« 花のあと | トップページ | ダレン・シャン »

2010年3月16日 (火)

隣の家の少女

Photo

実話を基にしたジャック・ケチャムの小説を映画化。人の心の闇を深く抉り出して描いた衝撃の問題作だ。主演は『僕たちのアナ・バナナ』のブライス・オーファース。共演にブランチ・ベイカー、ダニエル・マンチ。監督は本作が長編2作目のグレゴリー・M・ウィルソン。純粋無垢な少女が受ける凄惨な虐待、そしてそれに対してあまりに無力な少年の様子がリアルに描かれている。
>>公式サイト

茫然自失…正しく衝撃の問題作だ!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

また凄い作品に出会ってしまいました。これは凄い。人間の心の闇の奥深くを抉り出して描いた様子は『チェイサー』に匹敵し、余りに無力な己に茫然自失とさせられるのは『縞模様のパジャマの少年』に匹敵します。もともとシアターN渋谷で公開される作品とあって、カルトなホラー映画、そう丁度『マーターズ』のような作品かと想像していたのですがあにはからんや。本作はありきたりなホラー映画とは一線を画します、というよりもホラー映画というジャンルに入れてよいのか。かのスティーヴン・キングが絶賛しただけのことはあります。自分自身の中に潜む残虐性すらも再確認させられる、正しく衝撃的としか言いようが無い作品でした。

02 03

物語は一枚の絵を前にした男の姿から始まります。彼の名はデヴィッド(ダニエル・マンチ)。子供の頃に負った恐らく永遠に癒える事は無いであろう心の傷、その原因となった事件を回想するのが本作です。それは1958年の夏の日のことでした――。とある川辺でデヴィッドは一人の少女と出会います。それが両親を事故で失い隣の家に越してきたメグ(ブライス・オーファース)でした。あった瞬間から2人の間には小さな恋心が芽生えます。がしかし、この恋心ゆえにデヴィッドは後々己の無力感に苛まれることになるとはこの時解るはずもありません。ある日デヴィッドはメグが隣の家の主・ルース(ブランチ・ベイカー)に辛く当たられていることを知ります。

04 05

もっとも、身寄りの無い親戚の子供が引取られ、その家の母親が自分の子供を大切にし、引取られた子供たちを邪魔者扱いするという話は古今東西そう珍しいことではありません。しかし観ていて明らかにおかしいのが母親ルースとその子供の関係なのです。それは母と子供というよりは、圧倒的な強権を持ったボスとその部下といった様相。デヴィッドはルースを「ギャングみたいでカッコいい。」などと言っていますが正にそんな感じなのです。そしてその異様な雰囲気はメグが地下室に幽閉されるようになるとより鮮明になってくるのでした。少年たちはゲーム感覚でメグの両手を縄で縛り天井から吊るします。そしてそれを感情の篭らない目で観ているルース…。

06 07

更に彼らは、目隠しされて吊るされたメグの服を脱がせ全裸にし、ナイフで脅し始める始末。明らかに異様な状態にデヴィッドは戸惑いながらも、息子たちの行為を止めることが出来ません。しかし、この時私の中には少年たちの気持ちが解る自分がいました。思春期の少年たちにとって少女の体を見たい触りたいという気持ち、それはかつて自分も通ってきた道であり、そう考えると、私自身も望んでこの虐待に参加していたかのように思えました。もちろんこれは性差もあるでしょう。その意味では男としての残虐性の発露ともいれるのかもしれません。しかしながらルースは女性。そして彼女の中に潜む残虐性はそんな甘っちょろいものではないことがこの後明らかになります。

08 09

傷跡にタバコの火を押し付けるなどというのは序の口。腹部に焼いたヘアピンで文字を書き……いやもう止めておきます。これ以上は書くのもおぞましい。今この時点でもメグの悲鳴が頭の中に響き渡り、心に重くのしかかってきます…。どうしてあそこまで鬼畜の所業ができるのか。人はその内面に善と悪の両方を内包しているのではなかったのか。どうみても地下室でメグを虐待している彼らは絶対悪でしかありえません。そんな彼らを前にしてデヴィッドは己の無力さに葛藤します。それはとりもなおさず観ている私たちの焦燥感を募らせることになるのでした。何故なら私たちの希望はデヴィッドに託すより他はないのですから。しかし残念ながらその希望が叶った時には全てが遅すぎました。

10 11

鑑賞後に涙など出ようもなく、ただただ呆然…。少年たちがメグに行った虐待は、母親ルースの教育が悪かったからであるとか、女性の体への興味からといった理由付けができます。しかしルース自身の憎悪に説明がつかないこと、そして、何よりおよそ虐待などには縁がないと思っていた自分自身が、虐待されるメグを視姦するかのごとくスクリーンに見入っていたこと、それこそが本作の恐ろしい点で、もしそれそれをもってホラーと呼べるのであれば本作は超一級のホラー映画なのかもしれません。ただはっきりいえる事は、観ないほうが良いです。その方が幸せだと思うから。

個人的おススメ度1.05.0
今日の一言:子役の子達に影響がないといいですが…
総合評価:52点(92点)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 花のあと | トップページ | ダレン・シャン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33799083

この記事へのトラックバック一覧です: 隣の家の少女:

» 隣の家の少女/THE GIRL NEXT DOOR [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「隣の家の少女」、じゃなくって「隣の家のババア」でしょ{/ee_3/} あ、いきなり暴言、失敬しました。 皆思わずそう言いたくなるよ、ってくらい隣のばばあが凄い! いえ、顔は綺麗なんだけどね。 ありえない!って言いたくなるけどこれ、実話を基にした作品。 ジャック・ケッチャムの同名の小説を映画化。2007年の作品。 ... [続きを読む]

受信: 2010年3月18日 (木) 13時55分

» 隣の家の少女◆THE GIRL NEXT DOOR [銅版画制作の日々]
 少女は、嬲られ続けた 5月31日、京都みなみ会館にて鑑賞。これが5月最後の鑑賞になりました。実際にあった事件を元に映画化したそうです。実際の事件の犯人はガ―トル―ド・バニシェフスキーという名前の人物で1990年まで生きていたようです。 それにしても凄い話です。残虐な描写シーンは映らないにしても、本当に酷いと憤りを感じました。これってホラーのジャンルなんですね。う〜ん微妙ですね。どちらかといえば、暴力による犯罪ですよね。 今問題となっている児童●待と同じでしょう。まさに今も何処かでこのような事... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 23時14分

» 映画「隣の家の少女」を観てきました。 [ペインターみんみんの油絵制作&絵画の画像 動画]
みんみんです。今回観た映画「隣の家の少女」はアメリカで50年代に起きた実話を元にした80年代の小説を映画化したもの。あまりにも残酷でセンセーショナルな内容なので長年映像化は不可能と言われてきたため話題になって久しい。それがやっと名古屋でも上映!ということで行ってきた。<... [続きを読む]

受信: 2010年6月20日 (日) 00時57分

» 「隣の家の少女」 [みんなシネマいいのに!]
 監禁なんて、映画やドラマの中だけだと思っていたのだが、時々、監禁した罪で捕まっ [続きを読む]

受信: 2010年7月 1日 (木) 00時31分

» 隣の家の少女 [映画鑑賞★日記・・・]
【THE GIRL NEXT DOOR】 2010/03/13公開 アメリカ 91分監督:グレゴリー・M・ウィルソン出演:ブライス・オーファース、ダニエル・マンチ、ブランチ・ベイカー、グレアム・パト、リック・マーティン、ウィリアム・アザートン少女は、嬲られ続けた1958年、アメリカ。郊外の閑...... [続きを読む]

受信: 2010年10月14日 (木) 21時14分

» 隣の家の少女 [いやいやえん]
アメリカン・クライムと同じですが、実際の虐待事件を元にした作品です。 それにしても、演技する側の子役さんたちが心配になっちゃうんですけど…精神形成とか大丈夫なんでしょうか。 デヴィットの隣の家に、両親をなくして引き取られたメグとその妹が越してくるところから始まります。中年となった男性の少年時代の目線で回想していきます。 虐待の詳細は書くのを躊躇してしまうところだけど、「ガートルード・バニシェフスキー事件」のクライムファイルによると、実際の事件は瓶を膣に突っ込むだとか、かなりハードルが高い。... [続きを読む]

受信: 2011年8月 4日 (木) 13時48分

« 花のあと | トップページ | ダレン・シャン »