« カケラ | トップページ | ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い »

2010年4月 8日 (木)

桃色のジャンヌダルク

Photo_2

画家であり、パフォーマーであり、作家であり、カワイイ系反戦アート集団(公式サイトより)「桃色ゲリラ」を主宰するという多彩な活動で知られる増山麗奈のこれまでの活動を追った自叙伝的ドキュメンタリーだ。監督は鵜飼邦彦。母乳アートといった過激なパフォーマンスと二児の母という彼女の二面性が興味深い。イメージ映像には『童貞放浪記』の神楽坂恵も出演している。
>>公式サイト

桃色ゲリラより二児の母がいい

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

増山麗奈という人を知ったのは2,3年前のの深夜ドキュメンタリー番組でした。余りに突飛なパフォーマンスをする女性が小さい子供の母親でありしかも画家でもある。そしてそこそこの美人。ただし面白い人がいるものだと興味はもったものの、正直その時は色物としか観なかったし、子供が可哀想だとすら思っていました。たまたま、本作の予告編を観た時に、その時の感覚がフラッシュバックし、しかも今回は自叙伝的ドキュメンタリーでもあるらしい。ならば、というわけで鑑賞に行ったのですが、ある意味私も彼女の変な魅力に惹かれたのかもしれません。

02_2 03_2

さて、例によってチケットストアで買った前売り券を受付に出していると、受付の女の子に早口でまくし立てる女性が…。あれ?増山麗奈…だよな?何で本人がこんなとこにいんの?(苦笑)謎は上映開始とともに解けました。数本の予告編が流れるといきなり劇場が明るくなり、ご本人登場。隣には彼女が挿絵を担当した絵本「幼なじみのバッキー」の澤田サンダー氏が…。「こんばんは!押しかけ舞台挨拶に参りました。この映画の主演をやってます増山麗奈です!」と挨拶を始める彼女。しかし正直何を話したいのか、何を話しているのかがさっぱり意味不明。要は絵本の宣伝もかねているのか…。

04_2 05_2

一般のお客さんも突然の出来事でなにやら戸惑い気味な雰囲気が会場を包み…いや、どっちかというと引き気味。(笑)まあ、そんなこんなで上映が開始されたわけですが、作品そのものは波乱万丈すぎる増山麗奈のここ10年ぐらいを追いかけた作品だけあって、実に面白い。映像としてみる分には。彼女の主宰する反戦アート集団「桃色ゲリラ」はかなりの左翼的思想なので、私は単純に彼女たちの意見に賛同する気にはなれないけれど、一人の人間として何か行動を起こすことそれ自体は素直にリスペクトできるものです。何しろ開戦1年後のイラクまで足を運んでしまうほどですから。

06_2 07_2

それにしても神は多彩な才能を彼女に与えたけれど、どうもしゃべることに関しては与えてくれなかったらしい…。舞台挨拶の時もそうだけれど、劇中でも彼女の話している言葉は結構怪しいのです。というか、時おり話している内容が良く解らなくなってしまうのです。多分文章にまとめれば大丈夫なのだろうけども、その場で言葉で人に対してしっかりと話すことが得意ではないのでしょう。さて、彼女の活動自体も賛成反対は別としてとても興味深いのですが、私は本作を観ていてむしろ二児の母親としての彼女の人間性に興味を覚えました。

08_2 09_2

ピンクのビキニを着て、人前で乳房をさらし母乳パフォーマンスをする一方で、子供を見るときのあの母親の慈愛に満ちた表情。劇中に登場するお子さんもまたこれがとても可愛らしく、素直な瞳。子供の顔を見ればお母さんが解ります。いいお母さんしていることは間違いないはず。そう、多分私が彼女に惹かれるのはこの母性のせいなのかもしれません。劇中に登場するアーチストの方々の話すような、彼女に対するある種哲学的な捉え方は私には良く解らないですし、興味もありません。ただ言えるのは彼女の持つ母性、そして多面性は観ていて飽きないということ、それだけです。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:神楽坂恵をこんなところで観るとは!
総合評価:58点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『桃色のジャンヌ・ダルク』予告編

|

« カケラ | トップページ | ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/34118450

この記事へのトラックバック一覧です: 桃色のジャンヌダルク:

» 「桃色のジャンヌ・ダルク」 [みんなシネマいいのに!]
  面白いドキュメンタリーは、面白い題材か、面白い人が出ている。 もっといえば、 [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 19時35分

» 桃色ジャンヌダルク [単館系]
増山麗奈さんのドキュメンタリー映画。 面白かったです。 生き様がカッコいいし美人だし・・・好みだし(爆 映画が始まる前予告があるのが普通ですが、予告が終わったタイミグで突然 劇場が明るくなり・・...... [続きを読む]

受信: 2010年12月24日 (金) 00時50分

« カケラ | トップページ | ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い »