« イエローキッド | トップページ | 17歳の肖像 »

2010年2月 5日 (金)

I am. アイ・アム

I_am 菅浩江原作の近未来小説を映画化。とある手段で作られた看護師ロボットが、自分が一体何者なのかに葛藤していく様を描いたSFドラマだ。主演は『彼岸島』「のだめカンタービレ」シリーズの水川あさみ。共演には柏原収史、泉谷しげる、長谷川初範、酒井和歌子といった若手とベテランが揃う。監督は『宣戦布告』の石侍露堂。

>>公式サイト

水川あさみファンならかろうじて…

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

久しぶりにこんなにチープな映画を観てしまいました。なんとも上っ面だけの空疎なセリフが虚しく空回りしている…正直言って水川あさみの存在感と演技で何とかみていられますけれど、彼女がでなかったらとても観ていられない作品でした。それにしても良作を架けることで知られるシアター・イメージフォーラムがなぜこんな作品を、たとえ日に1回のレイトショーとは言え上映しているのか疑問に思っていたのですが、石侍監督のプロフィールを見たら推測がつきました。

02_2 03_4

イメージフォーラムでは2月6日からロシアの映像詩人、アンドレイ・タルコフスキーの「タルコフスキー映画祭2010」を開催します。石侍監督のプロフィールによれば、元々造形作家だったのが29歳のときにタルコフスキー監督とであったことで映像作家に転身したのだとか。要はそのつながりでということなのでしょう。言ってみればメインの前の前座とでもいうのでしょうかね。いずれにしろ、そんな由縁は全く知らずに観たのは、おかしなフィルターが掛からずに良かったと思っていたりもします。

04_2 05_2

物語の流れとしては、水川あさみ演じるところのミキという看護師ロボットが他の看護師や患者との触れ合いを通じて、自分の存在に対する疑問を膨らませて行くというもの。実は彼女に対する正式な説明は最後まで全くありませんが、はっきり言って30分も見ていたらほぼ全て想像がつくレベルの話でした。良く解らないのはロボットのシステム的な理屈。もちろんフィクションなのですから実際に出来なくてもそれは構いません。ですが仮にもSF映画なんですから、最低限の説明は必要でしょう。

06_3 07_2

もしかしたらロボットであるというメカニカルな定義を敢えて隠したのかもしれません。“ロボットでありながら心は人間”とでもいうようなあやふやな存在にしておくことで、観客にもミキと一緒にその存在理由を探してもらおうと考えたのでしょうか。しかし、それなら簡単に想像がついてしまうような情報の出し方をしては駄目ですね。心は人間、体はロボット、早々にそこまで解ってしまって観ていると、あとはミキ自身がそのことにいつどういう形で気がつくのかだけが見所で、途中の悩みの部分がチープにしか見えません。

08_2 09_2

村田雄浩演じる患者・田辺は何かの病気で体中管だらけ。いわゆるスパゲティ症候群というやつです。機械に無理やり生かされている彼は人間としての死を望みます。それを聞いたミキがそれでも生きいることが大切だと説きつつも、自分の存在に悩むというシーンでは、それこそ素人でも考え付くような展開とセリフのオンパレードにすっかり白け気分。「人間として死にたい。」だの「それは間違ってる」だの、もういいから次に行ってくれと。結局ミキが自分が何者かを悟るのは、突然登場した昔の友達から話しを聞くという流れ。それじゃ今までの登場人物は何だったんでしょうか…。

10_2 11_2

田辺の尊厳死に手を貸した看護師を追いかけてロボットの体のまま街に走り出すミキ。そのCGのあまりの酷さは目を覆いたい程。今時テレビ地上波のCGでももっとマシな映像です。あまりのカクカク具合や、背景とのミスマッチにかろうじて保ってきていた気持ちの糸が完全に切れた瞬間でした。タルベーラ監督がこの作品を観たらどう感じるでしょうか…、「素晴らしいよ、石侍!」とは言わないと思います。

個人的おススメ度★2.0
今日の一言:★1つは水川あさみの分です…
総合評価:39点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« イエローキッド | トップページ | 17歳の肖像 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33252771

この記事へのトラックバック一覧です: I am. アイ・アム:

» 10-23「I am. アイ・アム」(日本) [CINECHANの映画感想]
ロボットには感情なんてない  佐倉大の病室から、看護師・羽月和の悲鳴が聞こえてきた。介護ロボットのジローが、バナナを見た瞬間に狂ってしまったのだ。近くにあった器具で、ジローの頭を叩き割る和。  数日後、運転中に胸の持病が悪化した岩田の車が、病院の駐車場で待ち受ける看護師・樋野裕子たちに突っ込んで来た。その瞬間、一陣の風のようにミキが現れ、裕子にぶつかろうとした車を止めた。  ミキは、その可憐さと能率的な仕事ぶりで、患者や病院関係者の中で人気者になっていく。が、ロボットに対して懐疑的な...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 01時47分

» アイ・アム I am. [ケントのたそがれ劇場]
★★★  最近珍しくなった邦画の近未来SF映画である。人間そっくりに創られた看護師ロボットが、心を持ち葛藤する姿を描く。『空気人形』とほぼ同時にDVDをレンタルしたため、どうしても比較したくなってしまう。  『空気人形』のほうは切ないラブファンタジーである... [続きを読む]

受信: 2010年7月23日 (金) 17時05分

« イエローキッド | トップページ | 17歳の肖像 »