« 猿ロック THE MOVIE | トップページ | 愛とセックスとセレブリティ »

2010年2月23日 (火)

カラヴァッジョ 天才画家の光と影

Photo

バロック絵画の先駆者として知られ16世紀のイタリアを代表する画家・カラヴァッジオの生涯を描いた伝記映画。その作風と同様に、光と影のコントラストや豊かな色彩に彩られた映像表現が印象的だ。主演は『輝ける青春』のアレッシオ・ボーニ。監督はアンジェロ・ロンゴーニ、撮影監督は『ラスト・タンゴ・イン・パリ』や『地獄の黙示録』の撮影監督を務めたヴィットリオ・ストラーロ。
>>公式サイト

光と影のコントラストに富んだ映像美

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

絵画には全く詳しくない私で、カラヴァッジョといわれても「誰?」てなモノなのですが、予告編で観た映像の美しさに惹かれて鑑賞してきました。一人の画家カラヴァッジョの伝記映画として非常に良くできた作品だったと思います。実際観終わってから色々と調べてみるにつけ、かなり史実に忠実に描いているように見受けられました。カラヴァッジョを知らなくても、16世紀イタリアの歴史を感じられる作品であり、そのコスチュームを含め見所は様々あると思います。余談ですがカラヴァッジョを演じたアレッシオ・ボーニが肖像画にそっくりなのに驚かされました。

02 03

カラヴァッジョ本人は知らなくとも、人間関係を辿るうちに知った名前が登場するのがヨーロッパ歴史モノの面白いところ。本作でもカラヴァッジョの最初のパトロンとなるデル・モンテ枢機卿はメディチ枢機卿の取巻きとなりますが、このメディチ枢機卿は言うまでもなくルネサンス期の多くの芸術家のパトロンとして名高いメディチ家の人間であったりします。さて、話を本線に戻しますが、カラヴァッジョの生い立ちを含め細かいことは鑑賞時には知らないで観ていました。が、何故か帯剣しているその姿はあまり画家らしくはありません。

04 05

しかしその画家らしくない彼の新しい才能がこの時代の貴族やカトリックの指導者層の目にとまることとなります。バロック絵画と呼ばれるこの新しい絵画の潮流は非常に力強く美しいもので映像もそれを極力ありのままに表現しようとしているように観えました。そもそも、タイトルにもあるように光と影のコントラストはバロック絵画の特徴でもありますが、それは本作の映像そのものにも言えることで、いうなればこの作品はバロック映画とでも言うべき描き方をされています。カラヴァッジョは絵を描くのにモデルを使い、そのモデルに対する光の当たり方をとても気にするのですが、それはとりもなおさず映像的に見た光の当たり方ということになるんですね。

06 07

光という意味で言えば、例えば「聖マタイの召命」を描いている時、行き詰っていたカラヴァッジョが目覚めると、天窓から朝日が差し込んでいるというシーンも印象的。絵に対する実際の光と、絵に描かれた窓からの光がシンクロするという映像は幻想的かつ荘厳な美しさを持ったカットであり、それを見てカラヴァッジョは閃きを得るのでした。更に言えば投獄されているシーンですら、ぽっかり開いた天井から雨と光が同時に差し込むというこだわりぶり。面白いのはカラヴァッジョの人生が、こうした彼自身の絵と同じくコントラストがはっきりとした、いやむしろよりキツイものだったことです。

08 09

才能はありながらもすぐに激情に流される彼は再三にわたり問題を起こし、その度にパトロンのデル・モンテ枢機卿に尻拭いをしてもらいます。しかし殺人事件を起こしてしまってはさすがにそれももう無理。欠席裁判で死刑判決を言い渡されたかれは、ナポリ、そしてマルタ島のマルタ騎士団に身を寄せます。現代に実存する数少ない騎士団、彼らのコスチュームを含む様式美がまた美しく、カトリック教会の歴史の深さを感じさせられました。しかしここでも問題を起こしたカラヴァッジョはシチリアへと逃げ延びます。何故こうなってしまうのか…。

10 11

徹底したリアリズム表現にこだわったカラヴァッジョは、自身の生き方すら偽りを嫌ったのではないでしょうか。よく言えば自分に正直なのかもしれませんが、それは逆に言えば敵を多く作ることに繋がります。そして、彼は見えない敵に対して怯えていました。劇中では黒ずくめの騎士の姿でその恐怖は表現されていますが、彼を支える多くの人々のおかげでかろうじて保たれていた精神の均衡はその逃避行の中で崩れていったのでしょう。一人の画家というより一人の男の壮絶な生き様に圧倒された作品でした。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:黒騎士がロード・オブ・ザ・リングのようで…
総合評価:76点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 猿ロック THE MOVIE | トップページ | 愛とセックスとセレブリティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33443137

この記事へのトラックバック一覧です: カラヴァッジョ 天才画家の光と影:

» カラヴァッジョ 天才画家の光と影 [象のロケット]
1592年、ミラノで絵の修業をしていたカラヴァッジョは、ローマへ出て画家マリオの紹介でダルピーノの工房で働き始める。 困窮する生活に援助を申し出たのは絵の評判を聞きつけたデル・モンテ枢機卿だった。 宮殿の一室に住まわされたカラヴァッジョは次々と大作を手がけ名声を得るが、持ち前の血の気の多さと斬新な作風がトラブルを引き起こしてゆく…。 革新的天才画家の物語。... [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 23時55分

» カラヴァッジョ 天才画家の光と影 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
バロック絵画の先駆者である天才画家の破天荒な半生を描く伝記映画は、崇高なまでに美しく罪深い。16世紀のイタリア・ローマ。画家のカラヴァッジョは天性の絵の才能から枢機卿の援助を受け、教会の絵をまかされるようになる。素晴らしい絵画によって賞賛を浴びる一方で、放....... [続きを読む]

受信: 2010年2月27日 (土) 23時50分

» カラヴァッジョ天才画家の光と影 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  まさにタイトル通りの映画であった。イタリアの天才画家であるカラヴァッジョの、波乱に満ちた激動の半世を、胸が苦しくなるほど激しく描いている。 カラヴァッジョの画風は、徹底した写実性と明暗対比、そして卓越した感情表現にある。これは彼の人生そのもので... [続きを読む]

受信: 2010年3月 1日 (月) 20時36分

» 『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』 (2007)/イタリア・フラン... [NiceOne!!]
原題:CARAVAGGIO監督:アンジェロ・ロンゴーニ出演:アレッシオ・ボーニ、クレール・ケーム、ジョルディ・モリャ、パオロ・ブリグリア、ベンヤミン・サドラー鑑賞劇場 :銀座テアトルシネマ公式サイトはこちら。<Story>16世紀のイタリア。ローマにやってきた画家...... [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 19時34分

» 光を慕いて アンジェロ・ロンゴーニ 『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』 [SGA屋物語紹介所]
今を去ること400年前、イタリアはローマにカラヴァッジョという名の画家がおりまし [続きを読む]

受信: 2010年5月15日 (土) 20時42分

» カラヴァッジョ/天才画家の光と影 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
16世紀イタリアを代表するバロック絵画最大の巨匠カラヴァッジョ。38年という短かくも激動の生涯を駆け抜けた男の、愛と悲運の物語。 “聖マタイの召命”、“洗礼者ヨハネの斬首”など名画誕生の秘密も明かされる。 出演は「輝ける青春」のアレッシオ・ボーニ(カラ...... [続きを読む]

受信: 2010年5月18日 (火) 20時41分

» カラヴァッジョ 天才画家の光と影 [迷宮映画館]
中世イタリアらしい鮮やかな光と、どす黒い闇の見事なコラボ [続きを読む]

受信: 2010年6月27日 (日) 08時37分

« 猿ロック THE MOVIE | トップページ | 愛とセックスとセレブリティ »