« ユキとニナ | トップページ | すべては海になる »

2010年1月27日 (水)

50歳の恋愛白書

Photo 良妻賢母を地で行く50歳の女性がとある悩みを胸に秘めつつ、新しい愛に目覚める様子を描いたヒューマンドラマだ。主演は『消されたヘッドライン』のロビン・ライト・ペン。共演に『サンシャイン・クリーニング』のアラン・アーキン。他にもキアヌ・リーブス、ジュリアン・ムーア、ウィノナ・ライダー、モニカ・ベルッチなどなど超豪華な俳優陣が揃う。監督・原作・脚本は自信も女優として活躍するレベッカ・ミラー。
>>公式サイト

大人の女性の大人なドラマ

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

主人公は50歳の主人公ピッパ・リー。しかし演じるロビン・ライト・ペンはとても若々しく、可愛らしくさえ見えるほど魅力的です。っと調べてみると、まだ実際には43歳なんですね。逆にサバを読むというのもあまり聞いたことがありません。夫のハーブ・リーをアラン・アーキンが演じていますが、彼は実際には75歳。設定上30歳の年の差カップルなんでそれは合っていると言えます。現代の彼女を描きつつ、10代の頃の彼女(ブレイク・ライヴリー)の人生を挿入する見せ方は、序盤ちょっと戸惑いを覚えましたが、物語の展開上非常に重要な要素をはらんでいます。

02 03

母と不仲で早々に家を出て叔母の家で暮らすようになるピッパは、やがて叔母の家も飛び出し、クスリと名のつくものなら何でもやったと言うほど堕ちた生活を送っていました。ところがとあるパーティーでベストセラー作家のハーブに見初められ、彼に求婚されます。しかし、彼には既に妻ジジ(モニカ・ベルッチ)がいました。離婚を迫ったハーブにあてつけるように、ピッパも招いた食事会の席でジジは拳銃自殺します……、というのが回想ぶぶんの簡単な流れ。ともかく本作を観て感じたのは因果応報、歴史は繰り返されるということでした。

04 05

そもそもピッパは心中では母と仲良くしたいものの、心の病を抱える母が煩わしくて逃げ出してしまうのですが、数十年後のピッパと娘の関係も同じでした。娘は母とは口もききません。更にある日、ハーブの浮気が発覚します。相手は親友のサンドラ・ダラス(ウィノナ・ライダー)でした。ピッパ自身が元々いわゆる略奪愛なのでこれまた同じこと。ところが浮気発覚後すぐ、ハーブは病を得て亡き人になります。客観的にみるとピッパはこれ以上無いほど不幸の塊状態なのですが、どっこいふと気が付くと結果的には幸せになっているのが面白いところ。

06 07

特に、ジジの死に対する罪悪感のバトンをサンドラに受け渡すというアニメーションの描写は白眉でした。結婚以来ずっと心の底にわだかまっていたその想いが晴れ、新たに知り合ったクリス(キアヌ・リーヴス)との付き合いも堂々と出来るようになり、夫が浮気していたことを知った娘は母親の元に戻ってくる…。結局はここにいたるまで、形は違えども10代の頃の奔放な生活の延長上であったのかもしれません。50歳にしてようやく、リセットされ、本当の意味でのピッパの人生が始まった、そんな風に見えます。もっとも息子は理解できないといった表情でしたが。(笑)

08 09

本作は完全に女性目線で描かれています。もとより、常に別の女性を求めてしまうのが男のサガだとするならば、ハーブは男性の象徴でしょう。家を出て行くピッパが浮気を理由にハーブの告別式は開かないことを子供たちに伝えると、娘は賛成し母の旅立ちを祝福します。何だかそれを観ていて男性の私としては居心地の悪さのようなものを覚えました。豪華な俳優を贅沢に使いコンパクトにまとめたストーリーは、短くても流石に主要キャラクターの存在感があって観易い作品だと思います。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:それにしても豪華な俳優陣だなぁ
総合評価:61点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ユキとニナ | トップページ | すべては海になる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33130445

この記事へのトラックバック一覧です: 50歳の恋愛白書:

» 「50歳の恋愛白書」まだまだイケる~?! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[恋愛白書] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年1月25日22:03 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “人生半分過ぎたら、やりたいことだけやろう。”←何ともポジティブなキャッチ!「50歳の恋愛白書」(ギャガ GAGA★)。あれ?吾輩も人生折り返し地点に、刻一刻と近付いてるんやなあ~(哀)。  ピッパ・リー(ロビン・ライト・ペン)、50歳。歳の離れた夫・ハーブ(アラン・アーキン)と、2人の子供たちに囲まれ、傍目からは“幸福な家庭の良妻賢母”と見られ... [続きを読む]

受信: 2010年1月27日 (水) 22時33分

» 50歳の恋愛白書 [象のロケット]
30歳も年上の出版王でベストセラー作家のハーブ・リーと結婚し、2人の子供を育て完璧な妻を30年近く演じてきたピッパ。 夫婦でマンハッタンからコネチカットの引退した高齢者ばかりのコミュニティーに引っ越してから、ピッパは退屈と不眠症に悩まされていた…。 50歳女性の恋と人生のセカンド・チャンス物語。 ≪人生半分過ぎたら、やりたいことだけやろう。≫... [続きを読む]

受信: 2010年1月27日 (水) 23時24分

» 50歳の恋愛白書 邦題も映画チラシも酷い! [労組書記長社労士のブログ]
【 {/m_0167/}=3 -2-】 土曜に京都界隈を20?以上歩き、その後ティップネスでしこたま筋トレして追い込んで、そして昨日は思いつきで海行ってサーフィン・・・ 本日、ちょっといつもと違う部位数箇所が朝からこっぴどい筋肉痛だ〜( ; ̄ω ̄)ゞイテテ・・・  で海行くから見に行かないつもりにしていた試写会、早く帰ってきたので行ってみた。 そもそも、この邦題「50歳の恋愛白書」、まったく見る気しねーって感じだし、映画館で貰ったチラシには「人生半分過ぎたら、やりたいことだけやろう。」とか「大人... [続きを読む]

受信: 2010年1月28日 (木) 11時02分

» 50歳の恋愛白書 (試写会) [風に吹かれて]
今の私 無理しすぎてない?公式サイト http://50love.gaga.ne.jp2月5日公開監督・脚本は、原作の著者でもあるレベッカ・ミラーエグゼクティブ・プロデューサー: ブラッド・ピットピッ [続きを読む]

受信: 2010年1月28日 (木) 12時30分

» 年の差恋愛はOK?NG? [年の差恋愛はOK?NG?]
年の差恋愛についての情報サイトです。 よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 11時17分

» 「50歳の恋愛白書」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「50歳の恋愛白書」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「50歳の恋愛白書」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 10時24分

» 50歳の恋愛白書/ロビン・ライト・ペン、アラン・アーキン [カノンな日々]
なんとなくアラン・アーキンのお爺ちゃんが出てるというだけでいいことありそうな予感がしちゃのは気のせいでしょうか?(笑)。予告編の印象ではロビン・ライト・ペン演じるヒロインはアラン・アーキンの妻でありながら年下の男性キアヌ・リーヴスと恋に落ちちゃうみたいです....... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 23時09分

» 『50歳の恋愛白書』・・・邦題にご用心 [SOARのパストラーレ♪]
登場人物の誰にどう感情移入すべきなのか、なんだかよくわからない作品だった。おまけにこの邦題だ。どうしたってアラフィフの洒落た恋物語を連想してしまうではないか。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 23時57分

» 50歳の恋愛白書 [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
【THE PRIVATE LIVES OF PIPPA LEE】 2010/02/05 公開アメリカ(PG12) 98分監督:レベッカ・ミラー出演:ロビン・ライト・ペン、アラン・アーキン、マリア・ベロ、モニカ・ベルッチ、ブレイク・ライヴリー、ジュリアン・ムーア、キアヌ・リーヴス、ウィノナ・ライダー、マ....... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 22時00分

» 50歳の恋愛白書 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
豪華キャストによる群像劇に見えるが、実はヒロインの女一代記だ。監督は、戯曲家アーサー・ミラーの娘のレベッカ・ミラー。ピッパ・リーは50歳。良き妻、良き母である彼女は年上の作家で出版社を経営する夫と結婚し、幸せそうに見える。だが、彼女を取り巻くのは老齢になっ....... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 23時51分

» 『50歳の恋愛白書』(2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:THEPRIVATELIVESOFPIPPALEE監督・原作・脚本:レベッカ・ミラー出演:ロビン・ライト・ペン、キアヌ・リーヴス、ウィノナ・ライダー、ブレイク・ライヴリー、モニカ・ベルッチ、アラン・アーキン観賞劇場 : TOHOシネマズみゆき座公式サイトはこちら。<Stor...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 8日 (月) 06時30分

» 50歳の恋愛白書 [銅版画制作の日々]
 原題はTHE PRIVATE LIVES OF PIPPA LEEです。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。火曜日は会員:1300円で鑑賞出来るのでラッキー!原題を直訳すると、本作の主人公ピッパ・リー(ロビン・ライト・ペン)のプライベートな人生(生活の数々)で、つまりはピッパの恋愛についての赤裸々な告白という意味だそうです。邦題は一般的な50歳の女性の恋愛についてということになるので、原題とそぐわないような気がしますね。誰が邦題を決めたのは誰なのか?知りませんが。。。。。もう原題に近いタイトルをつけて欲... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 19時37分

» 「50歳の恋愛白書」 [てんびんthe LIFE]
「50歳の恋愛白書」TOHOシネマズみゆき座で観賞 キアヌファンではないにしてもキアヌ主演の映画ではないことをわかっていてキアヌ目当てで見に行ってはいけない…。 35歳のキアヌ…。(無理) 病んでいるおばさんが新しい恋を見つけて病が治る…うらやましい。 最近精神的に病んでいるおばさんは沢山いるし、実際更年期ってそういう時期なのよ。 この作品でそんなことは言っていないけど、年の離れた夫との結婚。 自分も、そしてその夫も恋多き人生。 いろいろ背負っているよね。 病んでいるのも、私たち... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 23時02分

» 50歳の恋愛白書/恋するベーカリー [あーうぃ だにぇっと]
最近、中高年が主人公の映画を2本みた。 ロビン・ライト・ペンの「50歳の恋愛白書」(THE PRIVATE LIVES OF PIPPA LEE)と、メリル・ストリープの「恋するベーカリー」(IT'S COMPLICATED)の2本である。 両作品とも、原題と邦題が全然ちがっている。 日本人の感覚とはだいぶ隔たりがあるような気がした。(笑)... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 19時31分

» 50歳の恋愛白書 [とりあえず、コメントです]
一人の女性の心の揺らぎを描いたドラマです。 予告編を観た時から、ロビン・ライト・ペンとキアヌ・リーヴスの組み合わせに惹かれて観たいなあと思っていました。 登場する役者さんたちのキャラクターが本当にぴったりでちょっと面白かったです(^^ゞ ... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 19時34分

» ★50歳の恋愛白書(2009)★ [CinemaCollection]
THEPRIVATELIVESOFPIPPALEE人生半分過ぎたら、やりたいことだけやろう。50歳のピッパ・リーが求めたのは、これからの人生を楽しむための、セカンドチャンス。豪華なキャスト&スタッフで贈る、悩める大人たちの恋と、人生の物語上映時間98分製作国アメリカ公開情報劇場...... [続きを読む]

受信: 2010年2月17日 (水) 02時04分

» 50歳の恋愛白書 [心のままに映画の風景]
10代の頃は奔放で荒れた生活を送っていた50歳のピッパ・リー(ロビン・ライト・ペン)は、30歳年上で作家の夫ハーブ・リー(アラン・アーキン... [続きを読む]

受信: 2010年2月19日 (金) 20時02分

» 50歳の恋愛白書 [こんな映画見ました〜]
『50歳の恋愛白書』 ---THE PRIVATE LIVES OF PIPPA LEE--- 2009年(アメリカ) 監督:レベッカ・ミラー 出演: ロビン・ライト・ペン 、アラン・アーキン、モニカ・ベルッチ、ブレイク・ライヴリー 、ジュリアン・ムーア、キアヌ・リーヴス、ウィノナ・ライダー 奔放な10代を過ごした末に30歳年上のベストセラー作家と結婚し、理想の妻として家庭を守ってきた50歳の主人公ピッパ・リーが、自らの人生に疑問を抱き心揺れるさまを描いた女性ドラマ。 主演は「フォレスト... [続きを読む]

受信: 2010年2月19日 (金) 23時48分

» 『50歳の恋愛白書』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「50歳の恋愛白書」□監督・脚本・原作 レベッカ・ミラー □キャスト ロビン・ライト・ペン、キアヌ・リーヴス、ジュリアン・ムーア、ウィノナ・ライダー、モニカ・ベルッチ、ブレイク・ライヴリー、アラン・アーキン■鑑賞日 2月13日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 50歳の恋愛白書・・・というよりは主人公ピッパ・リー(ロビン・ライト・ペン)の歪んだ過去、と言うほうが(笑)  普通に幸せな生活を送り、気... [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 09時13分

» 50歳の恋愛白書 [Movies 1-800]
The Private Lives of Pippa Lee (2009年) 監督:レベッカ・ミラー 出演:ロビン・ライト・ペン、アラン・アーキン、ブレイク・ライヴリー、キアヌ・リーヴス R・ミラー作の同名小説を自身自らがメガホンを取って映画化した作品で、年老いた夫の世話を献身的にする妻の波乱に満ちた半生を振り返ると供に、現実を見据え、新たなスタートを切るまでを描く。 邦題から想像されるような中高年の恋物語ではなく、ヒロインの私的生活を赤裸々に描いた正しく原題通りのドラマ。 66年生まれのR・W・... [続きを読む]

受信: 2010年2月22日 (月) 22時02分

» 50歳の恋愛白書 [映画的・絵画的・音楽的]
 『50歳の恋愛白書』を日比谷のみゆき座で見てきました。  時間が空いたので、アラフィフの恋愛模様を描いたお気楽な映画でも見ようか、ということで足を運んだところ、邦題から思い描いていたストーリー(キアヌ・リーヴスを中心とする甘いラブストーリー)とは大違いで、実にシリアスな映画となっています。 (1)原題は「The Private Lives of Pippa Lee」であって、まさにこのタイトル通りの内容になっているのです。  評論家の服部弘一郎氏がいうように、邦題の方が「「ピッパ・リーの私生活... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 05時30分

» 50歳の恋愛白書 [活動写真放浪家人生]
 <シネプレックス小倉>  「小倉コロナシネマワールド」から「シネプレックス小倉」まで徒歩1時間。路 [続きを読む]

受信: 2010年3月28日 (日) 00時14分

» 「50歳の恋愛白書」みた。 [たいむのひとりごと]
予告編や邦題から近頃増えている”大人のラブコメ”かなーと思って観にいったのだけど、コメディと呼べるほどの軽さはなく、でもシリアスというほどの濃厚なロマンスもない。原題「THE PRIVATE LIVE... [続きを読む]

受信: 2010年4月 4日 (日) 11時15分

» 50歳の恋愛白書 [Diarydiary! ]
《50歳の恋愛白書》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - THE PRIVA [続きを読む]

受信: 2010年4月 5日 (月) 19時49分

» 50歳の恋愛白書 [迷宮映画館]
ものすごくシンパシーを感じてしまい過ぎ! [続きを読む]

受信: 2010年4月10日 (土) 22時55分

» 50歳の恋愛白書 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
誰もが羨む「理想の妻」でも、型にはまりすぎて退屈な自分。「夫が浮気をした。しかも、私の親友と。これって何?」「娘からも嫌われている。もう誰も私のことを必要としてないの?」「20歳も年下の彼と出会った。居心地がよくてなんだか惹かれる。この気持ちって、一体....... [続きを読む]

受信: 2010年4月22日 (木) 15時57分

» 《50歳の恋愛白書》 [日々のつぶやき]
監督:レベッカ・ミラー 出演:ロビン・ライト・ペン、キアヌ・リーブス、ウィノナ・ライダー、アラン、アーキン、モニカ・ベルッチ、ブレイク・ライブリー、ジュリアン・ムーア 人生半分過ぎたら、やりたいことだけやろう。 「ピッパ・リーは年上の作家ハーブと結... [続きを読む]

受信: 2010年9月 9日 (木) 09時13分

» 『50歳の恋愛白書』 [『映画な日々』 cinema-days]
50歳の恋愛白書 心臓発作を機に引退した歳の離れた夫と 田舎に引っ越して来た50歳の妻が 夢遊病が縁で15歳下の男性と知り合う... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Private Lives of Pippa Lee ピッパ・リーの私生活... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 01時57分

» 映画評「50歳の恋愛白書」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督レベッカ・ミラー ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年2月17日 (木) 16時39分

» 『50歳の恋愛白書』'09・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじピッパ・リー、50歳、2人の子供を育て完璧な妻を30年近く演じてきたが・・・。感想年齢に偽りあり!『美しい人』のロビン・ライト・ペンは50歳の役ですが、映画公開... [続きを読む]

受信: 2011年2月25日 (金) 07時07分

» 〜『50歳の恋愛白書』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:アメリカ映画、レベッカ・ミラー監督&脚本&原作、ブラッド・ピット製作、ロビン・ライト・ペン、キアヌ・リーヴス、ジュリアン・ムーア、ウィノナ・ライダー、モニカ・ベルッチ、ブレイク・ライヴリー、アラン・アーキン出演。 ≪CS観賞≫... [続きを読む]

受信: 2011年11月27日 (日) 01時38分

« ユキとニナ | トップページ | すべては海になる »