« すべて彼女のために/Pour elle | トップページ | パラノーマル・アクティビティ »

2010年1月31日 (日)

オーシャンズ

Photo_2 『ニュー・シネマ・パラダイス』では映画監督になったサルヴァトーレを演じ、最近では『幸せはシャンソニア劇場から』のプロデューサーも務めたジャック・ペランの手によるネイチャー・ドキュメンタリー。4年以上の歳月を費やして撮影された数々の海洋生物が見せてくれる自然の営みが興味深い。日本語版ナレーションを宮沢りえが担当している。

>>公式サイト

素晴らしい前半と政治臭い後半

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

簡単に言ってしまうと前半は素晴らしかったけれど、ある時を境に急に凡作へと変わってしまう作品です。かけた時間が4年以上、かけたお金が70億円、世界50ヶ所で100種類以上の海洋生物を、それも超ハイテク機器を利用しつつ撮影したとあって、これまでに観たことのない映像が多々観ることができます。バンドウイルカの並走映像などは、どうやってこんなに近くから撮影したのだろうと思いきや、通常の約4倍もの速度がでる水中スクーターを使用したんだとか。

02_2 03_2

クモカニの集団交尾シーンは最初は目線がカニの目線と同じ。まるで『スターシップ・トゥルーパーズ』の敵生物を思わせる映像から始まり、次第に集まるは集まるはで何と5万匹。気持ち悪さを通り越えて呆れるばかりです。イワシの群れに突撃してくる海鳥を海中から撮影した映像は、まるで銛でも打ち込まれたかのような鋭い水泡がたち、巨大なシャチが海辺にいるアシカを捕食する映像は凄い迫力。ザトウクジラがオキアミを食べるシーンなど中々観れるものじゃありません。

04_2 05_2

事ほど左様に、前半は子供のころ水族館の水槽の前に張り付いていたかのごとく魅入っていたのですが、それが破られたのはある映像からでした。それはフカヒレ漁の映像と捕鯨の映像。東洋人とおぼしき人間が、サメのヒレだけを全て切り取って、人間で言えば手足をもがれた状態で海にサメを捨てます。捕鯨の方は良く見る、巨大な銛が鯨に向かって打たれる様子を水中から撮影したものでした。そしてその映像の後に、これ見よがしに人間が種の絶滅に追いやっただの、人間との共生だのといった話がはいります。

06_2 07_2

このあまりに作為的な演出で、今まで浸っていた気持ちよさは何処かに飛んでしまったかのようでした。確かにフカヒレ漁の映像は趣味の良い映像ではないですし、生命に対するリスペクトという意味では問題のある行為だと思います。しかしここで問題なのは、それらの漁がさもその種を絶滅に追いやる行為であるかのごとく見せているということ。そもそも生命に対するリスペクトに関して問題提起したいのなら、フカヒレ漁だけを取り上げるのはフェアじゃないです。

08_2 09_3

更に、ご存知の通り現在では捕鯨も調査捕鯨しか許されていません。それでも敢えてこの映像を挿入するのは何故なのか。明らかに捕鯨反対運動の匂いが漂います。捕鯨を止めてサメと一緒に泳げば人類と海洋生物との共生になるのか。私は観ている最中は気づかなかったのですが、エンドロールにシーシェパード名が入っているそうで、そういうことだとするならば、こんな構成であるのも納得。結局そのせいか最後の方はひたすら人間との共生を謳う説教臭い作品になっていました。うーん、後味の悪いいやらしい作品になってしまったのが残念です。

個人的おススメ度2.5
今日の一言:ディズニー・ネイチャーの方がテーマが具体的でいい
総合評価:55点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« すべて彼女のために/Pour elle | トップページ | パラノーマル・アクティビティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33188617

この記事へのトラックバック一覧です: オーシャンズ:

» [欺瞞! 観てはいけない! <シー・シェパード>の映画『オーシャンズ』] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆私は、世の中は「性悪説」でないと生きられないと考えているが、結局、性格上の問題で「性善説」で世の中を見てしまう。  つまり、「幾らなんでも人間そこまではしないだろう」と、思考から外してしまう選択肢がある。  例えば、反共和党で有名な映画監督のマイケル・ムーアなども、ドキュメント的に、その政治思想の大プロパガンダ映画を多数作っており、自説に都合悪いことは無視したりもしているが、「嘘の捏造(嘘の創造)」は行っていないと思う。  だから、私は、マイケル・ムーア作品を、結構、楽しんでみている。  ... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 04時14分

» 『オーシャンズ』 [つれづれなるままに]
火曜日に HBCシネマ倶楽部 『オーシャンズ』の試写会に行ってきました。 久しぶ [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 08時47分

» 『オーシャンズ』(2009)/フランス [NiceOne!!]
原題:OCEANS監督:ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾーナビゲーター:宮沢りえ公式サイトはこちら。<Story>画期的な映像システム(猛スピードで泳ぐ魚たちをまったくブレずに撮影できる、世界に一台しかないステディカム)を駆使して、北極海から南極海、サン...... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 09時02分

» オーシャンズ/宮沢りえ、海の生命たち [カノンな日々]
最近、映画を観に行ったときのこの映画の予告編を観るのが楽しみのひとつでした。ダイジェストでも映像の凄さが感じられてワクワクしちゃってました。特に私は海獣が大好きなのでジュゴンやザトウクジラが楽しみなんですけど。ホオジロザメのすぐ脇をカメラマンが並んで泳ぐ....... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 09時09分

» 『オーシャンズ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「オーシャンズ」□監督 ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾー □ナレーション 宮沢りえ■鑑賞日 1月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 環境保護の大切さを、物言わぬ動物たちの映像を通して訴求する作品だが、 ただただ身勝手に自然破壊や環境汚染を進めてしまった責任は、温かい映画館の シートに座って観ている僕らにもその責任がある。 近頃、あちこちでエコを訴えるものが多い。 遅ればせながら政府も動き、企業... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 09時29分

» オーシャンズ(日本語吹き替え) / Oceans [勝手に映画評]
「海って、何?」と言う少年の一言から始まったドキュメンタリーと言う形態を取っています。海をテーマにしたドキュメンタリーといえば、『ディープ・ブルー』や『アース』がありますが、それら二作はBBCの作品であるに対し、イギリスへの対抗意識ではないでしょうが、こちらの『オーシャンズ』はフランスの作品です。そう言えば、フランスには、有名な海洋学者ジャック=イヴ・クストーがいたのを思い出しました。 さて、海の生態を表した単純なドキュメンタリーと思うと外されます。って言うか、戸惑います。作品の後半に、「人類によ... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 09時49分

» オーシャンズ [Akira's VOICE]
人間啓発ドキュメンタリー   [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 10時10分

» 「オーシャンズ」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                                 「オーシャンズ」 新宿ピカデリーにて。 監督・ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾー ナレーション・宮沢りえ 作品のほとんどが、海とそこに住む様々な動物の映像で占められている。 魚類、甲殻類、哺乳類、爬虫類、鳥類、イカやタコなどなど・・・。 宮沢りえのナレーションと音楽に乗せて、自然の営みが延々と映し出される。 時折、おそらくフランス人と思われる紳士と、少年が現れ、人類の乱獲や公害などによって絶滅してしまった“種”について説明... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 10時20分

» 映画「オーシャンズ」@一ツ橋ホール [masalaの辛口映画館]
 今年初試写会です。客入りは8割くらいだ。作品柄、小さなお子さんも多数来場している。   映画の話 地表面積の70%を占める、大いなる海洋は、数百万種の未知の微生物や巨大な動物の隠れ場所でもある。ほとんどその姿さえ見られたことのない生物たちの、謎に包まれ...... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 12時42分

» 「オーシャンズ」 [みんなシネマいいのに!]
 世界中の海を取材し海洋生物を撮影したドキュメンタリー。 自分の行ける劇場では日 [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 16時51分

» オーシャンズ [映画道]
画期的な映像システム(猛スピードで泳ぐ魚たちをまったくブレずに撮影できる、世界に一台しかないステディカム)を駆使して、北極海から南極海、サンゴ礁に彩られる美しい海に、冷たい氷で覆われた海など、世界各地の海にいる生物たちの姿をとらえる。猛スピードで泳ぎ、ジャンプするイルカ、ゆっくりと海の底へと沈んでいくマンタ。光のない海底にまで、そこで生きる命は存在している。 構想10年、撮影期間4年、使用したフィルムは470時間――『WATARIDORI』で観る者を魅了したジャック・ペラン(『ニュー・シネマ・パラ... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 17時10分

» ★オーシャンズ(2009)★ [CinemaCollection]
OCEANS生命(いのち)の飛ぶ空。命の原点、感動の頂点へようこそ。『アース』『ディープ・ブルー』を超える、史上最大のドキュメンタリープロジェクト。映時間103分製作国フランス公開情報劇場公開(ギャガ)初公開年月2010/01/22ジャンルドキュメンタリー映倫G【解説】『ニ...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 21時22分

» オーシャンズ [象のロケット]
「海ってなに?」少年にそう聞かれて、海の専門家の老教授は答えに窮してしまう。 その問いに答えるために、“海”という名の大いなる生命体の知られざる奇跡と、そこに息づく驚異の生物たちに出会うための時空を超えた旅が始まった…。 世界50ヶ所、100種の生命たちを圧倒的臨場感のもとに体感する、ネイチャー・ドキュメンタリー。... [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 22時44分

» オーシャンズ [Diarydiary! ]
《オーシャンズ》 2009年 フランス映画 - 英題 - OCEANS =Sto [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 19時09分

» 『オーシャンズ』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
1日にユナイテッドシネマとしまえんに『オーシャンズ』を観てきました。 小人500円っていうのはやっぱり効いてるんですね、親子連ればっかりでした、観に来てる方々。 ******************** 『WATARIDORI』の製作陣が今度は海をテーマに壮大なスケールで贈る海洋ドキュメ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 22時53分

» オーシャンズ 醜悪な映画だ、ひどい。 [労組書記長社労士のブログ]
【 {/m_0167/}=8 -4-】 水曜日に見たんだが、不快感しか残っていない。 子ども連れで観に来ている人が多かったが、日本の子どもにはみせたくはない映画だ、ほんとうに遣り方が酷い。  画期的な映像システム(猛スピードで泳ぐ魚たちをまったくブレずに撮影できる、世界に一台しかないステディカム)を駆使して、北極海から南極海、サンゴ礁に彩られる美しい海に、冷たい氷で覆われた海など、世界各地の海にいる生物たちの姿をとらえる。猛スピードで泳ぎ、ジャンプするイルカ、ゆっくりと海の底へと沈んでいくマンタ。... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 21時07分

» オーシャンズ [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
生命(いのち)の飛ぶ空。 未だかつてない、海と生命(いのち)の物語。 『アース』『ディープ・ブルー』を超える、史上最大のドキュメンタリープロジェクト。 ”渡り鳥”の旅物語を映画化した「WATARIDORI」の監督・スタッフによ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 8日 (月) 00時21分

» 「オーシャンズ」新宿ミラノにて鑑賞 [流れ流れて八丈島]
沖縄のホエールウォッチングや美ら海水族館の余韻が残ってるうちに、ぜひ観ておこうと思ってた「オーシャンズ」を観てきました東急レクリエーションの株主優待券利用で、劇場は新宿ミラノですこういう映像が綺麗な映画は、なるべく大きなスクリーンで観るに限りますでも、...... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 00時24分

» ■映画『オーシャンズ』 [Viva La Vida!]
『WATARIDORI』などのネイチュア・ドキュメンタリーで知られるジャック・ペラン監督が海の生き物たちの生態を描いたドキュメンタリー『オーシャンズ』。 たくさんの海の生き物たちが、不思議だったり、美しかったり、不気味だったりするその姿を見せてくれています。 本当に海... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 10時10分

» オーシャンズ(映画館) [ひるめし。]
生命の飛ぶ空。 [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 20時54分

» 映画オーシャンズはシーシェパードのプロパガンダ映画でした [鋼鉄の谷底]
オーシャンズを見た感想をmixiの日記に書いたのですが、こういうことはmixiのような閉じた世界ではなく広く検索で引っかかる開いた場所に書くべきだろうと思い、ここにも書きます。 以下mixiの日記の転載と一部修正。 昨日、家族でオーシャンズを観てきました。 大画面で..... [続きを読む]

受信: 2010年2月12日 (金) 09時37分

» 「オーシャンズ」 強く感じるメッセージ [はらやんの映画徒然草]
生物の造形というものは美しい、本作を観ながらそう思いました。 まるで弾丸のように [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 05時03分

» オーシャンズ [とりあえず、コメントです]
海を題材にしたドキュメンタリーです。 途中に挿入される微妙なシーンはどうだろうかと話題だったので、どうしようかと思っていたのですけど 映像は素晴らしいと聞いたのでやっぱりチャレンジして来ました。 噂通りの素晴らしさとガッカリ感のある作品でした(^^ゞ ... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 21時21分

» オーシャンズ [りらの感想日記♪]
【オーシャンズ】 ★★★☆ 映画解説 「WATARIDORI」の製作陣が今度は海をテーマに壮大なスケールで贈る海洋ドキュメンタリー。海の神秘 [続きを読む]

受信: 2010年2月16日 (火) 22時53分

» 【オーシャンズ】 [日々のつぶやき]
監督:ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾー    生命(いのち)の飛ぶ空。 こういうドキュメンタリー系の作品は全く興味がなくて、スルー予定だったのですが・・・ 甥っ子が見たいというので連れて行ってきました。 海の中の景色はとても綺麗ー 見たこと... [続きを読む]

受信: 2010年2月18日 (木) 10時06分

» オーシャンズ [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)      109シネマズ木場 にて鑑賞  監  督:ジャック・ペラン ■内容■  北極海から南極海、サンゴ礁に彩られる美しい海に、 冷たい氷で覆われた海など、世界各地の海にい... [続きを読む]

受信: 2010年2月20日 (土) 21時46分

» オーシャンズ [ダイターンクラッシュ!!]
2010年2月20日(土) 16:50~ キネカ大森1 料金:0円(キネカ大森ポイント利用) パンフレット:600円(買っていない) 『オーシャンズ』公式サイト 「WATARIDORI」のジャック・ペランの海のドキュメンタリー。一部フェイクあり(映画の最後に説明あり)。 ジャック・ペランは、「ニュー・シネマ・パラダイス」の冒頭と最後に出てくる監督役のおっさん。 「WATARIDORI」は、ナレーション無しの映画だったが、本作にはナレーションがある。しかし、本作のほうが圧倒的に眠い。写しだされる... [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 03時10分

» オーシャンズ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】 海洋ドキュメンタリーという触れ込みにはチョット疑問。 [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 12時29分

» 「オーシャンズ」優しい気持ちになり、そして身が引き締まる [soramove]
「オーシャンズ」★★★★ ネイチャー・ドキュメンタリー ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾー監督、103分、 2010年1月22日公開、2009,フランス,ギャガ・コミュニケーションズ (原題:OCEANS )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「恐竜のようなガラパゴス海イグアナが 岩場にすくっと両手で顔を上げ、 その遥か向こうの青空を突っ切るように ロケットが一直線に上昇す... [続きを読む]

受信: 2010年2月25日 (木) 15時19分

» オーシャンズ [メルブロ]
オーシャンズ (原題: OCEANS) 302本目 2010-6 上映時間 1時間43分 監督 ジャック・ペラン 出演 海の生物 会場 TOHOシネマズ 有楽座 【あらすじ】  「WATARIDORI」の監督ジャック・ペランが、世界中の海を取材した自然ドキュメンタリー。北極海から南極海までの...... [続きを読む]

受信: 2010年3月 1日 (月) 11時57分

» 映画:オーシャンズ [よしなしごと]
 構想10年、撮影4年、ロケ地世界50ヵ所。ドキュメンタリー映画史上最高額の制作費(70億ドル)をかけたドキュメンタリー映画。ジョージ・クルーニーは出てないけどオーシャンズを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 21時54分

» 映画評「オーシャンズ」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年フランス映画 監督ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 16時08分

« すべて彼女のために/Pour elle | トップページ | パラノーマル・アクティビティ »