« アーマード 武装地帯 | トップページ | I am. アイ・アム »

2010年2月 4日 (木)

イエローキッド

Photo インディーズ映画界の雄、真利子哲也監督の記念すべき劇場長編デビュー作。主演は『クローズZERO』の遠藤要。彼は自ら主人公役を熱望しその役を得たという。共演に『すべては海になる』の岩瀬亮、同じく『クローズZERO』の波岡一喜、『美代子阿佐ヶ谷気分』の町田マリー、でんでんらが出演。漫画に描いたことと現実の世界での出来事ががシンクロしていく様子が興味深い。
>>公式サイト

一見スポーツ系、でも実はオタク系

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

始まった瞬間から手持ちカメラを多用したこの撮り方は、いかにもインディーズ出身の監督らしいです。メインの登場人物は2人。痴呆の祖母と二人暮らしで、プロボクサー志望の田村(遠藤要)。そして、新進気鋭の漫画家・服部(岩瀬亮)。およそ接点など考えられないこの2人でしたが、実は田村は服部が以前に描いた漫画「イエローキッド」のファンで、その作者が取材でジムを訪れたことから交流が始まります。田村役の遠藤要は『クローズZERO』を観ても解るとおり、イケメンというよりは、普通でもかなりキツイ顔。そんな彼が、意外にも祖母想いのスポーツマンで、むしろ彼より弱そうな不良の先輩・榎本(三浦力)にいいように使われているのがなにやら新鮮に見えます。

02 03

一方の服部。不潔っぽいヒゲ面で話し方からしてかなりオタッキー。ところがフェラーリの真っ赤なザックを背負い、少し前までは同棲していた彼女までいるというのがこれまたとても意外。意外×意外は案外ウマが合ったのか、元々は高校時代の同級生・アマ世界チャンプの三国(波岡一喜)を主人公に据えるつもりだったのを、田村に変更するのでした。ところで服部の描いている漫画、画風がどう見てもアメコミ風。…と思ったら、彼の机の上にはしっかりと「WATCHMEN」が。三国をモデルにしたキャラクターのデザインは明らかに『ヘルボーイ』なんですが手書きだからこれは構わないんでしょうかね。

04 05

服部は最初は実際に起こったことをベースにそれを漫画にしていきます。漫画写実主義とでもいうのでしょうか。面白いのはそこには思いっきり主観がはいりまくりなこと。例えば同棲していた彼女・麻奈(町田マリー)は服部と別れて半年後に三国の子を身篭り結婚することにします。嫉妬の炎が燃え上がった服部は、自分の描く漫画の世界では元々主人公だった三国がモデルのキャラクターを敵役に変更してしまうのでした。三国のキャラは、とある薬を飲まされることで、体が真っ赤に変色し悪へと身を落とすという設定。そして代わりの主人公は田村をモデルにしたイエローキッド。

06 07

早い話が、自分も登場させた漫画の中で彼は三国に復讐させるんですね。どうしようもなく陰湿です…。ところが最初は明らかに「実際に起こった出来事→漫画に」だったのが、いつの間にか「実際に何かが起こる→漫画に描いてあった」に変わるのが本作の面白いところ。いつの間にか服部は主体ではなく客体に変わってしまっているんです。その意味で言うと、前半の主人公は紛れもなく服部であり、後半の主人公は田村だということが出来るかもしれません。服部主体から田村主体へそれと気づかない内に乗り変わっているこの気持ち悪さ。(笑)

08 09

ここでハタと気づいたのは、服部も実は悪に染まってしまっていたのだということ。赤いフェラーリのザック、赤い下駄、赤いミニクーパーは全て服部の物。そして彼の描いた漫画が現実化したことによって現実に流された血。即ち自分のファンであり自分をリスペクトしてくれる気持ちよい存在・田村は、服部にとっての毒薬だったのではないかと思うのです。こうして考えると本作はオタク系ドスグロファンタジーとでも言うべき作品でしょう。そんなファンタジーの土台の上に、人間臭い泥臭さを構築してしまったというところが本作の一番の魅力だと感じました。

11 10

ところでその人間臭さを体現してくれた遠藤要くん、榎本に裏切られ、祖母は痴呆、もう何もかも破れかぶれの状態で、引ったくりをしてしまうシーンがあります。自分への怒りも込めて鉄骨を素手で殴りまくるのですが、何と監督から忠告を受けたにもかかわらず、気持ちの高ぶりから実際に殴っていたんだそうです。おかげで小指を骨折したとのことですが、その代償として、響き渡る鈍い音は効果音ではなく実際の生音を録音できたのでした。元々は不良の先輩・榎本でのオファーだったのを、自ら田村を熱望しただけあって、その渾身の演技あればこそ、ファンタジーの部分とのバランスが取れたのだと思います。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:でんでんさんの熱演が素晴らしい!
総合評価:60点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« アーマード 武装地帯 | トップページ | I am. アイ・アム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33242351

この記事へのトラックバック一覧です: イエローキッド:

« アーマード 武装地帯 | トップページ | I am. アイ・アム »