« ルド and クルシ | トップページ | サベイランス »

2010年2月11日 (木)

手のひらの幸せ

Photo

歌手の布施明が創作した童話をベースに映画化。幼い頃に身寄りを無くし施設に引き取られた兄弟の過去を回想しつつ、成長してなお堅く繋がる絆を描いたヒューマンドラマだ。主演は『GSワンダーランド』の浅利陽介と『地下室』の河合龍之介。共演に村田雄浩、西田敏行、仲間由紀恵、永島敏行ら豪華な俳優陣が顔を並べる。監督は名カメラマンにして、本作がデビュー作の加藤雄大。
>>公式サイト

文部科学省選定のうす~い話

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

思いのほか有名な俳優が多数出演しているのが気になっていましたが、ようやく鑑賞してきました。上映開始と共にドーンと映し出される「文部科学省選定」の文字がちょっと気になりましたが……案の定とても模範的かつ綺麗にまとめられた作品でした。あ、悪い意味でです。平たく言うと、つまらない。わざわざ1800円払って道徳の教科書に出てくるような話を映画に求めたくないというのが正直なところです。それこそ文部科学省が買い上げて全国の小学校に配布したらどうでしょう。もっとも、それが果たして現実的な意味での教育に繋がるかははなはだ疑問ではありますが。

02 03

元々は歌手布施明の創作童話『この手のひらほどの倖せ』をベースにした作品。故に、このあまりにも美しく進んでゆく物語に文句をつけてもせん無きことですが、それにしても上滑りした薄っぺらい物語。幼い頃に母を無くし父は出稼ぎに出て失踪、祖父に育てられたた健一(河合龍之介)と龍二(浅利陽介)は、その祖父の死とともに施設に入れられます。抜け出して家に帰ろうとする途中で本条静男(西田敏行)と出会い親切にしてもらう…。この子供のころの回想を、大工見習いとして働く健一と大学受験を控えた龍二という現在の二人との繋がりを軸として見せていくというストーリーでした。

04 05

とにかく出てくる人出てくる人全てが超善人。あ、一人だけ、兄・健一に恋心を寄せる近藤優子(菜葉菜)の養母はすごく意地悪でしたが。ただ本来の世の中はもっと厳しく過酷なものであるはず。性善説も良いけれど、上っ面だけの理想論を語られてもそれは空虚でしかないと思うのです。人間の感情の奥底にある、人間臭い欲望や怒りや憎しみ、それは決して悪ではないし、むしろ自然な思いではないかと。大人であれ子供であれ、そういう負の部分も含めて描くから、ピュアな部分がより引き立つのであって、それがないままに話が進んでも、今の世の中的には実に嘘っぽい話なのです。

06 07

確かに純粋無垢なまま子供が成長していくことは、本来望ましい事なのかもしれませんが、実際にはそうはならないから人間は面白い訳で。例えば自分たちを置いて出て行った父親、彼が何故家族を捨てなければならなかったのか、きつい飯場の仕事のなかで何を思いながら生き、そして死んでいったのか、そういう部分に健一たちが想いを馳せる必要はあると思います。馬鹿の一つ覚えの如く「父ちゃんは俺たちを捨ててない!」と、正に子供のような想いを持ち続けるのも結構ですが、厳しい現実を受け入れることで人間は学んで行くのですから。

08 09

その辺りの描写は、健一と彼の大工の先輩・森田聡(水元秀二郎)との絡みの中でうやむやになり、いつの間にか父親は死んでいて、健一もそれを受け入れてしまう…、この流れはどうにもすっきりしません。『手のひらの幸せ』の直接的な意味は、子供時代の本条との出会いが全てであり、その過去と現在の彼らを結ぶのが、本条の娘でした。物語の終盤で明かされるこの事実は、本作で唯一といってもいい感動を誘うシークエンスだったと思います。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:これじゃ心に響かない。
総合評価:45点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ルド and クルシ | トップページ | サベイランス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33322411

この記事へのトラックバック一覧です: 手のひらの幸せ:

» 手のひらの幸せ [シネマDVD・映画情報館]
歌手や俳優として活躍する布施明が創作した童話「この手のひらほどの倖せ」を基にした感動的な人間ドラマ。昭和30年代から40年代を舞台に、養護施設に引き取られた兄弟のきずなと幼き日の二人に訪れたささやかな幸せを描く。主人公の兄弟を演じるのは、『GSワンダーランド』の浅利陽介と『新宿区歌舞伎町保育園』の河合龍之介。さらに、村田雄浩や西田敏行ら実力派俳優が脇を固める。山と田に囲まれた自然あふれる風景がどこか懐かしく、けなげに生きる兄弟に胸を締め付けられる。(シネマトゥデイ)...... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 18時06分

» 手のひらの幸せ [象のロケット]
早くに母親を亡くし、出稼ぎ中の父親に代わって祖父に育てられた健一と龍二(たつじ)は、祖父の死後、児童養護施設・希望苑に預けられた。 龍二は印刷所を営む竹林夫妻の養子となるが、健一はずっと施設で育ち、大工見習となる。 年に一度の夏祭りに竹林家を訪れるのが恒例の健一に、龍二をなんとか大学に行かせたいと話す養父母だった…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年2月12日 (金) 19時00分

» 手のひらの幸せ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
昭和30〜40年代の新潟を舞台に懸命に生きる兄弟の物語は、郷愁を誘う。健一と龍二の兄弟は、児童擁護施設・希望宛で育った。弟の龍二は養子として引き取られ、優しい養父母のもと、のびのびと暮らしていた。兄の健一は宛に残り、出稼ぎに行ったまま行方不明になった父を待ち....... [続きを読む]

受信: 2010年2月17日 (水) 23時32分

» 「手のひらの幸せ」 [みんなシネマいいのに!]
 布施明の童話を映画化したらしい。 布施明といえば「シクラメンのかほり」や「君は [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 09時51分

» 手のひらの幸せ [ゴリラも寄り道]
手のひらの幸せ [DVD](2010/08/04)浅利陽介河合龍之介商品詳細を見る<<ストーリー>>実力派シンガーであり作家としても活躍する布施明が昭和30~40... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 00時28分

« ルド and クルシ | トップページ | サベイランス »