« すべては海になる | トップページ | すべて彼女のために/Pour elle »

2010年1月29日 (金)

インビクタス 負けざる者たち

Photo_2 『チェンジリング』『グラン・トリノ』と素晴らしい名作を世に送り出し続けているクリント・イーストウッド監督の最新作。アパルトヘイト撤廃後のラグビー南アフリカワールドカップを巡りマンデラ大統領を中心とした実話を映画化したヒューマンドラマだ。主演はマンデラ元大統領たっての願いでもある名優モーガン・フリーマンと、「ボーン」シリーズのマット・デイモン。また一つ名作が生まれる。
>>公式サイト

嗚呼、心が歓びに包まれる―

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

イーストウッド監督に外れなし。今回もまた素晴らしい作品を私たちに見せてくれました。「インビクタス」とはかのネルソン・マンデラ氏が獄中で心の支えにした詩のタイトルで、“征服されない”という意味だそうです。本作は悪名高き南アフリカのアパルトヘイト撤廃後の1994年に大統領に就任したマンデラ大統領が、新しい南アフリカを作る過程において、ラグビーのワールドカップに挑む代表チーム・スプリングボクスとの関わりを描き出した実話の映画化です。しかし…イーストウッド監督らしく、素晴らしく心に残るシーンが多くて何から書いて良いのか解りません。

02_2 03_2

まず前提として、当時はアパルトヘイトが撤廃されたといってもまだまだ差別意識が強烈に残っていたこと、ラグビー南アフリカ代表チーム・スプリングボクスが黒人にとっては白人の象徴で憎むべき対象あること、これを頭に入れておかなくてはいけません。もちろんそれは劇中で十分解るようになっています。その上で、スプリングボクスが勝ち進むにつれて、4200万人の国民それは白人も黒人も含めてですが、彼らが少しずつ一つの南アフリカ人として心に変化を来たしていく様子が描かれています。それはもう様々なシチュエーションで丁寧に丁寧に。

04_2 05_2

まず物語の冒頭はマンデラ氏が釈放されるところから。サッカーのコーチをしていた白人が「白人として忘れるな、今日が屈辱の始まりだ。」と言うゼロどころかマイナスからのスタートなのが見て取れるシーンです。そしてモーガン・フリーマンが登場した瞬間、私の心はもう鷲づかみでした。何と言う圧倒的な存在感、しゃべる一言一言、その仕草、醸し出す雰囲気、全てがパーフェクトで一気に引き込まれます。実際にマンデラ元大統領が彼に自分を演じて欲しいと願ったそうですが、顔かたちは違えども、そこには確かにマンデラ大統領がいました。

06_2 07_3

一方、スプリングボクスの主将を務めるのがフランソワ(マット・デーモン)。恐らくこの役の為に体を作ったのでしょう、筋肉質ながっしりとした体は惚れ惚れするほど。そのちょっと優しく知的な表情は、偉大な大統領の存在感に気圧されつつ、その魅力に惹かれていく好青年にピッタリです。フランソワの父は大の黒人嫌いですが、家には黒人のメイドがいました。物語序盤からワールドカップ決勝戦に到るまでの人々の心の変化は、この一家の中でも描かれており、フランソワが決勝のチケットを家族の分だけでなくメイドの分まで手渡すシーンは思わず心が緩みます。

08_2 09_2

子供たちに代表選手がラグビーを教えると最初は黒人選手に集中した人気がチーム全体に広がり、いがみ合っていた黒人と白人のSPが徐々に心通わせて大統領官邸の庭でラグビーに興じ、スタジアムに入れなかった黒人の子供が警備のパトカーから流れるラジオ放送を警官と共に聴いて大喜びする…。しかしこう書くほど事は簡単に進んだ訳ではありません。主に黒人たちの白人に対する心のわだかまりはとれず、一時はスプリングボクスのユニフォームの色やエンブレムを変更しようという話が持ち上がります。逆に人口的には圧倒的少数の白人は黒人の仕返しを恐れて疑心暗鬼に…。

10_2 11_2

そんな時、マンデラ大統領は黒人たちに対して言うのでした。「赦しが全ての第一歩だ。」と。彼自身が27年間も言われなき罪で刑務所に入れられていたからこそ、どんな人物が言うよりも説得力に満ちています。また実際問題としもて少数の白人が力を持つ南ア社会で、彼らを否定しては何事もなし得ません。理想的にも現実的にも黒人と白人の間のわだかまりを解き国民全員で一つの南アを作る、その融合の象徴としてのスプリングボクスなのでした。その志の高さと行動力、そして言葉の持つ力…南ア国民でなくともただただ敬服するのみです。

12

その代表チームでは、フランソワが試合前の国歌斉唱で、黒人が歌っていた国歌を歌うことをチームメイトに提案します。当然チームメイトたちは不満をもらしますが、「俺たちも変わらなくては。」というフランソワのマンデラ大統領の言葉に応えたかのような一言が胸に響きました。決勝戦の相手はニュージーランドのオールブラックス。マオリ族の戦いの踊り“ハカ”を試合前に見せることで有名なこのチーム、日本が145対17で世界のラグビー史に残る大惨敗を喫した相手で、大統領が「一試合でか?!」とスポーツ大臣に聞くシーンは思わず苦笑いを超えて笑ってしまいます。

13 14_2

汗が飛び散り、顔がゆがむスローモーションを交えた試合の映像は迫力満点。大男たちの魂のぶつかり合いが伝わってきました。南アリードでノーサイドの笛が吹かれるまでの数秒間はまさしく息が詰まる時間です。いくらなんでも結果はもう解り切っているのに。高く掲げられたワールドカップを支えたフランソワ(白人)の手と、チェスター(黒人)の手。それはまさに一つの南アの象徴でした。こうした細かい心遣いの演出がイーストウッド監督の憎ところ。

当然ながらこの優勝は始まりに過ぎないのでしょう。しかし鑑賞後に湧き上がるような嬉しさと、満足感に満ちた気持ちにさせられた作品でした。最後に、今回も監督の息子、カイル・イーストウッドが音楽担当ですが、非常に印象的かつ心地よい音楽使いが素晴らしかったことを付け加えたいと思います。

個人的おススメ度4.5
今日の一言:今年はサッカー南ア・ワールドカップです。
総合評価:88点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« すべては海になる | トップページ | すべて彼女のために/Pour elle »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33169486

この記事へのトラックバック一覧です: インビクタス 負けざる者たち:

» インビクタス 負けざる者たち / INVICTUS [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click クリント・イーストウッド監督、記念すべき30作目{/ee_3/} スポーツものってあまり好きじゃないし、(「少林サッカー」みたいのは別 {/warai/})。 タイトルにもポスターにもあまり惹かれなかったけど コンスタントに名作を撮り続けるイーストウッド、その作品にはハズレなし!なので見逃すわけにはいきません。 来週か... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 18時41分

» インビクタス/負けざる者たち [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:INVICTUS公開:2010/02/05製作国:アメリカ上映時間:134分監督:クリント・イーストウッド出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターンひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。Story: 1994年、...... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 21時35分

» 『インビクタス 負けざる者たち』 [ラムの大通り]
(原題:Invictus) あけましておめでとうございます。 ----いやあ、元旦からブログなんて えいも暇だニャあ。 「まあ、たまにはそういう年があってもいいんじゃない」 ----だけど、まだお屠蘇が残っているじゃニャい。 なのに、クリント・イーストウッド監督作品だって? そんなんでいいのかニャあ。 「うん。いいと思う。 この映画は、このところ密度の濃い作品を立て続けに放ってきた イーストウッドが、ちょっとだけ肩の力を抜いて作ったような感じ。 それと、映画の中に込められているメッセージから... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 22時01分

» 『インビクタス/負けざる者たち』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
1995年に南アフリカ共和国で開かれたラグビーのワールドカップでのこと。国の恥とまで呼ばれた南ア代表チームが、初出場ながら初優勝を成し遂げるという奇跡の物語で、監督クリント・イーストウッドとしての30本目の作品。試写会に当選したので、昨日ヤクルトホールで観てきました。 スポーツを題材にした映画は、観ていて燃えますね。しかもこれが実話だというのですから、何とも出来過ぎの感があります。 映画はネルソン・マンデラが南ア初の黒人大統領に就任するところから始まり、彼が勝利とは程遠い存在だった代表チーム... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 22時25分

» インビクタス 負けざる者たち [シネマ大好き]
試写会で、クリント・イーストウッド監督の「インビクタス 負けざる者たち」を観た。 27年間の語彙中生活から解放され、南アフリカ共和国の大統領になったネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)。アパルトヘイトの傷跡が深く、格差や経済問題など、問題が山積する南..... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 23時09分

» インビクタス/負けざる者たち [象のロケット]
1994年、黒人として初めて南アフリカ共和国大統領に就任したネルソン・マンデラは、アパルトヘイト(人種隔離政策)による人種差別や経済格差が依然として残っていることを痛感する。 スポーツを通してなら人々を団結させられるはずだと信じたマンデラは、ラグビーチームの立て直しを図る。 “不屈の精神”は国民の心を‘ひとつ’にできるのか…。 実話に基づく社会派ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年1月30日 (土) 03時42分

» インビクタス/負けざる者たち [象のロケット]
1994年、黒人として初めて南アフリカ共和国大統領に就任したネルソン・マンデラは、アパルトヘイト(人種隔離政策)による人種差別や経済格差が依然として残っていることを痛感する。 スポーツを通してなら人々を団結させられるはずだと信じたマンデラは、ラグビーチームの立て直しを図る。 “不屈の精神”は国民の心を‘ひとつ’にできるのか…。 実話に基づく社会派ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年1月30日 (土) 03時45分

» 映画:インビクタス Invictus 開始5分で既に号泣(笑) これまた強烈な1発にノックアウト! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
昨年は「チェンジリング」で、まずファースト・ダウン。 続いて、ヤバイかもと身構えたにもかかわらず、ぶっ飛ばされた超魔球「グラントリノ」 そして今日、 三たびふっ飛ばされノックアウト! ナゼここまで書くかというと..... 過去触れているように、私はずっと「イースドウッド監督もの」嫌いだったからだ! と聞けば、ただのスポーツ物では全くないことをご理解いただけようか。 タイトルにもあるように、最初の5分だけで、もう既に「号泣」(マジで) あとは思想とか批評とかなんていう概念なぞ超越し、ただ画... [続きを読む]

受信: 2010年1月30日 (土) 08時36分

» インビクタス/負けざる者たち (試写会) [風に吹かれて]
国を一つにするために公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus2月5日公開実話に基づいたヒューマンドラマ監督: クリント・イーストウッド原作(原題:Play [続きを読む]

受信: 2010年1月30日 (土) 09時43分

» インビクタス 負けざる者たち(試写会) INVICTUS [まてぃの徒然映画+雑記]
南アフリカ共和国でアパルトヘイトが廃止された後の初代大統領にして素晴らしきリーダー、ネルソン・マンデラと、南アが誇るラグビーのナショナルチーム『スプリングボクス』の物語。実は私、ラグビーをやってまして、南アで開催された第3回ラグビーワールドカップもリア...... [続きを読む]

受信: 2010年1月30日 (土) 11時53分

» レビュー:インビクタス/負けざる者たち [INTRO]
『クリント・イーストウッドとネルソン・マンデラ。二人のカリスマが目指す世界とは?』/2009年の映画界はクリント・イーストウッドの年だったと言い切っても過言ではない。メガフォンを取った『チェンジリング』(08)、『グラン・トリノ』(08)が相次いで公開され、ともに高評価を得た。特に主演も兼ね、俳優引退宣言をした『グラン・トリノ』に至っては、その俳優人生を誰もが予想だにしなかった衝撃的な方法で完璧に締めくくり、私達は涙ながらにその崇高な姿を...... [続きを読む]

受信: 2010年1月30日 (土) 15時03分

» 「インビクタス/負けざる者たち」 [つれづれなるままに]
HTB映画試写会 『インビクタス/負けざる者たち』に 行ってきました。 クリント [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 00時08分

» インビクタス/負けざる者たち [とりあえず、コメントです]
クリント・イーストウッド監督&モーガン・フリーマン主演の話題作です。 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったマンデラ大統領の困難に立ち向かう姿と ラグビーのワールドカップを通して一つになっていく国民の熱気を 迫力ある試合のシーンと共に描いていました。 ... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 11時21分

» インビクタス/負けざる者たち One World〜( '∇^*)^☆Love〜♪ [労組書記長社労士のブログ]
☆ パラオの記事、島さんたちに貰った写真加えたり、内容を加筆修正したりしていますので、お暇なら再び見てみてくだせ〜 ☆ 【 {/m_0167/}=4 -3-】 不思議なもんだ、パラオでは一切見なかった仕事の夢、帰ってきた日の夜は「組合役員との議論の夢」、昨夜は「労使交渉の資料を作っている夢」を見た。 南の海でのリフレッシュ効果はあんまり長持ちしないのだな・・・Ψ( ̄(エ) ̄)Ψオ・テ・ア・ゲ そして昨日は試写会、会場は「エル大阪(大阪労働会館)のエルシアター」とやはり仕事に縁が深い場所、現実逃避し... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 22時37分

» 「インビクタス/負けざる者たち」みた。 [たいむのひとりごと]
最近の濃厚・濃密なイーストウッド作品とはまた違った、どちらかといえば政治色よりスポーツ色の要素が強い映画だけれど、長年の恨み辛みを水に流して今こそ国全体で変わっていこうとする静かなる闘いと、ラグビーの... [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 18時13分

» 『インビクタス/負けざる者たち』(2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:INVICTUS監督・製作:クリント・イーストウッド原作:ジョン・カーリン出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>19...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 07時00分

» インビクタス/負けざる者たち/Invictus(映画/試写会) [映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評]
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワードインビクタス/負けざる者たち(原題:Invictus)キャッチコピー:ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。製作国:アメリカ製作年:...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 23時42分

» インビクタス/負けざる者たち(2009年、アメリカ) [泉獺のどうでも映画批評]
 この映画は、試写会で観ました。 監督:クリント・イーストウッド出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・リーヴス、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ原題:INVICTUS原作:... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 13時37分

» 劇場鑑賞「インビクタス負けざる者たち」 [日々“是”精進!]
「インビクタス/負けざる者たち」オリジナル・サウンドトラック「インビクタス負けざる者たち」を鑑賞してきました「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワール...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 14時23分

» インビクタス/負けざる者たち [Akira's VOICE]
期待の目にみごと応える爽やかな秀作。   [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 16時49分

» インビクタス 負けざる者たち [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました!ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 17時55分

» インビクタス/負けざる者たち [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、 モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ。原題はWilliam Ernest Henleyの詩の一篇Invictusから採られたラテン語で“unconquered”、征服されざるもの。“I ...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 21時23分

» 映画「インビクタス/負けざる者たち」感想と採点 ※ネタバレあります [ディレクターの目線blog]
映画『インビクタス/負けざる者たち』を初日1回目で観て来た。観客は10名程で予想通りの入りだった。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。2.5点かな? ざっくりとストーリー 30年近く白人政権に投獄されていた黒人政治家ネルソン・マンデラ氏が南アフリカ共和国の大統領になる。白人たちに迫害させ続けてきた黒人たちは、これまでの恨みを晴らそうと白人たちをより敵視する。 そこで、マンデラ大統領は白人と共生してこそ新しい南アであることを国民に伝えるため、白人が主将を務め白人社会の象徴である南アの... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 21時34分

» 「インビクタス/負けざる者たち」の予告編動画とプチ評価。 [MOVIE レビュー]
2月に観る映画をピックアップしています。まずは2月5日(金)公開の「インビクタス/負けざる者たち」です。監督がクリント・イーストウッド、主演がモーガン・フリーマンとマット・デイモンと言われれば、もう期待するしかないのですが・・・、内容のキーワードが「南アフリカ」、「人種隔離政策アパルトヘイト」、「ラグビー」と、どれを取っても私には馴染みが薄い題材なのでちょっと心配。英題の「INVICTUS」とはラテン語で「不屈」と言う意味らしい。スポーツを通して 民族融和を不撓不屈の精神で突き進めたスポ根民族物語っ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 22時08分

» 『インビクタス 負けざる者たち』 [めでぃあみっくす]
一つのチーム、一つの祖国。それがネルソン・マンデラ元大統領がただ一つ願う南アフリカの未来。 1995年のラグビーワールドカップでの感動的な史実を描いたこの作品は、「動」の物語を「静」の映画として見せるクリント・イーストウッド監督らしい、心と魂に響く映画でした....... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 22時11分

» インビクタス/負けざる者たち [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
偉人マンデラの理想と希望を、ラグビーとのつながりを通して描く実話だ。1994年、27年間の投獄生活から解放されたネルソン・マンデラは、南アフリカ共和国初の黒人大統領になる。アパルトヘイトにより黒人と白人の間にできた大きな溝、激しい経済格差、国際社会でのアピール....... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 23時36分

» インビクタス/負けざる者たち [★YUKAの気ままな有閑日記★]
予告を観ただけで感動して涙腺が緩んだ映画で〜すウルウル【story】1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールドカップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)は、一致団結して前進するが―     監督 : クリント・イーストウッド 『チェンジリング』 『硫黄島からの手紙』【comme... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 23時38分

» 【インビクタス/負けざる者たち】私が我が運命の支配者、我が魂の指揮官 [映画@見取り八段]
インビクタス‐負けざる者たち‐〜INVICTUS〜 監督: クリント・イーストウッド    出演: モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 00時55分

» インビクタス 負けざる者たち [そーれりぽーと]
もう言い切っても良い、“必ず”大きく心を揺すぶってくれる映画を届けてくれるクリント・イーストウッド監。 今度はマンデラ+スポ根もの、『インビクタス 負けざる者たち』を観てきました。 ★★★★★ 凄いと思うのは、2時間を超える大作を結構なハイペースで作り上げて行ってるところ。 それも、ここ数年は必ず心に響きまくる、どんだけ泣かせるのが上手いねんって映画ばかりなんだけど、どれも全く違うテーマ。 緻密なストーリー構成や一つ一つのシークエンスの配分の完璧っぷり、カメラワークとか大好きなんですが、映画として... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 15時34分

» 「インビクタス/負けざる者たち」 俺たちのチーム [はらやんの映画徒然草]
タイトルにある「invictus」とは聞き慣れない英語だと思ったら、「不屈」を意 [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 16時17分

» インビクタス/負けざる者たち(2009) [銅版画制作の日々]
 原題:INVICTUS ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 あのクリント・イーストウッド監督の最新作ということで、楽しみにしていた作品です。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ネルソン・マンデラと言えば、2007年公開の「マンデラの名もなき看守」を思い出しました。この作品を観ていたので、マンデラ大統領については少しだけ予備知識がありました。彼はアパルトヘイトに反対したため、27年という長い間ロベン島の刑務所に投獄されていました。一口に27年なんて簡単に言うべきじゃないけど。いやあ大変ですよ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 17時18分

» インビクタス/負けざる者たち [心のままに映画の風景]
1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。 いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 18時12分

» インビクタス/負けざる者たち [悠雅的生活]
私がわが運命の支配者、わが魂の指揮官。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 19時25分

» インビクタス 負けざる者たち [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。』  コチラの「インビクタス 負けざる者たち」は、本作で監督第30作を迎えたと言うクリント・イーストウッド監督が、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の”負けざる魂”によって引き起こされた奇跡の実話を、映画化...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 20時51分

» インヴィクタス~負けざる者たち  Invictus [映画!That' s Entertainment]
●「インヴィクタス~負けざる者たち  Invictus」 2009 アメリカ Warner Bros.Pictures,Spyglass Entertainment,Malpaso,134min. 監督:クリント・イーストウッド 原作:ジョン・カーリン 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン他 <感想・ほとんどネタばれしていますので、ご注意> 待望のイーストウッド作品。やっぱりレベルは高いなあ。「グラン・トリノ」ほどでは無かった のです... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 23時09分

» インビクタス/負けざる者たち [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
最後の方に近づくにつれて、感動の涙が出て止まらなかった。ラグビーの応援を普段しているわては、大男たちがスクラムやタックルでぶつかる音が迫力満点だった。マンデラ大統領の不屈の精神と、ピナール主将のリーダーシップが相乗効果となって決勝戦に昇華している。... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 23時44分

» インビクタス 負けざる者たち [★ Shaberiba ]
さすが・クリントイーストウッド作品。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 00時31分

» 「インビクタス負けざる者たち」鑑賞 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
クリント・イーストウッド監督は今回も手堅い。上質な大人のための映画である。オリンピックを観戦する時は誰でも愛国者になる。普段スポーツに興味がなくてもだ。職業、立場、年齢その他あらゆる垣根が崩壊し、自国を応援する時ほど、”国民”としての一体感を感じる時は...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 00時49分

» インビクタス/負けざる者たち [だらだら無気力ブログ]
『チェンジリング』『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド監督が アパルトヘイト撤廃後の南アフリカで開催されたラグビーW杯をめぐって 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラとその周囲の 人々の感動の実話を描く。 原作は、ジョン・カーリ..... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 01時09分

» 『インビクタス/負けざる者たち』が必要なときは? [映画のブログ]
 ネルソン・マンデラと長年の友人である俳優モーガン・フリーマンは、長いあいだマンデラの人生を映画化することに取り組んできたという。 ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 01時15分

» インビクタス/負けざる者たち [Memoirs_of_dai]
史実は史実 【Story】 1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトに... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 01時43分

» 『インビクタス/負けざる者たち』 ★★★★ [時流を聴く]
土曜日の午前中に『インビクタス/負けざる者たち』を鑑賞。   監督:クリント・イーストウッド、出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン   イーストウッド作品ということで静かな感動が訪れるのかと思... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 09時44分

» インビクタス 負けざる者たち [充実した毎日を送るための独り言]
・インビクタス 負けざる者たち (2月5日公開 クリント・イーストウッド監督 モーガン・フリーマン,マット・デイモン主演)「あなたは自分を傷つけた人たちを許すことができますか?」 南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と自国で開催された主将のフランソワをはじめとした1995年ラグビーワールドカップ代表選手との触れ合いを通して、アパルトヘイト政策で分断された黒人・白人がラグビーを通して一体となっていく、実話を基にした映画。 実話を題材としているので、ストーリを余り脚色できないことやアパルトヘイトな... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 11時55分

» インビクタス/負けざる者たち / INVICTUS [勝手に映画評]
実話を下にした映画。1994年、南アフリカの歴史上初めての全人種が参加した大統領選挙に置いて大統領に当選したネルソン・マンデラ。政治的実権も握った圧倒的多数の黒人に対し、実権を失った少数派の白人側は戦々恐々としていた。そんな状況を見ていたマンデラは、翌1995年に南アフリカで開催されるラグビーワールドカップを通じて民族融和を訴えていく。 実話の映画化なので、ストーリーにあっと驚くような事は起きません。ただ、27年もの長期にわたり政治犯として投獄されていたマンデラが、何を考えて民族融和を図っていった... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 15時46分

» インビクタス/負けざる者たち/INVICTUS [いい加減社長の日記]
ちょっと地味な感じもして、どうしようかと思ってたんだけど。 クリント・イーストウッド監督でモーガン・フリーマン、マット・デイモンなら、はずれはないだろう、ということで、「インビクタス/負けざる者たち 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日のレイトショーと... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 19時12分

» インビスタス-負けざる者たち- [犬・ときどき映画]
インビスタス-負けざる者たち- [Invictus] クリント・イーストウッド監督の最新作 TrueStory <Story> 投獄生活を送っていたネルソン・マンデラが釈放され、黒人でありながら大統領に当選する。 そして1年後に控えたラグビーのワールドカップ開催。しかしナショナルチームは弱小。当時ラグビーは白人、黒人はサッカーをやり、国内の黒人は白人ばかりの自国チームではなく、他国を応援する有様。 そこでマンデラは、チームのキャプテンに直接会い、強いチームになるように話す。 チームは練習に打ち... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 19時18分

» インビクタス/負けざる者たち/INVICTUS [いい加減社長の映画日記]
ちょっと地味な感じもして、どうしようかと思ってたんだけど。 クリント・イーストウッド監督でモーガン・フリーマン、マット・デイモンなら、はずれはないだろう、ということで、「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとしては、普通。 「インビクタス/負けざる者たち」は、大きめのスクリーンで、2〜3割。 【ストーリー】 1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラだが、新生国家の船出には多くの問題があった。 ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 20時14分

» 映画「インビクタス 負けざる者たち、Invictus」(2009年、米) [富久亭日乗]
     ★★★★★  南アのNelson Mandela元大統領の実話を Clint Eastwoodが監督した。 27年間の投獄生活から解放された Nelsonb Mandela(Morgan Freeman )は Republic of South Africa初の黒人大統領になった。 同国で1995年に開催されるラグビー・ワールドカップで 同国ラグビーチームSpringboksが優勝すれば 黒人と白人との融和が図れると信じたMandelaは、 Springboksの主将Francois Pi... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 21時04分

» インビクタス/負けざる者たち/モーガン・フリーマン、マット・デイモン [カノンな日々]
『ミリオンダラー・ベイビー』辺りからでしょうか、とても優れた作品を次々と世に送り出しているクリント・イーストウッド監督の最新作です。このところのクリント・イーストウッド監督の作品はまずハズレ無しと思ってもいいくらいの安定感を誇ってるのでこの映画にもかなり....... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 22時16分

» インビクタス/負けざる者たち [ころちゃんねる]
お勧め度 ★★★★★+★★★【ストーリー】人種隔離政策アパルトヘイトが終結し、南アフリカの大統領に就任したネルソン・マンデラは、依存として人種差別や経済格差が残っていると痛感。国民の心をスポーツを通じて団結させようと、キャプテンのピエナールとともに弱小...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 23時55分

» 「インビクタス/負けざる者たち」 INVICTUS [俺の明日はどっちだ]
・ ブラボー! イーストウッド翁! いやはや、本作で30作目を迎えるというそのとどまるところを知らない創作パワーも驚異的だけど、近年に至っては作り出される作品それぞれのクオリティの高さにもまた、ただただひれ伏すばかり。 アパルトヘイト撤廃後も人種間対立が残る中、国民が一つにまとまる大きな転機となった自国開催のラグビーW杯での奇跡の初優勝までの道のりを、ネルソン・マンデラ大統領と代表チーム・キャプテンを務めたフランソワ・ピナール選手との間に芽生える絆を軸に描き出した本作もまたイーストウッドらしから... [続きを読む]

受信: 2010年2月 8日 (月) 00時01分

» インビクタス / 負けざる者たち [Diarydiary! ]
《インビクタス / 負けざる者たち》 2009年 アメリカ映画 - 原題 -IN [続きを読む]

受信: 2010年2月 8日 (月) 18時55分

» 『インビクタス/負けざる者たち』 [purebreath★マリーの映画館]
               ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語『インビクタス/負けざる者たち』監督・製作・・・クリント・イーストウッド出演・・・モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 8日 (月) 21時04分

» インビクタス/負けざる者たち [こんな映画見ました〜]
『インビクタス/負けざる者たち』 ---INVICTUS--- 2009年(アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン 「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワールドカップを巡る感動の実話を映画化したヒューマン・ドラマ。 1990年、アパルトヘイトに反対し27年間も投獄されていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)がついに釈放される。... [続きを読む]

受信: 2010年2月 8日 (月) 22時34分

» 『インビクタス/負けざる者たち』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、       トニー・キゴロギ、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ■鑑賞日 2月7日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ラグビーのノーサイド。 戦い終わっ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 9日 (火) 12時07分

» クリント・イーストウッド監督 「インビクタス/負けざる者たち」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?]
この間、TVのクイズ番組で「何故、映画館でレディースデーをやってる所は多いのに、メンズデーをやってる映画館は少ないのか?」と云う問題が出ました。 そうそう何故なんだ?と自分も思ったンですが… 正解を聞いて、あぁ〜〜なるほど!と 女性は女性同士で連れ合って映画館にいく事が多いけど、男性は男性同士でいく事が殆ど無いからって 言われてみればそうかも。 男性同士、一緒に飲みにいく事はあっても映画は… ないよね(:^◇^A 映画館としちゃメンズデーなんてやっても儲からないし でも、今日観て... [続きを読む]

受信: 2010年2月 9日 (火) 22時37分

» 映画「インビクタス/負けざる者たち」 [FREE TIME]
映画「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年2月10日 (水) 00時51分

» インビクタス/負けざる者たち [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[南アフリカ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年10本目です。 【あらすじ】 1990年。 人種隔離政策のアパルトヘイトに反対し、27年間も投獄されていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が釈放。 その4年後..... [続きを読む]

受信: 2010年2月10日 (水) 18時53分

» ★「インビクタス/負けざる者たち」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
最近、話題作ばかり作ってるクリント・イーストウッド監督作。 ラグビーというアメリカでは???系のスポーツを題材に、 でも実は人種差別問題を抱えた南アフリカ大統領ネルソン・マンデラもの。... [続きを読む]

受信: 2010年2月10日 (水) 23時50分

» 映画「インビクタス/負けざる者たち」 [FREE TIME]
映画「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 00時21分

» ■映画『インビクタス/負けざる者たち』 [Viva La Vida!]
2010年度、最初に紹介する映画はクリント・イーストウッド監督がネルソン・マンデラ大統領を描いた映画『インビクタス/負けざる者たち』。 2010年1本目の紹介でありながら、Cheese的には既に2010年度ベスト10映画の中には必ず入れると決めた感動の一作。 それどころか、アカ... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 08時29分

» 胸が熱くなる・・・。『インビクタス/負けざる者たち』 [水曜日のシネマ日記]
南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラとラグビー代表チームの姿を通して国民の変化を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 10時12分

» インビクタス/負けざる者たち [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[南アフリカ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年10本目です。 【あらすじ】 1990年。 人種隔離政策のアパルトヘイトに反対し、27年間も投獄されていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が釈放。 その4年後..... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 11時23分

» 「インビクタス/負けざる者たち」 [みんなシネマいいのに!]
 今世界で80歳以上で最もエネルギッシュに活動している映画人はクリント・イースト [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 14時43分

» インビクタス 負けざる者たち [yanajunのイラスト・まんが道]
『インビクタス/負けざる者たち』(原題:Invictus)は、ジョン・カーリン原作の小説をクリント・イーストウッド監督が映画化した作品です。主演であるモーガン・フリーマンさんは製作総指揮も務めました。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 22時30分

» インビクタス/負けざる者たち [小部屋日記]
Invictus(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン/マット・デイモン/スコット・イーストウッド/ラングレー・カークウッド/ボニー・ヘナ ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 クリント・イーストウッド監督最新作。 南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームのワールドカップ制覇へ向け奮闘する人間ドラマ。 イーストウッド監督にしては直球ど真ん中な映画。 南アフリカはアパルトヘイト政策の国ということしか知... [続きを読む]

受信: 2010年2月12日 (金) 10時05分

» 「インビクタス/負けざる者たち」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜ひとつの願いが、本当に世界を変えた物語〜 2009年  アメリカ映画  (ワーナー・ブラザーズ)  10.2.5公開監督:クリント・イーストウッド製作総指揮:モーガン・フリーマン、ティム・ムーア、ゲイリー・バーバー        ロジャー・バーンバウム原作:ジョン・カーリン脚本:アンソニー・ベッカム        上映時間:134分出演:モーガン・フリーマン・・・・・・・ネルソン・マンデラ(南アフリカ大統領)    マット・デイモン・・・・・・・・・・・フランソワ・ピナール(ラグビー... [続きを読む]

受信: 2010年2月12日 (金) 20時15分

» 「インビクタス 負けざる者たち」やっぱり、イイな~。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード  “クリント・イーストウッド監督第30作”「インビクタス 負けざる者たち」(ワーナー・ブラザース)。南アフリカでの感動の実話を映画化。相変わらずエエ仕事しますな~!イーストウッド監督。  南アフリカで、アパルトヘイト政策が廃止された1990年。ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は、27年にも及ぶ獄中生活から解放される。そして1994年に行われた、南ア史上初の全人種参加選挙により、マンデラは大統領に選出される。これまで人種差... [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 00時04分

» 映画:インビクタス Invictus についてPart 2  現代に、この話を映画化する意義。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
開始5分で既に号泣(笑) なんてあとで読み返すと、恥ずかしいアップをしてしまったのだが、実際そうだったので。。。。。 このインビクタス Invictusの感想への反応もトラバでけっこういただいていることもあり、このへんをも少し。 ちゃんと説明したいと思う。 80年代を代表する1曲の1つだと考えている1曲がある。 その1曲を聴くと、元気「瞬間チャージ」され、もりもり勇気がわいてくる。 その1曲とは..... それは、"Free Nelson Mandela" by Special AKA (... [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 03時25分

» 「インビクタス/負けざる者たち」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2009年:ワーナー/監督:クリント・イーストウッド) まもなく80歳!になるクリント・イーストウッド監督による、南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームの白人キャプテンが... [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 22時06分

» 「インビクタス/負けざる者たち」不屈の精神は穏やかで強靭なものだった [soramove]
「インビクタス/負けざる者たち」★★★★☆ モーガン・フリーマン、マット・デイモン主演 クリント・イーストウッド 監督、134分、 2010年2月5日公開、2009,アメリカ,ワーナー (原題:INVICTUS)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「南アフリカ共和国大統領となった ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)。 彼が仕掛けた新たな挑戦とは、 国代表のラグビー・チームの... [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 22時41分

» インビクタス‐負けざる者たち‐ [ダイターンクラッシュ!!]
2010年2月13日(土) 18:30~ チネ9 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 『インビクタス‐負けざる者たち‐』公式サイト 巨匠イーストウッド先生の新作は、大統領役者モーガン・フリーマンをネルソン・マンデラに迎えた、素直でストレートな爽やかスポーツ映画だ。共演は、マット・ジミー・デイモン。 南アフリカは、黒人はサッカー、白人はラグビーと分かれているとは知っていた。 ラグビーのワールドカップが開催され、黒人たちの憎悪の対象、アパルトヘイトの象徴とも言われたラグビー・チームを... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 01時05分

» インビクタス / 負けざる者たち [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ  ドラマ&伝記&スポーツ  監督:クリント・イーストウッド  出演:モーガン・フリーマン      マット・デイモン      トニー・キゴロギ      パトリック・モフォケン 【物語】  1994年、マンデラはついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。...... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 12時26分

» インビクタス/負けざる者たち [to Heart]
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 原題 INVICTUS 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 134分 原作 ジョン・カーリン 脚本 アンソニー・ペッカム 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出演 モーガン・フリーマン/マット・デイモン/トニー・キゴロギ/パトリック・モフォケン/マット・スターン/ジュリアン・ルイス・ジョーンズ ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、クリント・イーストウッド監督... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 12時26分

» インビクタス/負けざる者たち [Movies 1-800]
Invictus (2009年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン 1995年、南アフリカで開催されたラグビー・ワールドカップに秘められた実話を描いたドラマ。 27年にも及ぶ投獄生活から解放された後、南アフリカの大統領となったネルソン・マンデラはアパルトヘイト政策により分裂した国の統一を計る手段の一つとして、ワールドカップで優勝することを代表チームのキャプテン、フランソワ・ピナールに託す。 十数年前の出来事とい... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 16時56分

» インビクタス 負けざる者たち [りらの感想日記♪]
【インビクタス 負けざる者たち】 ★★★★ 映画(8)ストーリー 1990年、アパルトヘイトに反対し27年間も投獄されていたネルソン・マンデ [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 19時16分

» インビクタス/負けざる者たち [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
1990年、南アフリカ共和国。豪奢なラグビー練習場でプレイする白人たちと、道を隔てた原っぱでサッカーに興じる黒人少年たち。アパルトヘイトを象徴するかの光景が広がる。だが、歴史は変わりつつあった。 隔てる道を、30年近く政治犯として捕らえられていたネルソ...... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 22時50分

» 「インビクタス/負けざる者たち」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                         「インビクタス/負けざる者たち」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・クリント・イーストウッド 原作・ジョン・カーリン 脚本・アンソニー・ベッカム ジョン・カーリン原作の実話を題材に作られている作品である。 ネタバレご注意!! 1994年、南アフリカ共和国。 1966年から27年間、牢獄に繋がれていたネルソン・マンデラ氏(モーガン・フリーマン)が釈放され、南アフリカ初の 黒人大統領となる。 いわゆる“アパルトヘイト”は文面上は無くなったが・... [続きを読む]

受信: 2010年2月15日 (月) 15時18分

» 【インビクタス 負けざる者たち】 [日々のつぶやき]
監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 「1994年、ネルソン・マンデラは南アフリカ共和国初の黒人大統領に選ばれた。 しかし未だ強く残る人種差別を失くすため、ラグビー... [続きを読む]

受信: 2010年2月15日 (月) 17時42分

» [映画『インビクタス/負けざる者たち』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆うーん、面白かったですねえ。  『グラン・トリノ』に続いて、テーマは、民族の「融和」であった。  前作の町内レベルから、国家レベルへと、テーマがスケールアップしている。  アパルトヘイト下、27年間を「テロリスト」として獄中で過ごしたマンデラ氏が、南アの大統領に選出され、黒い肌と白い肌に二分されていた国内を、近く迫っていた「ラグビー・南ア・ワールドカップ」での盛り上がりの中で一つにまとめていく物語だ。  エメリッヒの『2012』の時にも語ったが、話のスケールが大きい時、その「スケール」の中... [続きを読む]

受信: 2010年2月16日 (火) 02時39分

» 『インビクタス』 [Days of Books, Films ]
小生、40歳まで草ラグビーをやっていたから、一応はラグビー・ファンのつもり。ファ [続きを読む]

受信: 2010年2月16日 (火) 20時17分

» インビクタス/負けざる者たち [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
インビクタス/負けざる者たち'09:米 ◆原題:INVICTUS◆監督・製作:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「硫黄島からの手紙」◆出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン ◆STORY◆1994年、....... [続きを読む]

受信: 2010年2月16日 (火) 22時05分

» 「インビクタス/負けざる者たち」ららぽーと豊洲で鑑賞。 [Beinthedepthsofdespair]
たった一人でも、その人望で、時として、民衆を、国すら動かす、大きなうねりとなる。モーガン・フリーマン演じるマンデラ大統領に、違和感感じさせられない、そんな彼の熟練した演技に好感が持てました。あれだけ長く牢獄に閉じ込められながらも、「人を赦す」「寛容な心...... [続きを読む]

受信: 2010年2月16日 (火) 22時11分

» インビクタス/負けざる者たち [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆  30年近く牢獄に閉じ込めた白人たちを赦し、白人と黒人が共存出来る国を創った南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領。この作品は、彼が南アが唯一世界に誇れるラグビーを通して、人々の魂を揺るがすような人間愛を貫いた感動作品である。 監督は絶対外... [続きを読む]

受信: 2010年2月18日 (木) 14時45分

» 『インビクタス 負けざる者たち』09・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップ...... [続きを読む]

受信: 2010年2月18日 (木) 21時57分

» インビクタス/負けざる者たち [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】 「ここは、パイロットの私の全責任で遂行する!」 [続きを読む]

受信: 2010年2月20日 (土) 21時28分

» インビクタス/負けざる者たち■何を捨て、何を残すのか? [映画と出会う・世界が変わる]
これまで俳優としてのイーストウッドの表情には心からの笑顔はなかったように思う。笑顔であっても、どこか冷笑的で皮肉が混じっており、一筋縄では理解できない。これは彼が監督する映画も同様で、表面的な物語の奥に人間の持つ恐ろしさが潜んでいるように思える。さて、...... [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 09時50分

» 実話、出来すぎ、でも感動作。~「インビクタス負けざる者たち」~ [ペパーミントの魔術師]
野原でサッカーをやってる子供たちと 道路ひとつ隔てた向こうでは ラグビーの練習が行われているグラウンド。 なんかもうここからして 壁というか隔たりというかそういうものを視覚に訴えてくるOP. 黒人VS白人というだけじゃなくて スポーツだってラグビーよりサッカ..... [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 14時06分

» インビクタス/負けざる者たち■ハッピーエンド、しかし・・・ [映画と出会う・世界が変わる]
南アフリカでマンデラが大統領に就任してアパルトヘイト体制が倒れた後の状況を示すのに大統領のSPに注目したことは見事である。つい先日までは自分たちを弾圧し、取り締まっていた白人を迎えての警備チームを編成するのであるから、そこには不信感、復讐心などが渦巻い...... [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 02時43分

» 「インビクタス/負けざる者たち」感想 [狂人ブログ 〜旅立ち〜]
 今やハリウッド有数のヒットメイカーとなった名監督・クリント・イーストウッドの最新作は、南アフリカ初の黒人大統領となった”英雄”ネルソン・マンデラ氏と、「国の恥」とまで評された弱小ラグビーチーム・スプリングボクスによってもたらされた、1995年ラグビー...... [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 20時47分

» インビクタス/負けざる者たち [シェイクで乾杯!]
インビクタス/負けざる者たち (クリント・イーストウッド 監督) [DVD] 2009年度・米・132分 Invictus ■監督:クリント・イーストウッド ■音楽:カイル・イーストウッド、マイケル・スティーヴンス ■出演:マット・デイモン、モーガン・フリーマン、スコット・イースト...... [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 22時30分

» インビクタス/負けざる者たち INVICTUS [映画感想つれづれ日記]
「父親たちの星条旗(06)」はもとより「硫黄島からの手紙(06)」で、日本人以上に日本人の感性を持って描いた名作を作り上げたクリント・イーストウッドが「グラント [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 23時25分

» 【映画】インビクタス/負けざる者たち [新!やさぐれ日記]
▼動機 テレビ版CMの出来の悪さに反って興味を持った ▼感想 鑑賞後に色々と興味を持てる材料が残るところがよい ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)は、一致... [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 23時42分

» インビクタス 負けざる者たち / 85点 / INVICTUS [ゆるーく映画好きなんす!]
前作で個の在り方を問うたイーストウッドが今度は国と世界の在り方を問う 『 インビクタス 負けざる者たち / 85点 / INVICTUS 』 2009年 アメリカ 134分 監督 : クリント・イーストウッド 脚本 : アンソニー・ベッカム 出演 : モーガン・フリーマ... [続きを読む]

受信: 2010年2月27日 (土) 19時05分

» インビクタス‐負けざる者たち‐・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
21世紀に入ってから、脅威のペースで傑作・名作を生み続けるスーパー映画爺さん、クリント・イーストウッドがゼロ年代の最後に放ったのは、199... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 22時29分

» おと・な・り [メルブロ]
おと・な・り 265本目 2009-26 上映時間 1時間59分 監督 熊澤尚人 出演 麻生久美子 岡田准一 谷村美月  岡田義徳  池内博之  市川実日子  郭智博  清水優  とよた真帆  平田満  森本レオ 会場 新宿ピカデリー 評価 8点(10点満点)  麻生久美子さん、....... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 23時53分

» インビクタス/負けざる者たち [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 反アパルトヘイト運動により反逆罪として逮捕され27年間刑務所に収容されたネルソン・マンデラ氏。釈放後、南アフリカの大統領に就任したマンデ... [続きを読む]

受信: 2010年3月 1日 (月) 01時36分

» 「インビクタス/負けざるものたち」に負けました [再出発日記]
見終わった直後は、「いい映画だった。合格点である。しかし、いくつかは不満なところもある」という程度の作品であった。それだけでもマアすごいのであるが、クリント・イーストウッド監督だから自然とハードルは高くなるのではある。だから見たあと一日たって感想メモに...... [続きを読む]

受信: 2010年3月 2日 (火) 18時59分

» 『インビクタス 負けざる者たち』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
1994年、マンデラはついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナ... [続きを読む]

受信: 2010年3月 2日 (火) 20時33分

» インビクタス/負けざる者たち [墨映画(BOKUEIGA)]
「アパルトヘイトを乗り越えたマンデラは、黒人の国ではなく、人の国を築く。」 人種の違いを乗り越えること。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド監督が映画化した感動のドラマ。反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。主演は『ダークナイト』のモーガン・フリーマンと、『インフォーマ... [続きを読む]

受信: 2010年3月 4日 (木) 07時33分

» インビクタス/負けざる者たち [Men @ Work]
現在公開中のアメリカ映画、「インビクタス/負けざる者たち」(監督:クリント・イーストウッド)です。平和島シネマサンシャインで観賞しました。 「インビクタス、観た。魂が揺さぶられた。鑑賞直後に発言すると後悔するかもだが、言ってしまおう。生涯最高かも知れん。」 上映終了直後のTwitterでの私のつぶやきです。その思いは一夜開けた今日も変わっていません。 私は「社会に対して何らかの機能を持たせんと志した映画」が好きです。その志を持って制作され、かつ実際に社会に影響を与えうる良い映画というのは、「分かって... [続きを読む]

受信: 2010年3月 5日 (金) 01時52分

» インビクタス [映画的・絵画的・音楽的]
 『インビクタス/負けざる者たち』を渋谷のシネパレスで見ました。  クリント・イーストウッド監督の作品については、これまでも随分とおつきあいをし、昨年だけでも『チェンジリング』と『グラン・トリノ』の2本を見ているので、この作品もぜひと思って映画館に出向きました。 (1)見る前にあまり情報を持っておらず、偶々耳にした話から、南アフリカのマンデラ大統領とサッカーの話なのかしらと漠然と思っていましたら〔ちょうど、南アでサッカーのワールドカップがもうすぐに開催されることもあるしと〕、ラグビーの話なのでア... [続きを読む]

受信: 2010年3月 7日 (日) 06時45分

» インビクタス/負けざる者たち [監督:クリント・イーストウッド] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
ちょっと物足りない。実際に起こった奇跡のような出来事に、マンデラその人の偉大さを重ね合わせるのは良い。アパルトヘイトという過去の記憶を鮮やかに覆す感動はあるが、それは映画で描かれていない部分の記憶から得られる感動であって、映画的高揚感とは言えない。... [続きを読む]

受信: 2010年3月 7日 (日) 13時51分

» インビクタス/負けざる者たち [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 [続きを読む]

受信: 2010年3月 8日 (月) 23時13分

» 『インビクタス/負けざる者たち』 [シネマのある生活~とウダウダな日々]
 ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。  その人の名はネルソン・マンデラ。南アフリカの大統領だったと言えば、遠い存在だと思うだろうか。けれども、彼の起こした“奇跡”に触れれば、あなたの中で、きっと何かが変わる――。... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 19時16分

» 【映画】インビクタス/負けざる者たち…の記事&お盆はこうしてた! [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
私のお盆休みの過ごし方。 13日(金曜日){/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/}…夜勤明けなので(しかも帰宅後ビール{/beers/}を少し飲んだので)昼過ぎまでダウン{/face_hekomu/}。 午後(14時頃)から、(嫁さんの)実家に行っていた嫁さんと娘に合流。 夜には帰省している学生時代の友人が東京ばななを持ってきてくれる{/dogeza/}。大したもてなしも出来ず申し訳ない感じ{/dogeza/} 14日(土曜日){/kaeru_fine/}…あんまり何をしたかとい... [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 03時55分

» 『インビクタス/負けざる者たち』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 インビクタス/負けざる者たち 』 (2009) 監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、 ザック・フュナティ、グラン...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 10時57分

» 『インビクタス/負けざる者たち』 [『映画な日々』 cinema-days]
インビクタス / 負けざる者たち 南アフリカのラクビーチームが マンデラ大統領の応援により W杯で優勝するまでを描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Invictus (負けざる魂)... [続きを読む]

受信: 2010年12月28日 (火) 01時24分

» 映画評「インビクタス/負けざる者たち」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年12月28日 (火) 16時23分

» インビクタス/負けざる者たち(感想184作目) [別館ヒガシ日記]
インビクタスはWOWOWで鑑賞したけど 結論はアパルトヘイトなど色々と勉強なったよ 内容は初の黒人大統領のマンデラ大統領が 人種差別&経済格差もW杯を利用の展開だ マンデラ大統領が誕生して白人&黒人で仲良くも 大統領SPメインで差を詰めてる... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 12時54分

» 映画『インビクタス 負けざる者たち』を観て [KINTYRE’SDIARY]
10-7.インビクタス 負けざる者たち■原題:Invictus■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:134分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月6日、シネパレス(渋谷)■予告編□監督... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 14時21分

» 『インビクタス/負けざる者たち』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
[続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 19時08分

» インビクタス/負けざる者たち [A Day In The Life]
劇場にて鑑賞 解説 ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、 『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド 監督が映画化した感動のドラマ。 反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和 国大統領となったネルソン・マンデラと、同国の ラグビー代表チー... [続きを読む]

受信: 2011年9月17日 (土) 23時53分

« すべては海になる | トップページ | すべて彼女のために/Pour elle »