« 彼岸島 | トップページ | ヒトラーの贋札 »

2010年1月 4日 (月)

最後の贈り物/마지막 선물...귀휴

Photo 難病に冒された娘セヒ。彼女を救えるのはたった一人、刑務所で服役中のカン・テジュだけだった…。そんなセヒを支える父親チョ・ヨンウは刑事であり、テジュの親友でもあった。この3人の運命の歯車が動き出す。主演は『天国の階段』のシン・ヒョンジュンと『朱蒙(チュモン)』のホ・ジュノ。子役のチョ・スミンが可憐な娘を演じている。監督はキム・ヨンジュン。

>>公式サイト

圧巻の子役 チョ・スミン

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

韓流シネマフェスティバル2009での公開作品。全部で5本鑑賞予定のうちの4本目となります。11月に公開してからまた順番が回ってくるのに時間がかかってたんですよね。例によって出演者は全て所見の皆さんばかり。しかも幼い女の子が難病に冒されるというある意味反則的な設定だけにちょっと観ようか迷ったのでした。原作はTV局が公募したものだということですから、我々が韓流映画に抱く情緒豊かな作品になっているであろうことは想像に難くありません。まあ、お国柄ですね。

02 03

さて、そんなベタな展開を想定しつつ観始めたのですが、正直言って最初のうちは中々物語に入り込めませんでした。というのも、あまりに突拍子もない設定に驚いてしまったから。主人公チョ・ヨンウ(ホ・ジュノ)は刑事で、ある日一人娘のセヒ(チョ・スミン)をウィルソン病という難病に冒されます。肝臓に銅が溜まり肝障害を起こすこの病気を治すには移植をするしかないらしいんですね。それはいいんですが、そのドナーとなるのが殺人を犯し無期懲役で服役中のカン・テジュ(シン・ヒジョン)。

04 05

ドナーになることで一時出所が認められたり減刑の可能性が出るのはともかく、ドナーとレシピエントの家族が知り合うということがまず最初の驚き。更にテジュの体調を整える間、なんとヨンウは彼を自宅に泊めてしまうのです。この後ヨンウとテジュは幼馴染で元親友だということが判明しますが、それと服役囚を自宅に泊めてしまうのは別問題でしょうに。しかも囚人側がドナーで、刑事という国家権力側がレシピエントというのも何やら嫌らしさを感じてしまったのでした。

06 07

ところが!なぜそうなるのかという秘密が明らかになるにつれ、自然と引き込まれていきます。まあベタな展開なのでここまで聞いただけでもある程度は察しがつくとは思うのですが…。さて、本作の主演は言うまでもなくシン・ヒョンジュンとホ・ジュノな訳ですが、子役のチョ・スミンちゃんの存在感はその2人に勝るとも劣らないものでした。これがかなり上手いです。子供らしい愛らしさ全開でありながら、時におませなところもみせ、クライマックスでの彼女の熱演など完全に大人2人を食ってました。彼女を見るために作品を観ても良いぐらいです。

08_2 09

(ここからネタバレ含む)
さて、ここからはネタバレで。もう勘のよい方はというか、良くない方もお察しどおり、テジュはセヒの実の父親でした。何でわざわざ服役中の囚人をドナーにしたかといえば、親子で適合したから。ではヨンウが父親というのはどういうことなのか?実はセヒの母親ヘヨン(ハ・ジウォン)はヨンウたちと幼馴染だったんですね。すなわち本作は一見すると難病モノの物語でありながら、実は亡くなったヘヨンとヨンウ、テジュの3人のラブストーリーなんです。ですから実際にセヒが手術をするシーンだとか、そのあたりの描写はありません。彼女の病気がメインテーマではないから。

10 11

セヒが実の娘と解ってから己の生き方を後悔するテジュ、ヘヨンを失ってセヒまでも失いたくないヨンウ。この2人にとってセヒはヘヨンからの『最後の贈り物』であり、かけがえのない宝であることが2人の表情に良く現れています。抱えるものが大きい分悩みも大きい大人2人に対して、天真爛漫としか言いようがない笑顔で写真に納まるセヒの顔が作品全体の救いになっていました。

KLY'sおススメ度3.5
今日の一言:キム・サンホは何でも出てくるなぁ。(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 彼岸島 | トップページ | ヒトラーの贋札 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32842745

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の贈り物/마지막 선물...귀휴:

» 『最後の贈り物』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
昨日の夜は、シネマート銀座試写室に、韓国映画『最後の贈り物』の試写会に行ってきました。 モニタープラザの、株式会社エスピーオーさんの案件で韓国シネマフェスティバル2009のブロガー試写会に当選しての参加です。 このところ、エスピーオーさん関連の案件は当選が続いて... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 20時43分

» 最後の贈り物/シン・ヒョンジュン、ホ・ジュノ [カノンな日々]
今年の映画初めは韓国映画になりました。そういえば昨年の映画納めもシネマート六本木での韓国映画だったんですよね。新作映画の少ないこの時期に韓シネが開催されているというのは私としては嬉しいかも。シン・ヒョンジュン、ホ・ジュノの映画、TVドラマで活躍してきたベテ....... [続きを読む]

受信: 2010年1月 5日 (火) 23時12分

» 【韓フェス2009】『最後の贈り物』(2008)/韓国 [NiceOne!!]
原題:帰休/HisLastGift監督:キム・ヨンジュン出演:シン・ヒョンジュン、ホ・ジュノ、ハ・ジウォン鑑賞劇場:シネマート六本木韓流シネマフェスティバル2009公式サイトはこちら。<Story>組織のために愛する女性と人生を捨てて殺人を犯した無期囚テジュ(シン・ヒ...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 10時04分

» mini review 10488「最後の贈り物」★★★★★☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
『天国の階段』のシン・ヒョンジュン主演によるヒューマンドラマ。娘が肝臓に重い障害を抱えていると知ったシングルファーザーのヨンウは、服役中の友人・テジュに臓器の提供を依頼するのだが…。ハ・ジウォンが特別出演。 韓国映画のほどほどの作品は、やはりなかなか見るのを止められない。 相変わらず、DVDの数本に一本は、韓国映画を見ている。 たとえばこの週末に見た、韓国映画3本。 『最後の贈り物』、『その男の本、198ページ』、『 あなたは遠いところに』。 『最後の贈り物』は、妻が死んだ後育てている娘にウィル... [続きを読む]

受信: 2010年9月24日 (金) 11時31分

« 彼岸島 | トップページ | ヒトラーの贋札 »