« シェルター | トップページ | スパイアニマル・Gフォース »

2010年3月23日 (火)

息もできない/똥파리

Photo_2

昨年の東京フィルメックスで最優秀作品賞と観客賞の2冠に輝いた韓国映画。俳優としても活躍して気やヤン・イクチュン監督の長編デビュー作だ。ヤクザな借金取りの男と女子高生の純粋な触れ合いが、お互いに傷ついた過去を癒していく。主演はヤン・イクチュン監督自らと、若手女優キム・コッピ。生々しい暴力表現とその裏にある心の葛藤をリアルに描き出した秀作だ。
>>公式サイト

愛すべきシーバルノマへ…

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

韓国映画らしい感情がほとばしる作品でした。主人公サンフンはヤン・イクチュン監督自らが演じていますが、インタビュー記事でみた監督は長髪でメガネをかけていたため、言われないと全く解りませんでした。彼は必ず言葉尻に「クソ野郎」だとか「クソ女(アマ)」だとか言うのですが、韓国語を全く知らない私ですら途中から「シーバルノマ」(本当の発音は知りません。)という言葉がどうやらスラングなんだろうなと想像がつくぐらいの連発ぶりです。きっと英語で言うところの「Fu●king」観たいな意味なんでしょうか。と同時にとにかくひたすら言葉より先に手が出る。それが事務所の若手にまで同じなので、社長のマンシク(チョン・マンシク)が頼むから若いのを殴るなとお願いするぐらいです。

02_2 03_2

そんなサンフンが物語の冒頭言った意外な言葉「人を殴る奴は自分が殴られると思わない。」これを聞いた瞬間、私は彼が最後は誰かに殴られて死ぬのだろうなと思ったのでした。果たせるかな結果はその通りとなるのですが、しかしそれはサンフンという人間が物語の中で変わっていったからこそ起こってしまった事であり、この時点の彼のままであれば起こりえなかったであろうと思うのです。彼を変えたのは一人の女子高生でした。彼女の名前はヨニ(キム・コッピ)。たまたま知り合ったこの二人、それぞれが深い心の傷を抱きながら生きていて、しかもそれは二人の気付かないところで繋がっているという巧妙な設定。

04_2 05_2

ヨニは一見してチンピラのサンフンに怯えることなく悪態をつき、あまつさえ彼をひっぱたいたりする始末。そんな強気な彼女を気に入ったサンフン、ヤクザと女子高生という妙な関係がここに成立します。いわゆる馬が合うというこの二人の関係、大好きという訳ではないけれど決して嫌いではない、この微妙な心の距離感の取り方が絶妙な二人の演技でした。ヨニはベトナム戦争で精神を病んでしまった父親と働きもせずブラブラしている弟ヨンジェ(イ・ファン)という家族を抱え、家では父親との諍いが絶えません。一方でサンフンは子供の頃に実の父に母と妹を殺されており、それ以来父をずっと恨み続けていました。

06_2 07_2

刑期を終えて出所してきた父親にも殴る蹴るのやりたい放題。彼は言います。「韓国の父親は最低だっ!」と。親を大切にすること著しい彼の国でそれを否定する言葉の衝撃、私たちはそれまでに彼ら二人の父親を見せられているだけに、その二人の父親に関しては否定する言葉を持ち合わせていません。しかしそうではなく何故“韓国の”なんだろう…?鑑賞後もどうもその点が良く解らず、監督のインタビュー記事を読んだりしていてやっと意味が解りました。監督は「国家と社会が、まるで影武者のように姿を隠して、世の『父親』という存在にすべてを押しつけた、という部分が、韓国にはありました」と語っています。

08_2 09_2

即ち国家からの圧力に負けた父親たちの気持ちのもって行き場所は、女子供という弱い存在にむけて暴力を振るうことでしか果たされなかったということなのです。ですからこの場合、直接的に暴力を振るう父親も最低であるし、父親の置かれてたそんな状況も最低だという二つの意味が含まれているのではないか、そんな風に感じました。劇中サンフンは、父親のいない甥のヒョンイン(キム・ヒス)の父親代わりであり、ことさら彼を可愛がっています。それはまさに“最低の父親”を見てきた裏返しであり、自分に注がれなかった愛情を変わりにヒョンインに注いでいるかのように見えました。そしてその気持ちはヨニと出会ってからはより強くなっているように思えます。

10 11

さて、二人が出会いサンフンの中に起きた小さな変化は次第に大きくなって行きます。父親が自殺を図り、それを発見したサンフンは必死になって病院へと運ぶのですが、このシーンでは本当は父を愛しており、父からも愛されたかったのだという彼の不器用な心の叫びが描かれていました。医師に自分から血を抜いて父に輸血しろと大暴れするサンフン。電話でヨニを呼び出し、漢江の河辺で彼女の膝を借りて泣きじゃくるサンフン。その姿はなりは大きくとも子供以外の何者でもありません。結局彼はヤクザをやめる決意をします。そして彼の運命は最初に書いたとおりそこまででした。

12 13

彼が撲殺されるに当たっては、ヨニとの運命の皮肉が描かれていたりするのですが、もはやそこは余り重要ではない気がします。サンフンは変わった。即ち大人になった。それは彼は彼自身が言う“最低の父親”にならないように暴力を封印したということであり、しかし周囲の思惑はそんな彼の想いとは全く無関係に進んで行く以上、彼の死はある意味当然の帰結だったのかもしれません。しかしサンフンは“最高の父親”になれたのではないでしょうか、彼の死を嘆き悲しむ家族、友人の涙がそれを証明していたように思います。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:また一人韓国に優秀な監督が生まれました
総合評価:73点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« シェルター | トップページ | スパイアニマル・Gフォース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/33901381

この記事へのトラックバック一覧です: 息もできない/똥파리:

» 『息もできない』 [ラムの大通り]
(英題:Breathless) ----あらら、スゴく興奮しているようだけど…。 「いやあ、まいったまいった。 とんでもない映画に出会った。 恐るべし、韓国。 こんな才能がまだ隠れていたとは…」 ----と言っても、この作品、東京フィルメックスでは 映画祭初の最優秀作品賞と観客賞をW受賞。 ロッテルダム国際映画祭タイガー・アワード(グランプリ)ほか 国際映画祭・映画賞で25もの賞を受賞しているらしいよ。 知らなかったのは、えいだけ…ニャのかも。 「そうだったか…(汗)。 じゃあ、あまり詳しく喋... [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 20時38分

» 息もできない(試写会) [まてぃの徒然映画+雑記]
韓国に俊英が、またひとり現れた。これまでは俳優だったヤン・イクチュンが製作・監督・脚本・編集・主演を務めた長編初監督作で世界中の映画祭でたくさんの賞を受賞している。日本でも、昨年の東京フィルメックスで上映された。ストーリーはタイトルどおり、息もできない...... [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 22時07分

» 「息もできない」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「息もできない」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「息もできない」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 00時14分

» 息もできない Breathless [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>ストーリー:母と妹の死の原因を作った父親に対して強い憎しみを持っている借金取りのサンフン(ヤン・イクチュン)は、... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 00時51分

» 息もできない / BREATHLESS [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きるしか術のなかった男サンフンと、 傷付いた心を隠し勝気に振る舞う女子高生ヨニ。 家庭内暴力によって家庭がばらばらになった過去を持つ彼が ある日、自分と同じ家庭に問題のある女子高校生ヨニと出会ったことで少しづつ変わっていく。 ロッテルダム映画祭はじめ世界の映画祭・映画賞で ... [続きを読む]

受信: 2010年3月25日 (木) 20時03分

» 「息もできない」 [てんびんthe LIFE]
「息もできない」試写会 サイエンスホールで観賞 昨年12月のフィルメックスの上映でもかなり話題になっており、かなり気になっていた作品です。 原題は똥파리(糞蝿) って、文字にしてしまいましたが、日本だったら絶対に題名にさえならないできないような単語。 そんな人間のクズといったような人を題材に取り上げたという事なのでしょう。 それを思えば英題も邦題もなんと美しい言葉なのかと思ってしまいます。 ただし、どうしてそういう題になったのかは読み取れませんでした。 初監督作品でありながら脚本、... [続きを読む]

受信: 2010年3月25日 (木) 21時25分

» 映画 『息もできない』 [BLOWING WIND・風のふくまま]
{/m_0058/} 映画 『息もできない』@シネマライズ 製作国 : 韓国 監督・製作・脚本・編集 : ヤン・イクチュン 出演:ヤン・イクチュン、キム・コッピ オフィシャルサイト:『息もできない』 息もできない Breathless - goo 映画 {/m_0058/} 貸し金の取り立て屋の主人公サン・ファン、とにかく容赦なく暴力を振るい借金を取り立てる 暴力でしか感情表現できない男と偶然出会ったそんな彼を全然恐れない女子高生ヨニ 彼女も家族の間に悩みを抱えているのだが... [続きを読む]

受信: 2010年3月25日 (木) 21時58分

» 息もできない Breathless [ジジョの五感]
二人でいる時だけ、泣けた。 国際映画祭や映画賞で25以上の賞に輝いたという韓国映画。 第10回東京フィルメックスでも最優秀作品賞と観客賞を受賞☆ なによりも、あのポン・ジュノが「刺激的だ!」と コメントを寄せてるところに興味しんしん☆ 監督はコレがデビュー作となるヤン・イクチュン。 しかも製作、監督、脚本、編集、主演、、と全てヤン監督自身がこなしてます☆ 自分の家族との間に問題を抱え、このもどかしさを抱いたままでは この先、生きていけない。全てを吐き出したかった と監督が語った通り、... [続きを読む]

受信: 2010年3月26日 (金) 04時19分

» 『息もできない』 新開地の暴力 [Days of Books, Films ]
『息もできない(英題:Breathless)』の舞台はソウル。主人公のチンピラ、 [続きを読む]

受信: 2010年4月 1日 (木) 21時27分

» 『息もできないBreathless』(2008)/韓国 [NiceOne!!]
原題:BREATHLESS監督・製作・脚本・編集・出演:ヤン・イクチュン出演:キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、ユン・スンフン、キム・ヒス鑑賞劇場 : シネマライズ公式サイトはこちら。<Story>友人が経営する取り立て屋で働いているサンフン(ヤン・イ...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 3日 (土) 06時45分

» 息もできない [Men @ Work]
現在公開中の韓国映画「息もできない」(監督:ヤン・イクチュン)です。渋谷シネマライズで鑑賞しました。 うーん、疲れる映画でした。しかし「ハート・ロッカー」の疲れとは明らかに異質の、ちょっと残念な疲れでした。この映画、暴力シーンはなかなか凄いです。特に私が感じたのは効果音。「ビシッ、バシッ」系のよくある暴力系効果音ではなく、「これ、ホントにそのまま録音してるんじゃ?」と思えるようなもので、なんだか痛みが伝わってくるような気さえして辛く感じました。 しかし、「過激にすりゃあいいってもんじゃ... [続きを読む]

受信: 2010年4月10日 (土) 14時53分

» 息もできない [映画的・絵画的・音楽的]
 韓国映画『息もできない』を渋谷のシネマライズで見ました。  前々から申し上げているように、韓流映画はほとんど受け付けないのですが、予告編から、この映画の出来栄えには素晴らしいものがあるのではと予想されたので、公開されるや期待を込めて出かけてきました。 (1)実際、最初から最後まで、それこそ“息継ぐヒマ”も有らばこその緊張感の連続です。 なにしろ、のっけから凄まじい家庭内暴力の場面が続き、さらには主人公サンフン(ヤン・イクチュン)とヒロインのヨニ(キム・コッピ)との出会いにも暴力が振るわれるので... [続きを読む]

受信: 2010年4月11日 (日) 07時56分

» 「息もできない」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2008年・韓国/ビターズ・エンド、スターサンズ配給原題:똥파리/英題:Breathless脚本・監督:ヤン・イクチュン 新しい人材が続々登場している韓国映画界から、またしても凄い映画がやって来た。ヤ... [続きを読む]

受信: 2010年4月11日 (日) 21時40分

» 息もできない [そーれりぽーと]
父親の暴力で家族が崩壊した境遇の二人、チンピラと女子高生が出会い、二人で泣いている。 とんでもなさそうな展開を予感させる予告編に目を付けていた『息もできない』を観てきました。 ★★★★ 悲しすぎる運命に縛られ、息をする事も辛く苦しい世の中が展開していく。 ガキの頃に絶望のどん底に突き落とされ、憎しみに任せて自ら落ちていく不器用なチンピラと、地獄のような家庭から抜け出せないのに、誰にも助けを求めようとしない女子高生がひょんな事で出会い、お互いの本当の境遇は話さずとも心が通じ合っていく。 愛に飢えて... [続きを読む]

受信: 2010年4月14日 (水) 00時10分

» 『息もできない』 ただ吐き出したかった [映画のブログ]
 これが長編映画の監督デビュー作だというのだから恐れ入る。  『息もできない』の素晴らしさは、制作・監督・脚本・編集・主演のヤン・イ... [続きを読む]

受信: 2010年4月15日 (木) 02時31分

» 『息もできない Breathless』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:韓国映画、ヤン・イクチュン製作&監督&脚本&編集&主演、キム・コッピ、イ・ファン出演。 [続きを読む]

受信: 2010年4月15日 (木) 23時49分

» 「息もできない」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                                 「息もできない」 渋谷CINEMA RISEにて。 監督・脚本・主演・ヤン・イクチュン 以前からずっと観たかった本作を、やっと観て参りました。 ヤン・イクチュンの演出、演技、脚本、そして息をのむような存在感に圧倒される!! ネタバレになってしまいますが、 ストーリーの至る場面で映される暴力的描写、これがハンパではありません。 これほど各方面から絶賛されている映画なのに、上映館が極端に少ないのもうなずけます・・。 ちょっとだけあ... [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 09時26分

» 「息もできない」新宿武蔵野館にて鑑賞 [流れ流れて八丈島]
今晩は日勤のあと、新宿のO病院で職域の幹事会でしたといっても、会議は8時には終わったので、その足で武蔵野館で「息もできない」を観てきました監督も出演者も全然知らない韓国... [続きを読む]

受信: 2010年4月22日 (木) 01時27分

» 映画「息もできない」圧倒的な暴力でも打ち破れないもの [soramove]
「息もできない」★★★★★満点 ヤン・イクチュン、キム・コッビ、イ・ファン 主演 ヤン・イクチュン 監督、130分 、 2010年3月20日公開、2008,韓国,ビターズ・エンド (原題:Breathless/クソ蠅 )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「予告編を見たときから期待していた作品、 映画の帰りに前売り券を買って楽しみにし... [続きを読む]

受信: 2010年4月22日 (木) 07時18分

» 『息もできない』:痛い、いたい、胸が痛い、家族と居たい @ロードショウ・ミニシアター [りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど]
すさまじい映画である。 [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 11時18分

» ☆ 「息もできない」を観ました [とりあえず、コメントです]
昨年の東京フィルメックスで初めて知った時から、怖いけど気になる~と思っていた作品です。 一人では観れそうになくて、友達に付いてチャレンジしてみました。 やっぱり凄い衝撃を受けてしまいました(T_T)... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 19時59分

» 「息もできない」 [みんなシネマいいのに!]
 言葉よりもすぐ手が出る借金の取り立て屋と、気の強い女子高生。 どちらも父親に対 [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 00時47分

» ☆ 「息もできない」を観ました [とりあえず、コメントです]
昨年の東京フィルメックスで初めて知った時から、怖いけど気になる~と思っていた作品です。 一人では観れそうになくて、友達に付いてチャレンジしてみました。 やっぱり凄い衝撃を受けてしまいました(T_T)... [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 20時35分

» 呼吸を止めて一秒あなた真剣な目をしたから ヤン・イクチュン 『息もできない』 [SGA屋物語紹介所]
♪息もできないくらい ねえ君が好きだよ~ ・・・なんつーのんきな話ではなく。 力 [続きを読む]

受信: 2010年5月12日 (水) 21時18分

» 息もできない●Breathless [銅版画制作の日々]
二人でいる時だけ、泣けた。 世界が泣いた。世界が震えた。国際映画祭・映画賞で25以上もの賞に輝いた。という話題の作品、「息もできない」を鑑賞して来ました。かなり期待していました。最初から殴る、蹴るという暴力シーンが映し出されます。隣に座っていた男性、上映開始から10分くらいで退席しました。結局戻って来ませんでした。何故なのか?は分かりませんが、、、、。う〜ん想像していた感じとはちょっと違いましたね。暴力シーン、何かちょっと行き過ぎって感じもしたり、、、、、。パク・チャヌクの作品でもかなりエグイシー... [続きを読む]

受信: 2010年5月25日 (火) 01時36分

» 息もできない/ヤン・イクチュン、キム・コッピ [カノンな日々]
日本では東京フィルメックスで最優秀作品賞と観客賞を受賞したこともあって評判も急上昇。たしか3月の下旬頃から公開が始まっていたと思いますが、よく行くシアターでも上映予定になっていたのでこれまで鑑賞保留してたので観るのが待ち遠しかったです。監督のヤン・イクチュ...... [続きを読む]

受信: 2010年6月 4日 (金) 23時24分

» ■映画『息もできない Breathless』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
韓国の俳優ヤン・イクチュンが私財を投じて製作した映画『息もできない Breathless』。 圧倒的な暴力の連鎖や、断ち難い呪縛であり絆でもある家族関係などを描いています。 <STORY> サンフンは、借金の取り立て人として働いている。毎日、いろんな家庭を訪れて金を... [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 02時30分

» 息もできない [ダイターンクラッシュ!!]
2010年6月6日(日) 12:50~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:600円(買っていない) 『息もできない』公式サイト 所謂韓流と対極にある、韓国得意のバイオレンス炸裂。 主人公の大暴れを見ていると、自分の頭もガンガン殴られるようだ。心理的にも、暴力的な作品である。 ストーリーをシネマトゥデイから引用する。 母と妹の死の原因を作った父親に対して強い憎しみを持っている借金取りのサンフン(ヤン・イクチュン)は、ある日、女子高生のヨニ(... [続きを読む]

受信: 2010年6月 7日 (月) 03時23分

» 息もできない [ダイターンクラッシュ!!]
2010年6月6日(日) 12:50~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:600円(買っていない) 『息もできない』公式サイト 所謂韓流と対極にある、韓国得意のバイオレンス炸裂。 主人公の大暴れを見ていると、自分の頭もガンガン殴られるようだ。心理的にも、暴力的な作品である。 ストーリーをシネマトゥデイから引用する。 母と妹の死の原因を作った父親に対して強い憎しみを持っている借金取りのサンフン(ヤン・イクチュン)は、ある日、女子高生のヨニ(... [続きを読む]

受信: 2010年6月 7日 (月) 04時15分

» ☆ 「息もできない」を観ました [とりあえず、コメントです]
昨年の東京フィルメックスで初めて知った時から、怖いけど気になる~と思っていた作品です。 一人では観れそうになくて、友達に付いてチャレンジしてみました。 やっぱり凄い衝撃を受けてしまいました(T_T)... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 22時54分

» 息もできない [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
二人でいる時だけ、泣けた。 愛を知らない男と、 愛を夢見た女子高生。 傷ついた二つの魂の邂逅。 ヤン・イクチュン主演・監督の韓国映画。 偶然出会ってしまった借金取りの男と勝気な女子高生の純愛ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年6月19日 (土) 01時33分

» 来週の「シネマハスラー」は『アウトレイジ』と『ヒーローショー』らしい(「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」TBSラジオ、土21:00-24:30) [ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!]
○来週の「シネマハスラー」は『アウトレイジ』と『ヒーローショー』らしい(「ライム [続きを読む]

受信: 2010年6月26日 (土) 09時10分

» 息もできない [とりあえず、コメントです]
☆2ヶ月間も宿題にしていた「息もできない」をようやく書きました☆ ----------------------------------------------------------------------------- 昨年の東京フィルメックスで初めて知った時から、怖いけど気になる~と思っていた作品です。 主演のヤン・イクチュンが製作・監督・脚本・編集も全て担って創り上げた作品です。 一人では観れそうになくて、友達にくっついてチャレンジしてみました。 やっぱり凄い衝撃を受けてしまいました(T_... [続きを読む]

受信: 2010年6月29日 (火) 20時21分

» 『息もできない』 Breathless | ぬるま湯だらけの映画界に突如"熱湯映画"出現 [23:30の雑記帳]
殴りまくりのツバ吐きまくり。 田舎に住んでいると特に、邦画+ハリウッドの ぬるいサクセスストーリーばかり 観るハメに陥りやすい。 本当はフランス、イタリア、中国、韓国、 イラク映画、いろいろと観たいのだけれど なぜかあまり、というかほとんど上映....... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 23時30分

» 『息もできない』 [シネマな時間に考察を。]
こんなに暴力的なのに、こんなにも優しい。 こんなに傷だらけなのに、こんなにも愛しい。 彼らのその魂が、美しい。 『息もできない』 Breathless 2008年/韓国/130min 監督・製作・脚本・編集・主演:ヤン・イクチュン  吐き出している。剥き出している。曝け... [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 19時32分

» 息もできない [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
息もできない08:韓国◆原題:BREATHLESS◆監督・編集:ヤン・イクチュン◆出演:キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、ユン・スンフン、キム・ヒス◆STORY◆友人が経営する取り立て屋で働いているサンフン。その容赦ない取り立てと暴力は時には仲間にも向けら...... [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 17時28分

» 息もできない [とりあえず、コメントです]
☆2ヶ月間も宿題にしていた「息もできない」をようやく書きました☆ ----------------------------------------------------------------------------- 昨年の東京フィルメックスで初めて知った時から、怖いけど気になる~と思っていた作品です。 主演のヤン・イクチュンが製作・監督・脚本・編集も全て担って創り上げた作品です。 一人では観れそうになくて、友達にくっついてチャレンジしてみました。 やっぱり凄い衝撃を受けてしまいました(T_... [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 18時25分

» 息もできない [とりあえず、コメントです]
☆2ヶ月間も宿題にしていた「息もできない」をようやく書きました☆ ----------------------------------------------------------------------------- 昨年の東京フィルメックスで初めて知った時から、怖いけど気になる~と思っていた作品です。 主演のヤン・イクチュンが製作・監督・脚本・編集も全て担って創り上げた作品です。 一人では観れそうになくて、友達にくっついてチャレンジしてみました。 やっぱり凄い衝撃を受けてしまいました(T_... [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 19時53分

» 「息もできない」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
監督のヤン・イクチュン=主役のサンフンだとは、びっくり。 普段の姿↑ [続きを読む]

受信: 2010年12月 6日 (月) 20時02分

» 渇いた息 [Akira's VOICE]
「息もできない」 「渇き」  [続きを読む]

受信: 2010年12月27日 (月) 15時14分

» mini review 10513「息もできない」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
冷徹で粗暴な借金取りの男が、勝気で男勝りの女子高生と運命的に出会い、互いに過去のトラウマから解放されていく姿を描く純愛ストーリー。俳優としてキャリアを重ねたヤン・イクチュンが、若手注目株のキム・コッ...... [続きを読む]

受信: 2010年12月28日 (火) 05時03分

» 息もできない [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
息つくヒマもないアクション映画かと思ったら。 息もできない [DVD]posted with amazlet at 10.12.17Happinet(SB)(D) (2010-12-03)売り上げランキング: 1042Amazon.co.jp で詳細を見る [続きを読む]

受信: 2010年12月28日 (火) 13時29分

» 息もできない [映画鑑賞★日記・・・]
【BREATHLESS】 2010/03/20公開 韓国 R15+ 130分監督:ヤン・イクチュン出演:ヤン・イクチュン、キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、ユン・スンフン、キム・ヒス、パク・チョンス ... [続きを読む]

受信: 2010年12月29日 (水) 22時23分

» 息もできない [ここにあるもの]
切り刻まれるほどの絶望と優しさ。 去年観逃がして、後悔していた作品のアンコール上映。こういうの大変ありがたい。 週明け早々、シネマライズでアンコール上映中の『息もできな ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 13時26分

» 息もできない/BREATHLESS(映画/DVD) [映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評]
[韓国映画] ブログ村キーワード二人でいる時だけ、泣けた。息もできない(英題:BREATHLESS)製作国:韓国製作年:2008年配給:ビターズ・エンドジャンル:ドラマ/ロマンス上映時間:13 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月19日 (土) 21時31分

» 息もできない [とりあえず、コメントです]
☆2ヶ月間も宿題にしていた「息もできない」をようやく書きました☆ ----------------------------------------------------------------------------- 昨年の東京フィルメックスで初めて知った時から、怖いけど気になる~と思っていた作品です。 主演のヤン・イクチュンが製作・監督・脚本・編集も全て担って創り上げた作品です。 一人では観れそうになくて、友達にくっついてチャレンジしてみました。 やっぱり凄い衝撃を受けてしまいました(T_... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 22時18分

» 映画:息もできない 「暴力の連鎖」を独自の方法論で鋭くあぶり出す傑作。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
映画の年間ベスト10をここ数年やっている。 それを書く明確な理由。 =他のブログと比べることで、1年間で自分の出会わなかった「名作かも」に出会うチャンスを与えてくれるから! そうして出会ったのが、この「息もできない」 で、一言。 「いやあ〜驚いたよ!」 ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 01時02分

» 映画評「息もできない」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年韓国映画 監督ヤン・イクチュン ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 13時55分

» 『息もできない』 [『映画な日々』 cinema-days]
息もできない 家族愛に恵まれないチンピラと 女子高生が出会い、人生の転機が来るが... 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:BREATHLESS [続きを読む]

受信: 2011年4月11日 (月) 23時38分

» 『息もできない』 [こねたみっくす]
大切な人を守れない自分がいる。その無力感が生み出す閉塞感で息もできない。 いったい韓国映画界にはどれほどの無名な逸材がまだ眠っているのか。そう思わざるを得ないこの淋し ... [続きを読む]

受信: 2011年4月13日 (水) 15時21分

» 息もできない [tom's garden]
監督:ヤン・イクチュン 出演:ヤン・イクチュン、キム・コッビ、イ・ファン インディペンデントでは有名な俳優ヤン・イクチュンが、自ら監督、脚本、製作、主演した作品。 自分の過去に捕われ、吐き出さなければ前へ進めないと、総てをかけて作った映画で、評価が高いと書評で読んでいたので、必死で観た。 痛い。 辛過ぎる。 なんだ、この結末は・・・。 でも、それがリアルで、お互いのことは打ち明けないまま、絡み合う運命にも気付かぬまま、惹かれ合っていくふたりが悲しかった。 「二人で... [続きを読む]

受信: 2011年4月16日 (土) 23時30分

» 『息もできない』'08・韓 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
谷村美月かと思った もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の 日常 グ [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 08時37分

» 『息もできない』'08・韓 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きる男サンフンと、傷ついた心をかくした勝気な女子高生ヨニは、ある日、偶然出会い・・・。感想息もできないくらいねぇ 君が好... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 08時37分

» 息もできない [映画、言いたい放題!]
私がいつも参考にしている映画紹介のサイトでベタぼめ。 インディーズにもかかわらず、 沢山の賞を取っているそうですね。 いろいろな人のレビューを読むと絶賛の嵐。 でも、観た友人に聞くと、 「それほどでも。。。(^_^;)」という答えが返ってきました。( ^ _ ^; これは... [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 02時20分

» ★韓国映画「息もできない」 [LOVE&PEACE]
ネタバレはないです・・・・・・・・・・途中からネタバレあり 上映後にヤン・イクチュン監督さんへのQ&A付き 「息もできない」 を見てきました。 公式サイト内インタビュー ←今回のティーチインではないです。 劇場は KBCシネマ 座席は80程なので左右の通路や後部席の後ろにまでずら〜っとイスを配置。 私の見る前の回も同じ状態でした。 ティーチイン上映っていうのでしょうか・・私にとっては初体験となりました。 質問する方がなければ訊いてみようかなとも考えてましたが・..... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 09時21分

» 息もできない(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
韓国で俳優として活躍してきたヤン・イクチュンが製作、脚本、主演など五役を兼任した監督デビュー作。東京フィルメックスやロッテルダム国際映画祭を始め、世界中で25以上もの映 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月25日 (水) 11時39分

» 息もできない [いやいやえん]
家族という血のつながりから逃れられない二人の境遇、漢江の岸辺で涙する二人の姿には心が痛くなった… 暴力しか知らないサンフン、傷ついた心を隠しているヨニ。改めて暴力は何も生まないよなと感じた。暴力の連鎖が妹と母を殺した事実、どうしようもない弟と病気の父親を抱える苦痛の毎日。複雑な家庭環境にある主人公たちの鬱憤された感情は暴力となって吐き出される。または耐える。「人を殴るやつは自分は殴られないと思ってる」という言葉が印象的でした。 若干冗長過ぎるのとリアルさを出すためか暴力性を露骨にだしてい... [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 09時36分

» No.316 息もできない [気ままな映画生活]
父への激しい怒りと憎しみを抱き、社会の底辺で生きるサンフンはある日、心の傷を隠しながら生きる勝気な女子高生ヨニと出会う。理由もなく強く惹かれ合う2人だったが、徐々に彼ら ... [続きを読む]

受信: 2012年4月28日 (土) 22時43分

« シェルター | トップページ | スパイアニマル・Gフォース »