« 銀色の雨 | トップページ | パブリック・エネミーズ »

2009年12月 4日 (金)

犬と猫と人間と

Photo 『あしがらやさん』の飯田基晴監督が送るドキュメンタリー。とあるおばあさんからの依頼を受けて撮影を始めた本作は、年間30万頭以上の犬猫が処分されるという驚くべき現実を突きつけてくる。このままで良い筈がない、命の大切さを子供たちに伝えたい、ペット大国日本が抱える問題点が浮き彫りになる衝撃の問題作だ。
>>公式サイト

私に出来ることは何だろう…

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

私は自分の家でも2匹猫を飼っていて、自他共に認める猫好きです。猫好きのブロガー友達もいて、日々その方々のブログを見回ったりしています。それだけに本作を観て、記事にするかどうか、自分の中で本作に対する整理が付かなかったせいもあり、エントリーしないつもりでいました。ですがここ最近で、本作を取り上げているブロガーさんを何人かお見かけし、こういった作品があるのだということを少しでも多くの方に知ってもらうことは、それ自体に意味があるのではないか、そう思い記事をエントリーすることにしました。本作はいくつかのエピソードが紹介されていますが、特に印象深かったエピソードに関して書いてみたいと思います。

02 03

日本では年間約30万頭、1日1000頭弱の犬猫が殺処分されています。実はその辺の事情に関しては私は多少の知識を持っていました。我が家の猫は買ったものではなく、里親になったものだったため、貰った当時に多少調べたのです。私は家の近くで野良猫を見かけてもエサはやりません。毎日必ずあげられるのか、そして不幸な猫を増やさないための避妊手術を施して上げられるのかと考えた時、それを恒久的に続けることは無理だからです。それでは何かをしているのかといえば何も…。しかし、自身の身を削るようにして犬猫のために尽くしている多くの方々が実際いらっしゃるのでした。本当に頭が下がります。

04 05

避妊手術をする獣医さんたちは、猫の子宮に赤ちゃんがいることがあるそうです。産まれてしまったら里親を探したりと面倒を見ますが、いるとわかっていても産まれる前であれば中絶します。動物たちの命の重みを誰よりも感じ、本来であればそれを救うために獣医師になったはずの先生方は断腸の想いで手術をします。そうしなければ不幸な猫がより増えてしまうから。監督は取材しながらおなかの中から取り出された子宮を手で触ります。まだ温かいそれは正に命そのものであり、監督はそれを彼の心の中にしっかりと刻み込むかのように触れていました。

06 07

行政施設に引き取られた犬猫の大半は数日間の間に炭酸ガスで窒息死させられます。毎朝一回行われる処分、取り上げられたエピソードで衝撃的だったのは、その一回に間に合わず引き取られた仔猫がその場で麻酔注射により処分をされるということ。切ないというより、何も考えられませんでした。山梨の通称「犬捨て山」で住み込みで犬の面倒を見ているおじさんは、電気も引かず夜はろうそくで過ごします。そこを支援しているオーストリア人の写真家マルコ・ブルーノさんはこう言いました。

「日本人はペットを殺す人種。日本の犬にだけは生まれて来たくない。」

08 09

誤解のないように書きますが、彼は来日35年の親日家です。日本と日本人を愛して下さっている方です。その彼がこの言葉を語ること自体、いかに日本の動物行政が、そして日本人のペットに対する責任・モラルが欠如しているのかを表しています。動物愛護の先進国イギリスでの取材シーン。私は知らなかったのですが、そもそも命の売買自体を禁止しているということで、ヨーロッパでは犬や猫を売るお店はないのだそうです。犬が欲しい家族は保護センターを訪れて引き取るか、ブリーダーから直接譲ってもらうというのが一般的なんですね。保護センターを訪れた少年の言葉は忘れられません。

「彼(犬)は人間に捨てられたのだから、今度は僕たち(人間)が一杯愛情を注いで上げなくてはいけないんだ。」

10 11

日本でも動物愛護法の制定など徐々には行政の対応も進んではいますが、それよりなにより、親が子供に、先生が生徒に小さな命を慈しみ大切にするという極当たり前のことを子供の時から教えなければいけないんだと痛感します。可愛いだけではなく、家族の一員として共に生きていく幸せを普通に感じられるような日本人で、人間でありたい。最初に書いた通り、そのために今私が出来ることは少ないですが、一映画ファンとして、この作品を多くの皆さんが見て下さるように紹介させてもらいました。

Inuneko

個人的おススメ度5.0
今日の一言:是非お子さんと見て欲しい。そして話して欲しい。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 銀色の雨 | トップページ | パブリック・エネミーズ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32486083

この記事へのトラックバック一覧です: 犬と猫と人間と:

» 犬と猫と人間と [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。稲葉恵子企画、飯田基晴監督。ドキュメンタリー映像出演:稲葉恵子、前川博司、マルコ・ブルーノ、小西修、小西美智子、山本央子、藤本聖香、小林昭雄。東京・渋谷のとある喫茶店。飯田監督と犬や猫のための映画を撮って欲しいという稲葉さんとの会話から始まる。...... [続きを読む]

受信: 2009年12月 5日 (土) 00時15分

» [映画]犬と猫と人間と [余白日記]
出てくる犬や猫の中でも、しろえもんが印象に残った。 しろえもんは愛護協会に預けられた犬で、人懐っこいのだけど ちょっとお調子者で、一度は里親にもらわれたものの扱いが難しいと 返されてしまい、しつけのトレーナーに訓練を受けている。 人と暮らすために、身につけな... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 22時34分

» 「犬と猫と人間と」 [みんなシネマいいのに!]
 今はどうか知らないが、その昔は子供の仕事は弟や妹の面倒をみるのと、犬の世話があ [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 14時58分

« 銀色の雨 | トップページ | パブリック・エネミーズ »