« パチャママの贈りもの | トップページ | 蘇りの血 »

2009年12月25日 (金)

誰がため

Photo デンマーク・アカデミー賞で5部門受賞、国民の8分の1を動員した大ヒット作品です。主演はトゥーレ・リントハートとマッツ・ミケルセン。監督はオーレ・クリスチャン・マセン。ナチスドイツ占領下のデンマークを舞台に、レジスタンス組織“ホルガ・ダンスケ”の一員として戦うフラメンとシトロンの2人の男を描いた実話ベースのドラマだ。


>>公式サイト

彼らもまた紛れもなく戦争犠牲者だった

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

デンマークの映画は初めてです。国民の8分の1を動員したといいますから、約70万人弱でしょうか。彼の国で大ヒットを収めた作品ということになりますね。第二次大戦中のナチス占領下のレジスタンス組織“ホルガ・ダンスケ”の一員として戦うフラメン(トゥーレ・リントハート)とシトロン(マッツ・ミケルセン)の2人の男を描いた実話ベースの物語だということですが、実際問題としてデンマークと言う国自体、名前は知っていてもあまり馴染みのある日本人は少ないのではないでしょうか。いきなり観ると多少戸惑いを覚えるかもしれませんし、実際私は途中で人間関係、事実関係にちょっと混乱してしまいました。

02 03

フラメンとシトロンはナチス占領下にあって、ナチス側に付いた売国奴を暗殺するという作戦を展開しています。リーダーのヴィンター(ピーター・ミュウギン)は打倒ナチスをもくろむ英国の指揮下でこの組織を動かしているのですが、この辺り日本人的にはもうちょっと説明が欲しかったかなと思いました。盛んに「英国は~~」とか「英国の命令で~~」というセリフがあるものの、何故そこに英国が絡んでくるのかがいま一つピンと来なかったので。もっとも本国では当たり前の事実なので今更説明不要なのでしょう。更にここにデンマーク自由評議会とやらが絡んでくるのですが、同じナチスに対抗するにしてもそのやり方の違いによって弱冠の諍いがあるということが解ります。

04 05

ともあれ、政治的な大枠は独立の志に燃えるフラメンたち現場の戦士には関係ない…。けれどもフラメンがケティ(スティーネ・スティーンゲーゼ)に出会ってしまったことから話がややこしくなります。ヴィクターが私利私欲のために、自分に都合の悪い人間を殺させていると聞いたフラメンたちは、己の信じてきた「正義」に確信が持てなくなるのでした。2人とも純粋に国を想うが故に、「俺たちのやってきたことは間違いだったのか?」と考えた時の混乱振りは激しく、必死にアイデンティティを保とうとする様子には一兵士の悲哀が見て取れます。特に印象的だったのはフラメンよりシトロンの方。元々警官だったフラメンと異なり、シトロンは人を殺した経験がありませんでした。

06 07

それでもレジスタンスに身を投じた挙句、愛する妻や子は自分の下を去っていきます。自己崩壊寸前のところで辛うじて耐えている彼の表情はもはや狂気の相を帯びていました。そんな彼の「戦争に正義などない。ただ標的を倒すだけだ。」という言葉が非常に重く私たちの心にのしかかってきます。しかし彼ら2人の追い詰められていく様相とは反対に、ナチスの占領下にありながらも、どこかのんびりした雰囲気、例えば先日の『カティンの森』のポーランドの町が持つ殺伐とした戦時を思わせる雰囲気とは異なるのが不思議でした。……と思ったら後で調べたらデンマーク人はドイツと同じ主にゲルマン人で構成された国だったのですね。

08 09

民族的に同胞だという意識があったのか解りませんが、フラメンたちの敵であるゲシュタポのホフマン大佐(クリスチャン・ベルケル)も根っからの悪人としてではなく、彼らフラメンたちの愛国心を理解はするように描かれているのは、この手の戦争映画には珍しいことでした。もちろんだからと言って追跡の手が緩まるわけもなく、最終的にフラメンは服毒自殺、シトロンは隠れ家を急襲されて撃ち殺されます。デンマーク、ドイツ、イギリスを始めとした第二次世界大戦という大きな戦争の流れの中で、2人の存在や苦悩など実にちっぽけなもの。しかし、個人の側からの戦争を、事実に基づいて描いた本作からは生々しい感情がダイレクトに伝わって来るのでした。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:ストックホルムが近いのがデンマークらしい

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« パチャママの贈りもの | トップページ | 蘇りの血 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32726619

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がため:

» 誰がため(試写会) FLAMMENOGCITRONEN [まてぃの徒然映画+雑記]
ナチ占領下のデンマークで、ナチやゲシュタポへの協力者とおぼしき人物を次々と暗殺していくレジスタンス組織のヨーンとベント。彼らに対する取り締まりは苛烈をきわめ、ついには懸賞金までかけられるが、消防や警察、一般市民の協力もあり、すんでのところで逃げおおせて...... [続きを読む]

受信: 2009年12月25日 (金) 22時03分

» 誰がため [象のロケット]
1944年、第二次世界大戦末期のナチス・ドイツ占領下におかれたデンマーク。 地下抵抗組織に所属し、次々とナチス協力者を暗殺をしている23歳のベント(コードネーム:フラメン)と、33歳のヨーン(コードネーム:シトロン)には、ナチスの秘密警察ゲシュタポから莫大な懸賞金がかけられていた。 しかしフラメンは次第に組織の命令に疑問を抱くようになる…。 戦争ドラマ。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 17時45分

» 誰がため (試写会) [風に吹かれて]
翻弄されたふたりのレジスタンス公式サイト http://www.alcine-terran.com/ [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 17時49分

» 誰がため [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 デンマーク&チェコ&ドイツ  ドラマ&戦争  監督:オーレ・クリスチャン・マセン  出演:トゥーレ・リントハート      マッツ・ミケルセン      スティーネ・スティーンゲーゼ      ピーター・ミュウギン 【物語】  第二次世界大戦末期。打倒ナチ...... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 18時09分

» 『誰がため』 Flammen & Citronen [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
映画のクールさにしびれ、フラメン役のトゥーレ・リントハートのカッコよさにもウットリ。 1944年、ナチス・ドイツ占領下のデンマーク・コペンハーゲン。打倒ナチスを掲げる地下組織ホルガ・ダンスケに属する23歳のベント・ファウアスコウ=ヴィーズ、通称フラメンと33歳のヨーン・ホーウン・スミズ、通称シトロンの任務はナチスに協力する売国奴の暗殺だった。今年も多くのナチス絡みの映画を観たけれど、デンマークが舞台となっているものを鑑賞するのはたぶん史上初。結局のところ、ナチスが登場する映画をくさるほど観てい... [続きを読む]

受信: 2009年12月29日 (火) 12時13分

» 『誰がため』 [めでぃあみっくす]
何のために戦うのか。誰がために戦うのか。出世のためか、愛国心のためか、憎悪のためか、正義のためか、家族を守るためか。それとも猜疑心のためか。 実話を基にナチスに協力する売国奴暗殺に身を投じたフラメンとシトロンの2人を描いたこの映画はどんな戦争にも正義も意....... [続きを読む]

受信: 2010年1月10日 (日) 15時56分

» 誰がため [だらだら無気力ブログ]
ナチスドイツ占領下のデンマークを舞台にレジスタンスの一員としてナチス 関係者の暗殺を行ったフラメンとシトロンの実話を描いた実録ドラマ。 本国デンマークで大ヒットし、デンマークアカデミー賞で5部門を受賞。第二次世界大戦末期。ナチスドイツの占領下にあるデンマ..... [続きを読む]

受信: 2010年1月15日 (金) 23時04分

» 「誰がため」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2008年:デンマーク=チェコ=ドイツ/監督:オーレ・クリスチャン・マセン) 正月第1弾観賞。東京では昨年の公開のようだが、大阪では1月9日封切。 第二次大戦中のデンマークにおける、対ナチス・レジス... [続きを読む]

受信: 2010年1月15日 (金) 23時26分

» 誰がため FLAMMEN & CITRONEN [銅版画制作の日々]
 FLAME CITRON(英語) 京都シネマにて鑑賞。デンマーク史上最大級の製作費をかけた作品!国民の8分の1を動員した驚異的大ヒット作らしい。 ひたすら暗い、重い。。。。。デンマーク映画ってあまり馴染みがありませんね。原題は主人公2人の名前です。23歳の若者のコードネームは、フラメン。これはデンマーク語で炎という意味。そして相棒の男は33歳で妻子持ち、コードネームはシトロン。同じくデンマーク語でレモンという意味です。それぞれの本名はもちろんあります。 NATISUドイツが、デン... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 00時28分

» 誰がため [映画的・絵画的・音楽的]
 『誰がため』を渋谷のシネマライズで見てきました。  予告編で見てこれはいい映画に違いないと思い、またこれまで見たことがないデンマーク映画でもあるので、見に行ったところです。  ヨーロッパの映画と言えば、日本では従来、イギリス映画、フランス映画、イタリア映画といったところが中心でしたが、このところ、ベルギー映画とか、前々回取り上げたハンガリー映画なども日本でも見ることができるようになりました。といっても、ポツンポツンと単発的に紹介されるだけでは、その国の映画がどのような傾向にあるのかまで知ることは... [続きを読む]

受信: 2010年1月30日 (土) 06時13分

» 誰がため [とりあえず、コメントです]
第二次世界大戦中、ナチスに占領されたデンマークを舞台に レジスタンスとして英雄となった2人の男の軌跡を描いた作品です。 うっかりしていたら観ようとしていた映画館が終了しそうになっていて、慌てて最終日に観て来ました。 これまで知らなかったデンマークの歴史を垣間見ることのできる物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 12時49分

» 誰がため [とりあえず、コメントです]
第二次世界大戦中、ナチスに占領されたデンマークを舞台に レジスタンスとして英雄となった2人の男の軌跡を描いた作品です。 うっかりしていたら観ようとしていた映画館が終了しそうになっていて、慌てて最終日に観て来ました。 これまで知らなかったデンマークの歴史を垣間見ることのできる物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 13時45分

» 誰がため [とりあえず、コメントです]
第二次世界大戦中、ナチスに占領されたデンマークを舞台に レジスタンスとして英雄となった2人の男の軌跡を描いた作品です。 うっかりしていたら観ようとしていた映画館が終了しそうになっていて、慌てて最終日に観て来ました。 これまで知らなかったデンマークの歴史を垣間見ることのできる物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 21時33分

» 誰がため [映画鑑賞★日記・・・]
【FLAMMENCITRONEN/FLAMECITRON】 2005/10/15公開 デンマーク/チェコ/ドイツ PG12 136分監督:オーレ・クリスチャン・マセン出演:トゥーレ・リントハート、マッツ・ミケルセン、クリスチャン・ベルケル、スティーネ・スティーンゲーゼ、ハンス・ツィッシュラー....... [続きを読む]

受信: 2010年6月28日 (月) 12時56分

» 誰がため [迷宮映画館]
うーん、見た順番が悪かった・・・。 [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 12時31分

» 映画『誰がため』を観て [KINTYRE’SDIARY]
10-1.誰がため■原題:FlammenOgCitronen■製作年・国:2008年、デンマーク・チェコ・ドイツ■上映時間:136分■鑑賞日:1月9日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,800円スタ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 18時35分

» 喪中映画評「誰がため」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年デンマーク=チェコ=ドイツ映画 監督オーレ・クリスチャン・マセン ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年5月15日 (日) 09時42分

» 誰がため Flammen&Citronen [映画!That' s Entertainment]
●「誰がため Flammen&Citronen」 2008 デンマーク・チェコ・ドイツ 136min. 監督:オーレ・クリスチャン・マセン 出演:トゥーレ・リントハート、マッツ・ミケルセン、クリスチャン・ベルケル、 クリスティーネ・スティーンゲーゼ <評価:★★★★★★☆☆☆☆> <感想> 史実を元にした映画。デンマークにこういう事実があることを知らなかったので興味深く観た。 「骨太」だけど「地味」。人間関係が複雑でストーリーが判りづらい、という難点はあるが。 絶... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 22時52分

« パチャママの贈りもの | トップページ | 蘇りの血 »