« ジュリー&ジュリア | トップページ | スノープリンス 禁じられた恋のメロディ »

2009年12月14日 (月)

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

Photo 日本アニメ史上に残る名作『宇宙戦艦ヤマト』、1983年の『宇宙戦艦ヤマト 完結篇』から26年の時を経てフルCGで甦ったのが本作だ。「完結篇」から17年後を舞台にした本作では38歳になった艦長・古代進はもちろんのこと、古代雪、真田志郎、佐渡酒造、アナライザーといったお馴染みのキャラクターに加え、古代の娘・美雪やまだ若い乗員たちが登場する。監督はシリーズと同じ西崎義展。
>>公式サイト

まずは復活おめでとう!

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

私たちの30代後半から上には「宇宙戦艦ヤマト」のリアルタイムに生きてきたわけで、それが復活するということに特別な感慨を抱かずにはいられません。これで松本零士氏が加わっていれば言うことはなかったんですが…。ともあれ新装成った『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』、良い部分もあり悪い部分もあり、正直言って全体としてはちょっと違うかなぁという感じ、それでも好きなんですけど。流石に26年の間のアニメーション技術の進歩は大したもので、フルCGで描かれるヤマト始めアンドロメダ級戦艦やコスモパルサーなどメカニカルな部分は断然緻密な映像を見せてくれます。

02 03

最初はちょっと違和感があるかもしれませんが、途中に挿入される「完結篇」の映像をみたら、昔の画像のアバウトさに驚くでしょう。(当時は夢中だったんですけどね。)星間連合の各国の戦艦の造形もぐっと現代風にデザインされており、未来のイメージが漂います。個人的にアンドロメダ級戦艦がカッコよくなったのが嬉しいところ。拡散波動砲で敵を蹴散らすシーンは「おお!」っと心の中で喝采です。どうもヤマトの波動砲に比べて拡散波動砲はちゃちで弱いイメージが強いんですよね。白色彗星に全部跳ね返されたからかもしれませんが…。

04 05

さて、ヤマトの古代進と遂になるのがガミラスのデスラー総統。今回は登場しませんが、代わりに星間連合のエトス星艦隊司令長官としてゴルイ将軍というのが登場してきます。これがまた嬉しい存在。デスラー総統が騎士道精神の持ち主だったのに対して、何故かこの将軍、武士道精神の持ち主。いや本人がそう言ってるんです。なんで日本固有の武士道精神という言い方なのかは置いておいて、やっぱりヤマトの世界には敵でありながら通じ合える存在は必須ですね。復活篇のあともシリーズが続くでしょうから、ほぼ確実に登場してくるであろう注目の重要キャラクターです。

06 07

あと地味に嬉しいのは艦載機であるブラックタイガーがコスモパルサーと名が変わりデザインも変わったのに対して、古代の専用機であるコスモゼロのデザインが同じだったこと、それと古代の制服が昔のままだったこと。って、誰もそんなとこ見ないですよね…。さて、ざっくりと新装なったヤマトの良かった点を上げてきましたが、ここから先は納得いかない点。まずはキャラクター。17年後の設定でありキャラクターデザインが異なるのは仕方ないです。が、なんだか動きが変。なんだろう、微妙にカクカクしてるというか、セルでいうと枚数足りていないような上手く言えませんが、歩いているシーンとかを観ると良く解ると思います。

08 09

更に人物像があまりにも軽すぎ。ヤマトと言えば「滅びの美学」、自らの命を盾に味方を守るシーンはよくあります。本作でも副艦長大村が犠牲的特攻を見せてくれますが、彼の人物像がきちんと描けていないのと、彼の死に対する味方のリアクションの薄さが気になりました。更に更に。ヤマト最大の切り札はいわずと知れた波動砲。本作では波動エンジンの炉心が6基になったため、なんと波動砲も6連発が可能に!でも何だか見た目がしょぼい…。以前は尾を引くように光線が敵を粉砕していたものですが、今は何やらそれこそ波動拳(byストリート・ファイター)のように光線というより光の弾丸が飛んでいくという感じ。

10 11

そして何より一番納得がいかなかったのが、今回の設定部分。今回地球は移動ブラックホールに飲み込まれるため、惑星アマールへ移住するという設定。ちょっと待て!何で最初からブラックホールに飲み込まれると諦めているのか。ヤマトは不可能を可能にするところに意味があるんじゃなかったのか…。絶対に諦めない不屈の闘志、それで最後に逆転するから感動するんです。まさに「(地球を救う)運命背負い 今飛び立つ」でなくてはだめで、そこに「地球を救う使命を帯びて 闘う男 燃えるロマン」があるはず。

12 13

最終的にブラックホールを潰すならそれを最初からの使命にして欲しかった…。最後の10分程度でその展開になっても、そこに感情移入は出来ないです。序盤に挿入された「完結篇」の沖田艦長がアクエリアスに特攻をかけるシーンはそれだけで今でも涙が出てきます。ヤマト歴代エンディングの中では、もっとも寂しいものだった気がしました。………っとまあ散々書きましたが、それでも好きです。やっぱりヤマトは永遠ですから。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:何で石原慎太郎が原案になったの?

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ジュリー&ジュリア | トップページ | スノープリンス 禁じられた恋のメロディ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32601518

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト 復活篇:

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [マー坊君の映画ぶろぐ]
「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」監督:西崎義展声の出演:山寺宏一、伊武雅刀、藤村歩、由愛典子、茶風林、古谷徹、伊藤健太郎、浪川大輔、柚木涼香配給:東宝概要:宇宙戦艦ヤマトがアクエリアスの海に沈んで17年、時に西暦2220年、地球人類は未曽有の危機に直面していた。太...... [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 19時51分

» 劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」 [シネマDVD・映画情報館]
劇場用アニメ映画『宇宙戦艦ヤマト完結編』から25年、壮大な構想のもとにヤマトが復活した。フルCGで甦ったヤマトは、完璧な3D立体モデルに手を加え、その巨大さ、重量感を再現すべく、細心の工夫を凝らしている。また、斬新なデザインのメカの戦闘シーンは、3D・CGを駆使しつつも、アニメーション的な演出も取り入れ、かつてない迫力でスクリーンに展開する。旧作ファンにはおなじみの古代進、真田志郎といったベテラン・キャラクターに加え、若いキャラクターが数多く登場。新たな人気キャラクターの登場を予感させる。メインスタ... [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 21時08分

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [だらだら無気力ブログ]
1983年の『宇宙戦艦ヤマト 完結編』から26年ぶりに製作された劇場版映画。 完結編から17年後を舞台に38歳になったヤマト艦長・古代進の活躍を描く。西暦2220年、移動性巨大ブラックホールが太陽系に接近してきて、その ルートから地球が確実に飲みこまれることが判明したた..... [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 23時05分

» 『宇宙戦艦ヤマト 復活編』 [つれづれなるままに]
木曜日は、 HBCシネマ倶楽部 『宇宙戦艦ヤマト 復活編』の 試写会に行ってきま [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 23時37分

» 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』・・・宮川音楽の継承はうれしいが [SOARのパストラーレ♪]
“無限に広がる大宇宙・・・” ヤマトに欠かせないこの冒頭のナレーションに心がすーっと鎮まっていく。続いて流れ出す川島和子のスキャット。シンプルにして深く、優しさに満ちあふれながらも無性に切ない、少なくとも私の世代なら知らない人はいないであろう、故・宮川泰が残した極上の美しいメロディ・・・。... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 00時04分

» 映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」@東京国際フォーラム ホールA [masalaの辛口映画館]
 客入りは1階席はほぼ満席、2階席は未確認。 宇宙戦艦ヤマト復活篇オリジナルサウンドトラック   映画の話 西暦2220年、太陽の300倍の質量を持ち、光をも飲み込む暗黒の天体、移動性ブラックホールが宇宙から地球へと迫っていた。地球連邦政府は、移民船団を組織...... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 00時04分

» 劇場用アニメーション映画 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [象のロケット]
移動性ブラックホールが太陽系に接近し、人類の地球外への移住が始まった。 2万7000光年先にあるサイラム恒星系の惑星アマールへの第1次移民船団は謎の艦隊による襲撃を受け、責任者・古代雪は消息を絶つ。 第2次移民船団も行方不明となり、伝説の男・雪の夫である古代進が、再建された宇宙戦艦ヤマト艦長に任命される。 2220年、地球消滅まで、あと3ヶ月…。 SFアニメ。 ... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 00時42分

» 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」みた。 [たいむのひとりごと]
アクエリアスの海に沈んだヤマトがついに復活!。ヤマトの呪縛から解き放たれずにいた古代進が地球を離れていた3年の間に、地球は逃れようのない危機に直面していることが発覚しプロジェクトが進んでいた。今度こそ... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 00時44分

» 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』 [ラムの大通り]
----あらら。また、ヒーローものだ。 しかもアニメ…。 「まあ、それだけ今年のお正月映画は、 この手の作品が多いということだろうね。 東宝、東映、松竹。 それにワーナーまで加わって アニメorヒーローものばかり。 実は、これまで紹介した以外にもあと2本」 ----それにしても『宇宙戦艦ヤマト』がいまごろ復活するとは? 今度のは今までのと違うの? 「うん。 炉心は6本。波動砲は6連射。 大幅にパワーアップしている」 ----へぇ〜っ。 でも、ヤマトって一回、自沈したはずだよね。 どうして復活させるこ... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 01時03分

» [映画『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆午前中に観た『ワンピース』以上に、判断を公言するのが難しい作品である^^;  これから、ちょいと焼肉パーティーなので、それが終わってから、この前口上の後に、ネチっこく書きたいと思うので、皆さん、後ほど、また、こちらを覗いてください^^  ともあれ、『宇宙戦艦ヤマト』! 堂々の復活おめでとう!!!    ◇    (感想は工事中・・・。今夜中に、この後に更新します)    ◇  ・・・家焼肉→寿司屋→とどめのラーメン屋と、二日酔いながらも書きます^^;  正直、期待が大きかったので、序... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 03時55分

» 劇場用アニメーション映画 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」 [映画君の毎日]
<<ストーリー>>西暦2220年、太陽の300倍の質量を持ち、光をも飲み込む暗黒の天体、移動性ブラックホールが宇宙から地球へと迫っていた。地球連邦政府は、移民船団を組織。サイラム恒星系アマールへの移民を決行するが、謎の大艦隊の攻撃に遭い、船団が壊滅。古代進は移民船... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 17時13分

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇/山寺宏一、伊武雅刀 [カノンな日々]
宇宙戦艦ヤマトが水の惑星アクエリアスに沈んでからどれだけの月日が経ったのでしょうか。あの日本が誇るスペースオペラの名作が復活するなんて夢のようです。といってもかつてもいろんな手を使って復活し稼ぎまくっていたシリーズ作品なんですけどね(笑)。大ファンだった作....... [続きを読む]

受信: 2009年12月16日 (水) 07時51分

» 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」地球を救うためにパワーアップして戻ってきたヤマト復活の戦い [オールマイティにコメンテート]
「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」は1974年に放送されたアニメ宇宙戦艦ヤマトの劇場版最新作でアクエリアスの海に沈んだヤマトがブラックホールの未曾有の危機に復活し人類を第2の地球へ移住させる任務につくが、謎の国家の攻撃を受けてその国家と戦うストーリーである。映画...... [続きを読む]

受信: 2009年12月16日 (水) 23時52分

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 第1部 [りらの感想日記♪]
【宇宙戦艦ヤマト 復活篇 第1部】 ★★★★ 映画(37)ストーリー 西暦2217年、移動性の巨大ブラックホールが太陽系に接近、地球が呑み込 [続きを読む]

受信: 2009年12月17日 (木) 23時53分

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [ダイターンクラッシュ!!]
2009年12月17日(木) 18:15~ チネ11 料金:1300円(TSUTAYA川崎店で前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』公式サイト 何故かもうひとつサイトがある。こっちのほうが内容が充実。 製作の西崎のおっさんと原画の松本零士の間で悶着があったり、西崎のおっさんがパクられたり、続編の製作にあたって多難な歩みだったヤマト。企画より15年たって登場。 相変わらず日本人以外のクルーは乗船していなく、巨大な敵はヤマト単体で迎撃するというヤマトワー... [続きを読む]

受信: 2009年12月18日 (金) 04時01分

» 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」 旧作の粗悪コピー [はらやんの映画徒然草]
体力の限界に挑む一日3本観賞の3本目は「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」です。 日本のア [続きを読む]

受信: 2009年12月19日 (土) 19時47分

» 宇宙戦艦ヤマト復活篇 [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2009/12/12製作国:日本上映時間:135分監督:西崎義展声の出演:山寺宏一、伊武雅刀、茶風林、古谷徹、青野武、永井一郎、緒方賢一、井上和彦、子安武人愛のために戦え!Story:西暦2220年、太陽の300倍の質量を持ち、光をも飲み込む暗黒の天体、移動性ブラックホール...... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 18時25分

» 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』 ('09初鑑賞183・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 12月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター1にて 13:55の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 00時52分

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [Diarydiary! ]
《宇宙戦艦ヤマト 復活篇》 2009年 日本映画 西暦2217年、ブラックホール [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 19時21分

» 「宇宙戦艦ヤマト 復活編」 [管理人の極私的日誌 [四代目]]
公式サイト ヤマト世代としては、劇場作品は必ず観るのが義務。 「完結篇」公開から26年。観に来ているヤマトファンも皆、オヤジ。 いきなり、「原案:石原慎太郎」のテロップに引きましたが......。 例によって、地球は滅亡の危機にさらされ、最後の手段として宇宙移....... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 14時38分

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
愛のために戦え! 壮絶なバトル!驚愕のラスト!果たして、ヤマトは地球を救えるか!? アニメブームの先駆けとなった宇宙戦艦ヤマト。1983年に「完結編」が公開されてから26年、完結編」終了後、2度「復活編... [続きを読む]

受信: 2010年1月 3日 (日) 23時33分

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
テレビアニメの宇宙戦艦ヤマトを楽しんだ世代にとっては、昔の思い出を呼び起こしてくれる。ヤマトの獅子奮迅の戦いぶりと、日本フィルの音楽が気分を高めてくれた。でも残念ながら、巨大なエンディングクレジットの文字がぶち壊してくれた。... [続きを読む]

受信: 2010年1月 7日 (木) 20時46分

» 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」まだだ、まだ終わらんよ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[宇宙戦艦ヤマト 復活編] ブログ村キーワード  “ヤマト復活!”「完結篇」から26年の時を経て、ヤマトが帰ってきた。「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」(東宝)。とは言っても、いまどきの若い人たちには『何のこっちゃ?』って感じじゃないでしょうか?  西暦2220年、宇宙の彼方から巨大なブラックホールが、太陽系に接近。やがて地球がブラックホールに飲みこまれることが判明。残された時間は、3ヶ月。人類は、惑星アマールの衛星への移民を計画。古代 雪を責任者とする第1次移民船団が飛び立つが、その途上、謎の... [続きを読む]

受信: 2010年1月 8日 (金) 00時07分

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [墨映画(BOKUEIGA)]
「古代雪は、どこへ…」 愛する者のために戦う。そして、生きることをあきらめない。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 1983年公開の『宇宙戦艦ヤマト 完結篇』から26年、移動性ブラックホールの脅威と人類の移住計画を阻止する謎の星間国家連合という二重の危機に立ち向かうヤマトの姿を描く復活編。戦艦本来の重量感を表現するため、フルCGでヤマトがよみがえるほか、38歳になった主人公・古代進を軸とした壮大なスケールのドラマが大宇宙を舞台に展開。斬新なデザインのメカの戦闘シー... [続きを読む]

受信: 2010年1月21日 (木) 07時27分

» THE 4TH KIND フォース・カインド [墨映画(BOKUEIGA)]
「目撃・痕跡・接触…」 その後にある、第四種(フォース・カインド)とは。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 行方不明者が多発するアラスカ州ノームを舞台に、原因不明の現象の究明に迫る衝撃的な実録スリラー。2000年に起こった凄惨な出来事の渦中にいた心理学者が録画した記録映像の一部を本編に用い、『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチがナビゲーターと、心理学者を演じる再現映像で世にも恐ろしい異変を描く。犠牲となった人たちの混乱と悲痛な叫び声、さらには現実のものとは思... [続きを読む]

受信: 2010年1月21日 (木) 07時29分

« ジュリー&ジュリア | トップページ | スノープリンス 禁じられた恋のメロディ »