« COUNT DOWN MOVIE 2009 (日本映画編) | トップページ | タイトル50音順 »

2010年1月 2日 (土)

IMAX3D初体験 『アバター』

Photo 大ヒット公開中の『アバター』。当ブログでも外国語映画編で年間1位にランキングしましたが、実際に最初に見たのはTOHOシネマズでの3D字幕上映。色々なブログを読んでいますと、IMAX3Dの評判が素晴らしく良いらしい。という訳で、実は以前から虎視眈々と機会を覗っていた川崎へと遠征してきました。

>>公式サイト
>>109シネマズ川崎

なんだこりゃ!凄いぞIMAX3D!

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

みなさん明けましておめでとうございます。昨年は多くの皆さんにご訪問頂きようやくブロガーとして一人前になった一年でした。今年も相変わらず好きなように書きまくって行きたいと思いますので、よろしければ気軽に遊びにいらしてください。本年もよろしくお願いします。さて、新年1発目は初体験ものから行きたいと思います。

02 03

東京近辺でIMAX3Dといったら109シネマズ川崎。というか全国でも4館しかない上に料金は2200円、川崎までの交通費を考えたら1回1人3000円近くも映画に出すのはどうなの?という訳で今までは我慢してきたんですね。ですが映画ブロガーの皆さんの記事を読んでいると、「ハリーポッター」の3D部分が驚異的だとか、「トランスフォーマー」がすげぇ!という声が多くいつかはと狙っていたのでした。そこで今回、通常の3Dでも十分素晴らしい『アバター』だけに2回目はIMAX3Dでと相成った訳です。

04 05

正直最初のIMAX3Dの説明部分からもう驚き。なんなんだこれは?一番大きく感じたのは視野の広さ。実は3日前に予約を取ったものの人気作品だけに取れたのは真ん中というよりは左側通路あたり。通常ならば若干首を右に傾けるはずが、なぜか普通に正面を観ているだけで問題なし。立体音響と併せての臨場感は通常の3Dを凌駕しています。3Dメガネは非常に軽くてレンズの部分が大きいので、重いのが苦手な方やメガネを掛けている方には嬉しいかもしれません。

06 07

ただし、映像そのものはホームのTOHOシネマズが導入しているXpanD方式のほうがクリアでクッキリしているように感じました。IMAX3Dの優れている点は、映像そのものよりも、劇場全体を含めた総合的なリアリティにあるのだと思いますし、その意味で今までみたどの劇場よりも素晴らしかったと思います。そもそも単純に座席の傾斜がきつめに取ってあったりと、細かいところで観易いんですよね。っと、IMAX3Dの話ばかりになってるな…。同じ『アバター』でもTOHOシネマズ系のXpanD方式と感じ方が違う部分を書かなきゃ意味ないですね。

11 13

一番大きな違いはただでさえ体感できる作品なのが、IMAX3Dの長所である高い臨場感と合わさってより一層体感の度合いが上がっていること。例えばイクランにのっての空中戦は相変わらず素晴らしい迫力なのですが、森の中をジェイクが歩いているシーンのように、あまり激しい動きでなくてもそこを一緒に歩いている気分になれるほどです。鳥や虫の鳴き声が自分より後ろからしてきて、尚且つ広い視野が人間の通常の視野に近い感覚を与えてくれるんで、それこそ今にもエイワを感じてしまいそうですらあります。

08

もちろんそれは1回観ているだけに字幕をあまり気にしなくても良い分、余計に映像に没頭できたせいもあるとは思います。初見ではただアバターの姿と映像技術に見入っていただけでしたが、脚の悪いジェイクがアバターで走れることの喜びを表すのに、土を足の指でいじったりとか細かい演出が結構入っているんですね。ちなみに初めて解ったんですが、ナヴィは手の指が4本ですがアバターは5本あるんです。設定的にアバターは人間とナヴィのDNAを併せて生み出されているからなんでしょうけど、そんなところが違っているとは。(笑)

09 10

単純に3D映像方式での違いだけでなく、映画そのものをどう見せるかに重点を置いて考えられているIMAX3D。これは他の映画館でも同じことが出来るはずです。これからもどんどん3D作品は増えていくはずですから、劇場側の環境整備も今までより一歩進めて欲しいと感じました。

最後に。109シネマズ川崎はせっかくIMAX3Dのような素晴らしい上映環境を持っているのに、その他が無頓着過ぎです。ロビーにこぼれたポップコーンのカスはそのまま、お客から見えるところに平気で店のバックヤードを設けてダンボールの箱は積み放題。ロビーは劇場の顔でしょうに。変なチープ感が漂ってましたよ。

>>『アバター』通常3D版

個人的おススメ度5.0
今日の一言:キャメロン監督を超えるのは誰だ?

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« COUNT DOWN MOVIE 2009 (日本映画編) | トップページ | タイトル50音順 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32825796

この記事へのトラックバック一覧です: IMAX3D初体験 『アバター』:

» 『アバター』(3D・吹替) ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:アメリカ映画、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン主演。 ≪IMAX鑑賞≫ [続きを読む]

受信: 2010年1月 2日 (土) 21時12分

» アバター IMAX 3D【字幕版】 [小部屋日記]
AVATAR(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本・プロデューサー・編集:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/ラズ・アロンソ/シガーニー・ウィーヴァー/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ もうひとつの体、もうひとつの運命。 構想14年、製作に4年、『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督の12年ぶりの作品。迫力の最新3D映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。 IMAXの3Dははじめてでしたが、まず驚いたのが予告編の「アリス・イ... [続きを読む]

受信: 2010年1月 3日 (日) 20時06分

» 「アバター」ジェームズ・キャメロン(長文) [Mani_Mani]
アバターAVATAR 2009アメリカ 監督・脚本:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン(ジェイク)、ゾーイ・サルダナ(ネイティリ)、シガーニー・ウィーヴァー(グレース)、スティーヴン・ラング(マイルズ・クオリッチ大佐)、ミシェル・ロドリゲス(トゥルーディ)、CCH・パウンダー(モアト) 他 【ややネタバレありです】 年末仕事納めの日の夜に観てまいりました。新宿ピカデリーでおそらくXpanD方式による3D字幕版。前から2列目の中央というワタシ好みの激近スクリーンでした。 やはり最... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 21時57分

» レビュー:アバター [INTRO]
『映画の進化に巨星キャメロンあり』 / 構想14年、製作4年――。映画技術の英知を結集して製作された本作は、本年の東京国際映画祭で、完全招待制となる『アバター・スペシャル・プレゼンテーション』と銘打たれた27分間のフッテージ映像としていち早く御披露目され、一般のオーディエンスにとっては長らくベールに包まれていた期待の3D-SF超大作だったが、過日、ついに全世界公開となった。アカデミー賞11部門...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 22時28分

» 映画「アバター AVATAR」素晴らしい映像、すでに名作、何度も見... [soramove]
「アバター」★★★★★オススメ サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング出演 ジェームズ・キャメロン監督、162分 、 2009年12月26日公開、2009年、アメリカ (原題:AVATAR)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「そう遠くない22世紀、地球から遠く離れた惑星パンドラへと やってきた元海兵隊員ジェイク... [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 23時43分

» 『アバター』@日劇 3D鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
下半身不随になり、車いす生活を送るジェイクは、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女に助け... [続きを読む]

受信: 2010年1月23日 (土) 12時03分

» 映画「アバター」3D版@TOHOシネマズ川崎 [masalaの辛口映画館]
 昨年末に引いた風邪をこじらせて自粛していた映画活動を再開しました。今年初鑑賞作品はずっと楽しみにしていた「アバター」です。お正月休みも終わった平日のTOHOシネマズ川崎で一番大きいスクリーン5には、542席に対して40〜50名位の閑散としたものでした...... [続きを読む]

受信: 2010年1月26日 (火) 23時05分

» 『アバター』 大興奮!ジェームズ・キャメロン渾身の傑作は、映画館で観ないと後悔します! [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『アバター / AVATAR』 にほんブログ村 (C) 2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved. これは、すごい! …って、ジェームズ・キャメロンの、タイタニック以来12年ぶりとなる劇場公開長編映画のことです。 こんなとてつもないものを作るために... [続きを読む]

受信: 2010年1月28日 (木) 22時01分

» アバター(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
ゼッタイに劇場で観たい! 「アバター」をやっと観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング 上映時間:162分  車いす生活をするジェイク(サム・ワーシントン)は、“... [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 15時32分

« COUNT DOWN MOVIE 2009 (日本映画編) | トップページ | タイトル50音順 »