« Sダイアリー/S 다이어리 | トップページ | ラブリーボーン »

2010年1月15日 (金)

海角七号 君想う、国境の南

Photo 台湾映画史上歴代1位のヒット作との触れ込みだ。戦後60年以上届かなかったラブレター、やむない理由で台湾を離れた男が友子という女性に送ったその手紙が、現代の友子と台湾人男性の恋愛とオーバーラップする…。主演は人気歌手のファン・イーチェンと日本人女優・田中千絵、監督はウェイ・ダーション。歌手の中孝介も本人役で映画初出演している。暖かな歌声に心打たれる。
>>公式サイト

台湾と日本の未来に夢を持ちたい

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

惜しい!序盤の一通り登場人物を紹介するシークエンスがもっとコンパクトで判り易かったら良かったのに。中盤から後半にかけては阿嘉(ファン・イーチェン)と友子(田中千絵)の恋愛模様を中心に描きつつ、それが60年前の悲しい別れのシーンとオーバーラップする様子に心打たれます。恋愛模様だけでなく、地元で組んだバンドやその音楽を通じて、日本人と台湾人、台湾人の中でも漢民族と原住民族、更には漢民族の中でも客家人までもが登場し、多彩な出自をもつ人々が融和した台湾らしさが表現された作品でした。

02 03

そもそも事の発端は阿嘉が郵便配達のバイトをするときに見つけた宛先不明の郵便物。日本統治時代の「海角七号」という住所に宛てたその郵便物には、終戦時に台湾を離れることになった日本人男性から小島友子という台湾人女性に宛てた7通のラブレターが入っていたのでした。台湾人なのに小島友子?ここにひとつのキーポイントがあります。日本統治時代には多くの台湾人が日本名を名乗っていたといいますが、ラストシーンで小島友子の若いころの映像が映し出され、見た目で台湾人であることが判るまでは、現代の日本人にはちょっと理解しにくいかもしれません。

04_2 05

それ故に序盤はたびたびインサートされる手紙の朗読に違和感を覚えました。ただそれに気付かなくても、友子が阿嘉のことを好きになると朗読から受ける感じ方が変わってくるから不思議です。正確に言うと無意識のうちに判っていたのでしょう。敗戦国の国民故に台湾に残ることを良しとしなかった男性、当時としては帰国は止むを得ない選択でした。しかし現代の日本人・友子と台湾人・阿嘉の間にはそんな問題は存在しません。「愛し合っているならば共にいれば良い。今君たちの間を妨げる何ものをもありはしない。」と語りかけてくるようです。

06_2 07

阿嘉は、ミュージシャン中孝介のコンサートの前座として急遽結成されたバンドのボーカリスト。友子はこのバンドの面倒をみています。月琴を弾く人間国宝の茂老人(リン・ゾンレン)、ギターのローマー(ミンション)、キーボードの少女ダダ(マイズ)、ベースのマラサン(マー・ニエンシエン)、ドラムのカエル(イン・ウェイミン)。集められたメンバーは少女から老人、漢民族に原住民族、洋楽器に伝統楽器…。つまりバンドは台湾そのものであり、世話をする友子は日本そのものと言えるのかもしれません。途中「あの発音じゃ聞き取れない。」とか「日本人は面倒だ」などという台詞があります。

08 09

もちろん心から嫌って言っているわけではありません。ですが、そこに作り手が込めた、今の日本と台湾との距離感が現れているような気がしてなりませんでした。友子はコンサートが終わったら日本に帰ることになっています。また60年前の悲しみが繰り返されるのか…それだけに阿嘉が友子に「行くな!」と言ってあげるシーンは、ほんの短い台詞ながらも心の底から嬉しかった。カッコいいぞ阿嘉!と言いたかった…。台湾を体現したバンドの素晴らしい演奏、そして何より伝統楽器を使って日本でお馴染みの童謡「野ばら」を歌ってくれたことが日本人としては嬉しくて涙がこぼれました。

10 11

実際には阿嘉役のファン・イーチェンを始めプロのミュージシャンが殆どなので、上手くて当たり前といえばそうですが、それでもイーチェンと中孝介の「野ばら」のデュエットは耳に残る素晴らしい歌声。ちなみに友子訳の田中千絵さんはメイクアップアーティストのトニー田中さんの娘さんなんだとか。現在台湾に留学しながら活躍中とのことですが、北京語の発音は劇中言われていたように、少し気になる所はあったもののの、さすがに全体のしゃべりは流暢なものだったと思います。ドラマにも出演するそうなので、ワールドワイドな活躍を期待したいですね。

12 13

もちろん必ずしも本作のように美しく綺麗なことばかりではないのは現実でしょう。台湾内での多文化の融合や日台・日中・台中関係の現実は当然ありますし。しかしやはり本作のように未来志向な作品の方が見ていて清々しいのは間違いありません。同じ中国語文化圏でも、価値観が共有できる人々との未来には夢を抱ける気がします。台湾に行きたくなりました。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:茂老人は本当に人間国宝だったのね…

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« Sダイアリー/S 다이어리 | トップページ | ラブリーボーン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32995832

この記事へのトラックバック一覧です: 海角七号 君想う、国境の南:

» 海角七号 [映画的・絵画的・音楽的]
 『海角七号/君想う、国境の南』を銀座のシネスイッチに行って見てきました。  この映画については、タイトルの意味が分からず余り関心もなかったところ、前田有一氏の映画評に「台湾で爆発的にヒットした(同国映画としては史上一位)」とあったことから、ベルギー映画『ロフト.』を見に行ったときと同じ感覚で(その映画に馴染みのない国のものという点で)、映画館に出向いてみました。  実際に見てみますと、地方都市に誕生した急ごしらえのロックバンドが聴衆に感動を与える演奏を行った、という最近よく見かける筋立てのもの... [続きを読む]

受信: 2010年1月15日 (金) 18時39分

» 海角七号/君想う、国境の南 [to Heart]
時が流れても、心に残る歌がある。 遠く離れても、忘れられない人がいる。 原題 海角七號 製作年度 2008年 製作国・地域 台湾 上映時間 130分 監督・脚本 ウェイ・ダーション 出演 ファン・イーチェン/田中千絵/中孝介/イン・ウェイミン/マー・ニエンシエン/ミンション/イン・ウェイミン/マイズ/レイチェル・リャン この作品は、本国台湾で『タイタニック』に次いで歴代2位の映画興行成績を収め、空前の大ヒットを呼び込んだという作品。 久々に苦手なシネスイッチ銀座にて鑑賞。結構混んでいましたが... [続きを読む]

受信: 2010年1月15日 (金) 21時46分

» 映画 「海角七号/君想う、国境の南」 [ようこそMr.G]
映画 「海角七号/君想う、国境の南」 [続きを読む]

受信: 2010年1月15日 (金) 23時31分

» 海角七号 君想う、国境の南 [風に吹かれて]
茂じいちゃんが良い[E:note]わらべはみ~た~り[E:note]公式サイト http://www.kaikaku7.jp台北でミュージシャンとして成功するという夢に破れ、台湾最南端にある故郷の恒春 [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 00時13分

» 海角七号 君想う、国境の南 海角七號 [まてぃの徒然映画+雑記]
2008年、台湾で公開されると尻上がりに興行収入を上げていって、ついには台湾映画史上1位、そして洋画を含めても『タイタニック』に次ぐ記録をたてて、「君は海角七号を見たか?」という言葉が挨拶がわりになるほど台湾で支持された映画ということで、かなり期待をもって...... [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 10時50分

» 海角七号 / 君想う、国境の南 [しぇんて的風来坊ブログ]
台湾で「タイタニック」に次ぐ歴代観客動員を記録したこの作品はベタな展開や演出ながら清廉な想いが発ち起こってくるような作品だった。挫折・思い通りにいかない人へのいたわりを描きながら、かつて日本に統治され離れ離れになった男の手紙という形で台湾に残した女性への思いをナレーションとして使いながら、それを配達する行為が、過去と現在を繋ぐように、現在の男女『男が台湾の者で女が台湾で苦労している日本人となる』の恋愛の始まりをも示していく。ただ、物語の概ねは台湾南端の恒春にて開かれるイベントにて日本から招く歌手(中... [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 16時46分

» 「海角七号〜君想う、国境の南〜」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                         「海角七号〜君想う、国境の南〜」 シネスイッチ銀座にて。 監督・ウェイ・ダーション 台湾国内で爆発的な大ヒットとなった(「タイタニック」に次いで歴代2位!)本作であります。 ネタバレあります・・。 舞台は台湾最南端の町、恒春。 台北で音楽の道を夢見ていた主人公・アガ(ファン・イーチェン)が、夢に届かず、故郷の 恒春に帰ってきた・・。 とるものとりあえず、郵便の配達の仕事をいやいや始めたアガだったが・・。 ある日の郵便物の中に、あて先住所不明... [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 18時50分

» 海角七号 / 君想う、国境の南 [Diarydiary! ]
《海角七号 / 君想う、国境の南》 2008年 台湾映画 - 原題 - 海角七號 [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 20時16分

» 海角七号 君想う、国境の南 [象のロケット]
ミュージシャンへの夢をあきらめ、故郷に戻った青年・阿嘉(アガ)は郵便配達の仕事を得る。 住所不明の小包を開けると、60年前のラブレターが入っていた。 そんなある日、阿嘉は日本人歌手・中孝介を招いて催される“町おこしライブ”の前座バンドに無理やり駆り出されてしまう。 メンバーは寄せ集めで練習もままならず、日本人女性スタッフともぶつかってばかり…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 21時03分

» 海角七号 - 君想う、国境の南 - [ダイターンクラッシュ!!]
2010年1月10日(日) 19:00~ シネスイッチ銀座1 料金:1500円(チケットぴあで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『海角七号 - 君想う、国境の南 - 』公式サイト 台湾映画史上最大のヒット作だそうだ。 売れないミュージシャンの青年が、夢破れ台北を離れ、どこか南のほう(と思われる)田舎町に帰ってくる。ブラブラしていたが、町の有力者である継父(と思われる)に郵便配達の仕事をさせられることになる。まともに配達せず自分の部屋に郵便物を放置する青年。その中に重箱に入... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 04時50分

» 「海角七号 君想う、国境の南」:大関横丁バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}ここ三ノ輪橋駅が王子電気軌道の駅としてできたのは、大正二年にさかのぼる。 {/hiyo_en2/}戦前、戦中、戦後と日本の歴史をつないで、戦争で負けた日本人が南方から帰ってきたころにも健気に走っていたんでしょうね。 {/kaeru_en4/}台湾で大ヒットした「海角七号 君思う、国境の南」もまさしく、そういう歴史と現在をつなぐ映画だ。 {/hiyo_en2/}終戦で引き揚げざるを得なかった日本人男性と台湾に残った女性との引き裂かれた恋。そして、現代の台湾人男性と日本からや... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 09時35分

» 『海角七号⁄君想う、国境の南』 背後のテーマ群 [Days of Books, Films ]
「コンサートもの」とでも呼べばいいのかな、主人公が紆余曲折をへてコンサートを成功 [続きを読む]

受信: 2010年1月18日 (月) 17時18分

» 「海角七号/君想う、国境の南」 [みんなシネマいいのに!]
 ポスターの明朝体っぽい文字とタイトルで何となく海洋アクション物かなと思っていた [続きを読む]

受信: 2010年1月21日 (木) 01時20分

» 『海角七号 君想う、国境の南』 [めでぃあみっくす]
素直にステキだと思える映画でした。今は無き日本統治時代の住所「海角七号」への想いと阿嘉が友子への想いを込めた「海角七号」という曲に涙が止まりませんでした。 60年前の純粋な想いが時代も国境も民族の壁も年齢も越えて現代に生きる人々に伝わるこのステキさと7通の....... [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 21時57分

» 海角七号 君想う、国境の南 [そーれりぽーと]
台湾で記録に残る大ヒットをしたのだそうで、「台湾映画=まだまだ微妙」なイメージを払拭する事が出来るかと楽しみに『海角七号 君想う、国境の南』を観てきました。 ★★ うーん、まだまだ微妙。 冒頭から脱線しまくりなのに加えて、中華系映画の中で台湾映画にはまだ残る「短いシークエンスでもサービス精神でカットせず詰め込む感」も加わり、主題なはずの統治時代の恋文の物語がいつまで経ってもおざなりのまま、日本人孟女と台湾人青年の全く接点の無いストーリーが飽きてしまう程に長時間展開する。 例えて言うなら、半年ク... [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 01時00分

» 海角7号 君想う、国境の南○海角七號 [銅版画制作の日々]
魔可不思議なタイトル? 実はタイトルをどう読むのか知らなくて。シアターの受付でえ〜っと何て読むんですか?と聞いてしまいました(汗)チラシを見たら書いてあったのに、まったく読まず。 “かいかくななごう”と読みます。それにしても変なタイトルです。台湾語で「ハイジャオチ―ハオ」と発音。2008年8月に台湾で公開されて以来、ドンドン動員数を伸ばした大ロングラン作品だそうです。まったく予備知識なく、今回もシアターへ足を運んだわけですが。。。。台湾歴代ナンバー1。外国映画を含めてもあの「タイタニック」に次ぐ... [続きを読む]

受信: 2010年2月20日 (土) 20時32分

» 『海角七号 君想う、国境の南』:ありゃ、現代が舞台だったのね @ロードショウ・ミニシアター [りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど]
60年間届かなかったラブレター。 台湾と日本を結ぶ手紙。 現代と40年代が交互に描かれる・・・・と予備知識なしで観る前、勝手に思い込んでいました。 [続きを読む]

受信: 2010年2月20日 (土) 23時19分

» 海角七号 君想う、国境の南 [cochi のArt-Mill]
この映画見て思ったことです。 少しずつですが、僕らが生きているこの東アジアのボーダレス化が進んでるなぁと。政治権力の枠(ボーダー)はまだまだ厳しいくらいですが、人の繋がりは明らかに広がってるいます。未来に希望が持てる映画でした。そう想うことに決めた作品です。  《海角七号 君想う、国境の南》公式サイト [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 21時54分

» ■映画『海角七号/君想う、国境の南』 [Viva La Vida!]
2008年の9月に台湾で公開され、大ヒットを記録した映画『海角七号/君想う、国境の南』。 台湾の歴代映画興行成績ランキングで、2位という記録を打ち立てた映画です。 第二次世界大戦終戦時と現代の、台湾人と日本人のふたつの恋物語を、台湾の南端・恒春ののどかな雰囲気の中... [続きを読む]

受信: 2010年2月27日 (土) 02時43分

» 海角七号 君想う、国境の南 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
時が流れても、心に残る歌がある。 遠く離れても、忘れられない人がいる。 今はない住所、海角七号 配達されなかった 七通の手紙 台湾の海辺の町と 日本をつなぐ切ない恋が 60年の時を超えて あなたの心に届きます... [続きを読む]

受信: 2010年3月 1日 (月) 01時31分

» 「海角七号/君想う、国境の南」 [再出発日記]
丁寧に作っているところと矛盾いっぱいの部分と、不思議な脚本だ。監督・脚本:ウェイ・ダーション出演:ファン・イーチェン、田中千絵、中孝介、シノ・リン、レイチェル・リャン最初のほう少しもたつくが、しだいとこの寄せ集めのバンドは、漢民族、先住民族、そして日本...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 5日 (月) 23時28分

» 海角7号 君思う、国境の南 [迷宮映画館]
ここは茂老人にもってかれました! [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 10時28分

» 海角七号/君想う、国境の南 [tomozoのうれし★たのし★大好き]
名匠エドワード・ヤンのもとでキャリアを重ねたウェイ・ダーション監督が、約60年前の小さな恋物語や現代の若者の姿を通して、夢かなわなかった者たちの思いを映し出す。台湾では大ヒットし、台湾金馬奨6部門受賞、タイタニックに次いで台湾歴代映画興行成績のランキングで2位になった。なんだか見る前から期待しちゃう要素が多すぎる。でも、待てよ。興行成績がいいからって、良い映... [続きを読む]

受信: 2010年5月14日 (金) 12時32分

» 「海角七号/君想う、国境の南」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
勝手に私が想像、期待していた内容とは、かなり違っていました。 [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 17時02分

» mini review 10467「海角七号/君想う、国境の南」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
1940年代と現代の台湾を舞台に、約60年間届かなかったラブレターが2つの時代の恋物語をつなぐ切ないラブストーリー。名匠エドワード・ヤンのもとでキャリアを重ねたウェイ・ダーション監督が、約60年前の小さな恋物語や現代の若者の姿を通して、夢かなわなかった者たちの思いを映し出す。主演は人気歌手で映画初出演のファン・イーチュン。現代のヒロインに日本人女優の田中千絵。日本の原風景のようなロケーション映像が郷愁を誘う。[もっと詳しく] 懐かしくて新しい・・・日本と台湾の親和性のようなもの もう20数年前... [続きを読む]

受信: 2010年7月11日 (日) 18時31分

» 「海角七号:君想う、国境の南」 (2008 台湾) [事務職員へのこの1冊]
 娘がまだ小さかったころ、いっしょにテレビの「ポケットモンスター」を寝っ転がって [続きを読む]

受信: 2010年9月25日 (土) 10時14分

» 海角七号 君想う、国境の南 [ゴリラも寄り道]
海角七号/君想う、国境の南 [DVD](2010/06/25)ファン・イーチェン田中千絵商品詳細を見る<<ストーリー>>1940年代、日本統治下の台湾。若い日本人... [続きを読む]

受信: 2010年10月15日 (金) 02時12分

» 映画「海角7号」君想う、国境の南 [郎女迷々日録 幕末東西]
 「半次郎」で、そういえば去年も東京で映画を見て失敗したなあ、と思い出しました。     [続きを読む]

受信: 2010年11月23日 (火) 13時47分

» 海角七号 君想う、国境の南/ファン・イーチェン [カノンな日々]
この映画、何となくスルーしちゃってたんですが何だか評判が良さげで気になってたんですよね。そうしたら六本木でも上映が始まったようなのでそれならばと観るつもりでいたら今度 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 11時40分

» 映画評「海角七号/君想う、国境の南」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年台湾映画 監督ウェイ・ダーション ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年8月23日 (火) 12時05分

» 『海角七号/君想う、国境の南』 ('11初鑑賞116・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月26日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年8月27日 (土) 20時18分

« Sダイアリー/S 다이어리 | トップページ | ラブリーボーン »