« THE 4TH KIND/フォース・カインド | トップページ | ずっとあなたを愛してる »

2009年12月28日 (月)

アサルトガールズ

Photo アニメ界の鬼才、『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の押井守監督が8年ぶりに手がけた実写長編作品だ。主演は『昴-スバル-』の黒木メイサ。共演に『バベル』の菊池凛子、佐伯日菜子、藤木義勝。宣伝美術に数々のヒット作に関わってきた樋口真嗣が参加しているのは何か意味があるのだろうか。仮想ゲーム空間を舞台にした、正にSFアクション・エンターテインメントだ。

>>公式サイト

見所は黒木メイサのスタイルのみ

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

まず、公開時期が不味すぎでしょう。『アバター』と同じゲーム的な世界観が被っているだけに、申し訳ないけれど比較の対象にすらならない程の作品に見えてしまいました。かけているお金と時間が違うのは当然なのですが、監督自らが「あれには10年かけても追いつけない。」と完敗宣言を出している程です。更に追い討ちをかけて言うならば、何一つとして勝っているところがないだけでなく、恐らく『アバター』がなくてもダメな作品だと言って良い程度の駄作でした。

02 03

はっきり言って見所は黒木メイサのスタイルのみです。そもそも冒頭始まってから一体何分間字幕で説明するのかと。それも読みにくいフォントで。正直その段階でもう眠い眠い…。作品の前提や設定を文字で説明する映画なんか聞いたことがありません。だったら映画にする必要ないですから。しかも『イングロリアス・バスターズ』よろしく何故か5章仕立て。でも一つのストーリーを単純に5つに分けた以上の意味など見出せませんでした。長々と解り難い世界観を文字で説明してくれたのですが、それがストーリーに活かされているかと言えば皆無。

04 05

というか観ながら最初の説明は一体なんだったんだと愕然とする始末です。とりあえず「アヴァロン(f)」という仮想空間は伊豆大島の裏砂漠というだだっ広い場所で絵変わりは一切なし。で、そこに出てくる敵もスナクジラとかいう巨大なウツボだけ。敵が1種類しかいないSF映画って初めて観ました。武器も近未来なんだか現代なんだか世界観としての統一性が全くなし。片や巨大ロボット(FsJ87“Temjin”(天人)というらしい。)が出たかと思えば、方やライフルのような銃で攻撃したり。そもそもこの巨大ロボットの設定などは完璧にアニメ『ガン×ソード』のパクリなんですが問題ないのでしょうか…。

06 07

ストーリーを簡単に言うと―、黒木メイサたちはゲームのキャラクターです。とあるゲームステージの最終ボスであるマダラを、最初はばらばらに活動していたグレイ(黒木メイサ)とルシファ(菊池凛子)とカーネル(佐伯日菜子)とイェーガー(藤木義勝)の4人がパーティーを組んで倒すというお話。これ以上でも以下でもありません。そんな状態ですから当然ながら個々のキャラクター設定など目で観て解る程度のもの。ゲームの中という設定で映画化するならば最低でも『.hack//SIGN』ぐらいは作りこんで貰わなければ面白くもなんとも無いです。

08 09

公式サイトのイントロダクションを読むと「まさに、多彩かつ多才なスタッフが一同に顔を揃え、かつてないSFアクション・エンターテイメントをここに創り上げた。」とありますが、ここまで来るともはや失笑するしかありません。単純に監督の趣味だけでつくってるだけとしかいいようがないです。物は試しと鑑賞される方がいましたら、黒木メイサの素晴らしくモデルなスタイルの良さに感心してください。恐ろしく足が長いです。

個人的おススメ度1.5
今日の一言:押井監督はアニメーションでいいです。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« THE 4TH KIND/フォース・カインド | トップページ | ずっとあなたを愛してる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32757919

この記事へのトラックバック一覧です: アサルトガールズ:

» アサルトガールズ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。押井守監督、黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子、 藤木義勝。エンドロールが出てくると、「え? もう、これでおしまいかよ」と梯子を外された気分になる。前置きの口上が長ったらしい割に本編があっさりしすぎているのだ。... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 20時22分

» アサルトガールズ [ダイターンクラッシュ!!]
2009年12月21日(月) 19:10~ テアトル新宿 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『アサルトガールズ』公式サイト 押井守は実写を撮るな。 「アヴァロン」も酷かったけど、これはそれに輪をかけて退屈。 いきなり観念的なモノローグが続き、無意味な長回しが数少ない場面カットごとに発生。特に酷いのは二宮金次郎像の前で、登場人物や犬が意味不明な行為を延々と行う件。 ワザとつまらなくしているとしか思えないほどのつまらなさ。 1時間30分も無い... [続きを読む]

受信: 2009年12月29日 (火) 14時18分

» アサルトガールズ [象のロケット]
仮想空間“Avalon(f)”内にある、熱核戦争後の砂漠を模した荒野“デザート22”に出没する巨大モンスター“スナクジラ”を狙ってやって来た、命知らずのプレイヤーたち。 それぞれの武器で獲物を仕留めていくが、下手をすれば強制終了の憂き目にあうことも。 彼らは超大物“マダラスナクジラ”の圧倒的な強さの前に、退却を余儀なくされてしまうが…。 アクション・ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 02時20分

» アサルトガールズ  [ケントのたそがれ劇場]
★★  押井守の原作・監督であり、『アヴァロン』の世界を踏襲する作品と聞き、期待して劇場に足を運んだ。テアトル新宿は、押井ファンが押し寄せてきっと超満員だろうな、と思いきやかなり空席が目立った。 やはりファンは良く知っているのだ。ファンを舐めてはいけない。... [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 15時49分

» アサルトガールズ [メルブロ]
アサルトガールズ 294本目 2009-54 上映時間 1時間10分 監督 押井守 出演 黒木メイサ 菊地凛子 佐伯日菜子 藤木義勝 イアン・ムーア 会場 テアトル新宿 評価 3点(10点満点)  「マトリックス」に多大な影響を与えた「攻殻機動隊」や「スカイクロラ」の押井監....... [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 22時33分

« THE 4TH KIND/フォース・カインド | トップページ | ずっとあなたを愛してる »