« 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE | トップページ | かいじゅうたちのいるところ »

2009年12月17日 (木)

倫敦から来た男

Photo 2007年のハンガリー映画。『ヴェルクマイスター・ハーモニー』から7年ぶりにタル・ベーラ監督が送るサスペンスドラマだ。主演はミロスラヴ・クロボット。共演に最近では『バーン・アフター・リーディング』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』が記憶に新しいティルダ・スウィントン。偶然にも殺人を目撃し、大金を手にしたことで大きく運命が変わった鉄道員を描いている。タル・ベール監督の独特の手法に注目だ。
>>公式サイト

殆ど催眠術?鑑賞には要注意。

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

Googleの検索欄に“ハンガリー映画”と打ち込むと、『人生に乾杯』という選択肢が出てきます。そしてそれは私の頭の中のデータベースも同じで、そのぐらいしか思い浮かびません。何度か観た予告編によるとモノクロ映像で綴られるサスペンスドラマだとの触れ込み。ハンガリーのサスペンスドラマって?たったコレだけのフックで鑑賞してしまう私もどうかと思いますが、いやはや、タル・ベーラ監督が鬼才と呼ばれる理由の一端を垣間見た思いがしました。正直言ってサスペンス度は全然高くはありませんが、独特の演出法は観ている途中はもとより、鑑賞後に後を引くものでした。

02_2 03_2

そもそも冒頭からいきなりその特異な演出が発揮されます。スクリーンに広がるのは船着場とそこに隣接して停車している列車の様子。船からは数人の人が降りてきて何やら話している…。俯瞰の映像は数分間、ナレーションもセリフもないままにただひたすら映し出されています。何が何だか解りません。というか既にこの段階で眠気が襲ってきます。暫く観ているとようやくこれが主人公マロワン(ミロスラヴ・クロボット)の視線だったことに気が付いたのでした。まだ主人公が登場する前にその目線だけ何分も映し出す…、しかしこれが言わばマロワンの日常が非日常へと変わる入り口を意味するものだったのです。

04_3 05_3

このマロワンが偶然にもロンドンから来たブラウンという男の殺人現場を目撃してしまいます。殺された男は海に落ちますが、彼が持っていたトランクを海から拾い上げるとそこには大金が入っていたのでした。濡れたお札をストーブで乾かすと、マロワンはそれをコッソリと隠します。で、どこからがサスペンスなのかといえば、どこからもサスペンスにならない…。いや、そのお金を探している人間にとってはサスペンスなのかも知れないんですが。やがてロンドンからモリソン刑事が訪れブラウンとその妻を訪ねます。その目的はロンドンで盗まれた6万ポンドの金でした。

06_2 07_2

っとまあざっとにストーリーを書いてますが、観ている時はそんなに簡単じゃないんです。とにかくワンシーンの長いこと長いこと!言い換えるとそのシーンでメインとなる部分の前後に異様なほど長いのりしろが付いているとでも言うのでしょうか。例えば2ショットでの会話のシーンがあるとすると、会話が終わって片方が部屋を出て行っても尚残されたほうのアップを撮り続けるといった感じ。通常ならとっくに「カット」がかかっていても良いでしょうが、その間俳優はセリフも何もないままに表情だけでその心情を表現しなければなりません。しかもただ映しているだけでなく、超ゆっくりとズームインをしていたりするのだから参ります。

08_4 09_2

おかげでキャラクターの内面的な想いは十分すぎるほど伝わりますが、反面リズム感とかテンポの良さとかは皆無。故に自動的にオヤスミモード発動となりやすいです。実際私も数回落ちかけましたし。それでもモノクロ映像が織り成す光と影のコントラストは、それそのものが幻想的で魅力的だったりします。とにかく全体を通してもセリフは少なく、音楽と映像だけで見せるパートが非常に多い…というかそっちの方が多いかもしれません。もし鑑賞する方は、よく寝て食後2時間以上は経ってからでないとほぼ間違いなく船を漕ぐ羽目になると思います。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:色んな映画があるものです…

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE | トップページ | かいじゅうたちのいるところ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32624655

この記事へのトラックバック一覧です: 倫敦から来た男:

» 倫敦から来た男 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 ハンガリー&ドイツ&フランス  サスペンス&犯罪&ドラマ  監督:タル・ベーラ  出演:ミロスラヴ・クロボット      ティルダ・スウィントン      ボーク・エリカ      デルジ・ヤーノシュ 【物語】  とある港町、毎晩ガラスの檻のような制御室か....... [続きを読む]

受信: 2009年12月19日 (土) 23時47分

» 『倫敦から来た男』(2007)/ハンガリー・ドイツ・フランス [NiceOne!!]
原題:ALONDONIFE'RFI/DERMANNAUSLONDON/L'HOMMEDELONDRES/THEMANFROMLONDON監督・脚本:タル・ベーラ原作:ジョルジュ・シムノン出演:ミロスラヴ・クロボット、ティルダ・スウィントン、ボーク・エリカ、デルジ・ヤーノシュ、レーナールト・イシュトヴァーン観賞劇場 ...... [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 06時49分

» 倫敦から来た男 [映画的・絵画的・音楽的]
 『倫敦から来た男』を渋谷のシアター・イメージフォーラムで見てきました。  ハンガリーの映画については何も知らず、また上映館がこれまで1回しか行ったことのないミニ・シアターだということもあって、なんとなく面白いかなと思って出かけてみました。  この映画館については、4年ほど前にそこで『雨の町』を見ただけで、気にはなりながらも、宮益坂を上がったところにあってチョット行きにくい感じがあるせいか、その後ご無沙汰していました。  行ってみますと、渋谷のアチコチはこの数年の間にかなり変貌しているものの、こ... [続きを読む]

受信: 2010年1月26日 (火) 05時59分

» 倫敦から来た男(2007) [銅版画制作の日々]
 The Man from Lonndon ある晩、静かな港で起こった殺人事件。偶然にも大金を手に入れた男と失った男。二人の人生が交錯し、運命の歯車が狂ってゆく。 3月1日、京都みなみ会館にて鑑賞。何と3日間の限定公開です。実は物語を把握出来なくて正直困ってしまいました。そしてもうひとつ困ったのは睡魔に襲われたことです。写しかたも独特です。船の底から上に向けてかなり遅いスピードで映し出されて行きます。なかなか人物の登場がなくて。。。。一体どうなっているんだろうか?なんて考えてしまいます。 よう... [続きを読む]

受信: 2010年3月 3日 (水) 01時07分

» ■『倫敦(ロンドン)から来た男』■ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2007年:ハンガリー+ドイツ+フランス合作映画、タル・ベーラ監督&脚本、ジョルジュ・シムノン原作、ミロスラヴ・クロボット、ティルダ・スウィントン、ボーク・エリカ、デルジ・ヤーノシュ、レーナールト・イシュトヴァーン出演。... [続きを読む]

受信: 2010年3月 8日 (月) 02時49分

» 倫敦から来た男 [映画鑑賞★日記・・・]
【A LONDONI FERFI/DER MANN AUS LONDON/LH】2009/12/12公開 ハンガリー/ドイツ/フランス 138分監督:タル・ベーラ出演:ミロスラヴ・クロボット、ティルダ・スウィントン、ボーク・エリカ、デルジ・ヤーノシュ、レーナールト・イシュトヴァーンある晩、静か...... [続きを読む]

受信: 2010年9月 7日 (火) 13時00分

» 倫敦から来た男 / 61点 / THE MAN FROM LONDON [ゆるーく映画好きなんす!]
倫敦から来た男は睡眠薬を持っていた(-ω-)ZZZZ 『 倫敦(ロンドン)から来た男 / 61点 / A Londoni f?rfi 』 2007年 ハンガリー/ドイツ/フランス 138分 監督: タル・ベーラ 共同監督: フラニツキー・アーグネシュ 製作: テーニ・ガー... [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 22時34分

» mini review 10493「倫敦(ロンドン)から来た男」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
ハンガリーの鬼才タル・ベーラが前作『ヴェルクマイスター・ハーモニー』から7年ぶりに放つノワール・サスペンス。「メグレ警視」シリーズで知られる文豪ジョルジュ・シムノンの同名小説を原作に、偶然にも殺人を目...... [続きを読む]

受信: 2010年10月16日 (土) 00時52分

« 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE | トップページ | かいじゅうたちのいるところ »