« 誰かが私にキスをした | トップページ | ソラニン »

2010年3月26日 (金)

ブルーノ

Photo

『ボラット』のサシャ・バロン・コーエンとラリー・チャールズ監督が再び送る超ナンセンスコメディドキュメントだ。一応共演にグスタフ・ハマーステンという俳優?が出演している。今回のサシャはゲイのオーストリア人ファッション評論家という設定。有名になる為にアメリカにわたり、例によってとんでもない常識はずれの大暴れをしまくる。このお下劣さにあなたはついてこれるか?!
>>公式サイト

自分のポイントで楽しんでネ!

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

この作品、とにかくお下劣で下らなくて最低で笑えます。PTAが子供に見せたくない番組としてロンドンブーツの番組をあげていますが、これももしアンケートをとったら映画部門で1位を獲得するでしょう。はたまたブルーノの突撃っぷりは、往年の『進め電波少年』を軽く凌駕します。もし鑑賞される方は、海よりも広く深い心と、仏様のごとく寛容な心でご覧になることをお勧めします。ホント、人によってはブチキレないまでも、激しい不快感を覚えるかもしれませんから…。

02 03

一応設定としては。ファッション評論家でゲイのブルーノ(サシャ・バロン・コーエン)が、ミラノ・コレクションの舞台上で大暴れし、以後全てのファッションショーから出入り禁止を食らってしまうということになっています。いわゆる出入り禁止を食らった彼は、それならハリウッドで超有名なセレブになって見返してやると、アメリカはカリフォルニアにやってきてそこでも大問題を巻き起こすと、そんな話の流れです。それにしてもこのブルーノは私の苦手なゲイの典型のようなタイプ。なんだけれど、余りにステレオタイプなゲイスタイルと、下らないネタに何と笑いの方が勝ってしまったという…。

04 05

しかしこの作品、そもそもブルーノが架空の人物である以上はフィクションなのは言うまでもないのですが、観ていて「これホントにフィクション?」と思ってしまうような部分が結構あったり。前半の有名人が登場するシーンでは、ハリウッドでもあっという間に悪評が広まったブルーノが突撃インタビューを試みるのですが、なんとハリソン・フォードに「失せろ!」と一喝されたり。(笑)ただこの辺はそれでもまだ洒落の領域ではあるのですが、テロリストに誘拐されて有名人になろうとしたり、本当かどうか知りませんが、アフリカの黒人の子供をipodと交換に養子にしたりする辺りからは、悪ふざけも度を過ぎているかも…。

06 07

と、思いきや後半はただひたすらゲイをやめてストレートになろうと決意して様々な挑戦をするという話に…。もはや何の脈絡も無いですからあれこれ考えるだけ無駄ですね。州軍に入隊してみたり、スワッピングパーティーに参加して何故かSの女性にベルトでひっぱたかれたり、ディルドをもって空手のレッスンを受けたり。そして極めつけはUFCで有名なオクタゴンリングでのマネージャー・ルッツとの濃厚ラブシーン…。もうむちゃくちゃで苦笑するしかない展開です。というか今ここで書いていても「あーバカバカしい!」という感じ…。

08 09

それにしても、サシャ・バロン・コーエンは敬虔なユダヤ教徒だそうですが、その彼がユダヤ教の伝統をおちょくった服装をしたりして、いくら映画とはいえ問題にならないんでしょうか。宗教問題でのおふざけは、人事ながらそのうち刺されでもしないかと心配です。ところでサシャはマーティン・スコセッシ監督の次回作のオファーが来ているんだとか。もし実現するなら巨匠の作品で、どんな演技を見せてくれるのかが楽しみです。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:とりあえずバカだ…(笑)
総合評価:56点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 誰かが私にキスをした | トップページ | ソラニン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33896996

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーノ:

» ブルーノ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】 「ハイ!背筋をもっと伸ばして!奴隷市場じゃないのよ!」 [続きを読む]

受信: 2010年3月28日 (日) 09時32分

» 「ブルーノ」 [みんなシネマいいのに!]
 オーストリアの人気ファッション番組の司会者であるブルーノは、ミラノのコレクショ [続きを読む]

受信: 2010年3月28日 (日) 11時09分

» ブルーノ(2009) [銅版画制作の日々]
 BRUNO 京都シネマにて鑑賞。下ネタ連発!シアターは大笑い!そんなにお客さんは多くなかったけど。。。。アベックが笑い転げていた!その笑い声が凄かったです。 タイトルのブルーノは、サシャ・バロン・コーエンのポラットと並ぶもうひとつの看板キャラクターだそうです。実は「ポラット栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」は未見ですが。。。。何かこの作品を観る限り、前作もかなりインパクトの強い作品だろうと想像はつきますね。コメディとは言いますが、かなりヤバいです。ブルーノが話すたびに爆笑の渦で... [続きを読む]

受信: 2010年3月31日 (水) 00時56分

» ブルーノ [ダイターンクラッシュ!!]
2010年3月22日(月) 17:55~ チネ9 料金:1300円(チネチッタ共通鑑賞券を金券屋で購入) パンフレット:700円(買っていない) 『ブルーノ』公式サイト ボラットで偽カザフスタン人を演じた悪ふざけ野郎サシャ・バロン・コーエンの新作。実は、ボラットは観ていない。 オーストリアのゲイの男が、アメリカでセレブの仲間入りする努力を描くフェイク・ドキュメンタリー。 あんまりに下品なホモ(差別用語)ネタの応酬なので、相当にお下劣に寛容な人間でないと怒り狂う危険性がある。 同性愛者であれば... [続きを読む]

受信: 2010年4月 5日 (月) 03時03分

» 『ブルーノ』(2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:BRUNO監督:ラリー・チャールズ製作・キャラクター原案・原案・脚本・出演:サシャ・バロン・コーエン出演:グスタフ・ハマーステン鑑賞劇場 : 新宿バルト9公式サイトはこちら。<Story>オーストリアのファッション番組「ファンキータイム」の司会者ブル...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 00時21分

» ブルーノ [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
今度も最低最悪の超問題作 「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」のサシャ・バロン・コーエン主演の確信犯的ドキュメントコメディ。 オーストリア人でゲイのの人気ファッションレポーター・ブルーノ。... [続きを読む]

受信: 2010年4月15日 (木) 22時48分

» ブルーノ 完全ノーカット版 [小部屋日記]
BRUNO(2010/アメリカ)【DVD】 監督:ラリー・チャールズ 出演:サシャ・バロン・コーエン/グスタフ・ハマーステン 突撃実践ドキュメンタリー 「ハリウッドでセレブになるには!?」 『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のサシャ・バロン・コーエンによるシニカルコメディ。 ボラットよりも不謹慎、笑っちゃいけないんだろうけど、大笑い。。 サシャ演じるオーストリア人でゲイのファッションレポーター“ブルーノ”が各地で騒動を巻き起こす。 人によっては不愉快、誰にでもオ... [続きを読む]

受信: 2010年9月 6日 (月) 21時52分

» ブルーノ [Memoirs_of_dai]
ラストの人物の共通点は? 【Story】 子供を流産で亡くしたケイト(ヴェラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)は悪夢とトラウ... [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 23時32分

» ブルーノ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『またもや世界中が大激怒!』  コチラの「ブルーノ」は、「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」で世界中をおちょくりまくったサシャ・バロン・コーエンが、再び世界中を敵にまわして、大暴れするR15+の確信犯的ドキュメンタリー・コメディです...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 17時29分

» 「ブルーノ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
「ボラット」のサシャ・バロン・コーエンとラリー・チャールズ監督のコンビ。 [続きを読む]

受信: 2011年6月28日 (火) 03時09分

» 映画評「ブルーノ」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆(4点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ラリー・チャールズ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年12月 5日 (月) 11時12分

« 誰かが私にキスをした | トップページ | ソラニン »