« ずっとあなたを愛してる | トップページ | 牛の鈴音/워낭소리 »

2009年12月30日 (水)

ウルルの森の物語

Photo_2 2007年に公開された『マリと子犬の物語』のスタッフとキャストが再結集。今回は北海道を舞台に2人の兄妹がオオカミの赤ちゃんとの出会い、冒険を通じて通じて成長していく様子を描く。主演は2時間ドラマの帝王・船越栄一郎。共演に『ヤッターマン』の深田恭子、濱口優らが出演。メインの兄妹は桑代貴明と北村沙羅の子役が務める。監督はこれまではTVドラマを多く手がけてきた長沼誠。
>>公式サイト

柳の下にドジョウは2匹いなかった

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

ただひたすらつまらない。どこにも見るべきものが無く、まして感動など皆無。まあ、かなりの悪評を聞いていたのと、予告編から既に作品の酷さが十分伝わってきたので本当は観ないつもりだったのですが、暇にあかせてつい観てしまったのが運の尽き。というか自業自得。『マリと子犬の物語』はそれなりにヒットしたらしいですが未見なので比べようもないです。しかし劇場の客入りを観ても、本作はいわゆる大ゴケってやつでしょう。うーん、どこがつまらないのか………全て。というか良いところどこかあったかな…、あ、ありました。深田恭子がスリムになって、ショートの彼女も結構可愛い!

02_2 03_2

まず観始めて思ったこと。あんまり悪く言いたくは無いですが、しずく役の 北村沙羅ちゃん、とてもではないですがメインで出演するには下手過ぎです。そのわざとらしい発声方法、芝居、全てダメ。誰がどう教えてこんなになってしまったのか。昴役の桑代貴明くんがそこそこ普通に演じてくれているだけにあまりにもその酷さが際立ちます。何故もっと子供らしい自然な演技をするように周りが言ってあげないのか。自然にやって下手なのは仕方ないのです、子供だから。無理上手くに演じさせようとし過ぎなんです。これがおかしいと感じない演出家は、相当世間一般の感覚からずれているとしか言いようがないです。

04_2 05_2

この兄妹が森で見つけたのがオオカミの仔・ウルルでした。貴重なエゾオオカミの仔の可能性があるため、ウルルは研究機関に連れて行かれることになります。そこで兄妹はウルルをお母さんのもとに返してあげるのだと冒険に旅立つのでした。そもそものきっかけは拓馬(濱口優)が昴に見せた絵本。そこにはアイヌ語で“オオカミの住む所”を意味する“ホロケシ”が載っていたのです。携帯が手放せない現代っ子、妹を連れて2人で東京から北海道にやってきて、しかも自分の母親の病気のことも理解している、そんな頭のいい兄貴が、絵本の場所が本当にあると思い込むことがまず信じられない…。

06_2 07_2

冒険の道中も突込みどころは満載。最初に食べ物を食べたきり何も食べなくても平気だったり、土砂崩れにあっても妹を助け出したり、何の苦労も伴ってない冒険に感動などするわけも無く。そもそも時間の概念が完全に喪失しているので、旅立ってから先何日経ったのかもよく解りません。そうそう、良いところは深田恭子の可愛らしさだけといいましたがもう一つありました。山の中で出会う猟師役の大滝秀治。いい加減で適当なストーリーの中にあって、大滝さんの芝居だけがホンモノで、彼がしゃべるシーンでは場が締まります。流石は名優ですね。

08_2 09_2

最終的には“ホロケシ”を見つけるのはまだ仕方ないとしても、あのシーンはどうみてもスタジオ撮影としか思えない…。ありえない方向からの照明は胡散臭さだけを増長しています。というかもう書く気力も起こらないので止めますが、お金を払うには値しない作品です。例えDVD化されたとしても。

個人的おススメ度1.5
今日の一言:お金を取るという意味をもう一度考えて欲し

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ずっとあなたを愛してる | トップページ | 牛の鈴音/워낭소리 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32760451

この記事へのトラックバック一覧です: ウルルの森の物語:

» ウルルの森の物語 [シネマDVD・映画情報館]
日本中をあたたかい涙で包んだ『マリと子犬の物語』のスタッフ・キャストが再び集結して贈る、新たなる感動エンターテインメント。主演は、ドラマ出演にとどまらず、ドキュメンタリー番組の司会など、その活動の幅を大いに広げる船越英一郎。音楽には、いまや国民的な作曲家として知られる、映画音楽界の巨匠・久石譲。そして、2009年日本アカデミー賞協会特別賞を受賞した、名ドッグトレーナーの宮忠臣。さらに、深田恭子をはじめ、よゐこの濱口優、光石研、桜井幸子、大滝秀治ら豪華共演陣が新たに参加している。...... [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 21時23分

» ウルルの森の物語 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
実話をもとにした映画「マリと子犬の物語」のスタッフが、再び子供と動物という鉄板ネタで仕掛ける感動物語だが、あまりに露骨な二番煎じの内容に苦笑した。母親の入院をきっかけに獣医の父がいる北海道で暮らすことになった幼い兄妹のすばるとしずく。ほとんど一緒に暮らし....... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 00時01分

» ウルルの森の物語 [象のロケット]
東京に住む昴(すばる)としずくの兄妹は、母・夏子が入院している間、別れた父と暮らすため北海道へやって来た。 野生動物救命所の獣医をしている父・大慈(だいじ)との急な生活に戸惑い、反発する昴。 ある日、しずくは怪我をした子犬を拾い、“ウルル”と名付ける。 ウルルの世話に夢中になる兄妹だったが、ウルルがオオカミである可能性が出てきた…。 ファミリードラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 02時53分

» ウルルの森の物語 [だらだら無気力ブログ]
『マリと子犬の物語』のスタッフとキャストが再結集して、今度はオオカミの 子との触れ合いと冒険を通じて成長して兄妹の姿を描くファミリードラマ。母親・夏子の入院をきっかけに昴としずくの兄妹は、数年前に離婚した獣医の 父親・大慈のいる北海道へとやって来る。都会..... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 17時46分

» ウルルの森の物語 [りらの感想日記♪]
【ウルルの森の物語】 ★★★ 試写会(25)ストーリー 母親の入院を機に東京から北海道へとやって来た兄妹、昴としずく。そこには野生動物救命所 [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 20時44分

» ウルルの森の物語 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ウルルの森の物語] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:5.0/10点満点 2009年102本目(96作品)です。 【あらすじ】 母・夏子(桜井幸子)の入院をきっかけに離婚した獣医の父・大慈(船越英一郎)がいる北海道で暮らすことになった昴(桑..... [続きを読む]

受信: 2010年1月 1日 (金) 02時45分

» ウルルの森の物語 [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2009/12/19製作国:日本上映時間:119分監督:長沼誠出演:船越英一郎、深田恭子、濱口優、桑代貴明、北村沙羅、光石研、桜井幸子、大滝秀治Story:母・夏子(桜井幸子)の入院をきっかけに北海道で暮らすことになった昴(桑代貴明)としずく(北村沙羅)の兄妹は、獣....... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 22時41分

» ウルルの森の物語/船越英一郎、深田恭子 [カノンな日々]
泣ける映画の三大要素「動物」「子供」「貧乏」(by『なくもんか』)のうちの「動物」と「子供」がメインというファミリー映画。『マリと子犬の物語』のスタッフ・キャストが再結集した作品ということで何となく観る前から想像ついちゃうところもありますけど動物モノは好きな....... [続きを読む]

受信: 2010年1月 7日 (木) 22時17分

» ウルルの森の物語 [とりあえず、コメントです]
「マリと子犬の物語」のスタッフとキャストが再結成した作品です。 実は初日の舞台挨拶付きを観たのに、遅くなってしまいましたm(__)m [続きを読む]

受信: 2010年1月13日 (水) 23時08分

» 《ウルルの森の物語》 [日々のつぶやき]
監督:長沼誠 出演:船越英一郎、深田恭子、桑代貴明、北村沙羅、大滝秀治、桜井幸子 小さな生命が、大きな愛を教えてくれた。 「東京に住む昴としずくは、母親夏子の入院の為に離婚した父大慈が住む北海道にやってきた。 しばらくぶりに会う父親になかなか心を... [続きを読む]

受信: 2010年9月 6日 (月) 14時28分

» 映画評「ウルルの森の物語」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆(4点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・長沼誠 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年8月26日 (金) 13時19分

« ずっとあなたを愛してる | トップページ | 牛の鈴音/워낭소리 »