« 最後の贈り物/마지막 선물...귀휴 | トップページ | スモーク »

2010年1月 5日 (火)

ヒトラーの贋札

Photo ドイツ・オーストリア共同制作の作品。主演はカール・マルコヴィックス、監督がシュテファン・ルツォヴィツキー。残念ながら主演・監督の他作を観たことはありません。第80回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品で、同回のノミネート作品に『カティンの森』があります。実は『おくりびと』が今年の第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したので、昨年は?と調べたら本作だったという訳。
>>公式サイト

現代史の裏側は面白い

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブ
ログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

第二次世界大戦関係の作品、しかもユダヤ人迫害に関わる作品は多々あり、非常に深く考えさせられる反面、いわゆる映画としては非常に興味深い名品が多いですよね。昨年鑑賞した『ディファイアンス』『縞模様のパジャマの少年』もそうでした。本作はユダヤ人の強制収容所での物語ですが、いわゆるアウシュビッツに代表される収容所の物語とはいささか趣が異なっています。それは、収容者の待遇が格段によいこととある特殊任務についていたことでした。その特殊任務とは「ベルンハルト作戦」。これはユダヤ人グループにナチスドイツが大量の贋札を作らせ、イギリスやアメリカの経済を崩壊させるという、今から考えると嘘のような本当の作戦です。

02_2 03_2

主人公のソロヴィッチ(ユダヤ名サリー:カール・マルコヴィクス)は贋札作りのプロですが、警察に捕まって収容所送りになります。ソロヴィッチを含め誰もがナチスドイツのためになど働きたくないけれど、やらなければ自分たちが殺される。しかし、作戦が成功してナチスドイツが優勢になると、今度は自分たち以外のユダヤ人が殺される。しかも戦争が終われば口封じのためにやはり自分たちは殺される…。つまりソロヴィッチたちにはいずれにしても死の運命しか残されていない訳です。米英が敗れれば当然ユダヤ人虐殺は進むでしょうから、今の自分の命か同胞の命かの二者択一という、人としてあまりに惨い選択を迫られるのでした。

04_2 05_2

しかしソロヴィッチは悩みながらも、自分と自分の周りの同胞を救うためにポンド紙幣の偽造を成功させます。彼の心の葛藤と恐怖は今の私に理解できるなどとは到底言えませんが、映像のソロヴィッチの表情からは、その苦悩の一端を覗うことが出来ました。しかし、そんな彼の苦悩をよそに印刷技師のブルガー(アウグスト・ディール)は例え殺されても正義を貫くべき、つまり贋札作りには加担しないと主張して仕事をサボタージュします。どちらが正解かなんて、誰も答えは出せないですよね。当初はこれに反対していたソロヴィッチは彼のサボタージュをかばい続け、ポンド紙幣偽造に続いて命令されていたドル紙幣偽造を数ヶ月間遅らせることに成功します。

06_2 07_3

しかし、待ちきれなくなったドイツ人将校は、これ以上遅れるなら選抜した5人を銃殺すると脅すのでした。仲間たちはブルガーのサボタージュが原因だと話すべきだと主張しますが、ソロヴィッチは密告することを絶対に許しません。彼一人の行動で仲間の命が危険にさらされたとしても、それでも密告はダメだと。当時のナチスはユダヤ人絶滅のための密告を奨励していたという背景を考えると、彼は、例えいかなる理由があろうとも仲間を売ることは間接的にユダヤ人絶滅に加担することになると考えていたのではないでしょうか。ユダヤ人としての誇りまで失うべきではないという仲間への間接的な訴えであったのかもしれません。

08_2 09_2

本作で興味深いのは、冷静に考えるとマルコヴィクスは“贋札作りのプロ”という犯罪者だという点。つまり彼はナチスドイツに命令されなくとも普通に自分で贋札を作っていた訳です。他の収容者は今の自分を守るため渋々犯罪に手を染めることになっているのですが、彼だけは違うんですね。その彼がリーダーとして同胞を守るために腐心する様子には若干の違和感を覚えると同時に、当時の彼らが置かれていた異常な環境をよく表現していると感じました。そのせいか、いわゆる感動作とは言いがたいのですが、第二次世界大戦時のヨーロッパ現代史、それも私が知らないエピソードを扱った作品ということで、知的好奇心を満足させてくれる作品だったと思います。

個人的オススメ度3.5
今日の一言:原作も読んでみようと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 最後の贈り物/마지막 선물...귀휴 | トップページ | スモーク »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/32867320

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトラーの贋札:

» ヒトラーの贋札 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『完璧な贋札。 それは俺たちの命を救うのか。 それとも奪うのか──』  コチラの「ヒトラーの贋札」は、1/19公開となった"ナチス・ドイツが行った国家による史上最大の紙幣贋造事件。この驚くべき歴史的事実に隠された、ユダヤ人技術者たちの正義をかけた闘いの物語...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 5日 (火) 20時59分

» 『ヒトラーの贋札』 [めでぃあみっくす]
本年度アカデミー外国語映画賞を受賞したこのオーストリア映画。『白バラの祈り』のようにナチスに対抗した知られざる英雄を描いた作品ということで重い雰囲気の映画かと思っていましたが、いざ見てみると贋札造りに関与させられたユダヤ人技師たちの苦悩を中心にした実録風....... [続きを読む]

受信: 2010年1月 5日 (火) 21時21分

» ヒトラーの贋札 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ヒトラーの贋札'06:ドイツ・オーストリア ◆原題:E FALSCHER/THE COUNTERFEITER◆監督:◆ 監督・脚本: ステファン・ルツォヴィッキー「アナトミー」12 「エニグマ奪還」◆出演:カール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ、ア....... [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 11時53分

» 『ヒトラーの贋札(にせさつ)』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2006年:ドイツ+オーストリア合作映画、ステファン・ルツォヴィッキー監督&脚本、カール・マルコヴィクス主演、第80回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。 ≪DVD鑑賞≫ [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 19時43分

» 「ヒトラーの贋札」面白かったです [ポコアポコヤ 映画倉庫]
ずっと見たいと思っていた、ヒトラーの贋札、やっと見ることができました。 映画の開始のシーン、最後のシーンも好きだし、この映画に使われ... [続きを読む]

受信: 2010年1月 7日 (木) 08時51分

» ヒトラーの贋札 [Diarydiary! ]
《ヒトラーの贋札》 2007年 ドイツ/オーストリア映画 - 原題 - DIE [続きを読む]

受信: 2010年1月13日 (水) 19時03分

» 「ヒトラーの贋札」ゆかりの地をたずねて [ノルウェー暮らし・イン・London]
ゆかりの地・・・・・と言うには抵抗のある場所、アウシュビッツ。 本当は「シンドラーのリスト」を見てから、旅に出たかったんだけど、手元にDVDがなく、今回は「ヒトラーの贋札」をチョイス。 正義と命の狭間で揺れる、極限状態の男たちの生き様を見た。... [続きを読む]

受信: 2010年11月11日 (木) 09時13分

» ヒトラーの贋札 [Yuhiの読書日記+α]
国家による史上最大の贋札(がんさつ)事件と言われる、“ベルンハルト作戦”を題材にしたヒューマンドラマ。監督はステファン・ルツォヴィツキー、キャストはカール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ他。 <あらすじ> 1936年のドイツ...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 6日 (月) 23時10分

« 最後の贈り物/마지막 선물...귀휴 | トップページ | スモーク »