« 恋するベーカリー | トップページ | だれのものでもないチェレ »

2010年2月16日 (火)

ゲキ×シネ「蜉蝣峠」

Photo

前作ゲキ×シネ「五右衛門ロック」から8ヶ月余り、人気の舞台をスクリーンで上映するゲキ×シネ作品だ。演出家いのうえひでのり率いる劇団☆新感線の“いのうえ歌舞伎”シリーズの1本。脚本は大人計画の宮藤官九郎を迎えオリジナル脚本で臨む。主演は当然この人・古田新太。客演に堤真一、高岡早紀、勝地涼らが出演。オリジナル団員の橋本じゅん、高田聖子らの弾けた芝居にも注目だ。
>>公式サイト

やっぱりゲキ×シネは面白い!

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

あまりに面白すぎるゲキ×シネ「五右衛門ロック」から8ヶ月余り。またしてもゲキ×シネ上映となれば見ないわけにはいかないと、早々に前売り券を購入して待ちわびていた作品です。いや待っていただけあって、やはり面白かった!ただ、いきなりこんなことを書くのもなんですが、ゲキ×シネ「五右衛門ロック」には及ばない作品でした。これはお芝居を構成する要素である脚本(宮藤官九郎)、舞台演出(いのうえひでのり)、出演者のそれぞれが少しずつ及ばなかったからなのですが、特に比べなければ十分にこれだけで面白い作品です。しかも宮藤官九郎脚本の映画は数多いだけに、映画ファンにとっては割りと馴染み易いかもしれません。

02 03

クドカン脚本ならではのしょーもない小ネタは随所にちりばめられているのですが、何よりいきなり初っ端に堤真一が軍鶏の着ぐるみで出てくるとは思いませんでした。しかも何故かサングラスで関西弁。(笑)真面目な印象の堤真一に殆どコントにしか見えないこの格好をさせるのは完全に観客の意表をついていて、一気にそこで引き込まれます。やはり、せっかく客演で出てもらうからには、普段の役者の顔とは違った一面を見ることが出来ると何だか得をした気持ちになれますね。その意味では高岡早紀はちょっとオーソドックスだったように思います。勿論取り立てて芝居が下手だとは思わないのですが。

04 05_2

またクドカンお得意の繰り返しネタも健在で、今回その役を担っていたのは勝地涼。無論ネタはここには書きません。というか書いても面白くないですから…。ところで、クドカンのオリジナル脚本は確かに面白いんですが、ややこじんまりとまとまっている様に感じます。いや、ネタは爆発というかかなり好き勝手やっているのですが、ストーリーの展開としてはオーソドックスなんです。今回も結末としては案外普通に感動系にまとめてきてましたし。そのせいか、演出的にも「五右衛門ロック」で見せてくれたような弾けた豪快さは少しなりを潜めていたように思います。

06 07

今回観ていて一番感じたのは、「スクリーンでお芝居を観てる」ということでした。花道までも使い、実際にカメラが演者の近くで回ることによる、今にも汗が飛んできそうな迫力と動き、実際にそこに座っていなくても、スクリーンでそれが味わえるのがゲキ×シネの良いところだと私は思うのです。今回は割りと舞台は舞台と割り切られていて、本当の意味でお芝居を撮影した作品でした。もちろん静的な良さはそれはそれであります。というより、本来の観劇とはそういうものでしょうから。っとまあ、何やら物足りないことばかり書き連ねてしまいましたが、観れば解りますがそれでもメッチャ面白いです。

08 09

堤真一や古田新太の殺陣など結構見応えありますし。あ、そうそう、最初に書いた軍鶏はもちろん堤真一の本当の役ではありませんから。実際にはカッコいいヤクザ・天晴(あっぱれ)という役です。個人的には劇団☆新感線のオリジナル団員である橋本じゅん、高田聖子らの芝居に、劇団専門の意地を見たような気がしました。堤真一が一流の役者なのは衆目の一致するところですが、ホームグラウンドである舞台では彼らだって負けて無いです。といいながらも内容的にはオリジナル団員3人でなんちゃってパフュームをやるあたりがかなり笑えて個人的にはお気に入りなんですけどね。

10 11_2

ちなみに今回キスシーンがある古田&高岡コンビ。古田新太の息を荒くしながら「早紀ちゃん…早紀ちゃん…ハァハァ…」ってセリフ(だと思う…)が頭にこびりついて離れません。(笑)なんてことを書きながら、その2人のインタビューを読むと、やはり彼らも“寄り引きだけの映画”舞台中継のように見えるのが反省点だと言っていました。映画と舞台のアプローチの違いはもちろんあとは思いますが、映画が映画でしか出せないものを舞台の良さにプラスするゲキ×シネはこれからも新感覚エンタテインメントの名に恥じない作品として私たちを楽しませて欲しいものです。

>>ゲキ×シネ「五右衛門ロック」
>>ゲキ×シネ「蛮幽鬼」

個人的おススメ度4.0
今日の一言:インターミッション15分挟みます
総合評価:75点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 恋するベーカリー | トップページ | だれのものでもないチェレ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33383214

この記事へのトラックバック一覧です: ゲキ×シネ「蜉蝣峠」:

» ゲキ×シネ『蜉蝣峠』/古田新太、堤真一 [カノンな日々]
めちゃめちゃ楽しみにしていた劇団☆新感線のゲキ×シネ第7弾です。舞台作品を迫力ある臨場感そのまま(もしくはそれ以上だったり?)に映像化したスーパーエンターテイメント作品。今作『蜉蝣峠(かげろうとうげ)』は定番のいのうえ歌舞伎シリーズ『いのうえ歌舞伎☆壊<PUNK>...... [続きを読む]

受信: 2010年2月16日 (火) 22時05分

» ゲキ×シネ「蜉蝣峠」 簡単に感想 [観世音寺シアター * 楽屋 *]
nbsp;ゲキ×シネ「蜉蝣峠」、行ってきました。1つ下の記事は、私のショック度合いを表しています。まあ、ナマの舞台を見ているので、ストーリーはわかっていてあぁあぁ、あったあったこんなシーン!と思いながら見たわけですが。とにかく 映像がもんのすごく美しい!!!あれは画期的だよねー。ゲキシネ知らない方、テレビでやる舞台放送くらいに思っていませんか?ぜんぜん違うのよ!舞台って、ナマだととっても美しいもので、映像化するとそれはほぼ消えてしまうんだけどゲキシネに限って言えば、あの美しさがそのままと言... [続きを読む]

受信: 2010年2月17日 (水) 08時53分

» ≪ゲキ×シネ≫ 蜉蝣峠 [象のロケット]
めっぽう腕は立つが、過去の記憶がない謎の男・闇太郎。 元旅役者の銀之助に誘われ蜉蝣峠を下り、たどり着いた宿場町は、極道者たちの勢力争いで荒廃しきっていた。 その町で闇太郎は自分のことを知る女・お泪(るい)たちと出会う。 闇太郎は25年前の殺人事件の生き証人だと言うのだが…。 アウトローたちの時代活劇。 「劇団☆新感線」2009年公演の舞台収録。... [続きを読む]

受信: 2010年2月17日 (水) 18時31分

» ■ゲキ×シネ『蜉蝣峠』 [Viva La Vida!]
劇団☆新感線と言えば、チケットが取れないことで有名な超有名人気劇団。 そんな人気劇団のお芝居を臨場感たっぷりに映画館で観られることで人気のゲキ×シネ7作目『蜉蝣峠』がいよいよ公開されます。 『メタルマクベス』に続く宮藤官九郎脚本作品である本作、中島かずき脚本... [続きを読む]

受信: 2010年2月25日 (木) 02時34分

« 恋するベーカリー | トップページ | だれのものでもないチェレ »