« 50歳の恋愛白書 | トップページ | インビクタス 負けざる者たち »

2010年1月28日 (木)

すべては海になる

Photo 『時効警察』の脚本家・山田あかねが自身で脚本を書き、初監督を務めたヒューマンドラマだ。崩壊した家庭に暮らしながらも本を支えに生きてきた高校生と、かつて本に救われた女性書店員がひょんなことから知り合い、お互いの距離を縮めていく。主演は『秋深き』の佐藤江梨子と『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』の柳楽優弥。競演に要潤、松重豊が出演している。
>>公式サイト

訴えたいことが解らない。

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

ブロガーの間でも評判の高い『時効警察』の脚本家、山田あかねの初監督作品ということで観てきました。本作には千野夏樹(佐藤江梨子)と大高光治(柳楽優弥)という2人の主人公が登場します。通常この手の物語は、この2人の主人公の最低でもどちらかには共感を抱く、あるいは反感を抱きつつ鑑賞するものですが、残念ながら私には彼ら2人の考え方が理解できず、それゆえに極めて傍観者的な観方に終始してしまったように思います。そのせいか、ストーリー自体も淡々とした起伏に乏しいものに感じてしまいました。

02 03

夏樹は高校時代に援交少女でした。この世代の少女にありがちな、自分の生き方を見失っていた状態です。そんな彼女が本に出会ったことで、そのまま本好きになり書店員に。彼女は「愛のわからないひとへ」というコーナーを担当していることからも解るように、一見すると愛に迷う弱い女性に見えますが、私の受けた印象はちょっと違っていました。夏樹の書くポップに惹かれて彼女を食事に誘う出版社の鹿島慶太(要潤)。夏樹は彼に誘われるがままに体を許します。特に好きな訳でもないのになぜ?その答えは彼女の生き方そのものであり、ある意味彼女は相当にしたたかだと思うのです。

04 05

そんな彼女の担当コーナーから1冊の本が万引きされる事件が起こり、その疑いをかけられたのが大高光治の母親。これがきっかけで、夏樹と光治に接点ができ、以後徐々にその距離感を縮めて行きます。光治は一見して本好きの大人しい学生で、案の定クラスでいじめの対象となってしまいます。ところが彼が普通のいじめられっ子と違うのは、いじめに対して反撃し、不登校になったりしないところ。本と共にそんな彼の支えになっていたのは夏樹でした。ここがいまひとつ理解しにくいのですが、光治は明らかに夏樹に好意を抱いていますが、それは恋愛感情とはまた違うように伝わってくるのです。

06 07

物語終盤、家庭にも学校にも逃げ場のない光治の苦しみは増し、それを癒すために、夏樹は彼をベッドに誘います。セックスで癒される事だってある…。彼女は昔からこうして生きてきたのでしょう。人間誰しも自分を必要としてくれる人が欲しいものです。夏樹にとってはそれがある時は鹿島であり、ある時は光治でもある。だからこそ彼女は好きでもないのに鹿島に求められるままに抱かれてきたのではないか…。故に先に書いた通り、私は彼女のことを実はしたたかで強い女性だと思うのです。もちろんそれが良いとか悪いではなく。

08 09

ちなみに劇中の佐藤江梨子は何度か要潤とのベッドシーンがありますが、毎度毎度キャミソールを着たままというのはどうも不自然。光治を誘うシーンではブラとパンティーのみという姿になり、素晴らしく美しいそのスタイルを披露してくれるのですから、それなら手抜きのようなベッドシーンでなく、綺麗に見えるようなベッドシーンにして欲しかったと思います。演技自体もわざと抑え目にしていたのでしょうか、決して下手だとは思いませんが、どうも彼女の感情が読み取りにくく、それもあってすべてに泰然自若としているような印象に映ります。

10 11

またもう一方の主人公役の柳楽優弥ですが、どうも滑舌が悪いというか…。普段の彼を知っているわけではないのですが、いつもあんな口調なのか…。表情や台詞の間の取り方、感情表現の仕方などは素晴らしく上手いので、むしろそのしゃべり方との違和感が最後までぬぐえませんでした。さて、総じて言うと、観終わって感じたのは「結局何だったんだろう?」ということ。作品が訴えたかったテーマが私には理解できなかったようです。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:何かすっきりしない…
総合評価:57点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 50歳の恋愛白書 | トップページ | インビクタス 負けざる者たち »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33126086

この記事へのトラックバック一覧です: すべては海になる:

» すべては海になる [象のロケット]
27歳の書店員・夏樹が手がける「愛のわからない人へ」と名付けた本のコーナーは好評でいつも客が集まっている。 そこで起こった主婦の万引き騒ぎから、夏樹は光治という高校生と出会う。 2人は何度か言葉を交わすうちに、一緒にいるとやすらぎを感じるようになってゆくのだが…。 人生を変えるきっかけとなる本や人との出会いを描くヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年1月28日 (木) 20時49分

» すべては海になる/佐藤江梨子、柳楽優弥 [カノンな日々]
予告編を一度も観たことなくて情報と言えば唯一劇場に飾られていたポスターだけしか知らなかったんですが、どうせならとあえて映画の内容など全く調べずに観に行ってみました。 出演はその他に、要潤、安藤サクラ、猫背椿、藤井美菜、森岡龍、岩瀬亮、吉高由里子、村上淳....... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 09時43分

» すべては海になる [とりあえず、コメントです]
愛を求めて彷徨う書店員と人生の悩む高校生との心の交流を描いた作品です。 主人公が書店員とういことで、ちょっと気になっていました。 現状の厳しさに負けずに笑顔で前を向こうとする主人公たちの不思議な強さが印象的でした。 ... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 12時56分

» 「すべては海になる」 [みんなシネマいいのに!]
 走っているならまだしも歩いていても胸がゆさゆさと揺れている。 やっぱり佐藤江梨 [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 00時49分

» すべては海になる [迷宮映画館]
覚悟(?)が足らない映画に思えた。 [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 09時00分

» すべては海になる all to the sea [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
手をつないだくらいで、 つながったなんて思いたくない… 心に刺さる言葉が痛くて、優しい。ちょっとMなラブストーリー。 脚本家であり小説家でもある山田あかねの同名小説を自らがメガホンを取り映画監督としてデビューをした映... [続きを読む]

受信: 2010年4月17日 (土) 01時37分

» 『すべては海になる』 [シネマな時間に考察を。]
本を心の支えにし、そこに答えを見つけようとしてしまう、 そんな人たちに宿るナイーブな心をやさしく紡いで。 本に導かれ出会う彼らの自分物語な“結末さがし” 『すべては海になる』 2009年/日本/119min 監督・原作・脚本:山田あかね 出演:佐藤江梨子、柳楽優... [続きを読む]

受信: 2010年4月22日 (木) 15時04分

» すべては海になる(2009) [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。山田あかね監督、佐藤江梨子、柳楽優弥、要潤、松重豊、安藤サクラ、吉高由里子、村上淳。東北地方太平洋沖地震の影響で15日から「ヒア アフター」が上映打ち切り、「 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月14日 (月) 23時52分

» すべては海になる [食はすべての源なり。]
すべては海になる ★★★★☆(★4つ) 久しぶりに、良品発掘しました。期待以上に良かったです。 書店員の千野夏樹(佐藤江梨子)は「愛のわからないひとへ」というコーナーを担当している。ある日、夏樹は万引き犯と間違えた主婦の息子の光治(柳楽優弥)と出会う。 何人もの男と寝ても「寂しい」夏樹と、家庭崩壊と学校に溶け込めない中でも必至に生きようとする光冶の交流。 脇役にも、吉高由里子や安藤サクラさんと強力です。 きれいごとをいっても、貫き通せない27歳夏樹と、まだ「人生に絶望してない」光治がお... [続きを読む]

受信: 2011年4月30日 (土) 12時35分

» 《すべては海になる》 [日々のつぶやき]
すべては海になる [DVD]/佐藤江梨子,柳楽優弥,要潤 ¥3,990 Amazon.co.jp 監督:山田あかね 出演:佐藤江梨子、柳楽優弥、要潤、安藤サクラ、村重豊 「書店の店員をしている千野夏樹はある日万引きをする女性を追いかけ問い詰めた。しかし本を所持していなく、反... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 12時21分

» 映画評「すべては海になる」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・山田あかね ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年11月10日 (木) 14時30分

» 『すべては海になる』 [『映画な日々』 cinema-days]
すべては海になる 書店員がある日、万引き現場を目撃 それが、崩壊した大高家と拘る発端だった... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) [続きを読む]

受信: 2011年11月13日 (日) 03時03分

« 50歳の恋愛白書 | トップページ | インビクタス 負けざる者たち »