« アイガー北壁/Nordwand | トップページ | NINE »

2010年3月19日 (金)

ミュータント・クロニクルズ

Photo_3 28世紀の地球上は4つの企業によって支配され、血で血を洗う戦いが繰り広げられていた…。ある日封印されたはずのミュータントと人間のハルマゲドンが始まる。スウェーデンのゲームを元にCMディレクターのサイモン・ハンターがシャープに描くSFアクションだ。『ミスト』のトーマス・ジェーンや『ヘルボーイ』のロン・パールマン、ジョン・マルコヴィッチら有名俳優が出演。
>>公式サイト

ゲームらしい世界観になじめれば吉

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

これは意外に掘り出し物かも。はっきりB級映画なのだけれど、何故かジョン・マルコヴィッチまで出演してるからと観てきました。まずこのモロにゲームな世界観がイイです。2707年の地球上は4つの企業に支配されていて、それぞれの企業が覇権を争い戦争をしている…。何故か4つのうちの1つ、アジアを束ねる企業名が“ミシマ”…って日本企業かい!と突っ込みながらも観ていると、本題はそこじゃなかったり。要は大昔に地球外からやってきたミュータントを自動製造する“マシーン”こいつを巡る壮大(でもないけど)な冒険譚なのです。封印されていたはずのこのマシーンが軍の砲撃で再び動き始めてしまい、いきなり戦場にミュータントの大群がワラワラと出現し、人間を虐殺し始めるというオープニング。(笑)

02_2 03_2

というか、一応ロスト・シティというところにマシンがあり、正確にはその街の封印を解いてしまったらしい…。まあ、あんまり細かいところに突っ込み始めると成立しなくなるのでその辺は華麗にスルーしてと。VIPはミュータントから逃げるために火星に向けて脱出を始める中、大昔に“マシーン”を封印した末裔は戦士を募って、今度はそれを破壊しに行くという流れでストーリーは展開されて行きます。それにしてもこの末裔&戦士たちのキャスティングがB級映画に似つかわしくないほどに豪華なんですね。末裔ブラザー・サミュエルに『ヘルボーイ』のロン・パールマン、戦士たちのリーダー格ハンターに『ミスト』のトーマス・ジェーン、4大企業の1つの総帥コンスタンティンにジョン・マルコヴィッチ!

04_2 05_2

他の戦士たちも『アイガー北壁』のベンノ・フユルマンやら、『ローグ アサシン』のデヴォン青木やらと、さすがに『ニューヨーク,アイラブユー』並とは言わないものの結構なキャスティングじゃありませんか。良い俳優が演じるとやはり観てる側としては引き込まれるもので、マルコヴィッチなどは出番も少なくはっきり言ってチョイ役でロン・パールマンとの絡みのワンシーンしか無いにもかかわらず、そのシーンは何故か重みがでてくるのですから不思議です。個人的には昨日エントリーした『アイガー北壁』の主役で、人間臭いリアルな好演を見せてくれたベンノ・フユルマンが一転、B級作品の軍人役ですから気になって仕方が無く…。これだから映画とは面白いものです。

06_2 07_2

さて監督のサイモン・ハンターは元々CMディレクターだそうで、道理で映像の作り方にこだわりが見られました。全体的にトーン抑え目でグレー基調な映像は、それだけで未来の雰囲気と人類滅亡の危機を視覚的に表現しています。この映像センスとどこか飛んでいてアバウトな世界観の設定のアンバランスさがまた妙に上手く噛み合っているんですね。大体28世紀なのに武器が普通に銃。それもミュータントには殆ど効果がなく、しかし剣は有効な武器だったり。あまつさえ何故か石炭を燃やして飛ぶ飛行機?まである始末。しかも件の“マシーン”は生きている人間をミュータントにしてしまうのですが、それがまた適当極まりない代物。何しろ自動的に注射されるとあとは勝手にミュータントに…(笑)

08_2 09_2

(ココからネタバレ含む。)
実は一行が“マシーン”を破壊する“爆弾”と思って運んでいたものは要は鍵だったようで、そのスイッチを入れたとたん、“マシーン”は宇宙に向かってロケットの如く飛び立ってしまうのでした。しかもどうも進行方向に見えるのは火星っぽい…。ちょっと待てよ…?何と言うオチなのか!VIPが我先に脱出した火星で人類が滅びても一向に構いませんが、実は最初にこの作戦に選ばれた戦士たちに与えられた報酬がVIPしか手に入れられないはずの脱出チケットだったりします。実際ハンターも戦死した友人の家族にそれを譲っていたり…。皮肉なエンディングなのか、悲しいエンディングなのか、何だか良く解らないまま終わってしまうこのアバウトさ加減。うーん、この辺がやっぱりB級の悲しさでしょうか。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:オールメディア同時公開って…
総合評価:62点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« アイガー北壁/Nordwand | トップページ | NINE »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33827887

この記事へのトラックバック一覧です: ミュータント・クロニクルズ:

» ミュータント・クロニクルズ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
ミュータント・クロニクルズ [DVD]スウェーデンのゲームシリーズの映画化である本作は、最終戦争を描いたB級SFアクションだ。はるか昔に宇宙からやってきたマシーンは、人間を凶暴なミュータント(突然変異体)に変える力を持っていたが、人間の決死の判断....... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 23時55分

» ミュータント・クロニクルズ [Movies 1-800]
Mutant Chronicles (2008年) 監督:サイモン・ハンター 出演:トーマス・ジェーン、ロン・パールマン、デヴォン青木、ジョン・マルコヴィッチ 90年代のスイス製ボードゲームを元にしたSFアクション映画。 西暦2707年、戦争により、古代に地下深くに封印されていた人間をミュータントに変身させる地球外マシーンが再起動し、地球滅亡の危機に陥る。古代から封印を伝承してきた僧侶一族の末裔がわずかな兵士を率いて、マシーンを破壊しに向かうという話。 世界は4つの企業が分割して支配しており、枯... [続きを読む]

受信: 2010年7月15日 (木) 23時38分

« アイガー北壁/Nordwand | トップページ | NINE »