« 台北に舞う雪 | トップページ | ハート・ロッカー/The Hurt Locker »

2010年2月26日 (金)

コトバのない冬

Photo_2 俳優の渡部篤郎の初監督作品。北海道の小さな町を舞台に繰り広げられるリアリティある会話劇だ。ただ一人コトバをしゃべれない男性と、ヒロインのまさに心の交流を描く。主演は高岡早紀。共演は監督兼任の渡部篤郎、『山形スクリーム』の広田レオナ、渡辺えり、北見敏之といった実力派が揃う。リテイクなし、全て手持ちカメラと徹底した自然体を切り取った手法が面白い。
>>公式サイト

高岡早紀の素の魅力に引き込まれる

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

俳優の渡部篤郎の初監督作品だということと、『ゲキ×シネ「蜻蛉峠」』で良い芝居を見せてくれた高岡早紀の主演作品ということで鑑賞したのですが、これは意外に掘り出し物かもしれない。これほどまでに俳優の素が見えるのも珍しい作品だと思います。もともと高岡早紀は18歳の頃から渡部篤郎とは交流があったそうで、今回もその流れでのパーソナルオファーだったんだとか。自分が好きになった作品でなければ良いものが出来ないとインタビューに答えている彼女ですが、劇中の彼女の発する透明で静かで、ともすればまだちょっと少女が残るような表情は見ている者を魅了します。

02_3 03_2

北海道のとある小さな町を舞台にした物語は、(実際には夕張近くの町で撮影は行われたそうですが)そこに住む黒川冬沙子(高岡早紀)の何気ない日常を描いています。家族は薬局を営む父・遼一(北見敏之)と東京でモデルをしていた妹・早知(未希)。牧場で働き、恋人はいるものの札幌に住んでいる彼とはちょっと疎遠になっています。始まってしばらくはセリフが全くありません。「コトバのない」ってそういうことなの?と思いきや、早知が東京から帰省してくる辺りから会話劇がスタートするのでした。しかし恐らく見た人は演技というにはあまりにも自然すぎる会話とその内容に「え?」となるでしょう。

04_2 05_3

それもそのはず、ポイントとなる会話の流れは決まっているものの、セリフ自体は全てアドリブなのでした。しかも、リテイクは一切なしの長回し。更に、全編を通してカメラは全て手持ちゆえに、まるでホームビデオで撮影した映像を見ているかのような錯覚に陥ります。高岡早紀を始め俳優も女優もナチュラルメイク、限りなくスッピンに近いですが、雪に埋もれた町のなかに透き通るような色白な肌の高岡早紀が溶け込むかのようです。ちなみに本作では彼女の顔のアップがとにかく多く、下手をしたらアップだけでカットが繋がることもあるほど。ある意味、高岡早紀観察映画と言っても良いぐらいです。

06_2 07_2

しかしそれでも決して不快にならないのは、彼女の持つ魅力故でしょう。さて、そのあまりに自然な会話劇は家族だけに留まりません。折に触れて登場する渡辺えり、彼女は近くの食堂のおばさんという役ですが、これがもう本当におばさん。どうでもいいことをベラベラと延々喋り続けるという、誰が見ても「ああ、こういうおばちゃんっているよね!」という役回りです。でもそれがまた面白い。アドリブなだけに、その俳優の持っている素の話の上手さがモロに出るんですね。話の上手さは人間的魅力に繋がります。静かな町のごく普通の会話劇に登場する、強烈な毒が作品の良いアクセントになっていました。

08_2 09_2

ある日、冬沙子は閉鎖された遊園地の近くで門倉渉(渡部篤郎)に出会います。彼は耳は聞こえるものの声が出ません。単調な日常、疎遠となっている彼、そんな状況の冬沙子は渉に惹かれていくのでした。これまでの会話劇から一転、2人のシーンは会話無劇に変わります。しかし、表面上のコトバはなくとも2人の心が繋がっていく様子は見ていてよく伝わって来るのでした。ところが、皮肉なことにそんな小さな幸せは突然終わりを告げます。冬沙子が仕事で落馬し、渉とであったことも含め直近10日ほどの記憶を失ってしまったのでした。

10 11

心配して駆けつけた彼・ 水田繁 (鈴木一真)は退院した彼女にプロポーズし、彼女もそれを受けます。彼の元に引っ越す当日、通りかかった遊園地の前で観覧車を見ながら涙する彼女…。話はそれで終わり。思い出して渉とどうこうといった劇的な展開はありません。しかしそれが良いと思うのです。そんなことはあくまでドラマでの話。本作はあくまで自然な表情、自然な会話、とある女性の自然な佇まい切り取った作品です。ですからこの終わり方は極々自然な流れとして受け止めることがでしました。良い年齢の重ね方をして素敵な女性になった高岡早紀を一目見て欲しい作品です。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:渡部篤郎は高岡早紀が好きなんだと思う
総合評価:66点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 台北に舞う雪 | トップページ | ハート・ロッカー/The Hurt Locker »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33508923

この記事へのトラックバック一覧です: コトバのない冬:

» コトバのない冬 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。英語タイトル:Echo of Silence。渡部篤郎原案・監督・出演、高岡早紀、広田レオナ、北見敏之、未希、鈴木一真、渡辺えり。記憶障害をめぐる映画なのだけれど、何か映画そのものが記憶障害になっていて、ストーリーも風景も、それを見る観客まで記憶障害になって...... [続きを読む]

受信: 2010年3月 1日 (月) 21時21分

» 『コトバのない冬』(2008)/日本 [NiceOne!!]
監督・原案:渡部篤郎出演:高岡早紀、渡部篤郎、広田レオナ、未希、鈴木一真、北見敏之、渡辺えり鑑賞劇場 : ユーロスペース公式サイトはこちら。<Story>北海道の小さな町で父親と暮らす冬沙子(高岡早紀)。東京でモデルとして成功している妹(未希)と違い、...... [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 02時33分

» コトバのない冬 [とりあえず、コメントです]
渡部篤郎さんが初監督を手がけ冬の北海道を舞台に描いたドラマです。 昨年の東京国際映画祭の時から気になっていましたけど、観ようかどうしようか悩んでいたのですけど ちょうど2月で切れてしまうミニシアター回数券があるのを思い出して、チャレンジしてみることにしました。 予想よりも切ない展開にうわーと思いながら、エンドロールを見つめていました~ ... [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 14時30分

» 『コトバのない冬』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
白く美しく心に染み込んでいく。かまくらの中がなぜか温かいように、雪は温かい。 北海道の小さな町、由仁町で父親と二人きりで暮らしていた冬沙子。東京でモデルの仕事をしている妹が帰宅した頃、冬沙子は届け物を頼まれて行った夕張で言葉を話すことができない男性に出逢う。 俳優、渡部篤郎が監督・原案。北海道の雄大な大地。一面に広がる雪景色。しんとした静けさ。真っ白に染まった世界を五頭の鹿毛の馬がじゃれ合うように駆ける。その光景の美しさに息を飲む。こんなきらめきの瞬間を切り取った渡部篤郎監督の感性がとても好... [続きを読む]

受信: 2010年3月14日 (日) 10時19分

» コトバのない冬&渡部篤郎監督トーク [迷宮映画館]
独特の雰囲気を味わえる素敵な映画でした。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 08時08分

» コトバのない冬(2008) [銅版画制作の日々]
 1週間限定公開! ということで、京都シネマで鑑賞。「乱暴と待機」鑑賞後に本作を観ました。何と撮影は今から6年前に製作されたそうです... [続きを読む]

受信: 2010年11月16日 (火) 00時34分

» コトバのない冬(’08) [Something Impressive(KYOKOⅢ)]
一昨年、東京国際映画祭で気になったまま未見だったこの作品、先月末DVDリリースになっていたので、昨日見終えました。その時書いてたように、渡部篤郎初監督作、としては特に気にならなかったですが、高岡早紀主演、北海道舞台、という興味で引っ掛かっていた作品。 舞台は、由仁という小さな町~夕張で、地図で見たら札幌の西3~40Km位の所で、冬の北海道、と言えば私は、一度3月初旬に旅した事があって、パンフの”白い大地”という謳い文句そのままに、バスからの車窓は連日ひたすら雪景色の広がり。その時の、やや目に染... [続きを読む]

受信: 2010年12月14日 (火) 11時51分

« 台北に舞う雪 | トップページ | ハート・ロッカー/The Hurt Locker »