になるわけですから、2008年に公開された新藤兼人監督の『石内尋常高等小学... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 05時49分

« ニュームーン/トワイライト・サーガ | トップページ | 戦場でワルツを/Vals Im Bashir »